ブレスジャーニー回避で6強混沌!朝日杯フューチュリティステークス2016予想オッズ・出走予定馬

朝日杯フューチュリティステークス2016予想オッズ
阪神競馬場1600M 日程:2016.12.18 出走馬可能頭数18頭
レースレコードタイム:1:34.4(リオンディーズデムーロ騎手)
予想オッズ 馬名 騎手 厩舎 血統(父馬) 前走成績 出走権
4.6 ミスエルテ 川田 池江 フランケル ファンタジー1
5.9 モンドキャンノ バルザロ 安田 キンシャサノキセキ 京王杯1
7.6 ダンビュライト ルメール 音無 ルーラーシップ サウジ2
8.9 アメリカズカップ 松若 音無 マンハッタンカフェ 野路菊1
8.9 レッドアンシェル 福永 庄野 マンハッタンカフェ もみじS1
9.9 サトノアレス 四位 藤沢 ディープインパクト ベゴニア1
17 タガノアシュラ 武豊 五十嵐 マンハッタンカフェ 黄菊賞1
20 トラスト 柴田大 中村 スクリーンヒーロー 東スポ5
25 ディバインコード 柴田善 栗田 マツリダゴッホ 京王杯3
33 サングレーザー 浅見 ディープインパクト デイリー3
39 コウソクストレート 戸崎 中館 ヴィクトワールピサ 京王杯4
39 クリアザトラック デムーロ 角居 ディープインパクト 新馬1
44 ボンセルヴィーソ 松山 池添 ダイワメジャー デイリー2
52 レヴァンテライオン 内田 矢作 パイオニアザナイル 京王杯11
62 オーバースペック 岩部 南田 プリサイスエンド 東スポ10
62 ヒロシゲグローリー 北出 エイシンアポロン 新馬1
89 ダイイチターミナル 嘉藤 高市 コンデュイット 京王杯8
タイムトリップ回避 イブキ回避 ペルシアンナイト回避 ヴァナヘイム回避 プラチナヴォイス回避 ホットセット休養

 フランケル旋風が吹く牝馬戦線とことなり、牡馬の方は小粒感が否めないところ。重賞を2勝したブレスジャーニーが大将格になるべきところだが、なんと回避を発表。
 モンドキャンノが京王杯を制したが、気性に難があって距離延長に不安が残る。アメリカズカップは逆に距離短縮でスピードに対応できるかが疑問だ。
 そのためもあってか、なんと牝馬ミスエルテが朝日杯フューチュリティステークス参戦を表明。フランケル産駒で凄まじい末脚を持つスピード馬だ。勝てば史上初の牝馬制覇達成となる。


フランケル産駒怪物ミスエルテ異例の参戦!牝馬初制覇なるか

 有力馬ミスエルテが朝日杯FSに出走するという異例の判断を発表した。これはサンデーレーシング陣営が、ジューヌエコールと使い分けたものだが、例年であれば牝馬が敢えて牡馬G1に回るということは極めて稀。阪神JFという牝馬限定G1が設置されてからでは、牝馬が朝日杯に出走したのはわずか2頭フォーチュンワードが6着、ベルカントが10着したのみ。もちろん牝馬が朝日杯FSを制した例は一度もない。
 それでも朝日杯FSにミスエルテが出走を決めるくらいに今年の牝馬戦線はレベルが高い。無敗馬も6頭出走と多く、底を見せていない馬も多い。阪神JFではミスエルテvsソウルスターリングのフランケル対決は見られなくなったため、来年の桜花賞まで楽しみは持ち越すことになった。この世代の牝馬は楽しみが尽きない。


武豊騎手タガノアシュラによるG1完全制覇の可能性

 武豊騎手はサングレーザーという選択肢もあったが、出走権が確実なタガノアシュラを選んだ模様だ。武豊騎手にとっては昨年エアスピネルで千載一遇のチャンスを逃し、ミルコデムーロ騎手に空気の読めない外国人と皮肉ったくらいに、国内G1完全勝利は悲願のはずだ。
 しかし、タガノアシュラで本当に勝てるのだろうか。真っ先に思い浮かぶ疑問が、この馬がマイル戦が初めてで、前走黄菊賞2000Mから距離短縮することだ。過去に前走で2000M戦を使った馬などいただろうか、と過去10年を振り返ってみた。
 いた。そういえば昨年のリオンディーズが2000Mからの短縮だった。それ以前には勝馬にいないし、馬券圏内馬にさえ皆無で、前々走に2000Mを走った馬もいなかったのだが、昨年そのジンクスは破られたのだ。
 これまではそもそも2歳戦で2000M戦というのが少なかったのだが、近年ホープフルステークスがG2になり、2歳中距離路線というものが整備され、増加しつつある。そこでリオンディーズのようなケースが出てきたと考えられる。
 そもそも阪神マイルコースというのは、馬場も洋芝で、最後には長い直線があり、ゴール前の坂も急で非常にタフなコース。スタミナも要するため、長い距離での実績はプラスに出そう。
 昨年2000Mからの短縮組に敗れた武豊騎手が今度はそのお株を奪う形で借りを返して大記録達成というシナリオは十分にありそうだ。



有力出走予定馬参考動画

↓ミスエルテ:スローペースで前が粘る中、一頭だけ大外を回って異次元の脚を繰り出してすっ飛んでくる。フランケルという種牡馬はここまで偉大なのか?

↓ブレスジャーニー :肩の関節が柔らかくて可動域が広く、全身を伸ばして使って伸びてくる。新馬戦でまさかの32秒台で上がったように、これほどの末脚を持った馬はそうはいない。
  
↓モンドキャンノ:直線半ばで追い比べになったときに大外か伸びてくるピンク色の帽子の馬に注目いただきたい。首は高いが大きなストライドで、マイルもこなせそうな印象には映る。
  
↓ダンビュライト :不良馬場になった新馬戦だが、力強い走りをしている。道悪にも動じない精神力をご覧いただきたい。  
↓アメリカズカップ: これで無敗の連勝を飾る。ただ、ご覧いただきたいのは直線での走りがややパワータイプで硬い点。瞬発力勝負になったときにこれで対応できるかどうか?

↓タガノアシュラ:武豊騎手にしては珍しい大逃げを打って押し切っている。ただし、これは武豊騎手がペースを守っているだけで後続が遅すぎたという評価もあり、、。


【血統傾向】ディープ減少、ミスプロが盛返し、新興勢力も

予想
オッズ
馬名 血統(父馬) 系統
4.6 ミスエルテ フランケル ノーザン系
5.9 モンドキャンノ キンシャサノキセキ サンデー系
7.6 ダンビュライト ルーラーシップ ミスプロ系
8.9 アメリカズカップ マンハッタンカフェ サンデー系
8.9 レッドアンシェル マンハッタンカフェ サンデー系
9.9 サトノアレス ディープインパクト サンデー系
17 タガノアシュラ マンハッタンカフェ サンデー系
20 トラスト スクリーンヒーロー ヘイルトゥリーズン系
25 ディバインコード マツリダゴッホ サンデー系
33 サングレーザー ディープインパクト サンデー系
39 コウソクストレート ヴィクトワールピサ サンデー系
39 クリアザトラック ディープインパクト サンデー系
44 ボンセルヴィーソ ダイワメジャー サンデー系
52 レヴァンテライオン パイオニアザナイル ミスプロ系
62 オーバースペック プリサイスエンド ミスプロ系
62 ヒロシゲグローリー エイシンアポロン ノーザン系
89 ダイイチターミナル コンデュイット ミルリーフ系

 今年は牝馬でも見られる傾向だがディープインパクト産駒が減少。サングレーザー・クリアザトラックが除外となれば出走は1頭のみかもしれず、勢力は弱まった。
 変わって盛り返したのがなんとミスタープロスペクター系。バトルプラン、パイオニアオブザナイル、プリサイスエンド、ルーラーシップが産駒を送り込んできている。
 そのほかで注目すべきはルーラーシップやバトルプラン(ブレスジャーニー)やフランケルやキンシャサノキセキなど新しい種牡馬が有力馬を送っており、かなり多様性が生まれてきた。


◆朝日杯フューチュリティステークス過去10年歴代優勝馬
2006年ドリームジャーニー蛯名騎手
2007年ゴスホークケン勝浦騎手
2008年セイウンワンダー岩田騎手
2009年ローズキングダム小牧騎手
2010年グランプリボスデムーロ騎手
2011年アルフレードウィリアムス騎手
2012年ロゴタイプデムーロ騎手
2013年アジアエクスプレスムーア騎手
2014年ダノンプラチナ蛯名騎手
2015年リオンディーズデムーロ騎手
2016年???

