6/29 6/30
6/22 6/23
新着予想>日本ダービー2016結果回顧一覧

東京10R 日本ダービー 2016年5月29日(日)
芝2400 3歳GI 晴良 平均レースレベル4.7

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番
プ
ロ
デ
ィ
ガ
ル
サ
ン
プ
ロ
フ
ェ
ッ
ト
ブ
レ
イ
ブ
ス
マ
ッ
シ
ュ
イ
モ
|
タ
ル
ヴ
ァ
ン
キ
ッ
シ
ュ
ラ
ン
レ
ッ
ド
エ
ル
デ
ィ
ス
ト
リ
オ
ン
デ
ィ
|
ズ
ア
ジ
ュ
|
ル
ロ
|
ズ
ス
マ
|
ト
オ
|
デ
ィ
ン
マ
ウ
ン
ト
ロ
ブ
ソ
ン
サ
ト
ノ
ダ
イ
ヤ
モ
ン
ド
ロ
|
ド
ク
エ
ス
ト
ア
グ
ネ
ス
フ
ォ
ル
テ
エ
ア
ス
ピ
ネ
ル
レ
イ
ン
ボ
|
ラ
イ
ン
マ
カ
ヒ
キ
マ
イ
ネ
ル
ハ
ニ
|
デ
ィ
|
マ
ジ
ェ
ス
テ
ィ



馬名



牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3牡3性齢
57 57 57 57 57 57 57 57 57 5757 57 57 57 5757 5757斤量
田
辺
浜
中
横
å±±
典
石
川
裕
内
田
博
四
位
デ
ム
|
ロ
ボ
ウ
マ
ン
戸
崎
圭
ベ
リ
|
ル
メ
|
ル
岩
田
康
松
å±±
弘
æ­¦
豊
福
æ°¸
川
田
将
柴
田
大
蛯
名
騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順着順
………………危……………………………BC爺
…………………………狙…………狙……スカイポッ
…………危……………危…狙………狙…アキ
…………………………狙………………狙雨龍泥舟
…………………………狙…………狙……カルピスサ
……………………危………………狙……クライスト
…………………………………狙…………スコット
…………………………狙………………狙index
  <予想家の色:◆馬場型 ◆展開型 ◆血統型 ◆騎手型 ◆パドック型 ◆調教型> <背景濃色=自信度S・A>

タイム 2:24.0 4F 46.2 3F 34.2
単勝3番400円(3人気)
複勝3番130円(2人気)8番120円(1人気)1番140円(3人気)

競馬予想型   BC爺西前頭一枚目 予想歴15年 回収率91% 日本ダービー2016回顧
1536PV

勝ったマカヒキは中団から馬群を割り。
皐月賞で追い込んだ馬というのは案外駄目ですが、
この馬の場合は弥生賞のほうが強かったので、
皐月賞では力を出し切れていなかったのでしょう。

「皐月賞で追い込んだ→駄目」という短絡思考でしたが、
そんな単純な考え方ばかりしていては進歩がないです。
もう少し深く考えないといけませんね。

逆に3着のディーマジェスティは皐月賞がベストで、
今回はあそこまでの力を出せなかったのでしょう。
それでも3着に来るから最近の競馬はやりづらいです。

2着サトノダイヤモンドは中団から。
ローテ的には余裕があり、皐月で力を出せなかったので、
冷静に考えればこの馬が一番余力がありましたね。
マカヒキに比べると少し根性が足りない分の負けか。

イモータルは前にも行けず、全く楽しめませんでした。
まぁ行けないというのは能力が足りない場合が多いので、
最初から狙いが無謀だったのでしょう。

正直、買いたい馬がいなくて無理矢理でしたけど、
さすがにダービー不参加というほどドライにはなれず、
そこは仕方ないと思います。

ただ、リオンディーズを結局買ったのは反省点。
朝日杯の反動で突き抜ける気力が薄れています。
そこに気づいていたのに買ってしまう意志の弱さ。
情けないです。
レースレベル:5    
→次走危険馬:リオンディーズ  

競馬予想型   スカイポット東前頭八枚目 予想歴19年 回収率130% 有終の美
10拍手
4243PV

 2016クラシック世代の大一番、日本ダービーが終わりました。
 レースラップは、12.6 - 11.1 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.9 - 13.1 - 11.8 - 12.0 - 11.6 - 11.0 - 11.6と、中盤で13秒台を踏むラップもあり緩みましたが、すかさずアグネスフォルテが前にプレッシャーをかけていき、残り5Fから速いラップが続いたので、各馬が力を出せる展開になりました。
 リオンディーズが最後方付近からレースを進めたのは想定外でしたが、上がり3F最速の時計で駆けてきて、結果的には皐月賞の1~3着馬(ディープインパクト産駒)が1~3着に、皐月賞の4~5着馬(キングカメハメハ産駒)が4~5着に収まるという、今年の皐月賞がハイレベルだったということを証明する結果となりました。
 その中で優勝の栄誉に預かったのはマカヒキ。金子オーナーは、サトノダイヤモンドもセリで2億くらいまで競ったらしいですが、そうすると、競り負けた馬を負かしての勝利ということになります。馬の見る目があるのはもちろんのこと、強運の持ち主ですね。これでダービー3勝目。しかも、前述の掲示板を占める種牡馬も自らが所有してダービーを制した馬というのも凄いことです。

 マカヒキの勝因は川田騎手が中団から馬群を割るというロスのない競馬に徹してくれたことですね。調教師からの指示を忠実に守っただけという話も聞きましたが、厳しいコメントをしたことを申し訳ないと思うくらい完璧な競馬でした。最後に末脚が緩んでしまったのを見ると、距離は中距離くらいがベストという印象を受けましたが、今後は凱旋門賞も目指していくのでしょうから、この強い世代の代表として素晴らしい活躍を期待しています。
<追記>最後に末脚が緩んだという第一印象でしたが、見返してみるとゴール板を過ぎても画面から切れるまでサトノダイヤモンドと併走状態でしたので、更に脚を使っているとも見え、クラシックディスタンスも問題ないかもしれません。ここは訂正しておきます。

 2着のサトノダイヤモンドは落鉄をしていたそうで、これも含めて今回は運がなかったということになるのかもしれませんが、最後は差し切るかと思わせる伸び脚でマカヒキを8センチ差まで追い詰めており、改めて強い馬だと見直しました。ルメール騎手は自分が手放した馬に負けたので悔しいでしょうが、これが次のドラマに繋がればと思います。
 3着にディーマジェスティ。1番人気として最低限の仕事はしましたが、それで守りに入ってしまったのか、蛯名騎手は早めから外に出してしまい、最終的にはその距離ロスが着差となってしまったと思います。
 4着のエアスピネルは武豊騎手が前目の内につけて距離ロスを抑え、直線残り200mでは一旦先頭に立つ見せ場のある好騎乗でした。最後の末脚勝負で上位3頭に敵わなかったのは、距離適性か走法の差によるものと思われます。
 5着にリオンディーズ。位置取りは出遅れたものではなく、デムーロ騎手が馬を抑えきれず喧嘩をしてしまったために後方に下がってしまったというものでしたがそれにしても内前有利条件においては愚策でした。デムーロ騎手といえども流石に乗り替わりとなるでしょう。もう少しあたりの柔らかい騎手のほうが良さそうです。

 配当的に堅い決着となったので、本線での予想的中ながら回収率は200%程度にしかなりませんでしたが、天星指数では指数1位馬が優勝して指数上位5頭が5着以内に入り、データアートでは称号のついた3頭で決まり、各馬コメントで用いたデータ等も良い働きをしてくれたと思える結果で、今期若駒戦の有終の美を飾る予想をお送りできたことへの充実感が大きいです。
 なかなか連戦連勝とはいかない予想の世界ですが、勝った負けただけではない予想の可能性と楽しみをお伝えできればと思います。

 最後に、マカヒキの関係者の方々、そして、馬券を的中された競馬ファンの方々、おめでとうございます。
レースレベル:5
→次走狙い馬:マカヒキ,サトノダイヤモンド     

競馬予想型   アキ西大関 予想歴20年 回収率% 川田1人の勝利。
9拍手
3791PV

レースラップは12.6 - 11.1 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.9 - 13.1 - 11.8 - 12.0 - 11.6 - 11.0 - 11.6。

マイネルハニーがフラットに進めて1000m通過は1分フラットだけどこの日の馬場ならスロー気味かな。そこから13秒前後のラップでスローに振れそうなところでアグネスフォルテが行ってしまって5Fロスパ戦になっている感じ。後続はその中でフラットに進めた分去年同様このラップ変動の中で2Fで11.0と強烈な決め手の質も要求されている。レースの質としては、もしアグネスが行かなければ3F・2F出し抜き戦になっていた可能性はあるかな。番手が武豊・田辺なので馬群に蓋をして出し抜くタイミングを伺うだろうし、その後ろがルメールなので自力で動いたかとなると、タッチングスピーチのレース見るとそれはないかなと。アグネスの動き出しで後続の仕掛けの意識全体が上がったのが大きかったとは思う。

