12/23 12/24 12/28
12/16 12/17
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【有馬記念2017】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想阪神大賞典2012予想一覧雨龍泥舟の予想

阪神11R 阪神大賞典 2012年3月18日(日)
芝3000 4歳上GII 曇稍重 平均レースレベル2.5

87654321枠番
121110987654321馬番
















































































馬名
牡4 牡7 牡5 牡7 牡7 牡6牡7 牡5 牡8 牡10 牡5牡4性齢
57 57 56 56 56 5657 56 57 56 5855斤量

















騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順着順

軍神マルス

BC爺

のび犬

編集長おく

サニーのす

スナフキン

index

絶対の本命

クライスト

××編集長おく「パワーで押し切れ」自信度C 1
かなり切れ味が殺され、さしにくい、重い馬場になった。
リッカロイヤルはハナを切る宣言。パワーがあり道悪も上手。超大型馬でかなりのパワーがある。

ビートブラックも同じようにパワータイプ。小さなフットワークで粘る。

コスモも前走に懲りて、今度は前へという意思表示あり。

-----------------------------------------------
オルフェーヴルは買いません。
一番大きいのは、今の阪神の馬場がだいぶ特殊だということ。
先週も良馬場でも非常に時計がかかり、重く、急に外が伸びたりなど不安定だ。
もちろんオルフェーヴル自身が不良馬場のダービーを制したりしていてパワーも十分にある馬だというのは知…
カタストロ自信度C 1
◎ナムラクレセントはもともとステイヤーで、日経新春杯はペースが早かったのと、中盤ゆるんでキレ勝負になったのが崩れた大きな要因。ステイヤーズSを考えれば、状態は戻ってきていると思うし、去年のパフォーマンスだけ見れば、オルフェーヴル相手でも戦えるだけのものは見せている。まあ、消去法で有力馬が消えていったというのもあるにはあるんだけど。位置取りとタフさは今の阪神内回りでは重要な要素。最低でも番手では競馬してほしい。


〇オルフェーヴルはわざわざ語るほどでもないけど、所詮はたたき台というのと、古馬相手に持続戦ではまだわからんってのもある。多分問題にしないとは思うけどね。まあ、3着を…
×ベック「今回に限りオルフェーブルは絶対視できない!」自信度S 0
クラシック3冠に加え有馬記念も制したオルフェーブルに注目が集まるレース。能力と実績は認めるもここは本番への叩き台で距離もこの馬自身のベストではなく今回に限りオッズほど1着の信頼性はないとみた。オルフェーブルに先着できるのは展開的に先行できてタフでスタミナとパワーが持ち前のビートブラックとヒルノダムールに期待する。特にビートブラックは今週も攻めはしっかり動いていたし、今回は展開に恵まれそうなメンバー構成で浜中騎手がうまく持ち味を引き出してくれそうだ。ヒルノダムールの実績はいうまでもない。この馬も好枠を生かして直線はしぶとくしっかり伸びてくれるはず。

三連単 ②⑩→②⑩⑫→①②⑩⑫ フォ…
BC爺「ケンしたかったけど良い馬が」自信度B 1
◎ピエナファンタストはタフな馬場向くジャングルポケット産駒。
2走前は京都の少頭数で軽すぎ、前走は府中で超スローと持ち味出ず。
しかし前走は少し早めに動いても差せたように、以前より力はつけています。
時計のかかる阪神ならチャンスがありそうです。

○オルフェーヴルは能力圧倒。
行くところまで行って休み明けというローテに不安も感じますが。

▲ビートブラックは2走前の積極的な競馬が好印象。
つかみづらい馬ではありますが、血統的には重い馬場向きですし、
距離短縮で変わってくる感じがします。…
軍神マルス「阪神大賞典 天皇賞春&菊花賞好走血統と上位人気馬。」自信度S 1
★傾向分析★
3000mなので5Fずつに分けて考えています。

2007年 タイム 3'08"3 (良) 1FAve=12.55 5FAve=62.77
テン65.1-中盤64.1-上がり59.1 『加速・中弛み』
1着アイポッパー・・・サッカーボーイ×サンデーサイレンス=ファイントップ×サンデーサイレンス 〔9-b〕 4-3
2着ドリームパスポート・・・フジキセキ×トニービン=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔1-t〕 2-1
3着トウカイトリック・・・エルコンドルパサー×Silver Hawk=ミスプロ×ロベルト 〔5-g〕 7-7

2008年 タイム 3'08"7 (良) 1FAve=12.58 5FAve=62.90
テン63.8-中盤65.9-上がり59.0 『加速・中弛み』
1着アドマイヤジュピタ・…
はまちん「レースをぶっ壊せナムラクレセント( ゚∀゚)」自信度B 5
 相手探しの一戦か。
クラシック3冠に有馬記念で古馬を撃破。実績馬の負担斤量を見直して今年から別定戦での斤量が変更になり、57kgは見た目で有利感がある。ヒルノダムールは58kgだしな。今回と同じ休み明けだった神戸新聞杯も難なくクリア。大きな馬じゃないから休み明けも苦にしないか。

 負けるとするなら、次に人気になるであろうヒルノダムールやギュスターヴクライが同じ差し馬ということ。オルフェーヴルがこのあたりを意識して遅めにスパートしたら取りこぼす可能性が少しでもあるのではないかと思う。内回りだしな。

 よって狙いたいのは4角で前にいる馬。そうなるとナムラクレセントしかいないだろ。…
××index自信度C 2
オルフェーヴル

もともとそんなに強くはなかった馬
他の同世代が弱かったので、クラシックを勝てた馬
血統なんかよう解らんが、まだ成熟してないにも関わらず3冠とった馬
まあ、この先期待するのもわからないことは無い


あれだけのファンが馬券で世話になったにも関わらず、引退レースの馬より、この馬を何故か応援したファン

穴党のファンは「嫌い」だっただろうが、穴党はこのオルフェーヴルも「嫌い」なはず

でも、有馬では、穴党の出る余地も無いほどの変な人気様だった

ファンが馬を育てるっていうのは昔からよく言うが、このオルフェはまさに典型
有馬で1番人気に推されたから有馬を勝利した馬…
××スタホ自信度C 2
本命 ヒルノダムール
背負えば背負うほど好走するというデータに基づきこの馬を本命に。藤田騎手も選んだ要素の一つ。

対抗 リッカロイヤル
斤量58に続き好走してるのが 斤量56。 斤量56から一頭選ぶとなると唯一の先行馬リッカロイヤル。長距離、不良馬場、可能性は充分ある。


単穴 オルフェーブル
ここは叩き台。三着内には必ず入って来ると思うが、、、。
三着、四着くさい。。。


恐い ナムラクレセント
長距離の上手い和田騎手。血統的にもなんかきそう。。…
××ウオッカ自信度B 0

ヒルノダムールは、昨年の天皇賞馬!


遠征帰りの有馬記念は、見せ場はなく6着!!遠征帰りということもあり、結果が出せなかっただけ、だから日本2戦目に期待!!



距離も十分でオルフェーヴルを負かせるとしたらヒルノダムールしかいない!!


阪神大賞典は、ヒルノダムールとオルフェーヴルの一点の馬単で!!
のび犬「オルフェーヴルが負けるとしたら……」自信度C 5
◎ナムラクレセント
◯オルフェーヴル

オルフェーヴルは強いです。道悪はダービーでこなしてますし、距離も菊花賞を早めの仕掛けで大楽勝ですから、全く問題ないでしょう。ほとんど死角無し。

けれど、オルフェーヴルを本命にしてしまうと、オッズ的に買える馬券が無いんですよね。少額でいろんなレースを楽しみたい私には、オルフェーヴルの単勝にぶっ込む資金は無いですし。

ということで「オルフェーヴルが負ける」と仮定して、どんな馬なら、僅かでも勝てる可能性があるのかを考えてみました。


本命はナムラクレセント。
オルフェ-ヴルが負けるとしたら、やっぱり差し損ねるパターンでしょう。前で競馬が…
××かーる「最強馬に寄り添う馬」自信度C 2
基本スタンスは穴狙いなので、このレースも穴狙い、、といきたいところですが、凱旋門賞に向けて競馬界を最高潮に盛り上げていくためには、ここでオルフェーヴルに負けてもらうわけにはいきません。少なくとも凱旋門賞までは無敗で。万が一負けるシナリオがあるとしても、それは次の天皇賞での話。少なくとも前哨戦のここで負けてしまっては、盛り上がりどころかトーンダウンもいいとこですので。

というわけで◎は、素直にオルフェーヴル。

相手は、、

〇と▲はどちらでも。一つ言えるのはオルフェーヴルの隣に位置するこの2頭(最内と大外は隣と定めます)は、馬券になる可能性が大と判断します。ギュスターヴクラ…
×サニーのす「やっと適正オッズに・・・」自信度C 2
タイトル通り、やっと現役最強馬らしいオッズになった?いえいえ、ビートブラックの話ですよ。オルフェーヴルに関してはこのメンバーで負けるわけにはいかないというところなので特に書くことがないんだけど・・・


◎オルフェーヴル
この馬にここで土がつくと考えると展開で紛れるということぐらいしか考えられないですよね。引っ張る馬が見上がらないから去年の天皇賞春のナムラクレセントのように激しく動いてかき回すとか、誰も全く全く行く気を見せずにオルフェーヴルに行かせてしまうようなおかしな展開に持ち込んだ時とか?いや~・・・公正競馬?では考えにくいよね。
そういったおかしな展開は本番に取っておき…
××クライスト「オルフェ軸なら…」自信度S 5
◎=オルフェーブル
凱旋門賞での結果はさておき、もう国内では連対を外せないのがオルフェーブルの立場。
もし凱旋門賞で少しでも好走を願うなら池添騎乗はもちろん早々に変えるべきだが、春先はまだ国内戦なので有馬記念のようなミスをしても故障以外で3着以下になることはないはず。(ここは3着でも鞍上は情けないけど…苦笑)

○=ギュスターヴクライ
オルフェーブルに勝てる馬をと考えた場合、私には未対戦の同馬しか見当たらなかった。
もちろん鞍上に不満はいっぱいだが、祐一の利点として「こうしたグリグリ人気馬の相手なら好走する」という特徴があるのが今回は救いになりそう。(通常は祐一がグリグリに騎乗し…
絶対の本命「G1馬ということを忘れてはいけない怖い馬」自信度A 3
オルフェーヴルを本命にしている方に見ていただきたいデータが一つ。それは、このレース過去5年間1番人気が1着になったことは1度もありません。3冠馬だから勝たなければいけないわけではありません。あくまでここは叩き台と考えることも可能なわけです。何回勝っていても、アパパネのように3冠馬でも勝てないトライアルがあります。オルフェーヴルの場合はどうでしょう?シンザン記念、きさらぎ賞共に負けています。単勝1.1倍の馬は勝つ可能性が非常に高く、儲け易いと思いがちですが、そういうことはありません。単勝1.1倍の馬だからこそ本命にしないのです。あくまで、僕はオルフェーヴルは強いと思っておりますが、データ…
バニーボー自信度C 0
本命はオルフェーブル。
去年クラシックを圧倒的強さで3冠を制した。有馬記念でも古馬相手に、完勝。現役最強なのは間違いないだろう。
とりあえず現時点で死角が無く、負けたら早熟説ということなんだろう。
対抗はヒルノダムール。
去年の天春王者。有馬記念は久々ということもありつつ、直線でも不利があったりで、それを考えれば0.4秒差はそれほど悲観すべき内容でもなく、今回は斤量差も詰まり、冬場を使われてきた強みもある。絶対王者打倒の第一候補と言っていいだろう。
単穴はジャガーメイル。
休み明けは4勝4着2回5着1回18着(降着による)と、鉄砲は利くタイプ。2年前の天春王者ということで、天皇賞本番前…
夜明けのば自信度A 0
【本命】ヒルノダムールは勝つための設定が全て整ったと言えだろう。

【対抗】オルフェーブルは有馬記念以来も調教が良さそう。

【複勝圏内】ビートブラックは1kg減で前残りを狙ってみる。

タイム 3:11.8 4F 49.4 3F 37.3
単勝1番1340円(3人気)
複勝1番170円(3人気)12番110円(1人気)6番330円(5人気)

