マカヒキムーア騎手vsミッキーロケット和田騎手!京都記念2017出走予定馬予想オッズ・日程

京都記念2017出走予定馬・予想オッズ

日程:2017:2.12 京都競馬場2200M
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統(父馬) 馬主 生産者 前走成績
2.1 マカヒキ ムーア 友道 ディープインパクト 金子真 ノーザン 凱旋門14
3.4 ミッキーロケット 和田 音無 キングカメハメハ 野田み ノーザン 日経新春1
4.1 サトノクラウン デムーロ マルジュ 里見治 ノーザン 香港ヴァー1
10.1 スマートレイアー 岩田 大久保 ディープインパクト 大川徹 岡田スタ 香港V5
26.6 ガリバルディ 福永 藤原 ディープインパクト 社台RH 社台F 京都金杯13
27.1 ヤマカツライデン 池添 池添 シンボリクリスエス 山田博 フジワラ 日経新春6
52.4 ショウナンバッハ 松岡 上原 ステイゴールド 国本哲 ヤナガワ アルゼン13
54.8 アクションスター 松若 音無 アグネスタキオン 福井明 白老F 日経新春9
77.9 トウシンモンステラ 村山 キングカメハメハ サトー ノーザン 万葉S8
148.9 ウインインスパイア 高橋 タニノギムレット ウイン 本桐牧 日経新春11
 ダービー馬マカヒキがムーア騎手との新コンビで復帰戦。春は国内専念が決まり、ここから大阪杯へ向かうことが決定。サトノダイヤモンドとの頂上決戦を前にここでは負けられない。1週前から猛時計を出して万全の仕上げ。
 ミッキーロケットは日経新春杯でシャケトラとの叩き合いを制し、マカヒキ世代のレベルの高さを証明した。秋からの充実度からすれば、マカヒキとの差は縮まっている可能性は十分。使われている強みも。
 サトノクラウンは香港ヴァーズで凱旋門賞2着のハイランドリールを差し切り大金星。ハマれば強いところを見せた。天皇賞秋のように思わぬ大敗も多くムラ駆けだが、京都記念は昨年勝っていて得意な条件。また一発もある。
 ガリバルディは京都金杯で13着に大敗し、久しぶりに中距離路線に活路を求めてきた模様。京都新聞杯以来の京都2200出走。このこきは重賞3着しており適性はある。ただ、上位3頭が強すぎる。
 スマートレイアーは東京新聞杯と迷ったものの京都記念を選択、。こちらのほうが斤量は背負わずに済むが、距離適性は微妙。ただ、前走香港ヴァーズでも5着に健闘しており、だめではない。騎手は武豊騎手が共同通信杯エアウィンザー騎乗のため乗り替わりとなる。
 予想オッズからはどこから買おうか迷ってしまう京都記念2017。
 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手は皐月賞とスプリンターズSを制するなどGⅠ2勝。京都コースも熟知しており、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるのだという。曰く、、マカヒキ・サトノクラウンが参戦で豪華な京都記念だが、だからこそ買うべきは、この超穴馬とのこと!↓↓


ここはG1馬対決が注目されそうだが...

だからこそ!この超穴馬が来る!

第110回京都記念(G1)
『結論』

波乱を演出する「超穴馬
↑無料で教えます↑




◆勝負情報・穴情報で大きく獲った↓↓

第57回 きさらぎ賞(G3)
◎サトノアーサー
馬連大本線:960円
3連複:1210円的中

第67回 東京新聞杯(G3)
◎エアスピネル
3連複:1610円的中

第31回 根岸S(G3)
◎ベストウォーリア
馬連1点目:860円的中
3連複1点目:2390円的中
3連単:9330円的中

第58回 AJCC(G2)
◎ゼーヴィント
馬連:1930円 的中
3連複:3970円 的中

第66回 中山金杯(G3)
◎ツクバアズマオー
△クラリティスカイ
△シャイニープリンス
馬連:1760円
3連複:2360円
3連単:1万0430円



?マカヒキは休み明けでも大丈夫?

?マカヒキの凱旋門賞大敗の原因は?

?サトノクラウンは良馬場でも連覇できる?

      その答えは...

         ↓↓↓↓↓↓

→京都記念の3連単はコチラ←
※メアド入力後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。フリーメールアドレスで登録できます。


大西直宏とは
~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。


京都記念連覇へサトノクラウン@デムーロ騎手(ホースランキングはマカヒキ超え)

 昨年の京都記念勝ち馬サトノクラウンが連覇をかけて今年も出走。騎手は昨年も鞍上にいたデムーロ騎手に決まった。デムーロ騎手がサトノクラウンに騎乗したのは昨年の京都記念のときだけで、1年ぶり2回目になる。
 今年は日本ダービー馬マカヒキという強力なライバルがいるが、実績はこちらの方が上といってよいだろう。マカヒキが大敗した凱旋門賞で2着したハイランドリールを暮れの香港ヴァーズで差し切って勝っているのだから。先日発表されたワールドベストホースランキングでは123ポンドでマカヒキやサトノダイヤモンドさえ上回る。
 そして、ここを勝って挑戦するドバイシーマクラシックでは再度ハイランドリールが待ち受けている。ここで負けるわけにはいかないところ。


マカヒキが負ける可能性?1枠ダービー馬弱い説?