マカヒキ 川田 9
今回はポジショニングを最大限評価したいかな。皐月賞の印象だともっと下げておかしくなかったけど、マカヒキのリズムのみを意識した出方で中団のインという絶好の位置をとった時点で大崩れはないかなと。サトノが外に張り付いていた形だったけど、直線もこの馬のギアチェンジを信頼してサトノが行けばその後ろから、前が空けばその時点でという感じで慌てなかったし無駄のない誘導だったと思う。先週のデンコウアンジュがイマイチだったので不安もあったけどこういうギアチェンジの出来る馬ならというとこなんだよね。そこは以前より良くなっているし、馬に合わせて脚を出し切る選択肢を間違えない事が課題にはなるかな。馬自体は個人的には凱旋門タイプとは思うけどね。菊は今回くらいポジション意識すればいいんだけど、外枠だと位置取りが悪くなるリスクはあるし、コーナー外から勝ち切れるほどのものはまだ見せてないので危うい感じはある。

サトノダイヤモンド ルメール 7
下手すれば糞騎乗にはなりかけていた面はある。これは目黒記念のタッチングスピーチとセットの評価で、やっぱり仕掛けは遅くなったし、もしアグネスフォルテがあそこで動かずマイネルハニーが我慢したまま直線入る形でルメールが動けたか?となるとNOで、その地点からの3F勝負では切れ負けした可能性もある。一見ディーマジェスティをブロックしているように見えるけど、もしその考えならすぐ内にいたマカヒキを過小評価し過ぎているしその意味をも含めると普通の騎乗っていうところかな。流れ的には恵まれた2着だとは思う。皐月賞の出足からしても少し馬群の中での位置取りを気にしすぎた面はあるし、本来ハイペース適性はある馬なんだし菊では確実に走るとは思うんだけどもう少し位置取りの保障が欲しいかな。ルメールの今日の感じだと不安はある。

ディーマジェスティ 蛯名 8
難しい条件の中で最善手は尽くしたとは思う。スタートから外を意識して最内に閉じ込められる事は避けたし、サトノダイヤモンドの背後というのは悪くなかったとは思う。展開というより大きかったのは4コーナーかなあ。外のヴァンキッシュランがあそこまで動けないとは思わなかったし、サトノの外に出して動ききる事が出来なかった。これははっきり誤算だったかな。直線寄られた事よりはそっちの方が痛い。消耗戦傾向の中でしまい一番差は詰めてきたしやはり消耗戦では世代随一。菊で言えば消耗戦で目途を立てている分マカヒキよりは上かなというとこ。それでも今の菊の傾向なら絶対とはいいきれへんかな。凱旋門はいかに自分の競馬に持ち込むか。ゴールドシップは陣営がアレだったので、この陣営&騎手ならとは思うかな。

エアスピネル 武豊 8
やれる事はやったという騎乗かな。前3頭を見ながら馬群の先頭列でコントロールする形。前が動き出している以上後続は動いてしまうし仕掛け的には苦しい形にはなっているけど、詰められる前に自力で動いて外へ振りにかかっているし、その中で最速11.0地点で鋭く脚は出し切った。まあ上位3頭に比べると仕掛けは早いのでその分の失速かなというとこで距離適性的にはこれくらいがいいとは思うけどね。マイルがベストというのはまだ早い結論。菊花賞も展開次第では十分。

リオンディーズ デムーロ 3
まあいい騎乗ではないわな。デムーロに期待している分からしたら物足りなさは強い。確かに出足から抑えて末脚勝負なのはわかるし、スマートオーディンよりさらに後ろは誤算もまだ挽回できる流れではあった。やっぱり12.9-13.1の地点で動かなかった事がね。前が足りない馬でも中団の有力馬を考えればここで詰めるべきだったとは思う。この辺が本来考えれる騎手だけに残念な印象が強い。それとこれは馬に関してだけど、兄貴と同じ競馬がいいって結論で皐月賞はギャンブルとはいえやっている競馬はベストだとは思ったんだよね。直線は最小限のコース選択はしているし、その中で最速地点で猛然と詰めてきた割にしまいあっさり突き放されている。上がり最速ではあるんだけど持続力という意味では底を見せてきた感じで、先団でハイペース適性と要所の脚の質で圧倒するというエピファネイア同様の競馬がいいと思うな。この馬も距離短縮は早計ではあると思う。

スマートオーディン 戸崎 7
まあ現状のこの馬の形で無難な騎乗にはなった。マカヒキ他3強のいずれもより後ろになってしまった点でこの流れではというとこで、この流れで前受できれば一瞬の脚で出し抜きというとこなんだけど、戸崎の今のレベルではそこまでは無理かな。実力というよりはこういう持続力勝負では厳しかったし、ギアチェンジのタイミングを我慢していた事は評価して他は普通というとこ。タイトルとなると菊は内枠をとれれば面白いかな。ギアチェンジと決め手の質は極大なので、超高速の京都で2F戦にでもなれば。

マウントロブソン ベリー 6
まあ出負けした時点で如何とも。なければプロディガルサンの位置までとれればあわやはあったと思う。流れ的にはロンスパ傾向で消耗戦での良さは活かせたけど、ほぼ同じ位置でリオンディーズに一気に突き放された結果だし決め手の質では劣るし、がっちり好位追走で組み合っても1枚足りないかな。菊では期待されやすいタイプにはなるけど、決め手とポジショニングを良くしないと危険かな。

レインボーライン 福永 7
まあスマートオーディンとの差とレース振りから萩Sと同様の結果かな。向こうが最速地点で切れた分この馬のバテ差しを凌いだ形。流れ的に外に強引に持ち出す事は出来ないし、限られたスペースで最低限脚は出し切ったとは思うし、これくらいはという競馬。

レッドエルディスト 四位 5
まあ脚を出し切る意識だけという競馬だったんだけど、流れて的には最悪のコースは通されたし、それでも脚は保つけど最速地点で11秒切る脚は使っている上位陣と比べると脚の切れで差が出たかな。青葉賞も大寒桜賞もバテ差しが嵌る展開ではあったし、正攻法の流れだとこれが限界。ステイヤータイプの走りなので、これも神戸新聞杯あたりで走って人気して本番消えるタイプかな。

プロディガルサン 田辺 8
難しい枠だけど良い競馬は組み立ててくれた。最小限の力で馬群の先頭でレースメイクできたし、ロンスパの中で惑わされず仕掛けは坂下までしっかり我慢できた。最速地点でも抵抗できているのでしまいの失速は不満かな。そこまで脚の持続力が甘いとは思ってなかったし。まだタイプを判断できる材料と確定できてないし、秋に真価が問われるかな。

ロードクエスト 岩田 2
距離が敗因という以前にこの馬で掛かるかという事に愕然かなあ。少なくともレインボーラインが折り合っていた以上言い訳できないし、あれだけ掛かればそりゃ持続力は削がれる。この馬さえコントロールできないかという事を読み間違えたこちらのミス。これでマイル路線確定とかは止めて欲しいわな。

アジュールローズ ボウマン 6
流れ的にはうまく乗れたとは思うけど、これまで未知数だった決め手の質勝負で全く相手にならなかったかな。最速地点で抵抗した分の失速が激しいし、タイトル取るにはこういうとこの底上げや消耗戦に持ち込む感じじゃないと厳しい。

ヴァンキッシュラン 内田 5
うーん、まあ確かに使える脚は長くないけど、スローバランスで序盤のロンスパの流れで脚を使い果たす馬ではなかったと思うんだけどね。はっきりスローで3~2F戦でという馬なのか。そうなるとアザレア賞が難しいけど低レベル戦として判断する形かもしれへんかなあ。騎乗自体はそこまで悪くないし、蓋をしつつなんとか振られずに回ってきたしね。ちょっとしっくりこない敗戦。

アグネスフォルテ 松山 3
3コーナーで行っちゃったのが全てだとは思うんだよね。我慢して3~2F戦なら前走同様出し抜く脚はあるけど、ああやってロンスパになると脚は一瞬しかないので当然きつい。ここ一番で松山の強気の競馬が出過ぎた感じだし、前走の内容は光るんで菊花賞はこの結果で甘く見られると面白いかな。京都の坂で前受して出し抜くイメージならまず警戒したい1頭。

イモータル 石川 7
まあ希望の競馬はしてくれた。後方で折り合いはついたしこの展開で伸びる気配はなかったので距離の問題と考えていいかな。ロンスパもちょっと不向きかなというとこもあるので。

マイネルハニー 柴田大 2
まあ結果的には前走同様の競馬になった。前走よりテンを速く刻んでいった上でアグネスの動きに反応して5F戦になっているしね。ハナ絶対という馬でもないし、マイネルの馬らしいといえばそうなんだけど競馬が強気過ぎかな。あれじゃ保たないという競馬だったし距離もまだわからない感じ。次走改めて。

プロフェット 浜中 5
まあ決め手でははっきり足りない馬だし一か八かならこういう乗り方になる。マイネルハニーについていった感じなのでオーバーペースになってしまった感じはあるし、距離延長ではまだわからないかな。見限るのは早計。

ブレイブスマッシュ 横山典 1
レースに参加してないのでどうこう評価できるレベルになく。
レースレベル:4
→次走狙い馬:アグネスフォルテ,マイネルハニー
→次走危険馬:サトノダイヤモンド,ヴァンキッシュラン

競馬予想型   雨龍泥舟東前頭四枚目 予想歴47年 回収率101% ソメスは買えず
1773PV

馬券は当てているんですけどね。増えていない。(笑)
まぁ、軽く敗北感を感じています。
敗因は、川田を少し軽く見過ぎたということでしょうか。
蛯名がすると思っている競馬を川田がし、川田がすると思っていた競馬を蛯名がしたという気がします。
蛯名は守りの競馬になってしまいました。
リオンディーズも鞍上の今度は失敗できないという心理が影響していたような…。難しい馬ではありますが。
期待したスマートオーディンも伸びてはいますが…。距離でしょうね。

ダービーのような特別のレースでは騎手心理が結果に大きく影響するということを痛感しました。
結論として、今年の3歳牡馬は3強ということでしょうか。
次走の狙い馬は、どのレースを狙ってくるかにもよりますが、サトノとディーマジェスティにしておきます。スマートオーディンもG1以外なら確勝級でしょう。
レースレベル:4
→次走狙い馬:サトノダイヤモンド,ディーマジェスティ     

競馬予想型   カルピスサワー西前頭十五枚目 予想歴16年 回収率95% ~5番で芝18上重賞上がり1位連対經驗馬(7-1-3-4)
2拍手
2009PV

/



優勝は◎マカヒキ
内枠1~5番で芝1800以上重賞を上がり1位で連対經驗有馬(7-1-3-4)に該当.優勝はディーマジェスティーかマカヒキか今回は騎手の差でマカヒキに軍配が下ると想定、
これ以上ない最高の位置取りから、根性のある最後の伸び・・・思い描く限りの完璧な騎乗。見ごたえのある最高のダービーでしたね。あっぱれ!!これで弥生賞皐月賞ダービーと3戦連続本命で見事に勝ち続けてくれました。
当然凱旋門賞の本命も・・・マカヒキです。今年は馬券が買える・・・のか??楽しみですね。個人的にはダービーが生涯最高のデキで距離が伸びてどうかという面がありますが応援し続ける予定です。

2着は△サトノダイヤモンド
中間絶好の調教とはいえデータ派として初G1勝利が達成された以降に印をつける予定と決めているため2~3着までと予想の最終見解どおりでしたが強いの一言。
この馬はG1取ることが出来る器ですね。中距離G1路線G2⇒天皇賞秋へ向かってほしい。ぜひ故障のないように・・・次回は印、対抗にしますので笑

3着は▲ディーマジェスティー
内枠1~5番で芝1800以上重賞を上がり1位で連対經驗有馬(7-1-3-4)かつ前走1着の当日1人気馬(8-3-2-1)に該当。史上初イベント:蛯名ジョッキー悲願のダービー制覇、史上初は嫌うのがデータの鉄則。優勝したらたとえ馬券が外れたとしても祝福。としました。騎乗の差とはいわれているものの3着をゲット。マカヒキとディーマジェの位置どりは逆と思った人が多かったと思います。が勝負は時の運、2016年最強世代は古馬になってどのような活躍を魅せるのかそして新優駿3強が合いまみえることはあるのか、競馬が一層楽しみになる見ごたえのある1戦でした。

その他スマートオーディンをはじめとした前走皐月賞以外馬(3-5-5)でしたが皐月賞組がハイレベルすぎたため馬券圏内には絡めず。馬券はマカヒキからの馬連馬単3連単を選択。結果配当としてはガチガチでしたがプラスだったのでよし!!
いやあ余韻の残る2016年ダービー 仲間たちと盛り上がり最高の週末になりました。

来年はどんなドラマが待っているのか
物語はもう、始まっている…!!!


----------------------------------------------------------------------------------

2016年激アツデータ
「前走皐月賞以外馬(3-5-5)×α」
「東京、中山、京都、阪神いずれかの重賞1800m以上で優勝經驗がない牡馬は連対したことがない」
↓

2017年激アツデータ
「内枠1~5番で芝1800以上重賞を上がり1位で連対經驗有馬(7-1-3-4)」へ更新しました。
「前走皐月賞以外馬(3-5-5)×α」
「東京、中山、京都、阪神いずれかの重賞1800m以上で優勝經驗がない牡馬は連対したことがない」

----------------------------------------------------------------------------------

2017-049 東京優駿日本ダービー(GI)
「前走皐月賞以外馬(3-5-5)×α」

<消去条件>(1着-2着-3着-着外)
過去10~11年のデータによるデータ分析によりなぜその結論に至ったのか根拠を示していく。

①当日格 

→当日99.9倍以下の馬(11-11-11)
100倍以上の馬は連対したことがない。連対条件は1~99.9倍の馬

現段階の予想オッズだけで見ると は連対軽視


②過去3着以内の傾向(1着-2着-3着)

(1-2-7)人気
(1-4-7)人気
(3-14-4)人気
(1-12-6)人気
(2-5-8)人気
(7-5-1)人気
(1-10-8)人気
(3-5-7)人気
(1-3-8)人気
(3-1-12)人気
(1-5-3)人気
(3-2-1)人気

→12年中11年 3人気以内が3着以内に入っている
→12年中6年 1~3人気で連対決着している
→12年中6年 5人気以下が連対している

このことからデータ派としての馬券選択は以下にわかれる
・1~3人気から勝負 (12/11で当たる)
・5人気以下から勝負 (12/5で当たる)


③前走前々走格

・東京、中山、京都、阪神いずれかの重賞1800m以上で優勝經驗がない牡馬は連対したことがない

・前走オープン以下馬は連対したことがない

・前走青葉賞馬は1着以外は連対したことがない

・前走京都新聞杯馬は1人気1着馬しか連対したことがない

・前走NHKマイル馬は前走3人気以内以内でないと連対したことがない

・2200m以上戦or重賞で連対経験馬でないと連対したことがない

・前走10人気以下は3着以内でないと連対したことがない

・前走NHkマイル馬は皐月賞組か前走1着か前走3人気以内しか連対したことがない


*芝重賞勝ちもしくは無敗馬以外は優勝したことがない

*騎手乗り替わり馬は優勝したことがない

*2000m以上出走経験馬しか優勝したことがない

*1800m以上戦勝利經驗馬しか優勝したことがない

*12年連続前々走G3以上で連対馬が優勝中

*青葉賞馬は優勝したことがない

*皐月賞馬以外は芝連勝もしくは重賞2戦連続連対經驗有馬しか優勝したことがない。

*皐月賞2人気以内以外は前走4着以内しか優勝したことがない

*重賞50連敗以上継続中の騎手騎乗馬
武士沢友治.木幡初広, 柴田大知,江田照男,国分恭介
菱田裕二,藤岡佑介,三浦皇成,浜野谷憲尚, 大庭和弥,岩田康誠
→1着のみ弱軽視(来たらお祝いすること)


④激アツデータ

●前走1着の当日1人気馬(8-3-2-1)歴代

●内枠1~5番で芝1800以上重賞を上がり1位で連対經驗有馬(7-1-3-4)

●東京、中山、京都、阪神いずれかの重賞1800m以上で優勝經驗有馬(10-11-7)

●前走皐月賞馬(9-7-7)

●皐月賞で上り最速で勝利馬(4-1-1-1)

●前走皐月賞4人気以内で4角4番手以内馬(1-4-1)

●前走皐月賞で当日4人気以内馬(6-6-5-21)*2頭に1頭レベル

●前走皐月賞以外馬(3-5-5)

●ミルコ・デムーロ騎乗 (重賞複勝率40~50%・単勝回収率200%)
→当日チェック
*過去5年の重賞の 単勝回収率は209%。
むしろ重賞のデムーロの単勝だけ勝っていればデータ上”今までは”勝ち組になることが可能。この傾向が続くか否か。

----------------------------------------------------------------------------------
他データも来年2017年用にデータベース化終了♪

皆さんはいかがでしたか?
来年また良い週末を送れるように頑張ります.笑


*4月になり多忙を極めるようになった為、回顧記事を簡易版に変更。7月以降はスタホに専念する為、当たっても回顧割愛の可能性あり。以下ルールで進めていく。

・購入しハズレた場合は馬券アップなし(傲慢!!)
・購入し当たった場合は馬券アップ有り(傲慢!!)

趣味が競馬って楽しいですよねえ・・・ホロリ
毎週土日が楽しみで仕方ありません(*ノ∀`*)
それでは~ノシ

スターホース3攻略も実施中!
http://starhorse4321.blog.fc2.com/

*このレースレベル↓は
”過去データが通用するか否か”を5段階で判断する数値です。
次走狙い馬は上り最速馬の着順最上位馬or1着馬で選定しています。
レースレベル:5
→次走狙い馬:マカヒキ,サトノダイヤモンド     

競馬予想型   クライスト教授東関脇 予想歴37年 回収率0% 大きな世代交代と微かな進歩!
1652PV

「5」…これほど質の高い馬が集まったダービーを見れたのは初めて。この3才馬たちが古馬との争いでどんな成果を見せてくれるのか本当に楽しみ。
最大の目標は(ミルコ騎乗の)ドゥラメンテ、(外人騎乗の)リアルスティール、そして(中距離に挑んできた時の)モーリスの3頭。

狙い…マカヒキ(友道)
デビューから3戦を外人で教育されたという「玉に瑕」を除けばハイレベル世代を川田で制した同馬は日本人騎手での活躍が期待される貴重な存在。

危険…スマートオーディン(松田国)
ハイレベル世代の割を最も食わされる馬である事は重賞3勝馬でありながらダービーで上位人気に成れない事で証明されており、今後も大レースでは同世代の壁が立ちはだかり、同世代がいなくてもすでに重賞3勝が重斤量として圧し掛かってくるため苦戦を強いられる事は必至。
何より今回掲示板に載った5頭がいるからには、脚質の柔軟性に欠ける同馬は定量戦でも不利は否めないだろう。

※大きな世代交代と僅かな進歩!
皐月賞の完勝から1番人気に推されたディーマジェスティは、好枠でありながら鞍上蛯名の身に付いた好走安全騎乗によって位置取りで後手を踏んで敗れた。
これに対して勝ったマカヒキは、距離と相手関係を考えて末脚一手ではない中団からの直線勝負をして戴冠を獲た。
これは、第1期生~福永までの血族優先によって優秀馬が振り分けられてきた不公平時代の終わりを告げる大きな世代交代の始まりと言えるだろう。
また僅かな進歩と言うのは、川田が乗せてもらったマカヒキで幸運があったとしても同馬を強くしたルメールに競り勝てた事である。
これは、勝ち星では血族優先世代に見劣っても実力では劣ってない事を示しており、普段は福永などに負けているので一向に進歩してないと思われた次世代が、実は僅かながらも旧世代より進歩していた(互角以上の力量を持っていた)事を示している。
それだけに、こと川田の今後はより内容の濃い成果が求められる事になるだろう。つまり、今回は外人によって強くされた馬で勝ったが、今後はデビューから任された馬でもう一度ダービーを勝つ事が求められるという事。そして、そう遠くない未来のうちに任された馬で海外で好結果を残せるかが今後の課題になるだろう。

今年のダービーはハイレベル競争として注目されたが、川田が制した事で、これまで(競馬学校の中では)上位と思われていたジョッキーが実は次世代と大差なく、ただ経験から着を拾う競馬に長けているに過ぎない事を示してくれた。
次世代ジョッキーたちは、この川田の積極性に習って旧世代を凌駕するよう心がけてレースに臨んで欲しい。
競馬界に限らずどの社会でも縁故の強みがある事は否めないが、本来ジョッキーはライダーというアスリート(スポーツマン)であるからには血縁で成績が決まる方がおかしいので、一時の傾向に流される事なく自分の騎乗スタイルを早く確立させてそこから好結果が残せるように焦らずに頑張って欲しい。
…旧世代(横山典・武豊・蛯名・福永)はマスコミが持ち上げるほどは抜けて上手いのではない。単に経験から流れの中で馬を動かす事に慣れているだけ。豊・横山マジックなども冷静に見れば単なる初動の変化を見た低レベルの周囲が踊らされていただけ。だから外人が来るようになったら通用しないのだ。
…推量すれば、今回の川田の優勝は若手に良い一石を投じてくれたモノと言えるだろう!
レースレベル:5
→次走狙い馬:マカヒキ  
→次走危険馬:スマートオーディン  

競馬予想型   スコット東前頭二枚目 予想歴15年 回収率99% ダービーは1号族ディープの宴
1760PV


 せっかくのダービーなので血統の話、ファミリーナンバーの話でも。

 ここにはもっと詳しい人もいると思うので、デジタルよりな感じでいきたいです。


 まず、ダービーはクラシックっぽい血統が良いと予想で書きました。無事その通りになりましたね。

 ディープ産駒:6頭

 ディーマジェスティ
 マカヒキ
 サトノダイヤモンド
 マウントロブソン
 ヴァンキッシュラン
 プロディガルサン

 キンカメ産駒:2頭

 エアスピネル
 リオンディーズ

 結果は、

1着:マカヒキ
2着:サトノダイヤモンド
3着:ディーマジェスティ
4着:エアスピネル
5着:リオンディーズ
6着:スマートオーディン(ダノンシャンティ)
7着:マウントロブソン

 という独占市場(笑)

 なので、ダービーの「入り口」は簡単なのです。
 
 去年はリアルスティールとサトノラーゼンから買ってセーフ。
 一昨年はトゥザワールドからいって撃沈ww

 あくまで入口は、簡単です(笑)。


 で、去年のダービーの予想→http://www.keibanande.net/?m=pc&a=page_l_syousai&target_y...

 にも少し書いたが、ファミリーナンバーの話。

 ファミリーナンバーとは、オールトラリアのブルース・ロウによって作成された番号。
 当時のサラブレッドをイギリスのジェネラルスタッドブックに掲載されている牝馬まで母方を遡り、英クラシックの優勝馬数が多い順にならべて番号付けしたもの。

 つまり、1号族は当時一番イギリスクラシックを勝っている牝系だということ。

 さて、今年の出走馬で1号族は

 マカヒキ(父ディープ)
 サトノダイヤモンド(父ディープ)
 アグネスフォルテ(父ハービンジャー)

 こう見ると、マカヒキとサトノダイヤモンドは正にクラシック、ひいては最高峰のダービーを勝つべくした血統だと言える。

 もちろん、もっとしっかり血統の詳細な話をすれば違ってくるでしょうが、至極単純にみればこういうこと。

 血統と言えばアナログな感じですが、こうやって単純にデジタルに考えても良いと思うのです。
→次走狙い馬:エアスピネル       

競馬予想型   index西前頭三枚目 予想歴116年 回収率1% 今年の3歳馬に栄光あれ!!!
11拍手
3369PV

【予想の回顧】


皐月賞馬が勝つ   =3着

金子氏が馬券になる =1着

フチコとは最内か大外=3着

「C」はC・ルメール=2着

「D」はD・マジェス=3着

枠順予想1番人気馬狙=3着


月曜日予想では、
ディーマジェスティ+サトノダイヤモンド+マカヒキの「3連複1点勝負」でしたが、「1点では当たらない」としフラグ回収に努めましたが、猿真似予想と死亡フラグが消えない事で自ら動くしかなりませんでした。
この時点で終わってましたね。
ま、終わった事なので仕方ないです。
でも、予想はまぁまぁイイ線行ってたでしょ。
最後にこの程度が予想出来てよかったです。
サイト見てたら答えは結構出てるよ。うん。


2009年ダービー予想からこちらで予想をはじめましたが、
以前は「ナンデ的予想」に拍手が有り、当然的中したら楽しいコメントが返ってきたリと物凄く楽しいサイトでしたので、毎週の書き込みが楽しかったです。
好き勝手書かせてもらってましたがw

しかしある時期から的中を称えても全く反応しない面白くない面子が揃いだし、ここは「ナンデ」なのに何の理由も無く○や×を打つ者が増え、その印の理由を聞きたいのに、書かないのか書けないのか知らないが、最後には自分が当たらなければ全無視で、当たった時だけ印を打った理由を書いて。
ま、どっかの本物の予想家の猿真似なんでしょうから、理由なんて書けませんよね、知ってます。って感じだしました。

もうココに居るのは辞めようと思いましたね。

区切りもいいとおもいますしね。

それに、もう私の予想スタイルは固定されていますし、どんなレースでも狙い方は決まってますし、もう必要無いでしょう。


永い事楽しませてくれたクライスト教授の予想スタイルは好きでした。独特なものがありましたしねw
編集長の◎が私のと被ったらいつも変更させてもらいました。
だって、滅多に来ないですしねw
あと、サニーのすけさんから「楽しめなければ辞めればいい」と結構前に言われましたが、あの時は「くそっ」って思いましたよwでもあれがあったから予想を永く続けれました。
あとファンですって言われた事もありました、正直嬉しかったね。でも私の性格はブチ切れやすいので「アレ?」って思ったりしてたのかなぁ、申し訳ないです。
他では、ずっと前に登録してた方々には結構支えられました。
この場をお借りして「どーーーもです」って感じかな。

ま、これからもサイトは覗くと思いますが書き込みはしません。競馬ナンデの繁栄を陰から願っています。

では、サイトで長年予想を書いてる方々、そして今年の3歳馬、今後を期待してますよ。

最後にレース回顧を一言。
内田貴様ぁ終始蛯名の蓋しやがって!蛯名に何の恨みがあんだよ!悔しいがグッジョブだ。



今日の結果

東京10(ダービー)
◎=3着 ○=2着

東京12(目黒記念)
◎=2着 ○=3着


2016年◎or○の馬券率
118/170(69.4%)


では、どーもです。

by Index
レースレベル:5
→次走狙い馬:サトノダイヤモンド,ディーマジェスティ     



競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
スコット
06/24 13:09

またよろしくお願いいたします。

スコット
06/24 13:08

皆さまお久しぶりです。調子を崩しておりましたが、落ち着いてきたので予想をぼちぼち再開していきます。

雨龍泥舟
06/20 20:48

今年のPOGの注目馬は…今週出走のブルトガング!

雨龍泥舟
06/20 20:46

キンカメ、種牡馬完全引退だそう。 ディープも怪しいし、カナロアはノイローゼ気味。やらせ過ぎだな。。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

あみー>>

>>あみー


06/24 20:40

のび犬>>

>>あみー


06/24 10:35

夏影>>

>>夏影


06/23 09:40

クライスト教授>>

>>夏影


06/21 22:08

のび犬>>

>>アキ


06/17 07:09



11
宝塚記念
◎リスグラシュー
○キセキ
三連単12-1-11番
14,560円 的中

クライスト教授
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社