サトノダイヤモンド天皇賞春2017ではラビットを用意せず!?凱旋門賞にはサトノノブレスを登録

 天皇賞春の出走馬登録を見て意外に思ったことがある。サトノエトワールがいない。サトノが1頭しかいない。天皇賞春ではサトノダイヤモンドはラビットホースを用意しなかったようだ。
 サトノ陣営は菊花賞ではサトノエトワールが執拗に逃げ馬に絡み、有馬記念ではサトノノブレスを先行させ、いわゆるラビットを用意したものと巷間では受け取られていたが、今回はなし。
 なくても勝てるという算段なのだろうか。今回もライバルとなるキタサンブラックは先行するだろうから、これを潰す馬がいるに越したことはないと思うのだが、、。
 なお、凱旋門賞にはサトノノブレスを登録させており、こちらはいわゆるラビット的な意味合いだと思われるが。では逆に何故天皇賞春ではそれをやらないのか。特に前が止まりにくく展開が物をいう春の天皇賞春で、手抜かりということがなければよいが。
天皇賞春 2017の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >