朝日杯フューチュリティステークス2016出走予定馬血統傾向が激変!ディープ激減、ルーラーシップ・バトルプランら新興勢力も

【血統傾向】ディープ減少、ミスプロが盛返し、新興勢力も

予想
オッズ
馬名 血統(父馬) 系統
4.6 ミスエルテ フランケル ノーザン系
5.9 モンドキャンノ キンシャサノキセキ サンデー系
7.6 ダンビュライト ルーラーシップ ミスプロ系
8.9 アメリカズカップ マンハッタンカフェ サンデー系
8.9 レッドアンシェル マンハッタンカフェ サンデー系
9.9 サトノアレス ディープインパクト サンデー系
17 タガノアシュラ マンハッタンカフェ サンデー系
20 トラスト スクリーンヒーロー ヘイルトゥリーズン系
25 ディバインコード マツリダゴッホ サンデー系
33 サングレーザー ディープインパクト サンデー系
39 コウソクストレート ヴィクトワールピサ サンデー系
39 クリアザトラック ディープインパクト サンデー系
44 ボンセルヴィーソ ダイワメジャー サンデー系
52 レヴァンテライオン パイオニアザナイル ミスプロ系
62 オーバースペック プリサイスエンド ミスプロ系
62 ヒロシゲグローリー エイシンアポロン ノーザン系
89 ダイイチターミナル コンデュイット ミルリーフ系

 今年は牝馬でも見られる傾向だがディープインパクト産駒が減少。サングレーザー・クリアザトラックが除外となれば出走は1頭のみかもしれず、勢力は弱まった。
 変わって盛り返したのがなんとミスタープロスペクター系。バトルプラン、パイオニアオブザナイル、プリサイスエンド、ルーラーシップが産駒を送り込んできている。
 そのほかで注目すべきはルーラーシップやバトルプラン(ブレスジャーニー)やフランケルやキンシャサノキセキなど新しい種牡馬が有力馬を送っており、かなり多様性が生まれてきた。
朝日杯フューチュリティステークス 2017の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >