7/21 7/22
7/14 7/15
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【七夕賞2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想秋華賞2017予想一覧クライスト教授の予想

京都11R 秋華賞 2017年10月15日(日)
芝2000 3歳GI 雨重 平均レースレベル4.2

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番














































































































馬名



牝3 牝3 牝3 牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3 牝3 牝3牝3 牝3 牝3 牝3性齢
55 55 55 5555 55 55 55 55 55 5555 55 5555 55 55 55斤量




























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
×

ヨルゲンセ

BC爺

雨龍泥舟

ぶらすぽ

編集長おく自信度C 0
レーヌミノル
ちょこまかしたフットワークで道悪は鬼だろう。ここ2戦よりはごまかしの効く内回りコースで条件も好転。

カワキタエンカ
前走はかなりきついペースを粘っている。阪神1800は能力が問われるコースなので、あのメンバー相手に、なかなかできる芸当ではない。桜花賞も同様にがんばっているし、かなりしぶとい馬。雨馬場、内伸び馬場も味方につけられそう。

タガノヴェローナ
これもがちがちに硬い走りのダート馬なので、道悪は大歓迎。


ファンディーナと岩田騎手との相性の悪さに敗因があったのではないかと考える。
 ファンディーナは見るからにフットワークが大きくゆったりと走る。こうい…
index自信度C 0
対角に人気馬を配置しない枠順な為、
無条件で1番人気馬が狙い目。

アエロリット





~~~~~




16③母父系SS
15③母父系SS
14③母父系SS
13
12③母父系SS
11①母父系SS
  ③母父系SS
10③母父系SS

該当馬:
アエロリット
ヴゼットジョリー





16②父母父系マキャベリアン
  ③  父系アンブライドルド
15③  父系キングマンボ
14③  父系キングマンボ
13①  父系キングマンボ
12③  父系キングマンボ
11
10①  父系ミスプロ
09
08①  父系ミスプロ

該当馬:
ラビットラン
  






16①父ディープイン…
ヨルゲンセ「最終的には」自信度C 0


最終判断は
印の通りに。
明確に渋って来たし
難しい。
コレ ファンディーナ いけるんじゃないか?

血統で注目してた
タガノヴェローナ
とかも。

あとは リスグラシューが
勝てる気も。


以下 一週前予想


↓↓↓



何十時間も掛けて改良した
ラップ解析ツールが
割と ノッて来た印象なので
調子に乗って 早々に解析してみる。
(優先出走権と賞金順で
  回避が無ければ出走確定になる17頭のみ)


単純な解析結果からは
◎ファンディーナ
○カワキタエンカ
▲リカビトス

次点は 決め兼ねる感じで
アエロリット
レーヌミノル
リスグラシュー
ラビットラン
ディアドラ
××「ローズSを3角6番手以降で3~5着馬は(1,0,0,10)」自信度S 2
本命はモズカッチャン

前走ローズS6着以下馬は過去10年で35頭いて(1,0,1,33)、8頭が掲示板を確保、人気より着順が悪かったのは17頭、さすがに率が悪い
馬券に絡んだ2頭は前走重馬場で3角3,6番手と先行して人気を裏切って二桁着順、当日は3角8,11番手に位置取りを5つ以上下げていた、父はブライアンズタイムとウォーエンブレム、格上げ戦も怯まない闘争心があるS系、2走前はG1オークス8着以内、中山競馬場で行われるフラワーCで3着以内に入った実績があった
上記はS系の巻き返しの1例、昨年の桜花賞馬ジュエラーが前走重馬場で3角5番手11着から当日3角11番手まで下げて、人気を裏切る形にはなったが2番人気4着と巻き返し…
スコット自信度C 0

 ◎アエロリット

 1枠1番を引いたのも好材料。前走は1800mのクイーンSだが、札幌1800mと京都2000mは直結してくる。逃げてもカワキタエンカ辺りで控えても能力は発揮できるはず。

 ○ディアドラ

 去年、勝馬を出した紫苑Sからの出走。中山2000mも坂の有無はあれどこことはつながる舞台とみる。
 前走は大外をぶん回す大味な競馬だったが、札幌2000mでも勝ってるし、舞台適性はあるはず。

 ▲ラビットラン

 前走は圧巻のぶち抜きだった。父こそTapitだが、牝系は芝系と見えるので問題なし。
 ローズSの阪神1800mは瞬発コースだが、2走前は中京マイルでも勝ってるし、タフな馬場でも力は発揮できるは…
カタストロ自信度C 1
◎アエロリット

 本命は割とスッと。と言っても不安がないわけじゃない、できればカワキタエンカより外で外過ぎない枠が理想だったので、最内枠でカワキタが外から内に切り込んでくるまでに五分以上のスタートでしっかりとペースに対して主導権をとれるかどうか?というのがリスクとしてはある。一番厄介なパターンがドスローからの2F戦みたいなトップスピードの質を高く要求されるパターンで、それを除けばどういう展開でも対応してくると思っている。また雨もぱらぱらとは思っているが、ここは読みにくいし仮に思ったよりも降って標準ぐらいの馬場になったとしても、桜花賞では時計が掛かった稍重の中で46.5-48.0とハ…
雨龍指数自信度B 6
009 秋華賞   ()は人気     
◎ アエロリット    84(1)  1-1-X-1
〇 リスグラシュー   73(2)  3-2-X-6
▲ モズカッチャン   71(5)  6-X-1-2
△ ディアドラ     68(3)  4-5-X-4
⑤ ファンディーナ   67(4)  2-3-X-X
⑥ ラビットラン    56(6)  5-4-X-5
⑦ レーヌミノル    48(12) 6-X-X-7
⑦ カリビアンゴールド 48(13) 7-X-1-X
末尾の数字は能力・状態・展開・情報各ファクター別の順位。Xは1位以外を表す。
                     -
指数…
虎太廊自信度C 2
虎之目指数

◎1番アエロリット 175.7
〇2番ラビットラン 156.1
▲8番カワキタエンカ 154.6
△7番リスグラシュー 146.1

前々組は簡単には止まらない面子多し。
差し組はキツイか。
穴の使者は17、もしくは18番。

タイム 2:00.2 4F 49.1 3F 37.0
単勝14番630円(3人気)