◆朝日杯フューチュリティステークス武豊騎手の騎乗成績
2006年ダイヤモンドヘッド5着
2007年ヤマニンキングリー7着
2008年ブレイクランアウト3着
2009年騎乗馬無し
2010年騎乗馬無し
2011年騎乗馬無し
2012年ティーハーフ5着
2013年ベルカント10着
2014年アクティブミノル5着
2015年エアスピネル2着
2016年???

◆朝日杯フューチュリティステークス過去10年データから穴馬探し
騎手データ:武豊0勝2着1回3着1回/岩田1勝/蛯名2勝/デムーロ2勝
枠順データ:1枠2勝2着0回3着2回/2枠3勝2着2回3着1回→内枠有利
オッズデータ:1番人気3勝2着3回3着2回/2番人気1勝2着2回/8番人気以下0勝→人気決着
展開データ:逃げ馬1勝2着0回3着1回/4角5番手以下7勝→差し有利


松田丈志さんがゲストプレゼンターとして表彰式に

 松田丈志さんはオリンピック水泳で銀メダル1つ・銅メダル3つを獲得したトップスイマー。牡馬G1のため男性をゲストに迎えたようです。昼休みにはセンターステージで予想検討会を開催。表彰式は15:45分頃。銀メダリストだけに銀を馬名に持つ馬や、水繋がりということではアメリカズカップが来るといったサインが考えられますが、、。結果やいかに。

 
 朝日杯フューチュリティステークス予想の際、ご紹介したいのが、若駒戦(2歳戦~3歳戦前半)だけを専門に予想し、圧倒的な的中率で競馬ナンデでも絶賛を浴びている孤高の予想家スカイポット氏のメルマガ「馬流天星」。

 スカイポット氏は、競馬ナンデに2014年に突如登場するや、いきなり2014年の年間最高予想賞を受賞。続いて2015年も年間最高予想賞。正に競馬予想界のイチローのごとく、WEB界隈を席巻している予想家です。


 あまりにも的中率・回収率がズバ抜けているので、先日実際に面談してお話しを伺ってきました↓

 スカイポット氏曰く、若駒戦(2歳戦~3歳戦前半)ははっきり言って非常に的中しやすいと言います。「なぜなら、若駒戦は、のちにGⅠを勝つような強い馬と、500万条件のまま終わるような弱い馬とが一緒に走るレース。ゆえに、強い馬さえ見分ければ、ある程度の不利があろうと、展開の紛れがあろうと、確実に勝ってくれます。だから儲けられるんです。」

 なるほど、、
 ただ、その強い馬の見分け方をどのように行っているのかも気になるので質問を続けました。

 「私は出走する馬の全レースの能力データを完全に精査して独自の指数を算出しています。この指数計算を完全に行いたいので、そのために出走歴の少ない若駒戦に絞って、予想の質をできる限り高めています。」

 本当に完璧主義的な予想で、誠実な人柄が表れています。スカイポットさんの予想をぜひ世間に広めたいと思わせる対談でした。そんなスカイポットさんがこの度、メルマガ読者増員キャンペーンを初めて行います!

 2歳牡馬G1朝日杯FSは、今年一年このレースのために予想してきたといってよいくらい力の入るレースですが、、その朝日杯FSの渾身予想を無料でプレゼント!

 今回はさらに力が入っています。。

 なんと、無料登録された方には、スカイポット氏の秘伝の予想法である指数の解説等を含んだ17ページにものぼる無料レポートを進呈。これは2度と出回らない門外不出のプレミア資料になる可能性があります。

 下のリンクから馬流天星メルマガに登録いただければ、前日に配信いたします。滅多にない機会なので、ぜひお見逃しなく↓↓

馬流天星の若駒戦予想情報 (まぐまぐマガジンID:0000140588)  <完全無料メルマガ>
 2歳~3歳前半の若駒戦だけしか予想しません。だからこそ脅威の過去4年間連続回収率100%超え。
 「若駒戦は儲けられる!」
 ネット競馬予想界の旗手スカイポット氏の若駒戦予想は必見。2004年創刊以来、的中率45.4%、回収率128.6%で殿堂入りした伝説のメルマガ。これが無料で見られるのは今だけという噂も!

朝日杯フューチュリティステークス 2017の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >