11/16 11/17 11/24
11/9 11/10
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【マイルCS2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想東海S2013予想一覧カタストロフィの予想

3連複 6-9-15番:4,430円的中

中京11R 東海S 2013年1月20日(日)
ダ1800 4歳上GII 晴良 平均レースレベル4.0

87654321枠番
16151413121110987654321馬番





















































































































馬名



牡4牡5 牡5 牝6 牡6 牡6 牡5牡7 牡6 牡7牡4 牡4 牡6 牡8 牡6 牡6性齢
5557 56 54 56 56 5656 56 5655 56 56 56 56 57斤量
























騎手
単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

まじん

index

BC爺

クライスト

編集長おく「ホッコータルマエに死角はないが…」自信度C 0
ソリタリーキング
これはサウスポーではないかと見ている。ブリリアントSのときなどはグランドシチーに5馬身の差をつける圧勝。はまれば強い。
メダリアビートまで前に行くとのことだから、前はかなり速くなりそう。差せる流れなら。


○ホッコータルマエ
斤量面で非常に有利。
前走で引き離したフリソからさらに3キロももらえるし、
JCDでグレープブランデーを負かしたときからも1キロさらに有利。
1800は得意で左回りも得意で、死角なしか。唯一あるとしたら中京コースで以前に着外に敗れていることくらいか。


◎グラッツィア
https://www.youtube.com/watch?v=Mzuwl8SVofU
2歳のデビューのときから素晴…
絶対の本命「直感勝負!」自信度A 1
◎ヤマニンキングリー
時間がなくて直感勝負です。45分発走だと思ったら25分発走でした

買い目

なし

馬券購入の際は個人の責任でお願いいたします
××ポンティ★「東海S」自信度C 0
アイファーソングの逃げ残りに期待。
前走惨敗で人気をかなり落としている。
中京ダートは前にいっていた方が有利だし、
すんなり逃がしてもらえれば逃げきれる。
SKTOM「勝負の一戦グレープブランデー」自信度C 7
グレープブランデーはけが明けで最高のデキ、態勢万全で春のG1の前哨戦に挑む。陣営も気合が入っている。

グランドシチーは一戦一戦力をつけてきた、長い直線は向いており先行馬が多いここは好勝負。

ソリタリーキングは、生粋のサウスポー、一枠で追える浜中なら復活もある。
雨龍泥舟自信度B 0
手違いで予想文が消えてしまった。
簡単に。
A(首位候補)◎ホッコータルマエ、○ハートビートソング
B(入着候補)▲ミラクルレジェンド、△グランドシチー、
        グレープブランナー
X(単穴候補) アイフォーソング、サイレントメロディ

ホッコータルマエはこれから2~3年はダート界を背負って行く逸材。堅頭というよりは堅軸か。馬券なら3連複流しの軸候補。
ハートビートソングを対抗に抜擢。芝の実力馬からダートの鬼へ変身するだろう。
実力馬、ミラクルレジェンド、前走、本命馬に勝っているグランドシチー。復調の兆しがうかがえるウレープブランナーあたりを。

音楽に関係する馬名が目…
イズリント「本番の方がより魅力的」自信度C 9
東海SがフェブラリーSの前哨戦ですか…。2月にでるというウイポ2013はこの番組表に対応しているのだろうか?フェブラリーSの前哨戦なのでダ1800ということなのでしょうが、個人的にはドバイ狙いでダ1900でやってもらいたいところですね。まぁAWは芝よりっていう話ですから1800でフェブラリーの前哨戦で良いですな。平安Sは右回り、東海Sは左回り。これがJRAの狙いですかね?

さて、JRAの発表は以下の通り
------------------------------
17日(木)コース全面に凍結防止剤を散布しました。
15日(火)、16日(水)、18日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。
-------------------------…
BC爺「脱惰性」自信度C 12
AJCCよりはマシですけど、こちらも攻めにくいメンバーです。
○ホッコータルマエは先行力があり、相手なりで崩れませんし、
▲グランドシチーも力をつけてきて安定しています。

ハートビートソングは初の1800で揉まれると怪しく、
グレープブランデーはこれと言って強調点がなく、
人気馬で切るならこのあたりですけど、あまり自信はないです。

それでも少し攻めるなら◎ナムラタイタンのローテが魅力。
基本的には波が少なく、毎回惰性で走っている印象があります。
ただ、東京大賞典で積極的に動いたことで闘志に火がついていれば、
距離短縮に反応して差してくる可能性があります。…

タイム 1:51.0 4F 50.6 3F 38.2
単勝15番660円(4人気)
複勝15番200円(3人気)9番410円(7人気)6番130円(1人気)

カタストロフィ<10期 西前頭二枚目>
東海S2013予想
ホッコータルマエ3着/1人気
○ミラクルレジェンド▲グレープブランデー△ナムラタイタン
    
2690
12拍手

3連複 6-9-15番

4,430円的中

【予想】
展開は逃げ馬がかなり揃った印象で、恐らくアイファーソングがハナを窺う。そこにタカオノボルやバックトゥジエースらが絡んで行って、これを2列目内ポケットで見ながらの競馬でホッコータルマエ、その外ぐらいにグレープブランデーがつける。前半が速くなりそうだし、3角からは下り坂になるので前掛かりの競馬dえかなりポテンシャルが問われそうな印象。


鉄ホッコータルマエは総合力ではここでは抜けた存在。すっと前目につけられるポジショニング能力、ハイペースを追走して余力がある基礎スピードの高さ、ある程度のトップスピードは揃っているので基本的にはどんなペースには対応できる。負けパターンはJDDのように緩急が有ったところで進路なく要所で置かれると言った形が多く、総合力は高いがギアチェンジ能力だけはちょっと足りないと思う。その点で中京1800なら要所に下り坂があるわけで、この馬の弱点を補完できるうえで今回先行レベルも高くペース自体もそれなりに上がってくるだろう。JCDでは12.6 - 12.6 - 11.6 - 12.2のラップ推移、平均ペースより少し早い流れで楽に番手、そこから要所のギアチェンジ能力とポテンシャルではニホンピロアワーズに完敗したものの、差された相手はこれとワンダーアキュートだけ。厳しい競馬になればなるほどこの馬の持ち味である基礎スピードとポテンシャルが活きてくるし、今回はJCDの相手から考えれば1枚落ちる。フェアウェルSではグランドシチーに完敗だったが、あれはアイファーソングがかなりグダグダなラップを刻んで12.3 - 11.8 - 12.7 - 13.1 - 12.6と3角ぐらいでばててしまい、交わすに交わせずこの減速ラップに合せてしまった間にグランドシチーが11.8のところでエンジンをかけ、12.7-13.1のところで楽に差を詰めてこれたというだけ。ペースが緩まずに押し上げるポイントを作らせなければ怖くない。


〇ミラクルレジェンドは完全なポテンシャルタイプで、一昨年のJCDで見せたように、要所のギアチェンジが問われるところで置かれてそのままジリジリというケースが多い。前走もこの馬自身は上り36.8の脚を使ってジリジリとは伸びてきているのだが、そこまで厳しいラップにならなかったという点で圏内まで食い込めなかった形。トップスピードやギアチェンジが見劣る馬なので中京の3角からのスパートは良さそうで、緩急の無い競馬になれば浮上してくる。JCDの内容からもナムラタイタンより上位に取りたいが。


▲グレープブランデーも前走JCDを評価。好位の外目で競馬して12.3 - 12.6 - 12.6 - 11.6 - 12.2のラップ推移、3角の地点で積極的に仕掛けて4角で押し上げていったものの直線入りで少し離される形。それでも最後までばてていないので敗因はギアチェンジにあるはず。みやこSでも平均ペースで終始外々を立ち回っても0.4差なのだから、力差はそうはない。この馬は平均ペース向きのポテンシャルタイプなので、今回ホッコータルマエが目標になって前もそれなりに引っ張る競馬ならこの馬の持ち味は活きてくる。中京1800mで下り坂からのロンスパ戦。条件良化。


△ナムラタイタンは一応押さえ。正直1800mは長いと思うけど、今回はポテンシャル勝負にシフトしそうなので、この馬はまだそこで底を見せていないという点では大きい。ただJCDは通った場所を考えるとミラクルレジェンドよりは評価できない。この馬の場合はゲート次第でもあるので、中団より少し前で競馬できれば。



グランドシチーは前述のとおり、前走は前が勝手に緩めてくれたので要所で脚を使わずに差を詰められただけなので、スピード面でまだ不安が大きい。この馬は現時点では2000m以上に良さがあると思う。エルムSのように平均ペースを刻まれると最後は足を使ってくれるけど、位置取りが悪すぎてという形になりそう。
【展望】
 今年最初のダート重賞は東海S。今年からようやく名前通り中京競馬場に戻ってきたのだが距離は1800mと中距離競馬となった。ただ、この時期のダート重賞でフェブラリーSをにらんでの前哨戦では初めてGIIレースということになり、そこを狙って好メンバーが集まった。今年のダート戦線の中心を担いそうなJCD3着馬を筆頭に、完全復活した貧弱5歳世代の砦、古豪には中距離路線で目途を立てた実力馬、牡馬と互角以上に戦える牝馬、楽にハナを切らせると怖い馬など、馬券的にもかなり面白い要素が揃っている。中京1800mのコースでどういうレースが繰り広げられるか。


 中心は明け4歳になって飛躍を誓いたいホッコータルマエ。必勝を期した前走フェアウェルSではグランドシチーの奇襲を食らった形で2着に屈した。ただ、このレースはアイファーソングが刻んだレースで12.3 - 11.8 - 12.7 - 13.1 - 12.6とL1加速戦。というよりも、4角でアイファーがばててホッコーが目標をなくして抜け出すタイミングが早くなり、1頭になったところに道中足を溜めて外から勢いをつけてきたグランドシチーに馬体を離されて一気に差し切られた形。確かに伸び負けはしていたが、前半が早いペース、中弛みが有ってL4最速戦と逃げ先行馬にはかなり苦しい競馬を強いられながらも崩れないどころか3着以下は完封の内容。グランドシチーは平均的に走ったことで道中の緩みやL4最速の流れを完全に追い風にとっていただけに激走とみていいだろう。ただ、この馬の持ち味は圧倒的な総合力にあるが、これと言って抜けた武器はない。基礎スピード、ポジショニング、トップスピード、ポテンシャルは高く、ギアチェンジもまずまず。ただいずれもスペシャリスト達には及ばないので、勝ちに甘いという印象だ。JCDでは12.3 - 12.6 - 12.6 - 11.6 - 12.2のラップ推移で平均ペース、本格化したニホンピロアワーズの目標にされ楽々突き放されてしまった。みやこSではハイペースから12.1 - 12.2 - 12.5 - 12.5 - 12.5のラップ推移。内をロスなく立ち回ったが、ここではローマンレジェンドのポテンシャルに負け、ニホンピロアワーズにも先着を許した。まだ明け4歳なので成長力は期待できるのだが、現時点では少なくともニホンピロアワーズに1800mで勝てる可能性はかなり低いだろう。今回はその強敵はおらず、相手も骨っぽいが総合力、特にポジショニングが重要になってくる中京1800mではあるので、この馬としては良い条件だと言える。基礎スピードも高いが、多少緩んでも対応できるのは青梅賞で証明済み。ギアチェンジは上位に見劣るが、それも要所が下り坂の中京1800ならよりスムーズに運べるだろう。ここはフェブラリーSへ向けて是が非でも落とせない一戦。好勝負は当然期待できるのだが、しっかりと勝ち切れるかどうかが焦点だろう。


 相手筆頭には牝馬のミラクルレジェンドを抜擢。今回骨っぽい相手が多いとはいえ、JCDで戦ってきたローマンレジェンドやワンダーアキュート級の実力馬となると、中心のホッコータルマエぐらい。後は長所が嵌れば怖い馬は多数いても、ポテンシャル勝負に持ち込めれば互角以上に戦える馬たちばかりともいえる。中央ではなかなか走っていないので判断が難しいのだが、トランセンドが勝った一昨年のJCDでは平均ペースで12.7 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 13.2のラップ推移、後方で競馬も前列が壁で加速できずにポジションを下げて直線を向く。その分序盤は脚色見劣ったがL1でしぶとく盛り返してくると最後は一番の脚で5着まで食い込んだ。昨年ニホンピロアワーズが完勝したJCDでは平均ペースだが前年ほどL1が落ち込まない流れ。12.3 - 12.6 - 12.6 - 11.6 - 12.2のラップ推移で要所で置かれてしまい、そのままL1でも前年ほど差し込めなかった形。レースレベルが高かったこともあるだろうが、やはり課題はギアチェンジ能力が低いところだろう。要所ですっと動けない分、L2の速度がそれなりに問われ、大きな下り坂がない阪神では苦戦している印象。逆に小回りでコーナリングが問われる新潟1800のレパードSでは12.3 - 12.8 - 13.2 - 12.4 - 12.9の流れ、コーナーで緩んだところで上手く馬群にスペースができた内を突いて押し上げていき、差を詰め加速して直線を迎えている。そのせいもあって直線序盤でも置かれずにしっかり追走し、持ち味のL1の落ち込みで差し切っている。また関越Sではハイペースを好位追走、12.0 - 12.3 - 12.6 - 12.9 - 12.4のラップ推移で、単騎の4番手でコーナーで押して押して、直線序盤で捕えると最後までどの馬よりもいい脚を使っての完勝。これを見ても、確実にポテンシャルタイプでスピードに乗せてそれを維持するタイプ。それだけに下り坂の中京1800はギアチェンジ能力の無さをカバーできるという点で実に面白い。ただ中京自体は現時点では比較的前有利のコースでもあるので、逃げ先行馬のペース次第という依存はある。それでもポテンシャル勝負に偏ればここで最上位の馬であることは確かだろう。