 マカヒキが京都記念で始動ということで調教でも良い時計で消化している。さらに直前追い切りにはムーア騎手が乗るという。ムーア騎手が調教をつけにくるというのは相当な力の入れよう。

 マカヒキの強さは誰も疑うところがないのだが、敢えてひとつの疑念をさしはさんでみたい。

 Dコースで行われるようになってから内枠有利が極めて顕著になった。武豊騎手も、ある意味で最も小回りコースっぽいコースだという。
 そして、これが証拠に日本ダービーは過去11年のうち7回も、1枠の馬が勝っていて、これは異常な数字だ。内枠のアドバンテージは間違いなく存在する。
 そのためか、1枠を利して日本ダービーを勝利した馬のその後がイマイチの結果をたどっている。
 
ワンアンドオンリー→その後16連敗を記録
キズナ→その後G1勝利ならず
ロジユニヴァース→その後勝利なし
ディープスカイ→その後G1勝利ならず

 それ以外ではメイショウサムソンとエイシンフラッシュは活躍したが、日本ダービー馬としては全体的には低調といえるだろう。
 マカヒキのその後は、ニエル賞こそ勝ったもののG1凱旋門賞では惨敗。まだ、その実力を証明したとは言い切れない。ダービーで内を回れたアドバンテージは確実にあったはずで、それに迫ったサトノダイヤモンドの方が内容は上だったという評価も存在する。
 1枠ダービー馬の呪縛を振り払うべく、京都記念では快走に期待したいところ。


京都記念は人気馬マカヒキに鬼門!ウオッカ・ハープスターも惨敗

 サトノダイヤモンドが有馬記念を制した。そのサトノダイヤモンドを2度負かしているマカヒキがどのような競馬を古馬相手に見せるか注目は高まる。

 しかし、マカヒキが復帰戦に選んだ京都記念は、人気馬が次々と馬券圏外に吹っ飛んでしまう、名馬には鬼門のレースだ。

 2008年ウオッカ 6着
 2013年ジャスタウェイ 5着
 2014年ジェンティルドンナ 6着
 2015年ハープスター 5着

名だたる名馬には相応しくない着順が並ぶ。さらに昨年もレーヴミストラルが1番人気ながら、9着に沈んでいる。1番人気はここ4年で全て馬券に絡んでいないという恐ろしい記録だ。

京都記念がここまで波乱を呼ぶ理由はどこにあるのだろうか。ひとつは、雪が降りやすく馬場が荒れやすいということもあるだろう。冬場で馬体が絞りにくい時期というのもあるかもしれない。また、斤量が比較的メリヘリがつく計算方法で、人気馬が重い斤量を背負うこともあるかもしれない。ただ、それだけでは説明しきれない何かがありそうなのがこの京都記念。

マカヒキは当然1番人気に推されるだろうから、今年もこのジンクスが当てはまってしまうのか、、注目が集まる。


京都記念110回の歴史を知る。日本最古の重賞競走?

 今週末に行われるのは第110回京都記念。ダービー馬マカヒキや海外G1馬サトノクラウンが出走予定し盛り上がりを見せていますが、、。
 110回ってすごいですよね。そんなに長い歴史があるとは。日本最古のレースなのかな?ちょっとおかしいですよね。
 ということで調べてみましたところ、京都記念は、1947年から1983年まで、春秋2回施行されていたのですね。知りませんでした。知っていた方はかなりのオールドファンだと思われます。

 でも、さらに疑問は尽きません。よく考えてみてください。秋の京都には、京都大賞典がありますよね。京都2200と京都2400でほとんど同じ条件ですよ。よく調べてみると当時は京都記念も2400だったようなので、まったく同じ条件を1か月後に行っていたようです。
 後から設置されたのが京都大賞典なのですが、JRAの人たちは疑問に思わなかったのでしょうか?そういえば1か月後に京都記念あるよね?と思わなかったのかな。
 
 そして時は流れて今年は新設G1大阪杯が設置されて、宝塚記念と似た条件じゃないかと批判されていますが、まあ200m違うし、2か月半離れていますからね。京都記念と京都大賞典に比べれば、、と考えることもできそうです。

京都記念過去10年歴代優勝馬

京都記念 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2007年 アドマイヤムーン 武豊騎手 2番人気
2008年 アドマイヤオーラ 安藤騎手 1番人気
2009年 アサクサキングス 四位騎手 3番人気
2010年 ブエナビスタ 横山騎手 1番人気
2011年 トゥザグローリー リスポリ騎手 1番人気
2012年 トレイルブレイザー 武豊騎手 5番人気
2013年 トーセンラー 武豊騎手 6番人気
2014年 デスペラード 横山騎手 6番人気
2015年 ラブリーデイ 戸崎騎手 3番人気
2016年 サトノクラウン デムーロ騎手 6番人気
2017年 ??


京都記念2016動画:昨年は雨で重い馬場になりサトノクラウンが快勝。今年はどんな馬場状態になるか。

香港ヴァーズ2016動画:あの凱旋門賞2着のハイランドリールをゴール前に差し切る快挙。ハマれば本当に強いサトノクラウン。

日経新春杯2017動画:シャケトラとの壮絶なたたき合いをミッキーロケットが制す。ただ、斤量はミッキーロケットの方が重く内容は完勝。

凱旋門賞2016動画:1番人気に推されたマカヒキだが最後のコーナーから付いていけず大敗。馬場が合わなかったか。
京都記念2017の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >