12/15 12/16
12/8 12/9
新着予想>ヴィクトリアM2018結果回顧一覧

東京11R ヴィクトリアM 2018年5月13日(日)
芝1600 4歳上GI 雨稍重 平均レースレベル2.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番
メ
イ
ズ
オ
ブ
オ
ナ
|
デ
ン
コ
ウ
ア
ン
ジ
ュ
リ
ス
グ
ラ
シ
ュ
|
デ
ア
レ
ガ
|
ロ
リ
エ
ノ
テ
ソ
|
ロ
ワ
ン
ト
ゥ
ワ
ン
エ
テ
ル
ナ
ミ
ノ
ル
ア
ド
マ
イ
ヤ
リ
|
ド
ア
エ
ロ
リ
ッ
ト
ソ
ウ
ル
ス
タ
|
リ
ン
グ
ク
イ
ン
ズ
ミ
ラ
|
グ
ロ
カ
ワ
キ
タ
エ
ン
カ
レ
ッ
ド
ア
ヴ
ァ
ン
セ
レ
|
ヌ
ミ
ノ
ル
ジ
ュ
|
ル
ポ
レ
|
ル
ラ
ビ
ッ
ト
ラ
ン
ミ
ス
パ
ン
テ
|
ル
レ
ッ
ツ
ゴ
|
ド
ン
キ



馬名



牝4 牝5牝4 牝4 牝4 牝5 牝5 牝5 牝4 牝4 牝6 牝4牝5 牝4牝5 牝4 牝4 牝6性齢
55 5555 55 55 55 55 55 55 55 55 5555 5555 55 55 55斤量
福
æ°¸
蛯
名
æ­¦
豊
æ± 
æ·»
吉
田
隼
藤
岡
佑
四
位
デ
ム
|
ロ
戸
崎
圭
ル
メ
|
ル
藤
岡
康
大
野
拓
北
村
友
和
田
竜
幸 川
田
将
横
å±±
典
岩
田
康
騎手
単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
………狙…………狙…………………危…陸
……………………狙………………………BC爺
……………………………………………狙ぐつん
……狙……………………………危………クライスト
  <予想家の色:◆馬場型 ◆展開型 ◆血統型 ◆騎手型 ◆パドック型 ◆調教型> <背景濃色=自信度S・A>

タイム 1:32.3 4F 45.5 3F 34.0
単勝4番1940円(8人気)
複勝4番400円(7人気)16番170円(1人気)6番350円(5人気)

競馬予想型   陸西前頭五枚目 予想歴11年 回収率% 影響を与えたのは騎手の心理面
469PV

自信あったんだけどね


予想


◎5枠10番アエロリット
〇7枠15番デアレガーロ
▲8枠17番デンコウアンジュ
△2枠3番ラビットラン
△3枠6番レッドアヴァンセ
△8枠16番リスグラシュー


結果


1着無ジュールポレール
2着△リスグラシュー
3着△レッドアヴァンセ
4着◎アエロリット
5着無ミスパンテール

12着▲デンコウアンジュ
16着〇デアレガーロ


雨の影響はほとんどなかったと思われる、あったとしても限定的で例年ぐらいの時計が出る馬場ではあった、影響を与えたのは騎手の心理面、先行するべき馬が行かないでスローペース





ジュールポレール
雨が降ったのはこのに向いたかもしれないが単純に思ったより強かった

リスグラシュー
展開が向かない中よく差してきたと思う、つくづく運がない

アエロリット
ペース落としてしまって持ち味殺してしまった、スローでも2,3着ぐらいには残ると思ったがちょっと遅すぎたか

予想:https://ameblo.jp/gunxsword2015/entry-12375609478.html
有力馬分析:https://ameblo.jp/gunxsword2015/entry-12375048788.html
穴馬分析:https://ameblo.jp/gunxsword2015/entry-12375536305.html

https://ameblo.jp/gunxsword2015/
→次走狙い馬:アエロリット,デアレガーロ
→次走危険馬:ミスパンテール  

競馬予想型   BC爺西前頭一枚目 予想歴17年 回収率91% ヴィクトリアM2018回顧
346PV

勝ったジュールポレールは中団から抜け出して押し切り。昨年3着の馬が叩いて一変という分かりやすい結果ではあるんですが、ディープ産駒なので若い頃のほうが買いやすいんですよね。まぁディープでも牝馬は年を取ってから強くなる馬も多いですけど、難しいところ。

2着リスグラシューは中団後方から差すも届かず。タフなほうが合うので前走より頭数も揃って買える状況だったんですが、なんとなくで消してしまいました。ここで消すのは理屈に合わなかったですね。

3着レッドアヴァンセは好位から抜けるも最後は決め手に屈し。これこそ昨年のジュールポレールパターンでした。ただ、阪神牝馬Sが緩すぎたので買いづらかったです。

デンコウアンジュは中団後方から伸びず。道悪なのに超高速決着では厳しかったですが、それにしても伸びなかったです。

アエロリットは特に問題ない競馬に見えましたけど、久々のマイルでここまで決め手勝負だと合わなかったか。能力はあるので、安田記念に出走できると面白そうですが。

結局、軽視した阪神牝馬S組の上位独占で予想のスタート地点から間違っていましたね。
レースレベル:3
→次走狙い馬:アエロリット       

競馬予想型   ぐつん東前頭十四枚目 予想歴34年 回収率% 来年への指針
1114PV

継続サイン=ヴィクトリアマイル =

<2014年~>
・2年前のチャレンジカップ連対枠が[連対]
→2016年チャレンジカップ連対枠は2、7枠
→2、7枠が連対(o゜◇゜)ゝ
→
③ラビットラン「④ジュールポレール」
⑬ワントゥワン⑭リエノテソーロ⑮デアレガーロ

<2011年~>
・当年の大阪杯連対枠が[連対]
→3、8枠
→
⑤レーヌミノル⑥レッドアヴァンセ
「⑯リスグラシュー」⑰デンコウアンジュ⑱メイズオブオナー


●2018年サイン<古馬G1>●

・G1馬の隣馬が連対
→
②ミスパンテール「④ジュールポレール」
⑥レッドアヴァンセ⑨ソウルスターリング
⑩アエロリット⑪アドマイヤリード
⑫エテルナミノル⑱メイズオブオナー

⚫️今年2018年サイン⚫️

フェブラリーS当日東京1R4着(6枠)
フェブラリーS2着(7枠)

高松宮記念当日中京1R4着(5枠)
高松宮記念2、3着(4枠)

大阪杯当日阪神1R4着(1枠)
大阪杯1着(8枠)

桜花賞当日阪神1R4着(4枠)
桜花賞3着(5枠)

皐月賞当日中山1R4着(8枠)
皐月賞2着(7枠)

天皇賞(春)当日京都1R4着(5枠)
天皇賞(春) 1、2着(6枠)3着(4枠)

NHKマイルC当日東京1R4着(5枠)
NHKマイルC1着(6枠)

ヴィクトリアM当日東京1R4着(2枠)
ヴィクトリアM3着(3枠)

オークス当日東京1R4着(?枠)
オークス?着(?枠)

★当日1Rの4着枠の±1枠が[3着以内]
(*´∇`*)
→次走狙い馬:レッツゴードンキ       

競馬予想型   クライスト教授東関脇 予想歴39年 回収率125% 関東騎手の低レベルさを忘れてた…
847PV

レースレベル1…先ず、雨で波乱要素が高まった事。外人騎手が揃って関連性のある駄馬に配された事。勝利騎手は別にしても騎乗停止明けでも福永同類騎手(仕込み勝ち)が2着に来た事。3着にも北村友一の穴複勝騎手が来た事。
これでは最低レベル以外に評価の仕様がない。

次走狙い馬=リスグラシュー(武豊)
晴雨兼用の実力馬が最終的に1番人気に推されたように馬が優秀だったので2着に来れたのは間違いない。
これで鞍上が騎乗停止明けじゃなかったら勝てていただろうと評価。
よって、次走以降も狙い馬には同馬しか推せない。

次走危険馬=ジュールポレール(幸英明)
ウオッカが負けた時と同じく今回はマグレでの優勝。その証拠が鞍上が追いの甘い・下手な幸なのに差して勝った事。
経験値だけのベテランが条件に恵まれて好走するまではよくあるけれど、セイウンコウセイと同じでこの鞍上でG1を勝つ馬は完全な一過性優勝馬にしか成れない事は過去の実績が証明している。
したがって、今後勝ち負けする事はほぼ起こらないので抜けた危険馬と評価せざるを得ない。
…今回同馬を買った人がとにかくツイてたと褒められるだけ。

※関東騎手の低レベルさを忘れてた…
色んな意味で取捨を間違ったので予想完敗は大いに反省しているが、特に反省すべきと思ったのは近年の横山典弘義兄弟および一族の普段のヤラセの高さを重視し過ぎて、現在の関東騎手の低レベルさを忘れてた事。
言うまでもなく今の縁故王者は武豊であり、今は無きメジロお抱えの横山典弘など所詮は2着要員。低レベルの関東所属だから義兄弟厩舎も好走しているだけの単なる賑やかしでしかない。
そんな血縁だけのTR馬ジョッキーを中心視して、根本的な鞍上レベルの低さを忘れてた事が何より反省させられた。
横山典弘も福永祐一と一緒で敗戦理由を天候のせいにするだろうが、結局は横山典弘という人間はレベルの低い関東ジョッキーだからこそベテラン面してられる愚息の親でしかない。
こんな騎手の関連馬を一番に見ていた己の見識の低さを猛省するばかりのヴィクトリアマイルになってしまったのは悔しいが、縁故王者の武豊が連対したので悔しさも湧かないのが心理的な救いである。(苦笑)

ちなみに今回の結果で一つ勉強になったのは、カワキタエンカに大野が配されたのは池添では好走する可能性があるからというのが判った事。
大野がG1で好走するのは穴馬騎乗だからで、これが大野の置かれている騎手的立場と言える。
つまり、少しでも好走の目のある馬(今回なら逃げ残り)に起用された時は先ず消える方で考えて良い騎手と言う事。

しかしながら何より情けなかったのは、横山典弘の騎手としての相馬眼の無さである。
確かに本人が選んだ訳ではなかったかも知れない。だが、カワキタエンカはともかくアエロリットは自ら選べば乗れた義弟の管理馬であり、それを選ばず・選べずに同馬に先着されたのは少なくとも馬を見る目が無い証拠。
牽引役が二人も居たのに3着も獲れない結果に、メジロライアンがクラシックを勝てなかったのも「騎手としての相馬眼が勝ち星ほど正しくないから目標にすべき相手を見極められないから。少なくとも武豊にも及ばないから一発狙いの騎乗でしかG1を勝てないのだ!」とセンスの低さに諦観しか湧かなかった。
馬群に揉まれて伸びを欠くミスパンテールの姿を見た時、横山典弘の騎乗馬を見抜くセンスの無さと共に、横山典弘には目標馬を捕まえるという巧さを必要とする騎乗が本質向いてない騎手である事を感じた。
これが親の代から馬に慣れ親しんだ日本人騎手一家のレベルというのに余計に憐れに思った。なぜなら、横山典弘ですらこんなレベルでは競馬学校で教育された息子たちが親より巧くなる道理が無いから。引いては次世代までで「横山」という騎手一家は「福永」という苗字と共に消えてなくなるのが見えてしまったから。
やはり、これこそ余計な存在でしかない学校の弊害だと言わざるを得ないだろう…(プロとは究極自分で成る者の事。デキで作れる者ではないのだから!)

この借りは、オークスでの名手の一騎打ちで晴らさせて貰う事にしたい!(大丈夫かなあ?笑)
レースレベル:1
→次走狙い馬:リスグラシュー  
→次走危険馬:ジュールポレール  



競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
ムトト
12/09 20:49

エンジニア、ダメでしたね…

編集長おくりばんと
12/02 17:22

ムトトさんもすみません、、なるべく早く対応します

ムトト
12/02 15:23

あ、僕も昨年の年間賞が表示されてないです。受賞歴が寂しいのでお願いします。

編集長おくりばんと
12/01 16:53

とりおやこさんご指摘ありがとうございます。システムのエラーだと思われますので、エンジニアに対応してもらいます。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>ふくたん


12/10 08:30

@阪神JF お見事!

クライスト教授>>

>>クライスト教授


12/09 17:06

編集長おくりばんと>>

>>星白金


12/08 13:41

星白金>>

>>クライスト教授


12/08 10:06

あみー>>

>>あみー


12/03 23:06



16
阪神JF
◎ダノンファンタジー
○クロノジェネシス
三連単13-9-11番
5,020円 的中

ふくたん
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社