6/30 7/1
6/23 6/24
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【ラジオNIKKEI賞2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想菊花賞2017予想一覧ぶらすぽの予想

京都11R 菊花賞 2017年10月22日(日)
芝外3000 3歳GI 雨不良 平均レースレベル2.5

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番


















































































































馬名



牡3 牡3 牡3 牡3牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3性齢
57 57 57 575757 57 57 57 57 57 57 57 5757 57 57 57斤量





























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
×

BC爺

雨龍泥舟

ヨルゲンセ

クライスト

編集長おく自信度C 0
プラチナヴォイス
ここまで馬場が悪くなると道悪適性だけで決まると思うのでいろいろフットワークをチェックしたが、この馬はトビが小さくて良いと思う。ガサがあってパワー勝負にも対応できるだろうし、京都巧者。今の馬場なら外枠も好都合。


スティッフェリオ
これも小さな回転で走るステイゴールドで道悪向きのスタミナがありそう。

クリンチャー
スタミナ勝負なら。馬群もこの馬場ならばらけるだろう。
尾張のうつ自信度A 0
本命はスティッフェリオ。

ここ2走は不完全燃焼な内容。前前走は動けずに脚を余しての負け。前走は外枠ということもあり、その前のレースの汚名を注ぐために積極的に前に行っての競馬。寸前まで粘っての4着となったが、内容は十分にあった。一瞬あわやのシーンまで作れたのは上等。

血統的にステゴ×ムトトは明らかにスタミナタイプ。内枠も申し分ない。


対抗はベストアプローチ
注目すべきは青葉賞の内容。ダービーはまくられて行けず。前走があまりにも情けなかったのは気になるが折り合い面に不安がないことは強み。この厩舎なら休み明けよりも叩いて2戦目で変わる。

血統面もこの馬場は向く。

後はダン…
ムトト自信度C 0
この田んぼなのでこなせそうな血統から。

◎スティッフェリオ
ステゴ×母父ムトトで道悪をこなせるタイプのステゴ。洋芝もこなしているしこの馬場でセントライトのように先行すればそうそう捕まらない。
セントライトでは直線先頭に立ち、見せ場を作った。キレ負けして4着だが、バッタリ脚が止まったわけではなく、距離延長で面白い。

○ベストアプローチ
サドラー系マル外で道悪上等。青葉賞2着で力的にも足りる。

▲ダンビュライト
ルーラーシップは微妙と言われるが現実に重に良績ありで。

△クリンチャー
スタミナ型の多いディープスカイに母父BT。先行すれば。…
index自信度C 0
対角に人気馬を配置しない枠順な為、
無条件で1番人気馬が狙い目。

▲キセキ

デムーロには合う血統だが、
私の思う条件に合わない馬の代表。
ファンが推したのなら仕方がない。
いつもは◎だが、しっくりこないので▲まで。



~~~





競争体系:

11 2冠馬出走年:①~③着馬全て同世代戦のみ出走馬
06 2冠馬出走年:①~③着馬全て同世代戦のみ出走馬
05 2冠馬出走年:①~③着馬全て同世代戦のみ出走馬
03 2冠馬出走年:①~③着馬全て同世代戦のみ出走馬

該当馬:
なし


16②レインボーライン 古馬混合特別戦1000万未勝利 札幌③
15③リアファル    古馬混合特別戦1…
スコット自信度C 0

 ◎アルアイン
 ▲ミッキースワロー

 能力ではこの2頭。これまでのローテからアルアインに一日の長。

 ○サトノアーサー

 勝ち切れないものの、関西1800m重賞では好走。そこは評価したい。

 △クリノヤマトオー

 前走本命にしていたウマ。負かした相手もブランドベルグにワンダーアツレッタとそれなり。

 あとはここに来て育ってきた感のあるキセキ。サトノクロニクル。道悪いけそうなベストアプローチとダンビュライト。直結の新潟2200mを勝ってきたポポカテペトル。…
××「前走3角7番手以内の神戸新聞杯3~5着馬は(2,1,2,6」自信度A 7
本命はポポカテペトル
前走1000万下1着馬は

前走1000万下1着馬は過去10年で35頭出走して(1,0,3,31)、6頭が掲示板を確保、人気より着順が悪かったのは16頭
複勝圏を確保した4頭の内3頭は当日3角5番手以内、当日3角7番手だった14年3着ゴールドアクターは2角では5番手、4角では6番手だった、当日3角5番手以内馬は11頭いて(1,0,2,8)、5頭が8着以内、人気より着順が悪かったのは5頭
複勝圏を確保した4頭の父はスクリーンヒーロー・Authorized・ミスキャスト・ダンスインザダーク、マニアックな血統ばっかりだが形容すると、体力があって本質的に芝向きのS系って感じか

ポポカテペトルはキャリアが浅かった京成杯では勝…
××夏影「今年のクラッシック戦線はどこかおかしい?」自信度S 0
皐月賞は例年体力色が問われる事が多く、皐月賞と菊花賞の2つを制した二冠馬は多い。(ゴールドシップ、エアシャカール、セイウンスカイなど)
しかしながら、今年はどうだろう?
今年の皐月賞馬アルアインは、重馬場でタフさが問われたシンザン記念で凡走。
高速決着となった毎日杯で見事なまでの変わり身を見せ、その後皐月賞を制した。
2着のペルシアンナイトは本来マイルCを目指す馬が集うアーリントンCの勝馬で、この馬は菊花賞には出走せずマイルCSを目指す事となった。
そんな事実からも、今年の皐月賞はマイル的なスピードが求められていたのは間違いないと見ている。

ダービーはというと、例年スピード…
雨龍泥舟自信度C 0
出馬表を見て一口馬主の関係馬が多いことに気がついた。
内から、ウインガナドルの半姉、トルコロールブルーの半姉、プラチナヴォイスの半妹に出資していた。
大荒れの馬場だけに全く期待できないということはないだろう。
さて、予想を。
ダービー馬も神戸新聞杯勝馬(同じ馬だが)もいない菊花賞になってしまった。そうなるとどうしてもセントライト記念の勝ち馬が最有力候補ということになる。
セントライト記念での◎ミッキースワローはまさに完勝。しかも破った相手が皐月賞馬というのにも価値がある。成長著しく、気性的な問題もない。自信の本命馬だったはずなのだが、この不良馬場で調子が狂った。瞬発力勝負の馬…

タイム 3:18.9 4F 52.9 3F 40.0
単勝13番450円(1人気)
複勝13番210円(1人気)4番770円(11人気)14番1110円(14人気)

ぶらすぽ<15期 東幕下十五枚目>
「狙いは、先行できて粘る走りを見せた馬」
スティッフェリオ14着/14人気
○ウインガナドル▲ベストアプローチ△ダンビュライト
×ミッキースワロー  
1232
4拍手

ダービー上位馬が出てこない今年の菊花賞。さらに台風の影響で不良馬場が確実で、荒れそうな雰囲気が漂っており何が起こってもおかしくないと個人的には感じている。実際、土曜日のレースでも10Rのように人気薄の逃げ馬が残り高配当が出た(単勝:6,900円)レースもあり、不良馬場の長丁場のレースでは前につけることは好走するためには必須だと思われる。

近年ではエアスピネル・リアルスティール・トーセンラーといったのちのちマイルを主戦場をするような馬が好走できているが、今年は不良馬場。間違いなく切れ味は必要なく、スタミナを必要とするレースになる。

なので、上り33秒台で好走してきた×ミッキースワローやキセキは馬券的には軽視して押さえ程度の評価に。

軸馬としてのイメージは不良馬場で行われた2013エピファネイアの年の3着だったバンデ。父系にSadler's Wellsが入っておりスタミナ勝負に強さを発揮する下地が血統からもあったと思われる。セントライト記念で先行して6着と切れ負けから巻き返したように、前哨戦(セントライト記念・神戸新聞杯)で先行して差し切られたがそこそこ粘る走りを見せた馬に注目したい。

気になっているのは次の3頭。

・ウインガナドル
  (ステイゴールド産駒・母父メジロマックイーン)
・ベストアプローチ
  (父系Sadler's Wells)
・スティッフェリオ
  (ステイゴールド産駒・母系 Blandford)

3頭とも本命にと言いたいところだが、レースを見て特に光るものがあると感じたのは、
◎スティッフェリオ。

函館の松前特別でのレースでは、結果だけみると1000万条件で3着と能力不足とみてしまうが、内容を見ると1番枠から道中内々に閉じ込められて直線外に出さなければならないというひどい内容から脚を伸ばしての3着。切れる脚がない馬にあのレースぶりで3着とは逆に力がある証拠。

セントライト記念でのレースぶりは大外から無理なく先行し直線でも一旦先頭に立つ積極的なレースぶり。前半61.8というスローペースからレース上りが34.0とうい切れ勝負のレースで3頭に交わされるも止まったわけではない。今回人気はない(前日:14人気 44.5倍)が、内枠スタートから2番手あたりにつけて流れに乗れれば十分3着、不良馬場で後続が伸びあぐねれば1着まであると期待したい。ひとつ残念なのは騎手の乗り替わり。個人的には夏好調だった北村友一騎手が乗ってくれたほうがよかったが、浜中騎手や川田騎手も若手の時に菊花賞を勝って飛躍のきっかけをつかんだように若手騎手の中でも将来有望な松若騎手ならアリかなと。


〇ウインガナドルはステイゴールド×メジロマックイーンという黄金配合から意外と人気している(前日 5人気:11.7倍)が、津村騎手ということで最終的には6番人気あたりに落ち着くか。先行有利のレース・斤量も有利だったとはいえラジオNIKKEI賞や新潟記念で見せた逃げっぷりは狙ってみたくなる。


▲ベストアプローチは日本ではあまり走らないSadler's Wells系。春の重賞でも後方から脚を伸ばそうとしても届かずの掲示板が精一杯のレースぶりだが、明日の馬場状態でこの血統は無視できない。どのレースをみてもジリジリとしか伸びないのは逆にスタミナに特化している可能性もあり、コーナーでおいていかれてしまう不安もあるが展開次第ではチャンスがあるのでは。


人気どころで注目してるのは、キセキ・ダンビュライトのルーラーシップ産駒2頭。キセキのレースぶりはちょっとイメージとは違うが△ダンビュライトも切れる脚がなくて差されてしまうレースが続いており、ルーラーシップ産駒の長距離適性と不良馬場適性に可能性を感じているので、その走りに注目したい。
10/21 23:26

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【ラジオNIKKEI賞最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼ラジオNIKKEI賞最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




ぶらすぽ

予想歴23年
回収率%
「競馬」という筋書きのないドラマに魅せられて20年。長く見てきた経験で過去のイメージと合わせながら予想をするのが楽しみです。馬券は単勝。サラブレッドとして生まれてきたからには勝つことが存在意義を高める手段であるからこそ、勝ち馬を的中させたいと思って予想しています。 総拍手獲得数:149
過去のベスト予想
 毎日王冠2015

◎エイシンヒカリ○ディサイファ
33拍手

28,200

新着回顧菊花賞2017回顧一覧ぶらすぽの回顧
ぶらすぽTM競馬歴23年 回収率%
ルーラーシップの種牡馬としての可能性
次走狙い馬:キセキ 次走狙い馬:ミッキースワロー
次走危険馬:クリンチャー   
 
5拍手

菊花賞でこんな条件でのレースは今後ないかもしれないほどの最悪のコンディションで行われた今年のレース。

荒れるだろうなという予感は、1番人気が勝ったものの3連単は55万超えという大荒れの結果に。的中された方おめでとうございます。

自分は先行馬・重馬場適性・スタミナ勝負といった部分を重視して予想をしたが、結果は完敗・・。

今回は早めに投稿させてもらうことができたことで、何人かの方に予想を見ていただき、拍手までいただいたことは予想が惨敗だった中でも今後の励みになりました。この場を借りてお礼を述べさせてもらいます。 m(__)m

たまには当たるかなあという程度の的中率なので、逆神にならないよう次は的中の拍手をもらえるように頑張りたいと思います。


レースの回顧としては、心理的に前につけたいという騎手たちの意識がスタート直後から主張する展開になり、1周目スタンド前ではペースが落ち着いたが、3コーナーの手前でまたペースが上がり脱落していく先行勢が多数続出するほどの先行馬にとっては厳しいレースとなった。そもそも前有利の展開になるだろうという想定が甘かったと反省。前につけることがマイナスだとひねって考えることができればもう少し近づけたかもしれないが、ポポカテペトルはたぶん買えないのでむしろ清々しい感じ。

馬場が変われば着順も間違いなく入れ替わるだろうし、この結果で今後についてどうこういうのはあまり意味がないと思っているが、今回このタイミングでクリンチャーを評価できた人は素晴らしいと思う。個人的に今後重賞では通用するほどの能力はないと思っているので、買うならここしかない!というタイミングだったと思う。母父ブライアンズタイムの血、ディープスカイ産駒の重馬場適性などから誰しもちらっとは考えた馬だと思うが、自分としても前走の負け方がよくなかったこと、同じディープスカイ産駒のスピリッツミノルが菊花賞を惨敗していたイメージが強く結局狙うことができなかった。

勝ったキセキは次のレースでも期待してみたいが、さすがに厳しいレースだった思うので、今年は休養に入り万全の状態で来年の競馬を盛り上げてもらいたい。

残念だったのはミッキースワロー。例年の菊花賞であればこのメンバーなら馬券内はあったと思われるレース振りだったので、この馬もキセキとともに中距離あたりを主戦場にして切れ味勝負でディープインパクト産駒の良血馬たちとどこまで戦えるのかを見てみたい。

ルーラーシップ産駒のG1初制覇となったわけだが、今後の種牡馬戦線にも少なからず影響を与えてきそうで、母父ディープインパクトでG1馬を出せたことは喜ばしいことだと思う。血統表を見ても「エアグルーヴ」「ロンドンブリッジ」など昔から見ているものとしては胸が熱くなる。ただ、これだけ近年の活躍馬が並んでいるということは逆に種牡馬としての飛躍は難しいということ。今後のことを考えるとルーラーシップの種牡馬としての将来は決して明るくはないと思うが頑張ってもらいたい。そんな中、ルーラーシップ産駒の長距離適性・重馬場適性について、1着5着とまずまずの結果がでたことで、強みを発揮できる得意な舞台があることがわかったのは、今後の予想にも活かすことができる結果だった。

ルーラーシップ自身は末脚を武器に追い込んできた馬だったが、産駒には切れ味よりも重馬場適性・トニービンの血が強く出ているイメージなので、京都や新潟などで持続力の必要なレースで狙い目となりそうだ。

10/22 19:28 回顧アクセス:1103

コメント2件

クライスト教授 2017年10月23日02時01分
血統についてのこの回顧には大いに共感し、かつ感心しました。ぜひ今後の参考にさせて頂きたい見事な総評だと思います。

ぶらすぽ 2017年10月23日20時22分
クライスト教授、コメントありがとうございます。 馬券を的中させることも大事ですが、長く競馬を楽しむためには血統という要素は欠かせないものだと思っています。 そういった考察が馬券の的中へと繋がればなおいいのですが・・(笑) 完全に主観が入ってしまう場合もあるとは思いますが、共感したと言ってもらえたのなら、うれしいです。 拙い文章ですが、今後もお付き合いしていただければ幸いです。


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
アキ
06/24 10:45

ちょいと体調崩してましたー。これから投稿します。

編集長おくりばんと
06/24 08:15

おはようございます サートゥルナーリアは良い馬だなと思いましたが、名前が憶えられないです、、

クライスト教授
06/23 17:33

今年のPOGの注目馬は…グランアレグリア、アカネサス、ジャミールフエルテ、ミディオーサ、アドマイヤジャスタ、プランドラー、リスト、ダノンチェイサー、モアナアネラの9頭。...

クライスト教授
06/23 17:28

キセキの買い材料は…重馬場での良績とミルコ鞍上の信頼度の高さ。

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

アキ>>

>>アキ


06/24 18:50

クライスト教授>>

>>守屋丞蔵


06/24 17:45

@宝塚記念 ワイドお見事です。

編集長おくりばんと>>

>>アキ


06/24 16:16

編集長おくりばんと>>

>>ムトト


06/24 16:15

編集長おくりばんと>>

>>守屋丞蔵


06/18 22:17

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社