11/23 11/24
11/16 11/17
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【ジャパンC2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想福島牝馬S2012予想一覧軍神マルスの予想

3連複 2-3-10番:2,540円的中

福島11R 福島牝馬S 2012年4月21日(土)
芝1800 4歳上GIII 晴良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
16151413121110987654321馬番































































































馬名



牝4 牝5 牝4 牝4 牝4 牝4牝4 牝4 牝5 牝5 牝4 牝5 牝4牝4牝5 牝5性齢
54 54 55 54 54 5354 53 54 55 54 53 535454 53斤量


























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順着順

nige

BC爺

巫女れいむ

編集長おく「人気ガタ落ちなら擁護したい実力馬」自信度C 2
行く馬がのきなみ除外になってしまい、前が有利に運べそう。

トゥニーポート
二つコーナーのコースばかり使われてきたいるが、4つコーナーでも全く問題ないはず。むしろ向いている中くらいのフットワーク。
1000万を勝ち上がったのは札幌の小回り1800で逃げて差をつける強い勝ち方で、、福島1800でも同じようなことができると思う。
前走はダートで、前々走はきついペース。
基本的には相手なりに堅実に走るタイプで。
ここでも一発あって不思議ない。

------------------------------------------------
フットワークからして、
アカンサスを狙いたいなと思っていたので、いくつかレースを見返してみ…
絶対の本命「外から行く先行馬」自信度A 7
メンバーを見てみるとトゥニーポート、ニシノステディーが逃げるであろう。人気薄の馬なので、マークもきつくないために思う存分逃げて行きそう。この2頭が後続を引き離すと、ある程度縦長になる。ペース配分としてはやや速くなりそうなので、逃げ馬のある程度後ろで待機できる馬を中心に狙ってみたい。

◎アスカトップレディ
前走と間隔があいて、長距離輸送を控えているが、最終追い切りのタイムや動きを見る限り、その点は改善されるものと見る。京都金杯、京都牝馬Sと3着をとっている馬だけに能力値は高い方。それに、外枠の先行馬という点も高評価できる。逃げる2頭のある程度後ろで自分のペースではしれればかつ可能…
カタストロ自信度C 7
【直前予想】
◎アスカトップレディは1800m、マイルの平均ペースにも対応できている切れ味タイプの馬で、そういう意味でも小回りの1800mというのはこの馬には良さそう。U字コースの方が安定して先行出来ているし、テンのスピードはそこそこ速い。この枠はやや気がかりだが、平均的でタフな競馬となった京都金杯でも上位にきているし、多少ロスがあってもこのメンツなら何とかなりそう。ベストは少し緩んでの切れ味勝負。


〇エスカナールはここ2走タフな阪神で持ち味を活かせずに失速しているのだが、小倉1800mの柳川特別はコスモソーンパーク相手に完勝している。コスモは1000万下を勝ち上がっているし、それを相手…
巫女れいむ「行きたかった福島」自信度C 4
いきなり余談で恐縮ですが、本来なら明日21日は仕事仲間と福島に行くはずでした。たまには遊びで外出してリフレッシュするのも手とは思いましたけれど、今は自宅療養が優先。病気を早く治して、競馬場にどんどん行きたいです。

さて予想です。人気薄の食い込みはあるかもしれませんけど、あまり荒れないと思います。上位になるのは、中山牝馬S組と、過去重賞で活躍してきた馬ではないでしょうか。

展開ですが、有力勢が差し馬中心であり、直線の追い比べになると見ています。

◎アカンサス(差し)
前走の中山牝馬Sは8着でした。編集長の予想を少し参考にさせていただきましたが、確かにアカンサス、伸びなかっ…
はまちん「福島巧者を探せ 小倉実績でラブフール( ゚ー゚)」自信度B 2
 5歳馬が6頭で残りの10頭が4歳馬。昨年は震災の影響で福島競馬が開催されず、福島を経験しているのは2頭のみ。どのコースでも得意・不得意はあるが、福島は特にこの傾向が強く、近況の成績が悪くても福島で一変する馬を良く見かける。そういう馬を探し出すのが的中への近道かと。

 福島に似ているコースといえば小倉。これを重視して本命はラブフール。小倉は3回走って【1110】とすべて複勝圏内。500万勝ちが札幌で、前走の1000万勝ちが中山と小回りコースが向いていないわけはない。1000万を勝ったばかりの馬を重賞にぶつけてくるのは好調を示していること。関西馬が福島に来るのは、関東の馬が小倉にいくのと同…
nige「直線しぶとく」自信度C 4
福島11R 福島牝馬ステークス(G3)
芝1800m 4歳以上オープン牝 別定

本命は、コスモネモシン
前走はコース条件はよかったがスローになってしまいキレ負け。
今回もペースがポイントとなるが福島1800mで極端なスローになる確率は低いので、内枠でロスなく走り直線しぶとく伸びてくるはず。

対抗は、アカンサス
前走は最内3列目から追走したが苦手なスローからの上がり勝負になってしまい、周りが加速した3角でやや離されたが、直線は差を縮め8着まで。
厳しいペースになれば牡馬相手の1600万下を勝てるし、秋華賞4着できる力はある馬なので、福島である程度のペースで流れれば出番ある。

この2頭以外は特にこの条…
バニーボー自信度D 4
本命はアカンサス。
中山牝馬Sは内枠が災いとなり、終始囲まれてしまったのが敗因。
そもそも秋華賞で4着だし、準OPとはいえ牡馬相手に強い勝ちっぷり。充分狙える位置にある。
対抗はマイネイサベル。
こちらも中山牝馬Sを最内枠ということもあり、押し出されて先行。馬場も悪い位置で走らされて4着なら悲観する内容でもない。
むしろ小回りでも進境見せた、と評価。牝馬同士なら地力で見劣りはしない。できれば良馬場で迎えたいところ。
単穴はメーヴェ。
前走は休み明けで、馬場も最悪だったことに加えてスローな展開で何も出来なかった。叩き2回目で明らかに良化。
牝馬限定戦なら、一発あっても不思議のない出来…
××三面大黒天自信度C 6
毎年荒れているのでどの馬が勝っても不思議ではないのですが、今週からAコースからBコースに変更なので思い切って内枠軽視です。外枠の差し馬から狙います。


◎アスカトップレディ 外目の良い馬場を通りすんなり中段に付けての差し切り期待。

○マイネイザベル 中山で一叩き後の今回。スキップして直行した方が良かったかもしれませんが、ココを使うのであればよっぽど調子が良いのかと思われます。外枠のなので前走のように前に行かなくても後ろから行けそうな点も好感です。

▲ビッグスマイル△メーヴェ 両馬共に決め手があります。差し馬場になると思ってますのではずせません。53㌔で出れることも魅力ですね。

タイム 1:46.1 4F 47.9 3F 35.5
単勝3番300円(1人気)
複勝3番140円(1人気)2番190円(3人気)10番200円(4人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「福島牝馬S 中山牝馬Sの再戦、ローカルコースの鉄則。」
アカンサス3着/2人気
○オールザットジャズ▲コスモネモシン△アスカトップレディ
    
2678
15拍手

3連複 2-3-10番

2,540円的中

★傾向分析★
2007年 タイム 1'46"6 (良) 1FAve=11.84 3FAve=35.53
テン33.8-中盤36.7-上がり36.1 『前傾・中弛み』
1着スプリングドリュー・・・ミシル×ノーザンテースト=ミスプロ×ノーザンテースト 〔12-f〕 11-10
2着フラッグシップ・・・サンデーサイレンス×ディクタス=サンデーサイレンス×ファイントップ 〔23-b〕 4-3
3着ヤマニンメルベイユ・・・メジロマックイーン×サンデーサイレンス=マイバブー×サンデーサイレンス 〔3〕 2-2

2008年 タイム 1'47"1 (良) 1FAve=11.90 3FAve=35.70
テン35.6-中盤35.8-上がり35.7 『一貫』
1着マイネカンナ・・・アグネスタキオン×サッカーボーイ=サンデーサイレンス×ファイントップ 〔10〕 6-7
2着ハロースピード・・・マヤノトップガン×Secretariat=ロベルト×ボールドルーラー 〔9-b〕 13-12
3着ザレマ・・・ダンスインザダーク×Zafonic=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔4-m〕 4-3

2009年 タイム 1'53"7 (不良) 1FAve=12.63 3FAve=37.90
テン38.0-中盤38.5-上がり37.2 『加速・中弛み』
1着ブラボーデイジー・・・クロフネ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔1-n〕 1-1
2着アルコセニョーラ・・・ステイゴールド×モガンボ=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔22-b〕 16-12
3着ヤマニンメルベイユ・・・メジロマックイーン×サンデーサイレンス=マイバブー×サンデーサイレンス 〔3〕 1-2

2010年 タイム 1’48”9 (稍重) 1FAve=12.10 3FAve=36.30
テン35.3-中盤36.9-上がり36.7 『前傾・中弛み』
1着レジネッタ・・・フレンチデピュティ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔4-m〕 7-9
2着ブラボーデイジー・・・クロフネ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔1-n〕 3-2
3着ウェディングフジコ・・・フジキセキ×トニービン=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔2-b〕 4-4

2011年 東日本大震災の影響で、新潟芝1800mにて代替のため、参考外。

 流れは基本的には『前傾』。福島芝コースは小回りコースということもあり、本来不利なはずの前につけた馬がよく好走しています。「ローカルコースの鉄則」が活きると思われる。
『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎

 追込も決まることはありますが、差し-差しの決着は少なく、先行-差しの組み合わせが基本。

 血統の傾向は、ここ数年サンデーサイレンス系×欧州スタミナ型血統の配合馬の好走が多いです。サンデーサイレンス系は、ステイゴールドやダンスインザダークなどスタミナ型サンデーサイレンス系に向き、アグネスタキオンやフジキセキといったスピード型サンデーサイレンス系の場合は母父が欧州スタミナ型血統配合馬が好走。
 欧州スタミナ型血統は、大系統ノーザンダンサー系(=ヴァイスリージェント系・ニジンスキー系・リファール系など)やロベルト系、グレイソヴリン系、菊花賞に強いファイントップ系などの好走が目立つ。
福島の馬場は欧州型に近い馬場になることが多く、スタミナの要る馬場と考えます。

 ステップの傾向は、前走中山牝馬S組が好走多し。好走した馬ばかりでなく、ちょい負け組の反撃が多い傾向。その傾向から、特に先行して好走した馬は崩れにくく、軸には最適と考えます。

 また以前に福島芝コースで好走した実績のある馬の好走も多いのもポイント。 

★予想★
福島牝馬Sのポイントは、
①ローカルコースの鉄則が活きやすく、逃げ・先行有利。
②サンデーサイレンス×欧州スタミナ型血統の配合馬が良く好走する。
③福島実績は重要。

◎アカンサス・・・フジキセキ×Unbridled’s Song=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔4-r〕
 前走中山牝馬S8着(=中山芝1800m:0.8秒差)。福島芝コースは初だが、中山芝コースは(2-2-0-3)と小回り芝コース適性は高く、芝1800m戦は(2-1-0-2)と好走が多い。前走は重馬場に苦戦しての内容で、今回人気が下がるようなら小回りを器用に立ち回れる能力が高い馬にて、反撃が可能と考えて期待して評価する。
 フジキセキ産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、内枠を活かして好位から抜け出すレースが得意。すっと好位を取って折り合い、一瞬のタイミングで馬群を抜けられる器用な脚を持っている。2歳や3歳戦では大きな武器となる。また古馬にてセカンドステージも存在し、勢いのあるうちは連続好走を続ける。母父Unbridled’s Songはミスプロ系だが、ガチンコ勝負になっても怯まない特性をもつ異色のミスプロ系。シングルヒットよりもホームランを狙えるのがアンブライドルド系で、どの産駒もコンスタントに走るわけではない。短距離から中距離までこなし、芝・ダートを問わない。ダートでの先行力や芝で溜めての一瞬の脚に優れたものがある。2歳から走り、3~4歳時が最も充実する。
 No.〔4〕の牝系は、2歳時にも好走は可能だが、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力もあり、さらに3歳秋から古馬にかけて成長力が著しい。またスタミナを活かしての好走が得意。分子記号rは、あらゆる条件を平均的にこなすタイプ。様々な経験が活きやすいタイプでもある。

○オールザットジャズ・・・タニノギムレット×サンデーサイレンス=ロベルト×サンデーサイレンス 〔1-s〕
 前走中山牝馬S2着(=中山芝1800m:0.1秒差)。福島芝コースは初で、芝1800m戦は(3-3-0-0)。新潟芝コースや京都芝コースでの好走が多い馬で、小回りコースは中山芝コースの(0-1-0-0)。小回り適性という面ではやや不安が残るが、近走の勢いから好走可能と考えて、好走に期待して評価する。
 タニノギムレット産駒はロベルト系だが、父母父グレイソヴリン系の影響なのか直線の長いコースとの相性が良い。またロベルト系なので叩き良化型のタイプでもある。長い直線、急坂のないコースで、後方から33秒~34秒台のカミソリの切れ味で差してくる。自分から動くと末脚をなくしてしまうので、展開が向かなければ不発の危険はあるが、嵌った時の能力の高さには期待。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。瞬発力を武器に上がり特化のレースで強く、勢いのあるときには重賞挑戦はプラス要因。
 No.〔1〕の牝系で、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。3歳秋以降は緩やかに成長する。分枝記号sは、立ち回りが上手く、スローの上がり勝負で強い。上級クラスでは展開利が必要。

▲ コスモネモシン・・・ゼンノロブロイ×Singspiel=サンデーサイレンス×サドラーズウェルズ 〔14-c〕
 前走中山牝馬S6着(=中山芝1800m:0.5秒差)。福島芝コースは初だが、中山芝コース(2-1-1-2)と小回り芝コース適性は高く、芝1800m戦は(1-5-1-3)と好走も多い。本馬も前走重馬場に泣いた馬にて、今回の反撃が期待できる馬と考えて、好走に期待する。
 ゼンノロブロイ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、脚を溜めて鋭くキレるタイプが多いサンデーサイレンス系の中で、速いペースを追いかけて前で展開し踏ん張る競馬もこなせる適性の広さが持ち味。フジキセキ+マンハッタンカフェ的な特徴を有し、万能型のイメージ。人気馬がしっかり好走する比較的堅実なタイプが多い。産駒は中山芝コースでの好走が多く、東京芝コースでは3着になることが多いのが特徴で、コーナーワークが上手いということで小回りのローカルコースにも向くと考える。また産駒は道悪で馬場が悪くなっても好走可能なタイプが多く、10年オークス(=稍重)などからも馬場が渋って距離延長なら好走しやすい特徴を有している。母父Singspielはサドラーズウェルズ系で、距離に関係なくハイペースを先行して押し切るスタミナと底力がある。マイル~中距離ではスピードにも優れている。海外では中距離もこなすが、日本では特にマイル重賞を得意とし、淀みなく流れる流れや底力の問われる展開で本領を発揮する。
 No.〔14〕の牝系は、早い時期にも活躍する馬もいるが、総じて晩成型で古馬になって強さを発揮する。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。欧州的な瞬発力を秘めるがゴチャつく展開は苦手。

△アスカトップレディ・・・アドマイヤボス×Shaadi=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔3-d〕
 前走京都牝馬S3着(=京都芝1600m:0.2秒差)。福島芝コースは(1-0-0-0)、芝1800m戦は(2-3-0-2)。京都芝コースや阪神芝コースでの好走が多い馬で、やや小回り適性では割引が必要と思うが、好走が春と秋に集中している馬にて好走に期待できる点、また間隔が開いても好走可能と考えて、好走に期待して評価する。
 アドマイヤボス産駒はサンデーサイレンス系で、アドマイヤベガの全弟。全兄アドマイヤベガ産駒をさらにジリっぽくした感じがあり、芝・ダートとも幅広い距離をこなす。得意なコースや距離での再好走が多いのも特徴で、この点はアドマイヤベガに通じる共通ポイント。母父Shaadiはダンチヒ系で、マイラー血統ながらスタミナ豊富な配合では中距離もこなせる。使われながら成長し、古馬になり本格化もある。間隔を詰めた時は狙い目。
 No.〔3〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富で、東京コースなど広いコースでの好走が多い牝系。分子記号dは、精神的にタフなタイプが多く、遠征や重馬場は苦にしない。また前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持つ。やや間隔は開くが、前走重賞好走にて特性が活かせると考えて期待する。
04/21 02:50

■■■■■■■■■■■■■■■

2017覇者シュヴァルグランが出走! “大魔神”の愛称でお馴染み
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【ジャパンC2019最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

マイルCSはダノンプレミアムから
3連複3200円的中!

スプリンターズSはタワーオブロンドンから
馬連1260円的中!

ローズSはダノンファンタジーから
馬単2300円的中!

太秦Sはヴェンジェンスから
3連複4780円的中!


▼ジャパンC2019最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




軍神マルス

予想歴14年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3473
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧福島牝馬S2012回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴14年 回収率137%
福島牝馬S ヴィクトリアMに向けて①
次走狙い馬:オールザットジャズ 次走狙い馬:アカンサス
     
 
6拍手

2012年 タイム 1’46”1 (良) 1FAve=11.79 3FAve=35.37

ラップ
①12.4-②10.6-③11.0-④12.1-⑤12.1-⑥12.4-⑦12.3-⑧11.5-⑨11.7
1FAveとの誤差
①+0.6 ②-1.2 ③-0.8 ④+0.3 ⑤+0.3 ⑥+0.6 ⑦+0.5 ⑧-0.3 ⑨-0.1
テン34.0-中盤36.6-上がり35.5 『前傾・中弛み』

『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎
『中弛み』・・・逃げ◎ 先行△ 差し× 追込○

1着オールザットジャズ・・・タニノギムレット×サンデーサイレンス=ロベルト×サンデーサイレンス 〔1-s〕 6-4
2着コスモネモシン・・・ゼンノロブロイ×Singspiel=サンデーサイレンス×サドラーズウェルズ 〔14-c〕 13-12
3着アカンサス・・・フジキセキ×Unbridled’s Song=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔4-r〕 13-10

流れは、テン-上がりのラップ差から『前傾』と中盤の弛みから『中弛み』の複合ラップ。展開的には、追込が最も恵まれ、次いで逃げ、先行・差しには厳しい流れと考える。

1着オールザットジャズは、前走中山牝馬S2着(=中山芝1800m:0.1秒差)からの好走。福島芝コースは初で、芝1800m戦は(3-3-0-0)でした。新潟芝コースや京都芝コースでの好走が多い馬で、小回りコースは中山芝コースの(0-1-0-0)。小回り適性という面ではやや不安が残る馬だったが、中山牝馬S上位好走馬はこのレースとは相性が良い傾向から、侮ってはいけない馬だったと反省する。また小回りコースよりも広いコースに向く馬というのは変わらないため、近走の勢いから次走ヴィクトリアMでの好走にも期待する。
 タニノギムレット産駒はロベルト系だが、父母父グレイソヴリン系の影響なのか直線の長いコースとの相性が良い。またロベルト系なので叩き良化型のタイプでもある。長い直線、急坂のないコースで、後方から33秒~34秒台のカミソリの切れ味で差してくる。自分から動くと末脚をなくしてしまうので、展開が向かなければ不発の危険はあるが、嵌った時の能力の高さには期待。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。瞬発力を武器に上がり特化のレースで強く、勢いのあるときには重賞挑戦はプラス要因。
 No.〔1〕の牝系で、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。3歳秋以降は緩やかに成長する。分枝記号sは、立ち回りが上手く、スローの上がり勝負で強い。上級クラスでは展開利が必要。

2着コスモネモシンは、前走中山牝馬S6着(=中山芝1800m:0.5秒差)からの好走。福島芝コースは初だが、中山芝コース(2-1-1-2)と小回り芝コース適性は高く、芝1800m戦は(1-5-1-3)と好走も多い馬でした。本馬も前走重馬場に泣いた馬にて、今回の反撃が期待できる馬と考えて好走に期待し、結果2着好走。本馬は小回りコースのスペシャリストのようで、広いコースでは割引は必要となるので、次走ヴィクトリアMでは良くて連下候補の一頭といった評価が妥当と思われる。
 ゼンノロブロイ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、脚を溜めて鋭くキレるタイプが多いサンデーサイレンス系の中で、速いペースを追いかけて前で展開し踏ん張る競馬もこなせる適性の広さが持ち味。フジキセキ+マンハッタンカフェ的な特徴を有し、万能型のイメージ。人気馬がしっかり好走する比較的堅実なタイプが多い。産駒は中山芝コースでの好走が多く、東京芝コースでは3着になることが多いのが特徴で、コーナーワークが上手いということで小回りのローカルコースにも向くと考える。また産駒は道悪で馬場が悪くなっても好走可能なタイプが多く、10年オークス(=稍重)などからも馬場が渋って距離延長なら好走しやすい特徴を有している。母父Singspielはサドラーズウェルズ系で、距離に関係なくハイペースを先行して押し切るスタミナと底力がある。マイル~中距離ではスピードにも優れている。海外では中距離もこなすが、日本では特にマイル重賞を得意とし、淀みなく流れる流れや底力の問われる展開で本領を発揮する。
 No.〔14〕の牝系は、早い時期にも活躍する馬もいるが、総じて晩成型で古馬になって強さを発揮する。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。欧州的な瞬発力を秘めるがゴチャつく展開は苦手。

3着アカンサスは、前走中山牝馬S8着(=中山芝1800m:0.8秒差)からの好走。福島芝コースは初だが、中山芝コースは(2-2-0-3)と小回り芝コース適性は高く、芝1800m戦は(2-1-0-2)と好走が多い馬でした。前走は重馬場に苦戦しての内容で、今回人気が下がるようなら小回りを器用に立ち回れる能力が高い馬にて、反撃が可能と考えて期待して評価し、結果3着。小回り適性の高い馬だが、ヴィクトリアMでは07年1着コイウタ・08年1着エイジアンウインズと2年連続して好走馬を輩出した血統でもあり、本馬もイン突きができる伏兵タイプ。次走でも侮れない馬と考えて期待する。
 フジキセキ産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、内枠を活かして好位から抜け出すレースが得意。すっと好位を取って折り合い、一瞬のタイミングで馬群を抜けられる器用な脚を持っている。2歳や3歳戦では大きな武器となる。また古馬にてセカンドステージも存在し、勢いのあるうちは連続好走を続ける。母父Unbridled’s Songはミスプロ系だが、ガチンコ勝負になっても怯まない特性をもつ異色のミスプロ系。シングルヒットよりもホームランを狙えるのがアンブライドルド系で、どの産駒もコンスタントに走るわけではない。短距離から中距離までこなし、芝・ダートを問わない。ダートでの先行力や芝で溜めての一瞬の脚に優れたものがある。2歳から走り、3~4歳時が最も充実する。
 No.〔4〕の牝系は、2歳時にも好走は可能だが、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力もあり、さらに3歳秋から古馬にかけて成長力が著しい。またスタミナを活かしての好走が得意。分子記号rは、あらゆる条件を平均的にこなすタイプ。様々な経験が活きやすいタイプでもある。

福島牝馬Sのポイントは、
①流れは『前傾』になりやすく、小回りローカルコースのため、「ローカルコースの鉄則」(=4コーナー5番手以内の馬が好走多い)が活きやすい。
②サンデーサイレンス系×欧州スタミナ型血統配合馬の好走が多い。
③小回り芝コース適性と芝1800m実績を重視。福島芝コース実績があればなお良い。
④前走中山牝馬S上位好走馬の好走が多い。小回り芝コース適性が乏しくとも、勢いでの好走が可能。中山牝馬Sの結果は最重要で再考すべし。

04/27 02:08 回顧アクセス:2590


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
あみー
11/10 17:14

ラッキーライラックとスミヨン騎手に助けてもらいました<(_ _ )> ここまでスローとは思いもよらず。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

はやと>>

>>はやと


11/14 06:11

@エリザベス女王杯 ありがとうございます。



6
平場戦
◎メイショウカッサイ
○ビアイ
馬単2-14番
1,740円 的中

ヨルゲンセン
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社