コスモオオゾラ(日本ダービー6着馬)骨折 「また超高速馬場の被害者が...」競馬ファンの声は届くのか?

コスモオオゾラが骨折していたようだ。
毎度のことながら「また超高速馬場の被害者が...」という競馬ファンの論調。


JRAも意固地だなと思う。


高速馬場

骨折

「また超高速馬場の被害者が...」

「高速馬場と故障との因果関係はありません」

というやりとりを何度も繰り返しているのだから、
一度思い切って超低速馬場を作ってみたらよいのに。


自論からすればそれでもきっと故障する馬は故障すると思うので。
そういう段になれば、
「ね!関係なかったでしょ!」
と言えると思うのだ。


そういう試みもなく、ずっと高速馬場を続けてしまっているのは、
なぜだろうか??


JRAというのは、十分に市場原理にさらされていて、
そこまで悪質な天下り団体ではないと思っている私の評価からすれば、
単なるいやがらせや怠慢ではないと思う。


私の推測では、
低速馬場を造る技術を持っていない
からではないかと思う。
あるいは予算がない。

ヨーロッパとは気象条件や路盤や芝の種類や
いろいろと話が違うので、
造ろうと思ったって造れないのではないだろうか。
もともと日本ではあちらとは競馬場の形成過程が違うから、起伏も造れないし、
時計は出てしまいがち。
特に東京や京都あたりでは無理そうな感じがする。


もしそうならば、
「造れません」とか「予算的に無理です」
と言ってしまってもよいと思うのだが。
どうなのだろうか。



いずれにしても、
これだけ競馬ファンが毎度毎度批判を繰り返していても変わらないのだから、
これからもきっと変わらないだろう。


であればこそ、
ファンの心構えとして、
「GⅠのあとには当然何頭か故障するのだから」というのを前提にして、
「2度とこんな組み合わせを見ることはできないのだ」と心に刻んで、
より有難味を感じながらレースを楽しむようにする。

これしかないのではないかというのが私の自論だ。

東京優駿2017の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >