1/20 1/21
1/20 1/21
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【AJCC2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想函館記念2014予想一覧軍神マルスの予想

函館11R 函館記念 2014年7月20日(日)
芝2000 3歳上GIII 曇良 平均レースレベル3.5

87654321枠番
16151413121110987654321馬番






































































































馬名
牡7 牡6 牝3 牡5 牡7 牡7 牡7牡7 牡5 牡5 牡5 牡8 牡6牡5牡5 牡5性齢
56 56 51 57.5 56 57.5 5758 54 57 54 52 57.55654 56斤量



























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順着順

radia

BC爺

クライスト

index

××編集長おく「洋芝向き?」自信度C 6
×グランデッツァ
2000以上の距離では人気を裏切り続けている。
1800のレコード勝ちが鮮やかすぎるところを見ると、
もしかすると2000は1ハロン長い感じも。
特にパワーを要する函館の開催の進んだ馬場に初参戦ということで、
人気なら信頼できない。

×ダークシャドウは洋芝が上手なイメージはない。
札幌記念2着も、先行させた福永騎手の好騎乗だったと思う。
東京コースの鬼なので、前走の好走は自然なことで、
今回はそう簡単ではないと思う。

サクラアルディード
ディープインパクトだが、大飛びでズブくて、
追われて追われて伸びてきて一歩足りないというタイプなので、
こういう馬はゴールドシップな…
radia「勢いも実績もないけれど」自信度C 2
◎1 アドマイヤフライト

買い目 複勝 1 1000円



夏競馬といえば勢いのある馬や牝馬を狙うもの。

しかし、この馬は過去2戦大敗。。

勢いもなければ牝馬でもありません。

しかし、日経新春杯では1kg軽いサトノノブレスとクビ差。

過去2戦も日経賞は今年絶不調の内田騎手が乗ったため参考外。

前走の天皇賞はちょっと距離が長すぎました。

今回はテン乗りですが思い切った騎乗に定評のある藤岡の弟さん。

内枠ですから天皇賞と同じく先行勢につけるでしょう。

函館は直線が短いですから展開はこの馬に向くはずです。

ちょっとハンデが見込まれましたが大型馬なので問題はあ…
××テレグノシ自信度C 6
◎グランデッツァ
能力は抜けてるので、洋芝も問題なく
単勝4倍近くなら買い
前向きな状態なので、前々走のように運べれば
大丈夫!秋山に戻るのもなおよし

◯アンコイルド
洋芝適性と脚質を重視、人気も能力から見れば妥当
もう少し人気してもいいぐらいなので狙いうち

▲ステラウインド
洋芝は問題ないでしょうし、脚質も良い
あと地味に54キロは他有力馬と比較しても
買い要素

△アスカクリチャン、アドマイヤフライト、ナカヤマナイト
実績十分なのに人気なさすぎ、抑えは必要

×バウンスシャッセ
オークス3着で休ませないのは、何故ゆえか不明
よほど適性があるとよんだのか
初の古馬重賞でこの人気…
××にゃんこ先「内枠勝負」自信度A 6
本命は、
◎ ③ラブイズブーシェ
 ・距離適正、洋芝の函館コースの適正が高い
 ・立ち回りがうまいので内枠を生かせば
 ・斤量が56と恵まれた感がある。

相手としては、
〇 ⑦アンコイルド
 ・こちらも距離、コース適正は問題なく
  相手なりに走り安定感がある
 ・海外帰りの休み明け叩き2走目で
  上積みが見込める

▲ ②ステラウインド
 ・内枠と斤量54が好材料で、ロスなく
  スムーズに競馬ができれば面白い
 ・後は函館で乗れてる三浦騎手に任す(笑)

☆ ④ナカヤマナイト
 ・小回りコースが得意で、重い芝での
  実績も十分なので、洋芝は問題なし。

消し
× ⑬グランデッツ…
711自信度C 3
 7-ω-) 第50回農林水産省賞典 函館記念(G3)の予想UPします。

◎アドマイヤタイシ
 G3では5連続2着と、もう一押しで重賞に手が届く競馬が続いており、前走の鳴尾記念でもハナ差2着の僅差だった。コース的にはどう考えても大外不利だが、鞍上が内に潜り込んで内から抜けてくるのが得意であり、枠は関係なしと判断した。

○アドマイヤフライト
▲ラブイズブーシェ
△ステラウインド

 7-ω-) 印は上記のとおりですが、馬券は①②③⑯の馬連BOX6点買いです。

 7-ω-) いつも読んでいただき、ありがとうございます。それでは皆様、良い競馬を。…
index自信度C 3
ワイド
②⑦③⑭

3連複
①=②⑦=③⑭




13 ②父母父ブラッシンググルーム系
12 ②父母父ブラッシンググルーム系
11 ①父母父ブラッシンググルーム系
   ③父母父ブラッシンググルーム系
10
09 ②父母父ブラッシンググルーム系



13 ③母母父ニジンスキー系
12 ③父母父ニジンスキー系
11 ①母父 ニジンスキー系
10 ①母母父ニジンスキー系
   ③母母父ニジンスキー系
09
08 ①母母父ニジンスキー系
07 ①父  ニジンスキー系
06 ①父  ニジンスキー系
05 ①父  ニジンスキー系


該当馬

父母父ブラッシンググルーム系 ◎アンコイルド
母母 ブラッシンググルーム系 ○ステラウインド

母母父 ニジン…
めんぼう自信度C 4
『グランデッツァ』
後脚はあまり踏み込みが深くないので、良馬場のほうが力を発揮できるか。飛節的には、あまり伸び切らないが、パワーの必要としない2000mなら、勝負できると思う。2000に実績がなく、距離が長く感じるが、函館の2000なら十分に許容範囲。能力もまだまだ未知数の馬なので、本命に。

『バウンスシャッセ』
後脚と飛節も、平均的な使い方をしている。良馬場、重馬場にも対応できて、どんな距離でもある程度対応できてしまう。スプリンターとかでは決してないが、1600〜2400くらいまで幅広くこなせるはず。オークス3着馬がこのレースに出てくるということは、調子が良くて賞金が欲しいということだろう。
BC爺「ハリアー、ライジンに続け」自信度C 4
◎アンコイルドはノーザンが濃くて函館向き。
今年も巴賞を適当に負ける好相性のステップを踏み、
特に大きな問題点は見当たりません。
リピーターが目立つ傾向のレースでもあり。

○グランデッツァは距離延長向くタキオン産駒。
前走は初マイルのG1でどうしようもなかったですし、
あのレースを叩いてここというローテは絶好でしょう。

▲サクラアルディートはよく分からない馬ですが、
2走前は先行して良い負け方でしたし、前走もまずまず。
あまり良いタイミングの馬がいないので、3着程度なら。…
koren「素人なりに考えてみたら」自信度C 6
函館 2週連続メインは内枠絡み
折角なので ジブリネタから 三週連続ジブリ放送に
ちなんで 今週も内枠が絡む予想で
一発あるなら
トウカイパラダイスかと考えたが
どうだろうか。。。
グランデッツァ か アドマイヤタイシか

タイシは 内枠メイン予想に対して大外はどうか
ということで
雨龍泥舟自信度C 2
荒れるハンデ戦として定評のあるレースだが、今年はメンバーも揃い大混戦だと思う。

本命には、バウンスシャッセを抜擢したい。これも個人的なアバウトな物差しになるが皐月賞で0.7秒差なら古馬G3では勝ち負けの力は十分ある。しかも、馬齢の55Kgから4Kgもらっているのであるから、ここを狙わずにどこを…というところ。問題は人気だが、3番人気以下になるのではないだろうか?

相手には、グランデッツァ。いずれ大きなところを取る馬だと見ている。
単穴に、トウカイパラダイス、複穴にラブイズブーシュの函館巧者を。
ステラウインド、アンコイルド、アドマイヤタイシ、アサカクリチャンも軽視できない…
サニーのす自信度C 4
◎トウカイパラダイス
産経大阪杯は徹底先行であわやの粘り込みを見せたが鳴尾記念は出入りが激しい競馬になってしまってチグハグに。よほど強いメンバーとかではなく、まともな展開になれば先行力安定で魅力的。
3年連続出走。一昨年は一番人気を裏切ったが今年は昨年同様のローテ。巴賞の負けからの巻き返しは函館記念好走のパターン。函館リーディングのチャンスがある柴山騎手は土曜日からかなり積極的な騎乗ができていて乗れているというのも強みにしたい。

○ラブイズブーシェ
立ち回れる馬が内目の枠を引いた。ビッグレースで4着したときは後方に下げてロスのない競馬からスタミナ比べでしぶとく伸びてのもの。前…
ぷみを「願望予想」自信度C 2
グランデッツァに大口購入がかなり入っています。
相当自信があるのか?
100万超えも1件。

単勝では
ステラウインド
ラブイズブーシェ
アンコイルド
ダークシャドウ
に10万と20万が入っています。

関係者の思惑通りにいかないのが競馬。
違う角度から狙ってみたい。

◎のアドマイヤタイシ
先日のセレクトセールでまたも近藤氏が高額な馬を購入しました。
私の記憶が正しければ、1週間以内に代金を支払わなくてはなりません。
資金繰りは本日が最終。
賞金は当日には入らなかったように思うので馬券で稼がなくてはならない。
ここはチャンスです。
人気もそんなにないし、増して大外。
しかし、岩田は…
××ぱむ自信度B 9
函館記念、自信度 B

◎ラブイズブーシェ
⚪︎アスカクリチャン
▲アドマイヤタイシ
☆アドマイヤフライト
△ダークシャドウ
△ステラウインド
×バウンスシャッセ
×グランデッツァ

ラブイズブーシェは
今回は罠っぽいが切れる要素がない...
勝ち切れないのでまた2着ぽいです。

アスカクリチャンは夏走るんですよね。

ダークシャドウ外人騎手に乗り替わるので紐で。
×nige「単純に舐められているなと思うので狙う」自信度D 2
※人気は、7/19 14:00時点

本命は、ナカヤマナイト(11番人気)
単純に「舐められているな」と思うので狙います。
去年後半は適正のない条件で相手も強いG1では大きく崩れて当然で、年明けも馬場悪すぎてサッパリだった中山記念と適性ないダート。
小回り、1800~2200m、G1以外なら信頼できる。
函館は初めてだが中山の重い馬場実績は十分すぎるほどある馬なので期待。


対抗は、ダークシャドウ(8番人気)
前走は59kgのきつい斤量だったが、G3なら格は上なのでしっかり3着を確保。
函館は初めてだが同じ洋芝の札幌で札幌記念2着があり、洋芝・小回りは対応可能。
ここは斤量減で、引き続きG3なので期待。


まじん自信度A 37
印変更△は調子の良さそうなダークシャドウ
トウカイパラダイスはきれないけど

難解なレースこのクラスでの実績馬がそろい。またG1でも人気になるような馬が出走している。本命は先週の七夕賞を回避してこちらに矛先を向けてきたステラウインドに期待したい。タフな洋芝を意識したのだろう、実際フランス遠征の帯同馬として昨年不安巣の重賞で勝負になっている。距離は2400くらいが良いのだろうけど前走調子を取り戻したような実に強い内容だった。もともと昨年帯同馬の役割を果たさなければオープンクラスでは十分やれると思っていた馬。ここはどんな人気になるのかわからず割れそうなため狙う。

対抗はG35戦連続2着と…
pipop「後出しジャンケンみたいで・・・」自信度C 7
◎ステラウインド今回斤量54kgは恵まれたと見るべきで、父ゼンノロブロイは血統的に成長の余地がありありと感じるSS系の良いところが見えて馬券を買ってくれと囁いて来るのは気のせいだろうか?

○ゼロス本来の持ち味は1600m~1800mの距離と感じていた、特に1600mは天性の走り方が大好きである。

▲ダークシャドウは言うことなしの実力馬但し今回はトップハンデなのが気にかかり単穴に留めた。

△グランデッツァ他の同期から見ると極量とも思える57.5kgは余りに重い!

今回は3連複と単勝勝負で行きます。…
naoch自信度C 2
◎アンコイルド

過去10年2枠3枠4枠が勝ち星量産している。
前走巴賞組が圧倒している。
去年の2着馬

○グランデッツァ

過去10年外枠ほとんど着てないんだが7枠で1番人気
だったフィールドベアーとファインモーションは2着。
ということで2着まで

▲ダークシャドウ

札幌記念1番人気2着これだけで買いだと思うのだが
函館は未知
アクシオンと似てる気がするということは3着

△シゲルササグリ
巴賞組
××いち自信度C 5
素人なりの過去のデータと調教評価と未来の妄想で決めました。

展開としては、ゼロスが逃げを打って、アンコイルド・
グランデッツァ・リルダヴァル辺りが先行争い。
アドマイヤタイシ・バウンスシャッセなどが中段より続く。
ラブイズブーシェはインの後方でしょうか?

ペース的には割りと早くなるのではと思ってます。


◎リルダヴァル
この馬は厳しいペースに強いと思ってます。
ダート追い切りも、重い洋芝だからこそと
勝手に解釈しております。

◯アンコイルド
枠も良いと思いますし。去年の実績馬。
調教も仕上がっておると思います。

▲バウンスシャッセ
調教から見る現…
××あみー「底力・持続力偏重の馬が強い条件」自信度B 15
(1)底力・持続力に特化した馬が強く、キレ優位の馬は苦戦 [コース形状]
 函館芝2000mはスタートから2角中間まで下り、2角中間から向正面を通り3・4角中間までの長い区間が上り、3・4角中間から下り→平坦+全10場でもっとも短い直線で構成されるコース。
  参考:JRA | 函館競馬場/コース図(http://www.jra.go.jp/facilities/race/hakodate/course.html)

 この短い直線だけで差し切るのは難しく、好走確率を上げるには“上り坂で仕掛け始めても終いまでバテない能力”(≒底力(=ハイペース耐性)、持続力)が必要になります。
 同時に、上り坂→小回り3・4角→最短の直線+洋芝という組み合わせから上がり3Fの速い…
ベベ「侮れない」自信度C 2
 ◎アスカクリチャン

 メンバー随一の実績を誇りながらも近頃は不振に喘いでいる馬ですが、今回夏馬総大将として復権を飾る可能性は充分ありそうです。
 昨年は函館重賞を2回走って2回とも馬券内に絡みました。前述のとおり夏はとにかく走るので少なくとも抑えには入れなければいけない馬ですが、松岡騎手が乗ることで更に上積み。ローテ的にも他の馬と比べて大分余裕がありますし期待できると思います。

 ○バウンスシャッセ

 この斤量は余りにも恵まれすぎています。少なくともサイモントルナーレと同じ52kgでの出走だと思っていたし、それでも有力候補には変わりないと思っていたので尚更です。
 前走の優…
××アキ「大混戦。」自信度D 6
◎バウンスシャッセは難しい所だけど一応本命。瞬発力はこのメンバーでも下位に回るけど幸か不幸かハナを絶対切りたい構えがメイショウサミットくらいしかないし、この斤量差なら皐月賞のように積極的にポジションを奪えるチャンスは大きい。自力でペースを引き上げれば得意の消耗戦には持ち込めるし、一応リスクは少ない馬かなと。
○サクラアルディートは焦った。この馬何でこんなに人気がないのと思うくらい。まず2~4走前は速いラップを求められて対応できなかったし、鳴尾記念に関しては幸の駄騎乗。後方からで要所の速い箇所で無理に動きすぎたしそれであの差なら悪くない。まず外枠でポジショニングの選択肢は多いし…
××クライスト「無名外人にやられんじゃねえぞ!」自信度A 6
◎…今年の3才牝馬戦線の質の高さに加え、この51.0kgは軽すぎると思われる事から古馬をまとめて負かす筆頭と判断。

○…底力・脚質・軽量が少ない状況・恩恵を受ける競馬学校ジョッキーが少ない=三浦しかいない状況などから、ここは余程の不良馬場にならない限り連軸必至のはず。ただし、ハンデ戦だけに“軸になっても勝ち切れるか”は鞍上が秋山だけに不安がある分を差し引いて対抗とした。

▲…シゲルササグリ
単穴に指名したが実質は「△」の一番手。
前走秋山騎乗のため、あくまで◎が好走した場合の帯同馬的存在で、それでも代役が先輩の四位なら「無名外人のダークシャドウには負けるな」と言いたいので3着固定の“複穴…
××たけぼぉ「外枠は鞍上の捌き方次第」自信度C 2
◎⑦アンコイルド57
・巴賞はスムーズに先手を取れなかったのが敗因で、叩いての上積みもある今回は上位に流れ込めるだろう
○③ラブイズブーシェ56
・函館は二勝しているコースで問題は無いし、極端な道悪にでもならなければ
▲⑧シゲルササグリ54
・鳴尾記念でも人気以上に走っているが、巴賞では大幅馬体減での中一週で
△①アドマイヤフライト56
・この距離で序盤のペースが速いと位置取りは後ろになりそうだが、出していけるようなら
△②ステラウインド54
・洋芝適正があるかどうかより、オープンで通用するか問われる
△⑫トウカイパラダイス56
・このレースでは微妙に馬券圏内に入れていないが、安定した先行力はまだ…
朝霧博人「2014 函館記念 予想」自信度C 4
函館記念 2007年~2013年(2009年は札幌開催のため除外)

                            
12.6 - 11.8 - 12.7 - 13.0 - 12.9 - 11.9 - 12.0 - 11.9 - 11.7 - 12.3     

12.2 - 11.2 - 11.4 - 12.1 - 12.1 - 12.4 - 12.0 - 12.1 - 12.1 - 12.7     

12.3 - 11.0 - 11.2 - 11.5 - 11.8 - 12.1 - 12.6 - 12.4 - 11.4 - 12.2     

12.2 - 11.0 - 11.5 - 12.2 - 12.8 - 12.4 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.1     

12.5 - 10.8 - 11.6 - 12.0 - 12.2 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 11.8 - 12.4     

12.2 - 11.0 - 11.7 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.0 - 11.6…
ジジ「うあwヽ(・∀・)ノすごい」自信度C 3
こ、これは!!!なんということでしょうwww
見事に印が散らばってますやんwヽ(・・)ノ
荒れそうなレースになりそうで((o(´∀`)o))ワクワク
唯一の牝馬で3歳ですがバウンスシャッセを軸にしま~す♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
火拳のマチ「古豪復活」自信度C 2
◎リルダヴァル
前週 札幌ダ 67.4-12.2 指数:83.5
当週 札幌ダ 63.3-12.0 指数:116.7

2週続けて高指数で当週の63.3-12.0は自己BEST。
前走・米子ステークス4着時は、

前週 CW 70.1
当週 CW 66.1

で、前走比で段違いに上昇しています。

そして重賞を勝ち切る馬なのか否かですが、3歳時にはNHKマイルカップでダノンシャンティに0.3差の3着という実績があり、その後重賞でも善戦しているので大丈夫。

函館は初出走の様ですが、重い馬場でも勝ち鞍ありますので問題無しでしょう。
何と言っても7歳のココへ来て自己BEST時計を出して来た事が調子の良さを表しています。

同じく指数100超えで重賞制覇したガルボに続い…
予想屋マス「グランデッツァの巻き返しなるか?」自信度C 3
今週のメインレースは、第50回函館記念である。

第50回函館記念は、一線級が不在であって、またハンデ戦ということもあるため、混戦が予想されている。
そこで、競馬理論の競馬予想では、第50回函館記念に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

安田記念組からは、11着のグランデッツァ(石橋脩)が第50回函館記念に出走する。

安田記念におけるグランデッツァの11着という結果は、極悪な馬場状態で能力を発揮できなかったと捉えると度外視が可能と判断できる。

そのため、都大路ステークスで、エプソムカップを制したディサイファに5馬身もの差をつけて楽勝した時のレース内容が際立ってくる。…

タイム 2:00.1 4F 48.8 3F 36.8
単勝3番710円(2人気)
複勝3番270円(3人気)9番410円(7人気)2番420円(8人気)

軍神マルス<08期 東前頭二枚目>
「函館記念 「ローカルコースの鉄則」と欧州型血統。」
アドマイヤタイシ12着/4人気
○ラブイズブーシェ▲バウンスシャッセ△アドマイヤフライト
    
1402
3拍手

★傾向分析★
2009年 タイム 2'00"6 (良) 1FAve=12.06 3FAve=36.18 →札幌開催のため、参考外。
テン36.1-中盤49.0(3F換算36.75)-上がり35.5 『加速・中弛み』
1着サクラオリオン・・・エルコンドルパサー×Danzig=キングマンボ×ダンチヒ 〔2-f〕 7-7
2着マヤノライジン・・・マヤノトップガン×Danzig=ロベルト×ダンチヒ 〔2〕 4-2
3着メイショウレガーロ・・・マンハッタンカフェ×Carson City=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔7〕 1-1

2010年 タイム 1'58"5 (良) 1FAve=11.85 3FAve=35.55
テン34.5-中盤48.0(3F換算36.00)-上がり36.0 『前傾・一貫』
1着マイネルスターリー・・・スターオブコジーン×サンデーサイレンス=グレイソヴリン×サンデーサイレンス 〔11-c〕 4-2
2着ジャミール・・・ステイゴールド×Sadler's Wells=サンデーサイレンス×サドラーズウェルズ 〔3-d〕 8-8
3着ドリームサンデー・・・タイキシャトル×ブライアンズタイム=ヘイロー×ロベルト 〔7-e〕 2-1

2011年 タイム 2'00"3 (良) 1FAve=12.03 3FAve=36.09
テン34.7-中盤49.7(3F換算37.28)-上がり35.9 『前傾・中弛み』
1着キングトップガン・・・マヤノトップガン×マルゼンスキー=ロベルト×ニジンスキー 〔12〕 9-8
2着マヤノライジン・・・マヤノトップガン×Danzig=ロベルト×ダンチヒ 〔2〕 4-2
3着アクシオン・・・サンデーサイレンス×Dixieland Band=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔13-c〕 11-12

2012年 タイム 2’00”4 (良) 1FAve=12.04 3FAve=36.12
テン34.9-中盤49.0(3F換算36.75)-上がり36.5 『前傾・中弛み』
1着トランスワープ・・・ファルブラヴ×リアルシャダイ=ノーザンダンサー×ロベルト 〔8-f〕 7-8
2着イケトップガン・・・マヤノトップガン×サンデーサイレンス=ロベルト×サンデーサイレンス 〔1〕 12-9
3着ミッキーパンプキン・・・ダンスインザダーク×Alzao=サンデーサイレンス×リファール 〔8-h〕 2-1

2013年 タイム 1’58”6 (良) 1FAve=11.86 3FAve=35.58
テン34.9-中盤48.0(3F換算36.00)-上がり35.7 『前傾・一貫』
1着トウケイヘイロー・・・ゴールドヘイロー×ミルジョージ=サンデーサイレンス×ネヴァーベンド 〔9-f〕 1-1
2着アンコイルド・・・Giant’s Causeway×Alzao=ストームバード×リファール 〔4-n〕 2-2
3着アスカクリチャン・・・スターリングローズ×ダイナレター=ミスプロ×ノーザンテースト 〔3-n〕 12-6

 流れは、テンが速く上がりのかかる傾向になりやすく『前傾』になりやすいと考える。
『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎
 しかし、小回りローカルコースなので直線が短く基本前が有利ということもあり、「ローカルコースの鉄則」が当てはまり、先行・差しが中心。特に4コーナー2番手以内に位置した馬が、毎年1頭は好走することが多く、逃げ馬の見極めがポイントと思われる。

 血統の傾向は、ニジンスキー系・ダンチヒ系・ノーザンダンサー系・ロベルト系・グレイソヴリン系などから欧州スタミナ型が強い傾向。これらの血統は、凱旋門賞でも好走の多い系統。そのため函館芝コースはスタミナがいる馬場と考える。
 特にマヤノトップガン産駒は好走が多く(=09年2着・11年2着マヤノライジン、11年1着キングトップガン、12年2着イケトップガンなど)、ロベルト系×レッドゴッド系配合と欧州型の要素が強い配合からも、裏付けになると考える。

 牝系の傾向としては、No.〔2〕〔3〕〔7〕〔8〕の牝系の好走馬が多いです。これらの牝系は、本来東京コースなどの直線の長いコース向きのはずなのだが、好走している事実から位置取りと分枝記号に着目しようと思います。位置取りは皆先行タイプで、流れが持続型になりやすいことからロングスパートとなることで好走するのでは?と考えます。ただ位置取りが後ろ過ぎると小回りコースの外を通らされることになるので届かずという結果になると考える。
 また分枝記号で好走が多いのが、分枝記号f。分枝記号fは休み明けを苦にしないが、叩いて一変も少なく、間隔を詰めて出走したときに好走が多いのが特徴(=特に中一週のローテーションは特注)。この特性が巴賞→函館記念につながるものと考えます。

 ステップの傾向は、前走巴賞組の好走が多いです。惨敗でも激走することも多く、巴賞の内容をよく考える必要あり。

 またエリモハリアーはそのうち過去3年で連続好走(05年1着・06年1着・07年1着、08年は僅差の4着)していて、函館巧者は要注意。その上で函館芝2000mのコース実績があればなお良いと思います。老馬の法則から考えて着順は良くて前年と同じで、落とす傾向になるのではないかと考えます。

★予想★
①『前傾』になりやすく、「ローカルコースの鉄則」が活きやすく、基本前で展開する内枠の馬に注意。
②4コーナー2番手以内の逃げ馬の好走が多く、逃げ馬を中心に据えるべし。
③欧州型スタミナ型血統中心。特に凱旋門賞好走血統。ニジンスキー系・トニービン系は特注、リボー系要注意。基本的にトニービン重賞。
④函館巧者は特注、2000m巧者に要注意。特に夏のローカル重賞好走歴のある季節労働馬にも注目。
⑤巴賞からのステップ馬は注目。巻き返しが可能なタイプは、巴賞を後方から外を回して届かずのタイプ。位置取りショックが期待できるなら狙うべし。先行していたタイプは連続好走が可能なタイプかを吟味すること。特に高齢馬の連続好走は多くない(=函館記念は4・5歳馬が強い傾向もあり)。

◎アドマイヤタイシ・・・Singspiel×Dubai Millennium=サドラーズウェルズ×ミスプロ 〔12-c〕
 前走鳴尾記念2着(=阪神芝2000m:0.0秒差)。函館芝コースは初で、芝2000m戦は(1-8-0-3)。函館芝コースは初だが、洋芝の札幌芝コースは(0-3-0-0)と好走できる下地があると考える。今回大外枠という点では小回りコースなので不利はあると考えるが、先行脚質でもあり先手を取れるのであれば大きなマイナスにはならないと考えて、好走に期待する。
 Singspiel産駒はサドラーズウェルズ系で、芝1600mを中心に好走が多いが、いずれの距離でも淀みなく流れ、底力の問われる展開でこそ真価を発揮する。成長力も豊富で、条件戦よりも重賞で勝負してこその血統。一度落ち込んでも得意な距離、コースに戻ると復活し、高齢になってもしぶとく走る。母父Dubai Millenniumはミスプロ系で、どちらかといえば早熟タイプで、スピードの優れたマイラー血統。
 No.〔12〕の牝系は、早い時期から走る馬もいるが、3歳秋から古馬にかけて本格化する馬が多い牝系。また高齢でも衰えが少なくタフな馬が多い。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。欧州的な瞬発力を秘めるがゴチャつく展開は苦手。

○ラブイジブーシェ・・・マンハッタンカフェ×メジロマックイーン=サンデーサイレンス×マイバブー 〔1-l〕
 前走目黒記念2着(=東京芝2500m:0.0秒差)。函館芝コースは(2-0-1-1)、芝2000m戦は(4-4-2-3)。小回り芝コースでは好走が多く、特に洋芝コースの北海道での好走が多い馬でもあり、前走目黒記念2着と重賞好走していて、スタミナの裏付けもある馬にて、スタミナを活かした展開なら好走は十分可能と考えて好走に期待する。内枠にて、先行しての好走に期待する。
 マンハッタンカフェ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、ステイヤータイプだが素軽い先行力を持ち、難儀な不発が少ない堅実さが特徴で、前半に脚を溜めれば鋭い瞬発力も使える。また道悪の成績が良く、パンパンの良馬場よりも多少時計の掛かる馬場向き。丈夫さが取り柄で、詰まったローテーションや高齢馬が穴をあける。母父メジロマックイーンは晩成型の成長力があり、古馬で本格化するステイヤー血統だが、2歳~3歳時にも第1次の成長段階がある。叩き良化型で、中長距離での好走が多い。古馬での成長能力にも期待できる。
 No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。3歳秋以降は緩やかに成長する。分枝記号lは、クラシックで特注の記号で、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。

▲バウンスシャッセ・・・ゼンノロブロイ×Halling=サンデーサイレンス×レイズアネイティヴ 〔2-e〕
 前走オークス3着(=東京芝2400m:0.1秒差)。函館芝コースは(1-0-0-1)、芝2000m戦は(1-0-0-1)。3歳牝馬にて今回斤量51kgと軽量という点はプラス要因と考えて、好走に期待する。中山芝コースで重賞好走もしているし、小回り芝コース向きと思うので、前走よりも距離短縮も嵌ると思うし、先行脚質という点でも好走しやすいと考えて期待する。
 ゼンノロブロイ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、脚を溜めて鋭くキレるタイプが多いサンデーサイレンス系の中で、速いペースを追いかけて前で展開し踏ん張る競馬もこなせる適性の広さが持ち味。フジキセキ+マンハッタンカフェ的な特徴を有し、万能型のイメージ。人気馬がしっかり好走する比較的堅実なタイプが多い。産駒は中山芝コースでの好走が多く、東京芝コースでは3着になることが多いのが特徴で、コーナーワークが上手いということで小回りのローカルコースにも向くと考える。また産駒は道悪で馬場が悪くなっても好走可能なタイプが多く、10年オークス(=やや重)などからも馬場が渋って距離延長なら好走しやすい特徴を有している。体力は豊富で、リフレッシュ効果が大きく、鮮度の活かせる休み明けで立ち直る馬が多い傾向もある。母父Hallingはネイティヴダンサー系で、芝の中距離を基本とし、マイルに対応できるスピード、2400mを勝ちきるスタミナも備えている。それよりも気性に難のあるシャーペンアップ系でもあるため、前走の着順が当てにならず、気分良く走れるかどうかが問題で、先行するにしても追い込むにしても、緩い流れよりも平均的に速いラップの展開が向く。
 No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富。直線の長いコースでの末脚勝負に強い。分枝記号eは、気性が荒く、平均ペース以上での雪崩れ込みが得意で、上がりのかかる消耗的な流れに強い特性がある。また重馬場やダートなど時計のかかる馬場に強いが、一旦調子を崩すと復活が難しく、調子のピークが短い。

△アドマイヤフライト・・・マンハッタンカフェ×トニービン=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔9-g〕
 前走天皇賞春11着(=京都芝3200m:1.0秒差)。函館芝コースは初で、芝2000m戦は(2-1-0-2)。京都芝コースで好走が多い馬だが、札幌芝コース(0-1-0-1)と好走歴はあり、比較的前で展開もできる馬にて、今回最内枠をうまく先行するならスタミナを活かして粘り込むことは可能と考えて、好走に期待して評価する。欧州スタミナ型血統のトニービンを母父に有する点でも好走に期待する。
 マンハッタンカフェ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、ステイヤータイプだが素軽い先行力を持ち、難儀な不発が少ない堅実さが特徴で、前半に脚を溜めれば鋭い瞬発力も使える。また道悪の成績が良く、パンパンの良馬場よりも多少時計の掛かる馬場向き。丈夫さが取り柄で、詰まったローテーションや高齢馬が穴をあける。母父トニービンはグレイソヴリン系で、母父としては万能血統。長距離を好走できるスタミナ、競っての底力、成長力などを補完する。強敵相手に好走しやすい特性や連続好走しやすい特性も持っている。一度上昇して連続好走中なら、一定期間は期待出来る。
 No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門だが、広いコースは好走が多い。人気よりもやや人気が落ちて伏兵の立場のときの方が好走しやすい特性もある。分枝記号gは、パワータイプが多く雨も苦にしないが、不器用なタイプも多く厳しい流れで力を発揮する。
07/20 03:06

■■■■■■■■■■■■■■■
ジャパンカップ制覇で波に乗る
シュヴァルグランの馬主

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【AJCC・最終結論!】

▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

JCはシュヴァルグラン
から3連単 13,340円的中!

天皇賞秋はサトノクラウン
から3連複15,290円的中!

阪神カップはイスラボニータ
から馬単 6,070円的中!

フェアリーSはプリモシーン
から3連単46,640円的中!

今週のAJCCの
▼▼最終結論もお楽しみに!▼▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




軍神マルス

予想歴16年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数3272
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

4-14-10番: 12,370

新着回顧函館記念2014回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴16年 回収率137%
函館記念 近走重賞好走馬を侮るなかれ。
次走狙い馬:ラブイズブーシェ 次走狙い馬:ダークシャドウ
     
 
3拍手

2014年 タイム 2’00”1 (良) 1FAve=12.01 3FAve=36.03

ラップ
①12.3-②11.3-③12.2-④12.0-⑤11.8-⑥11.7-⑦12.0-⑧11.8-⑨12.3-⑩12.7
1FAveとの誤差
①+0.3 ②-0.7 ③+0.2 ④±0 ⑤-0.2 ⑥-0.3 ⑦±0 ⑧-0.2 ⑨+0.3 ⑩+0.7
テン35.8-中盤47.5(3F換算35.63)-上がり36.8 『前傾・一貫』

『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎
『一貫』・・・逃げ△ 先行○ 差し◎ 追込△

1着ラブイズブーシェ・・・マンハッタンカフェ×メジロマックイーン=サンデーサイレンス×マイバブー 〔1-l〕 11-3
2着ダークシャドウ・・・ダンスインザダーク×Private Account=サンデーサイレンス×ダマスカス 〔A4〕 7-7
3着ステラウインド・・・ゼンノロブロイ×スピニングワールド=サンデーサイレンス×ヌレイエフ 〔4-m〕 7-7

流れは、テン-上がりのラップ差から『前傾』とテン-中盤のラップ差の少なさから『一貫』の複合ラップ。展開的には、差しが最も恵まれ、次いで追込、逃げ・先行には厳しい流れと考える。

1着ラブイズブーシェは、前走目黒記念2着(=東京芝2500m:0.0秒差)からの好走。函館芝コースは(2-0-1-1)、芝2000m戦は(4-4-2-3)でした。小回り芝コースでは好走が多く、特に洋芝コースの北海道での好走が多い馬でもあり、前走目黒記念2着と重賞好走していて、スタミナの裏付けもある馬にて、スタミナを活かした展開なら好走は十分可能と考えて好走に期待し、結果1着好走。差しに位置してしたが、早めにスパートしマクリで押し切るレースにて好走。洋芝巧者であった点は好走要因として大きかったと思うが、先行馬壊滅な流れからもスタミナを活かせる流れだったと考える。次走札幌記念なら、洋芝巧者として好走は十分可能と考えて、次走の好走にも期待します。
 マンハッタンカフェ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、ステイヤータイプだが素軽い先行力を持ち、難儀な不発が少ない堅実さが特徴で、前半に脚を溜めれば鋭い瞬発力も使える。また道悪の成績が良く、パンパンの良馬場よりも多少時計の掛かる馬場向き。丈夫さが取り柄で、詰まったローテーションや高齢馬が穴をあける。母父メジロマックイーンは晩成型の成長力があり、古馬で本格化するステイヤー血統だが、2歳~3歳時にも第1次の成長段階がある。叩き良化型で、中長距離での好走が多い。古馬での成長能力にも期待できる。
 No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。3歳秋以降は緩やかに成長する。分枝記号lは、クラシックで特注の記号で、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。

2着ダークシャドウは、前走エプソムC3着(=東京芝1800m:0.1秒差)からの激走。函館芝コースは初で、芝2000m戦は(3-3-0-2)でした。函館芝コースは初だったが、洋芝の札幌芝コースで(0-1-0-1)と好走していて、芝2000m戦の良績からは侮ってはいけない馬だったと反省する。GⅠやGⅡでは惨敗続きだったが、GⅢではまだまだ侮れず今後も注意が必要と思われ、また芝2000m戦では得意距離でもあり、サマー2000mシリーズでの好走が期待できる馬と考えたい。
 ダンスインザダーク産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、大物を輩出するしスタミナ抜群なのだが器用さに欠け、ギアが入れば迫力満点の長い末脚を使う一方で、トップギアまでに時間がかかり瞬時に反応できないという弱点を併せ持つ。また条件戦では手間取るも能力が引き出される格上挑戦は好走のプラス要因で、産駒が好走していた重賞で産駒が好走することが多いのも特徴。スタミナ型サンデーサイレンス系に向く重賞でもあるので、ダンスインザダーク産駒にも適性は向くと考えて期待する。母父Private Accountはダマスカス系で、速いペースから最後は力の勝負に持ち込むと強い粘っこいヤマイモ血統。斬れる脚はなく、惜敗も多いが、芝なら開催終盤の荒れた馬場や重馬場に向く信頼するならダートの1800~2100m。GⅠよりもGⅢ向きだが、高齢になっても侮れず、忘れた頃に一発もあるタイプ。
 No.〔A4〕の牝系は、米国のファミリーで、高速決着は得意だが、メリハリある流れが苦手。体力はあり、シーズンオフは得意な牝系。

3着ステラウインドは、前走1600万条件戦ジューンS1着(=東京芝2000m)からの好走。函館芝コースは初で、芝2000m戦は(3-1-0-2)でした。近走は芝2400mや2500mの距離を使い僅差に好走していたが、前走で芝2000mの距離短縮で好走し、今回もその勢いのまま3着好走。スタミナ型サンデーサイレンス系のゼンノロブロイ産駒で、牝系もスタミナ型の牝系だったことが嵌ったものと思われる。
 ゼンノロブロイ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、脚を溜めて鋭くキレるタイプが多いサンデーサイレンス系の中で、速いペースを追いかけて前で展開し踏ん張る競馬もこなせる適性の広さが持ち味。フジキセキ+マンハッタンカフェ的な特徴を有し、万能型のイメージ。人気馬がしっかり好走する比較的堅実なタイプが多い。産駒は中山芝コースでの好走が多く、東京芝コースでは3着になることが多いのが特徴で、コーナーワークが上手いということで小回りのローカルコースにも向くと考える。また産駒は道悪で馬場が悪くなっても好走可能なタイプが多く、10年オークス(=やや重)などからも馬場が渋って距離延長なら好走しやすい特徴を有している。体力は豊富で、リフレッシュ効果が大きく、鮮度の活かせる休み明けで立ち直る馬が多い傾向もある。母父スピニングワールドはヌレイエフ系で、時計のかかる馬場でハイペース必至なら狙って損のない大穴血統。近走の着順より馬場と展開を重視したい。適距離は、短距離~マイルで、芝・ダートとも道悪巧者。
 No.〔4〕の牝系は、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力もあるが、さらに3歳秋から古馬にかけて成長力が著しい。またスタミナを活かしての好走が得意。分枝記号mは、勝ち上がり率は高いが、能力の壁にぶつかると乗り越えることが少ないタイプ。よく言えば自分の持てる力を全て吐き出すが、相手がそれ以上だとあっさり負けてしまうタイプ。ただし弱い相手には滅法強いタイプ。 ただし自身が強ければとことん強い可能性は十分(=テイエムオペラオーやカワカミプリンセスなどが分子記号mで、連続好走中の上昇期は逆らうのは痛い目をみることが多い)。

函館記念のポイントは、
①『前傾』になりやすく、「ローカルコースの鉄則」が活きやすく、基本前で展開する内枠の馬に注意。
②4コーナー2番手以内の逃げ馬の好走が多く、逃げ馬を中心に据えるべし。
③欧州型スタミナ型血統中心。特に凱旋門賞好走血統。ニジンスキー系・トニービン系は特注、リボー系要注意。基本的にトニービン重賞。
④函館巧者は特注、2000m巧者に要注意。特に夏のローカル重賞好走歴のある季節労働馬にも注目。
⑤巴賞からのステップ馬は注目。巻き返しが可能なタイプは、巴賞を後方から外を回して届かずのタイプ。位置取りショックが期待できるなら狙うべし。先行していたタイプは連続好走が可能なタイプかを吟味すること。特に高齢馬の連続好走は多くない(=函館記念は4・5歳馬が強い傾向もあり)。
⑥近走好調な重賞好走馬(=目黒記念や鳴尾記念好走馬)にも注目。

07/26 00:57 回顧アクセス:1266

Youtube函館記念関連動画

新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
クライスト教授
01/21 12:57

グレートウォリアー新馬勝てず。やはり怖れていた騎手力のなさがまた馬を潰してくれた。

夜明けのばぁた
01/19 23:25

訂正:ヴィアラクテアは最終締め切りまで入札可能です。お詫びいたします。

夜明けのばぁた
01/19 23:08

POGの入札状況はhttps://twitter.com/?request_context=signup

編集長おくりばんと
01/18 08:12

POGへの途中参加お待ちしています

   つぶやきだけ全て見る

メアド
パ ス
 

コメント

index>>

>>ぐつん


01/21 12:45

ぐつん>>

>>index


01/21 09:41

ぐつん>>

>>index


01/21 09:12

index>>

>>ぐつん


01/16 19:34

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社