新着回顧阪神大賞典2012回顧一覧雨龍泥舟の回顧
雨龍泥舟TM競馬歴43年 回収率101%
とりあえず騎手のコメント
次走狙い馬:ギュスターヴクライ   
     
 
8拍手

「これだけの支持を受けていて、結果を残さなければいけない立場なのに申し訳ないです。
休み明けということもあり、パドックではいつもより気合が入っていると感じました。
外枠でもあり、前に壁を作って大事に乗ろうと思っていましたが、内に入って壁を作ることができず、
ナムラクレセントが来たときに我慢できなくなってしまいました。
3コーナーを回れずに外ラチ近くまで行ってしまいましたが、内側に馬群が見えると
また追いかけて加速していきました。あの競馬で、またレースに戻ってここまで来るのですから
怪物だと思いますが、一頭になるとああなってしまうんです。とにかく申し訳ないです」

オルフェーブル、敗北

実は実況は見ていなかったんですよ。テレビのない生活をしているもんで。(笑)
結果だけチェックし、ああ、負けたんだと。
そこに友人から電話があり、見たか?いや見ていない。
その友人は勝負事は天才的な奴なんだけど、競馬はいまいち。
「あの馬はすごいな、そりゃー三冠馬というのは知っていたけど…」
レース内容については話さず。まぁ、これから映画を見るというときにストリーを話すことぐらい野暮なことはないわけで、話さないのはその友人の配慮というわけです。

で、見てみましたが、良くも悪くもステイゴールドの血だなと。
ステイゴールドにはゴール直前で力を抜いたり、内ラチ沿いに逸走したりするなど、騎手の指示を無視するというか、意思が届かないということがたびたびありましたが、そんな感じですね。ゴール直前で騎手がいくら鞭で叩いても、力を抜いたのは、馬自身にそれ以上走る必要性がなかったんですね。後方から追い込んできて、先頭の馬に並んだところで、馬自身はそれ以上走る必要性を認めなかった。そこで、勝負付けが済んでしまっているから。
内ラチに逃げることについては、山野さんが、そうすれば騎手が鞭を使わないということが分かっていたから、という分析をしていますね。そういう狡さが、タフな競走成績につながったという指摘をしています。

で、オルフェーヴルですが、ステイゴールドは騎手の指示が分かっていて無視していたのに対し、指示自体が分かっていないという可能性もありますね。ある意味、本能のまま走っているというか。

馬群が視野に入ったときに、全力で追い始めたというところなど、本能ですね。

次に、騎乗論、騎手論ですが、先頭に立ったときに、横の馬と距離を取りましたよね。
この段階で、制御できているとすれば(すでに制御不能になっている可能性もありますが)、その判断は理解できますね。馬体を併せることにより、さらに掛かる可能性が強まると考えるのが一般でしょうから。
結果としては、馬体を併せた方が良かったかもしれないとは思いますが(相手なりに走った可能性)、まぁ、仕方がないとは思います。
騎手の交代という話が、今後出てくるかもしれませんが、これは難しい。
すでに馬と騎手との間で、関係が崩れていると言えるかもしれませんが、代えてすぐに好結果が出るともいえない。
ごく稀に、本能的に馬とコミュニケーションをとることができる騎手というのがいますが、こういう才能は、幼少のときから馬と生活を共にしていたような場合に限られるわけで、大草原の少女、みゆきちゃん(古いかなぁ)のような人にしか神は与えません。日本のように乗馬学校で初めて馬に触ったという環境では無理ですね。

続投か、外国人か、日本なら武豊か。この判断は難しい。
オーナーサイドは外国人騎手への交代を求めるかもしれませんね。

しかし、全世界に向かって弱点をさらけ出したわけで、案外、囲むことより放置したほうがいい、と判断されたりして…(笑)。

もう一つ、昔のように、平場のオープンを復活した方がいいのかと思いました。当時の平場のオープン戦には、実力馬が負けても当事者には責任はないという「お約束事」がありましたから。

03/19 08:22 回顧アクセス:1185

Youtube阪神大賞典関連動画

新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
index
12/17 12:32

まぁそんなもんでしょあるある。来週の予定馬に期待だな。出陣待ってた。

   つぶやきだけ全て見る

メアド
パ ス
 

ナンデPOG2018セリ開始  

コメント

雀>>

>>雀


12/10 21:29
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社