複勝14番220円(3人気)7番190円(2人気)4番270円(5人気)

クライスト教授<10期 東関脇>
「三択なら狙ってみる価値あり。」
ファンディーナ13着/2人気
○ディアドラ▲ラビットラン△モズカッチャン
×アエロリット  
1683
0拍手

【普通に近走結果で見れば…】前予想
自信度C・・・紫苑S、ローズS、その他別路線の各トライアル戦の比較から、やはり現時点ではローズS組が上位となるのは否めない。
ただし、各馬を比較すると否でも混戦と言わざるを得ないため現時点ではC。

◎=ラビットラン
ローズSを上がり最速で制した正真正銘の上がり馬。
馬の勢いが重視される秋華賞である事を考えても現状最有力は同馬かと。

○=カワキタエンカ
この世代を代表する逃げ馬で展開のカギを握っている馬。
ローズSで先行馬たちを全滅させた事が実力の表れだったら今回も好走しておかしくない。

▲=リスグラシュー
春からの生き残り馬で好走率ならトップの馬。

△=ミリッサ
ローズSの微差4着からも有力な好走候補。

消し馬=ファンディーナ
巻き返しがあれば一番手に挙がる馬。
しかしながら、ソウルスターリングの凡走によって期待されたほどこの世代のレベルが高くないとすれば同馬の巻き返しも期待薄になるのがポイント。
よって、結果重視の現時点では最も危険な馬になる。

消し馬=モズカッチャン
ファンディーナと並ぶ巻き返し候補。
それだけにファンディーナと同じく現時点では危険馬になる。


【三択なら狙ってみる価値あり。】…決断
自信度B・・・騎手動向から見ると、横山典弘と北村友一(アエロリットとカワキタエンカ)、岩田とルメール(ファンディーナとディアドラ)、和田とミルコ(ラビットランとモズカッチャン)の三択と判断。
ならば、最も騎手力のある組み合わせなら狙ってみる価値ありと判断。
ただし、騎手動向からの三者択一予想のためBとする。

◎=ファンディーナ
前走敗戦を大幅プラス体重によるものと判断。
何より、岩田が降りたディアドラにルメールが配されたのを鑑みてもう一度狙ってみる価値ありと判断。

○=ディアドラ
鞍上変更は心配も、乗り変わりがルメールなら十分補えると判断。

▲=ラビットラン
もう一度前走の末脚が発揮されれば勝たれても不思議ない。
ただし、今回は前走ほどノーマークにされない立場であるのが不安と判断。

ちなみに、春からの実績で見れば▲は好走率抜群のリスグラシュー(武豊)が一番無難な候補だと思ったが、▲は上手くいけば勝てるまである馬のため勝ち切れないリスグラシューは却って狙うべきではないと判断。

△=モズカッチャン
太目だった前走を叩いた利点とミルコの2度目騎乗で巻き返しありと判断。
ただし、騎手動向から対象馬がラビットランになるため△と判断。

ちなみに、騎手力のレベルに差はあるが、ミルコと同じく騎手が2度目騎乗である点でイヤな存在と感じているのがポールヴァンドル(三浦)。
まさかの紫苑S組ハイレベルだった場合は同馬が怖い。

消し馬=アエロリット
前走勝利は見事だったが、斤量的に恵まれていた事、遠征競馬が心配な事、騎手動向から降りたカワキタエンカの乗り変わりが北村友一であるため牽引役として不安がある事から消しと判断。
10/13 03:23

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【中京記念最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼中京記念最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




クライスト教授

予想歴38年
回収率0%
騎手の実力を最も重視。ここに調教師・生産地レベル・馬の脚質を絡めて予想。 総拍手獲得数:3722
過去のベスト予想
 札幌記念2014

◎ハープスター○ゴールドシップ
38拍手

19,780

新着回顧秋華賞2017回顧一覧クライスト教授の回顧
クライスト教授TM競馬歴38年 回収率0%
やっぱり強かったオークス上位馬!
次走狙い馬:ディアドラ 次走狙い馬:ラビットラン
次走危険馬:ファンディーナ 次走危険馬:アエロリット
5
0拍手

レースレベル5・・・桜花賞馬が斜行騎手の乗り変わりが勝った変なレースだったのに比べ、やっぱりオークス好走馬たちは実力上位である事を見事に証明した。
この結果、オークス好走馬は能力上位=ソウルスターリングもまだ見限れないという世代道理に適った結果である事からもレベル5と評価。

次走狙い馬=ディアドラ
プラス12kg増を見た時には橋田厩舎に不安を感じたが、さすが好調馬にルメールを起用できた最高の状況が反映して図ったような見事な優勝。
これで同馬は一躍世代トップ牝馬の仲間入りを果たしたからには次走狙い馬の筆頭と評価する。

岩田との鞍上絡みで個人の予想では外したけれど、競馬学校に息子を入れるために手抜きさせられる騎手と、社台系生産馬を管理させて貰えるから途中までは活躍できても本質まだ未熟な厩舎なのでG1では人気馬でも裏切り度の高い高野厩舎とは、橋田厩舎は違っている事を示してくれた事は予想における不幸中の幸い。

次走狙い馬=ラビットラン
モズカッチャンが好走しているだけに鞍上の未熟さが出ての4着は本当にもったいないの一語。
よって、鞍上を強化すればもっと走れる馬であるため次点の狙い馬に推す。

しかし、和田は重賞で人気になると本当に来ない。
やはり競馬学校の12期生は話題だけで持ち上げられたニセモノばかりであるという良い証拠である。

次走危険馬=ファンディーナ
社台系生産馬を管理させて貰えるお陰で本番前までは活躍できても、いざ本番では穴馬でしか好結果の残せない高野厩舎らしい結果。
よって、今後は歴代の早熟馬の道を辿ること必至で、一日も早く繁殖に上げた方が良い事になるので危険馬筆頭とする。

岩田には不運な事になったが、これが息子を競馬学校に入れた報い(息子を騎手にする代わりに他の騎手のダシになる事)なのだから惨敗も仕方ない。まして厩舎が本質3流ではむしろ当然の結末。
元地方騎手が息子を公務員にするという事は、親はこういう目に遭うという実例となったのが岩田の実力から見ると本当に残念でならない。
馬を勝たせる技術があってもそれを十全に発揮できない仕組み・・・これがある限り絶対に日本人騎手が欧州競馬の大レースを勝つ事など絶対に不可能であると思わざるを得ない。

次走危険馬=アエロリット
「何が古馬を撃破してきた馬だ」の一語で、何より義兄と義弟の縁故コンビが1番人気に推された事に正直驚いた。
弱い同世代マイル系牡馬や疲労残りのアドマイヤリードに勝った程度の馬が強い道理がない事は予期していたが、同馬は桜花賞の時点でカラクレナイ以下だったので今回好走できなかった事も極めて当然。
縁故のお陰で人気になったというのは2流高野と同じで、そんな同馬がG1馬であるという事で如何に横山典弘が実力以上に勝たせて貰っているかの実例でしかない。
未熟な日本人騎手の、しかも穴の富雄と言われた勝ち切れない親父の子など所詮はこの程度であり、凱旋門賞でゴールドシップを満足にスタートすらさせられない者が上手い訳がない事だけでも分かるだろう。

リスグラシュー好走が色んな意味でも救い。
日本一の恵まれ騎手武豊が、相応に能力ある馬で何とかミルコを差した事が競馬学校騎手では唯一の救い。
ただし、モズカッチャンが落鉄してたとの話が聞かれるだけに、そんな状態の馬をギリギリ交わした程度だとすれば騎手力込みで高い評価はできなくなるが・・・。

それでも、これで如何に和田や福永の華の12期生や富雄の子の横山典弘が世界に通用しない事だけは明確になったはずで、世界的には2軍騎手でもやっぱり競馬学校卒の騎手は武豊しかいない事が証明されたと言える。

また馬に関しては、同馬の好走のお陰で毎日王冠で不甲斐ない競馬だったソウルスターリングの今後の巻き返しが期待できるのが何よりで、ルメールは桜花賞でもポカを咬ましたが、ポカを咬ました次はキチンと結果を出している本物の騎手なのでその点も期待できるだろう。

※今回の秋華賞に一語。
「2流厩舎は人気じゃ結果出せない!」・・・(格言)

10/15 23:42 回顧アクセス:1430


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
雨龍泥舟
07/20 09:09

(続き)とりおやこさんのウィズジョイの3頭です(見落としあるかも)。 獲得賞金額Topは多分、ドリームパスポートさんです。

雨龍泥舟
07/20 09:08

7/19 ナンデPOGの話を。すでに3頭の勝ち馬が出ています。ダーハラさんがオーナーのチュウワフライヤーとドリームパスポートさんのアドマイヤマーズの新馬勝ち2頭と、水沢で勝ったとりおやこ...

編集長おくりばんと
07/17 16:42

まあまあのが獲れました

雨龍泥舟
07/17 10:14

うらやましい

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>クライスト教授


07/13 13:09

雨龍泥舟>>

>>クライスト教授


07/12 08:12

クライスト教授>>

>>クライスト教授


07/12 00:43

雨龍泥舟>>

>>クライスト教授


07/11 07:43

アキ>>

>>クライスト教授


07/09 03:17

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社