【日本ダービー2017週東京競馬場天気予想】前々日・前日に雨で良馬場開催困難か大穴馬キョウヘイ台頭?

 日本気象協会が日本ダービー週の予報を発表した。これによると、降水確率は金曜日50%、土曜日80%、日曜日20%。金曜日土曜日に雨マークが付いた。水木曜日も40%とぐずつきそうで、良馬場開催は難しそうだ。また、当日は晴れマークなことから、内から馬場が乾き内が伸びる馬場となって1枠が有利とされる近年の傾向に拍車がかかる可能性もある。
 例えば2006年の日本ダービーは前日にかなりの雨が降ったものの当日は晴れて馬場はやや重。1枠のメイショウサムソンがこの馬場を利して二冠を達成した。
 馬場が大きく悪化した場合には、雨馬場に実績があるのは大穴キョウヘイ。ペルシアンナイト・アルアインといった強豪をシンザン記念で負かしている。ダンビュライトも新馬戦で不良馬場を克服して勝った経験がある。アメリカズカップも重馬場のきさらぎ賞でサトノアーサーを負かしており、いずれも大荒れを匂わせる。
日本ダービー 2017の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >