5/26 5/27 6/3
5/19 5/20
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【日本ダービー】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想函館2歳S2010予想一覧軍神マルスの予想

ワイド 1-13番:290円的中

函館9R 函館2歳S 2010年8月8日(日)
芝1200 2歳GIII 晴良 平均レースレベル1.3

87654321枠番
13121110987654321馬番

























































































馬名



牝2 牝2 牡2 牡2 牡2 牡2牡2 牡2 牡2 牝2 牝2 牡2牝2性齢
54 54 54 54 54 5454 54 54 54 54 5454斤量























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順着順

BC爺

サニーのす

はまちん

dayan

××編集長おく自信度C 4
タイセイファントムの前走は、出遅れ、3角前詰まり、直線で外に出す、3つ不利があったといってよい。2歳の1200でこれでは致命的で、それでも頑張っていた。
本来はレースセンスの良さそうなピッチ走法。
10倍つくなら買う。

テイエムシャトウは、タイムは悪いが駆け方は良かった。

-----------------------------------------------
http://www.youtube.com/watch?v=4TXk_AZLvGI
エーシンジャッカル
これは大飛びの教科書に載るくらいの大飛びですね。
1200で良いのかな?
もちろん大飛びのスプリンターもいますが。
普通なら出遅れ率が高いと思うし、
道中で一度でも狭くなってブレーキを踏んだらそ…
BC爺「ダート馬じゃない可能性」自信度C 2
◎イーグルカザンは芝ダート兼用だったイーグルカフェ産駒。
産駒も芝、ダート両方で結果を残しており、
どちらかと言うと出世した馬は芝馬が多いぐらいです。

経験がモノを言う2歳戦でダート実績は魅力で、
それが本当にダート馬なら意味はありませんが、
芝を走る可能性がある馬なら大きな武器になるはず。
母父ジェネラスというのも函館の芝には向きそうです。

○ルリニガナは初戦が1000で先行して上がり最速圧勝。
先行、上がり最速というのが良いのは当然でしょうけど、
1000を経験しているのも意外と大きいポイントです。
僅かとは言え短い距離なので、厳しい経験になります。

▲エーシンジャッカルは好…
イエローマ「マイネの相手・・・タフさ要求ならダート馬で」自信度C 2
【函館9R 函館2歳S G3】
時計は速いが、連続開催最終週。タフさが要求されるらしい。

◎1マイネショコラーデ
阪神芝デビュー馬
函館のラベンダー賞では2着。レコードタイム決着だった。
タフさが要求される馬場だが、すでに阪神の坂で経験済みでOK。
ラベンダー賞連対の牝馬がここでも好成績を収めている。
むろん、時計が速くなれば大歓迎。

相手は、芝よりダート実績かつ速い時計でかっている馬を選択。タフさが要求されれば、ダート馬の方がいいので。
○4アポロジェニー
▲3ディアマンボウ
印なしだが、10イーグルカザンも
上記の3頭、ダート1000mで1.00台できている。
函館芝の適正…
影虎「函館9R 函館2歳S」自信度C 4
2歳戦で時計等が重視されそうですが、前日の函館芝の結果を見てみると、そこそこタフさが要求されるようになってきていますので、逃げて圧勝したような経験や血統的にスピード優先の馬は、稍軽視して消去法的にピックアップしました。

というわけで本命は⑥タイセイファントムを。血統的にミスプロ系やターントゥ系がある馬を重視したいレースですが、母母父がミスプロ系。父はファンタスティックライトで血統的なスタミナ裏付けは充分。今回のメンバーでは前走唯一差す競馬を経験しているというのが強調材料。

以下、⑬ルリニガナは母父キングマンボで前走番手の競馬。⑦マジカルポケットは前走内容は強調出来ませんが、…
×スナフキン「フットワークが良かラーデ」自信度A 7
ほとんどの勝ち上がりの脚質が逃げか先行。
出遅れたタイセイファントムだけが中団後ろからを経験している。
13頭いる以上半数が初めて差し展開の経験となり、中団以降からは未知数。
経験したレースではドリームバロンが緩んだ流れを、速い流れがラッシュウインド、残りの11頭が一環した流れを歩んだ。
多数決でハイペースはないとみる。
それでもポジション争いは必至、狙いは好位から外を回らずに追走できること。
流れが平均ペースなら前が残れるが、ハナ争いには巻き込まれたくない。
4角で内寄りにつける枠順が理想。


フットワークに将来性がありそうなマイネショコラーデ。
柔らか味のある大きめの…
シーバス自信度D 5
基本的に前走逃げていた馬の信頼度が落ちるレース。
近5年で前走逃げていた馬で連対したの馬は10頭中1頭。

本命はルリニガナ
前走は番手からの競馬で、4コーナーで先頭に並びかけ突き放す競馬。
父はスニッツェルは洋芝巧者のダンチヒ系。
藤岡佑Jがあえてこちらを選んだ点も気になる。
土曜の競馬を見る限りまだまだインが伸びるので外枠が不安も、
例年外枠が有利なレースとデータに期待。

対抗はトラストワン
前走は時計こそ強調できないが、馬群に入れての競馬で
評判馬を相手に勝利。
なかなかセンスがありそうなレース内容は好感。
藤岡Jがこちらを選らばなかった点は気になるが、
お陰で鞍上が強化さ…
×成田無頼庵「牝馬なら 外枠ひいて いけるがな」自信度C 1
◎ルリニガナ

まず牝馬が優勢。さらに外枠が優勢。そして前走で上がり一番の馬が優勢。まさしく勝つための条件を取り揃えたといえるだろう。バリバリの短距離血統、バリバリの調教時計も加味していけば問題ないはず。ここはアタマから狙っていきたいところ。

○マジカルポケット

ラベンダー賞を勝ったロビンフットを2馬身半つけて下した新馬戦からスピード1番なのは間違いないところだろうけど、気まぐれジャングルポケット産駒にやや不安あり。

▲トラストワン

前走は地味な時計も差して勝ったところを評価。上積みと横山典騎手に期待しよう。

×マイネショコラーデ

牝馬だし相性いいラベンダー賞組だし堅…

タイム 1:11.2 4F 48.2 3F 36.2
単勝7番410円(2人気)
複勝7番140円(2人気)1番120円(1人気)13番150円(3人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「函館2歳S 仕上がりの早い牝系と夏血統。」
マイネショコラーデ2着/1人気
○ルリニガナ▲エーシンジャッカル  
    
2214
3拍手

ワイド 1-13番

290円的中

★傾向分析★
2004年 タイム 1'10"4 (良) 1FAve=11.73 3FAve=35.20
テン34.3-上がり36.1 『前傾』
1着アンブロワーズ・・・フレンチデュピティ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔1-l〕 2-2
2着ディープサマー・・・タイキシャトル×Sadler's Wells=ヘイロー×サドラーズウェルズ 〔14-c〕 5-2
3着カシマフラワー・・・ヘクタープロテクター×フェアジャッジメント=ミスプロ×リボー 〔12〕 2-2

2005年 タイム 1'10"7 (良) 1FAve=11.78 3FAve=35.35
テン34.1-上がり36.6 『前傾』
1着モエレジーニアス・・・フサイチコンコルド×Darshaan=ニジンスキー×ネヴァーベンド 〔23-a〕 3-3
2着ラッシュライフ・・・サクラバクシンオー×ディンヒル=プリンスリーギフト×ダンチヒ 〔9-e〕 5-3
3着アドマイヤカリブ・・・サクラバクシンオー×Gone West=プリンスリーギフト×ミスプロ 〔1-c〕 2-2

2006年 タイム 1'10"3 (良) 1FAve=11.72 3FAve=35.14
テン34.2-上がり36.1 『前傾』
1着ニシノチャーミー・・・サクラバクシンオー×ニシノエトランゼ=プリンスリーギフト×ターントゥ 〔3-f〕 7-4
2着ローレルゲレイロ・・・キングヘイロー×テンビー・・・リファール×ニジンスキー 〔1-b〕 2-1
3着シャルトリューズ・・・サザンヘイロー×ダンシングブレーヴ=ヘイロー×リファール 〔3-e〕 3-2

2007年 タイム 1'13"8 (重) 1FAve=12.30 3FAve=36.90
テン35.8-上がり38.0 『前傾』
1着ハートオブクイーン・・・ジョリーズヘイロー×Woodman=ヘイロー×ミスプロ 〔9-c〕 3-3
2着ジョイフルスマイル・・・マヤノトップガン×ジョリーズヘイロー=ロベルト×ヘイロー 〔4-r〕 10-11
3着イイデケンシン・・・Thunder Gulch×Theatrical=ミスプロ×ヌレイエフ 〔23-b〕 11-10

2008年 タイム 1'10"7 (良) 1FAve=11.78 3FAve=35.35
テン33.6-上がり37.1 『前傾』
1着フィフスペトル・・・キングカメハメハ×Bahri=ミスプロ×ネヴァーベンド 〔19-b〕 12-10
2着ナムラミーティア・・・サクラバクシンオー×ダンスオブライフ=プリンスリーギフト×ニジンスキー 〔2〕 9-8
3着アイアンデューク・・・スウェプトオーヴァーボード×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔17〕 14-14

2009年 タイム 1'09"7 (良) 1FAve=11.62 3FAve=34.85 →札幌開催のため参考外。
テン34.3-上がり35.4 『前傾』
1着ステラリード・・・スペシャルウィーク×Zafonic=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔2〕 8-6
2着キョウエイアシュラ・・・スウェプトオーヴァーボード×アンバーシャダイ=ミスプロ×ノーザンテースト 〔22-d〕
3着ソムニア・・・スペシャルウィーク×エルコンドルパサー=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔23-b〕

函館コースでの流れは、テン34秒台前半-上がり36秒台の『前傾』になりやすい。2008年は重馬場のため時計がかかったが、良馬場なら1'10"台の決着になるだろうと思われる。
『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎
展開は逃げ・先行に不利なのだが、連対馬の多くは4コーナーで5番手以内。ここでも「ローカルコースの鉄則」が活きると思われる。

血統の傾向は、サクラバクシンオーの連対が多い。サクラバクシンオーはテンのダッシュ力が優れていて、展開に向いていると思われる。また母父ニジンスキー系、ミスプロ系が『前傾』の流れで踏ん張るレースが得意のため好走多し。
またヴァイスリージェント系もテンのダッシュに優れ勢いそのままになだれ込むダート質のレースが得意なので、向いていると思います。
それから07年はジョリーズヘイローが1・2着馬独占。タイキシャトルやサザンヘイローなども好走馬だしていて、ダート向きのヘイロー系も向いているように思います。

牝系の傾向は、No.〔1〕〔3〕〔4〕〔9〕〔23〕が複数好走馬を出しています。これらに共通していることは比較的仕上がりが早い牝系ということ。クラシックで好走することの多い牝系でもあり、もともとの能力の下地がある牝系なのではないか?と考えます。
この傾向はこの時期の2歳戦ということからも活きる傾向なのでは?と考えます。
またこのレースでは近年の好走馬は少ないですが、小倉2歳Sなどでよく好走するNo.〔2〕の牝系も仕上がりでは向くと思います。
また高速馬場向きのタイプが多く、力の要る馬場なのでNo.〔9〕の牝系が好走しやすいと考えます。
分枝記号では、重賞初挑戦に強い鮮度と勢い重視のb記号やパワータイプの多いc記号が好走しやすいようです。

また6月や7月前半に勝ち上がり、圧勝した馬は危険な人気馬になりやすい傾向にあります。馬場がまだ痛んでなくてスピードだけで圧勝→開催最終週の荒れ馬場で失速は過去に何度もありました。今の時期の馬場はある程度のパワーが必要のようです。
危険な人気馬かどうかの取り捨ては、7月後半のレースできちんと走れたかや、ダートで勝った経験があることなどはプラス要因として判断できると思います。
なぜなら開催日が近ければそれだけ馬場状態は近いのではないか?と思うので、求められる適性が似ると考えます。

ダート実績はパワーの裏づけと、テン速くなだれ込みの流れになりやすい流れを経験している可能性が高いということになります(=ダート短距離の流れ)。だからミスプロ系やヴァイスリージェント系には向くと思います。

ステップの傾向は、ラベンダー賞好走馬は連続好走しやすい傾向(=03年2着フラワーサークル、05年1着モエレジーニアス、06年2着ローレルゲレイロ、07年1着ハートオブクィーン、08年2着ナムラミーティアなど)。特に逃げではなく先行しての好走馬が連続好走しやすいようです。

また函館コースでは、外枠に好走馬が多い傾向もあります。

★予想★
◎マイネショコラーデ・・・ロージズインメイ×マイネルラヴ=ヘイロー×ミスプロ 〔2-n〕
前走ラベンダー賞2着(=函館芝1200m:0.0秒差)。ラベンダー賞好走馬は函館2歳Sではよく好走する傾向があり軸としての信頼性は高いと考える。ロージスインメイ産駒はヘイロー系で、同父系のタイキシャトル産駒のように仕上がり早く小脚を使える器用さを有している。夏のローカルは鬼。母父マイネルラヴはミスプロ系で、仕上がりの早いスプリンター血統。2歳~3歳春は稼ぎ時で、この時期は重賞でも侮れない。夏のローカルコースと軽量が好走のポイントになりやすい。父×母父ともにローカル向きのタイプで、仕上がりも早く好走に期待する。
No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。直線の長いコースでの末脚勝負に強いのだが、小回りでも終いキレる。分枝記号nは、仕上がり早で素軽いスピードと立ち回りの上手さが持ち味。底力には欠けるが器用さでカバーする。この特性はこの時期なら大きなアドバンテージになるはず。

○ルリニガナ・・・スニッツェル×Kingmambo=ダンチヒ×ミスプロ 〔9-f〕
前走新馬戦1着(=函館芝1000m)。新種牡馬スニッツェルはダンチヒ系で、距離に融通性のあるディンヒル系ながら短距離~マイルで持ち味のスピードを発揮する。芝でこその血統で、素質のある馬は早い時期から頭角を現し成長力もある。母父Kingmamboはミスプロ系で、格の高いレースで究極のスピード競馬(=レコード決着)になるほど凄味をきかす血統。本格化前は詰めの甘さがあるのだが、底力が問われる淀みなく流れる展開で強い。2歳戦のこの時期はレース経験も少なく、ペース配分関係なく淀みなく流れる展開になると考え、この特性を活かしやすいと考える。
No.〔9〕の牝系は、2歳戦の早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースが鬼門で、広いコースでの好走が多い。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面、叩いて一変が少ないタイプ。前走好走だと調子は維持と考えて好走が期待できる。

▲エーシンジャッカル・・・フジキセキ×アフリート=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔1-n〕
前走新馬戦1着(=函館芝1200m)。開催後半の新馬戦勝ち馬も函館2歳Sでの好走も多く、馬場状態が似ているため意外に侮れないステップ。フジキセキ産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、内枠を活かして好位から抜け出すレースが得意。すっと好位を取って折り合い、一瞬のタイミングで馬群を抜けられる器用な脚を持っている。この器用さはこの時期では大きな武器。母父アフリートはミスプロ系で、ダートの好位差しや逃げ残りが得意で近年は短距離の活躍が増えてきているが、自分より弱い相手にきっちり力を発揮する安定感が魅力。芝ならローカルコース向き。
No.〔1〕の牝系は、2歳戦から好走する仕上がりの早さを有し、クラシック春シーズンには完成することの多い成長力を有した牝系。分枝記号nは、仕上がり早で素軽いスピードと立ち回りの上手さが持ち味。底力には欠けるが器用さでカバーする。

△ディアマンボウ・・・サウスヴィグラス×タイキシャトル=ミスプロ×ヘイロー 〔1-m〕
前走新馬戦1着(=函館D1000m)。ダート好走の経験は厳しい流れになりやすく、その経験と好走出来るパワーが好走につながると思われる。サウスヴィグラス産駒はミスプロ系で、フォーティナイナー→エンドスウィープへと連なる系統。フォーティナイナー系はヤンキー度抜群で気分が乗れば好走するが、揉まれたりするととたんにやる気をなくして凡走する強さと脆さが同居する。たいしてエンドスウィープ系を隔てるとムラっ気が少なく堅実さが増し安定度が高くなる。逃げ・先行馬が多いため小回りコース向きなのだが、差せる馬は直線の長さは不問。母父タイキシャトルはヘイロー系で、好調期に連続して好走して、使い詰めて勢いがなくなるとスランプになる。近走成績が重要で、不振な馬は間隔を開けるか、距離変更ショックを与えると変わり身を見せる。2歳時は鮮度も高く好走しやすく、また夏にも強い血統で仕上がりの早さと器用さを併せ持つ。
No.〔1〕の牝系は、2歳戦から好走する仕上がりの早さを有し、クラシック春シーズンには完成することの多い成長力を有した牝系。分枝記号mは、勝ち上がり率は高いが、能力の壁にぶつかると乗り越えることが難しいタイプ。よく言えば自分の持てる力を全て吐き出すが、相手がそれ以上だとあっさり負けてしまうタイプ。ただし弱い相手には滅法強いタイプ。
08/08 01:01

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【日本ダービー最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼ダービー最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




軍神マルス

予想歴12年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3309
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧函館2歳S2010回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴12年 回収率137%
函館2歳S ラベンダー賞好走馬は堅軸。
次走狙い馬:マイネショコラーデ   
     
 
3拍手

2010年 タイム 1'11"2 (良) 1FAve=11.87 3FAve=35.60

ラップ
①12.1-②10.9-③12.0-④12.0-⑤12.0-⑥12.2
1FAveとの誤差
①+0.2 ②-1.0 ③+0.1 ④+0.1 ⑤+0.1 ⑥+0.3
テン35.0-上がり36.2 『前傾』

『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎

1着マジカルポケット・・・ジャングルポケット×Danzig=グレイソヴリン×ダンチヒ 〔1-s〕 5-5
2着マイネショコラーデ・・・ロージスインメイ×マイネルラヴ=ヘイロー×ミスプロ 〔2-n〕 2-2
3着ルリニガナ・・・スニッツェル×Kingmambo=ダンチヒ×ミスプロ 〔9-f〕 5-5

今年もテン-上がりのラップ差から『前傾』の流れ。展開的には追込が最も恵まれ、次いで差し、逃げ・先行には厳しい流れと考えるが、今年も好走馬は4コーナー5番手以内に位置し、「ローカルコースの鉄則」が活きたと考える。また2歳のこの時期、まず緩いペースになることはないと思うので、上がり特化の瞬発力タイプが出走していないことも要因にあると思われ、より前に位置するタイプを上手く見つけられるか?が鍵になると考える。

1着マジカルポケットは、前走新馬戦1着(=函館芝1200m)からの好走。前走の新馬戦2着馬ロビンフットはこのレースと好相性のラベンダー賞1着好走していて、実力的に十分好走できる下地があったと反省する。6月の開催前半の新馬戦を圧勝していたため、今の馬場に対応できるか?が疑問に思えて(=ジャングルポケット産駒がこの時期の芝1200m重賞好走のイメージが浮かばなかった)、嫌っていましたが、前述の新馬戦2着馬がラベンダー賞好走していることから対応可能と考えるべきでした。また新馬戦のタイムは芝1200m戦の中では平凡なため侮ってしまったので、戦った相手から実力を良く考えるべきと反省します。
ジャングルポケット産駒はグレイソヴリン系で、長い直線をぐんぐん伸びてくる末脚の長さや、一瞬のもたつきはトニービン系に共通する特徴。反面小回りコースの成績も良いタイプもいる。しかしトニービンほど徐々にエンジンがかかる感じはなく、もっと瞬間的に前に出る馬力があり、この点は父母父ヌレイエフによる影響と考える。本来はもっと距離が延びてこそと思うが、この時期の好走が可能なのは、父母父ヌレイエフの影響が出ているものと思われる。母父Danzigはダンチヒ系で、緩急のある流れよりも全体的に速いペースに強く、短距離~マイル向きのスピード血統。夏にも強い。母父の特性としては、サンデーサイレンスやマイラー血統との配合だとスピードを良く伝え、ステイヤー種牡馬との配合だと2200m&2500mなど半端な距離が得意となる傾向がある。
No.〔1〕の牝系は、No.〔1〕の牝系は、2歳戦から好走する仕上がりの早さを有し、クラシック春シーズンには完成することの多い成長力を有した牝系。分枝記号sは、立ち回りが上手く、スローの上がり勝負で強い。上級クラスでは展開利が必要。

2着マイネショコラーデは、前走ラベンダー賞2着(=函館芝1200m:0.0秒差)からの好走。ラベンダー賞好走馬は函館2歳Sではよく好走する傾向があり、今年も好走した事実からも軸としての信頼性は高いと考える。この時期での現時点での能力を証明していると考え、簡単に能力の逆転は出来ないと考えて素直に評価すべし。
ロージスインメイ産駒はヘイロー系で、同父系のタイキシャトル産駒のように仕上がり早く小脚を使える器用さを有している。夏のローカルは鬼。母父マイネルラヴはミスプロ系で、仕上がりの早いスプリンター血統。2歳~3歳春は稼ぎ時で、この時期は重賞でも侮れない。夏のローカルコースと軽量が好走のポイントになりやすい。父×母父ともにローカル向きのタイプで、仕上がりも早く秋シーズンの2歳重賞まではまだまだ好走可能と考える。また今回は好走馬の中では流れが向かない中での好走なので評価したい。
No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。直線の長いコースでの末脚勝負に強いのだが、小回りでも終いキレる。分枝記号nは、仕上がり早で素軽いスピードと立ち回りの上手さが持ち味。底力には欠けるが器用さでカバーする。この特性は2歳~3歳春までの時期なら大きなアドバンテージになるので、今後の好走にも期待。

3着ルリニガナは、前走新馬戦1着(=函館芝1000m)からの好走。新馬戦は6月の開催の早い時期の好走でしたが、血統配合から開催後半の馬場でも対応可能なスピードとパワーがあると考えて期待して3着好走。
新種牡馬スニッツェルはダンチヒ系で、距離に融通性のあるディンヒル系ながら短距離~マイルで持ち味のスピードを発揮する。芝でこその血統で、素質のある馬は早い時期から頭角を現し成長力もある。母父Kingmamboはミスプロ系で、格の高いレースで究極のスピード競馬(=レコード決着)になるほど凄味をきかす血統。本格化前は詰めの甘さがあるのだが、底力が問われる淀みなく流れる展開で強い。2歳戦のこの時期はレース経験も少なく、ペース配分関係なく淀みなく流れる展開になると考え、この特性を上手く活かしたと考える。
No.〔9〕の牝系は、2歳戦の早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースが鬼門で、広いコースでの好走が多い。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面、叩いて一変が少ないタイプ。前走好走だと調子は維持と考えて好走が期待できる。

函館2歳Sのポイントは、
①流れは『前傾』になりやすい。展開的には逃げ・先行に厳しいが、「ローカルコースの鉄則」が活きやすく4コーナー5番手以内に好走馬が多い。
②短距離に強い芝・ダート兼用血統。ヘイロー系は好走馬多い。
③仕上がりの早い牝系。No.〔1〕〔2〕〔3〕〔4〕〔9〕〔23〕は好走馬多し。
④開催前半の6月の新馬戦好走馬は疑ってかかること。開催後半の7月後半の新馬戦好走馬の方が信頼できる。ダート経験もプラス要因。
⑤ラベンダー賞好走馬は堅軸。ラベンダー賞好走馬と互角の勝負以上の新馬戦経験馬も注目。
⑥外枠に好走馬多し。

08/13 23:52 回顧アクセス:2214


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
ぷみを
05/20 15:14

オークス昨日の夕方に超大口購入あり!馬連②-⑬4800万円!こんなの見たことない!!

まじん
05/20 15:06

興奮したわ

競馬ナンデ編集部
05/11 00:10

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

ガッシー>>

>>ガッシー


05/20 16:00

ぷみを>>

>>クライスト教授


05/13 21:49

クライスト教授>>

>>ぷみを


05/13 16:59

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社