 3番手には阪神2000のシリウスS勝ち馬、中京でどうかのヤマニンキングリー。この馬はシリウスSの勝ちからもわかるように、基本的には中弛みが有って、要所での動きだし、ギアチェンジ能力とトップスピードの高さが武器のダートステイヤータイプ。昨年のシリウスS2着では前年よりもロンスパにシフトし、12.2 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 12.7のラップ推移で4角やはりいい脚を使い抜け出したところに最後はポテンシャル型のナイスミーチューに差されてしまった形。一昨年勝利のシリウスSはこれよりトップスピードにシフトした競馬で13.1 - 12.8 - 12.1 - 11.7 - 12.8のラップ推移で番手から4角で抜け出してそのまま圧勝。2着のキングスエンブレムも阪神2000巧者なのだがこれを千切った当時のインパクトは相当のものだった。ただ、この馬の場合は阪神2000特有の芝スタートと2角付近の中弛みが合っている印象であり、実際それ以外のコースでは実績を残せていない。ただ同時にそれ以外のコースでは全て前傾ラップの厳しい競馬になっており、ステイヤー型ということからもそういった基礎スピードの高さがとわれるレース適性がなかったともいえる。もう一つの課題だったダートスタートでのポジショニングに関してはエルムSで一応克服しているが、競馬の形からもやはり序盤のポジションが重要になってくるだろう。一昨年のJCDでは12.7 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 13.2のラップ推移で後方からコーナー最速地点で大外をぶん回すかなりロスがある競馬をしながら崩れておらず、平均ペースまでなら対応できそう。エルムSの1700mはペースからも明らかに基礎スピード不足なので、そこまで極端にペースが上がらない中京1800ですっと好位を確保できるようであれば怖い存在だ。スローになってくればトップスピードの高さは活きてくる。相手関係は強力でこの馬自身もポテンシャル面では苦しい部分もあるので、ミラクルレジェンドとは別の方向性で勝ち切るには展開の恩恵は欲しい。ただ、勝ち切るだけの武器は持っている。


 4番手にはJCD5着で地力を証明グレープブランデー。この馬の本質は恐らく阿蘇Sのパフォーマンスだろう。道悪馬場で時計が出るスピード戦。11.9 - 11.7 - 11.7 - 11.8 - 12.5のラップ推移で番手外からこれを追走してコーナーでは手応えはそれほど良くなかったが、そこからがしぶとく手応え以上の伸び脚で突き抜けての圧勝となった。またみやこSでは58kgを背負い、外枠から12.1 - 12.2 - 12.5 - 12.5 - 12.5のラップ推移。前傾ラップで終始外を回される競馬で、上位のほとんどが内を立ち回る競馬。それでも一旦はローマンレジェンドを閉めて見せ場を作ったように、この馬には高い基礎スピードとポテンシャルがある。反面でそれを引き出すまでに時間がかかる印象で、要所で置かれることが多々ある。JCDでも12.3 - 12.6 - 12.6 - 11.6 - 12.2のラップ推移でルメールが上手く緩い地点で外から押し上げていたのだが、L2の直線入りで内のホッコー、ニホンピロにあっさり出し抜かれてしまう。そこから最後は伸び負けしたし完敗ではあったが、この馬の場合はスピードに乗せて維持させるポテンシャルタイプだろう。ただ同じポテンシャルタイプとしては、まだローマンレジェンドやワンダーアキュートと言った強敵には少し届かない印象で、器用さも足りない。ここでも好勝負できる存在ではあると思うが、乗り方は問われるだろう。


 穴どころからは完全復活のタカオノボル。3歳時にレパードS2着の実績が有りながらも長く暗いトンネルを経験し、前走でようやく完全復活。レパードSは2着にはなったものの、ボレアス含めこの世代のダートレベルはかなり低く、これ自体があまり評価されるということはない。ただ、新潟によくありがちな小回りで13.2 - 12.4 - 12.8 - 11.9 - 12.7と4角での加速が問われる競馬になって2列目内で包まれスペースなく、外から緩い地点で押し上げて加速しきっていたボレアスに序盤で楽に出し抜かれる競馬。そこからL1のバテで進路確保しばてずに伸びていて、完全に勝負所での差が出たという内容。力負けではなかった。前走は初夢賞、準OPではあったがかなりハイレベルな一戦で、その中で、平均ペースから12.3 - 12.5 - 12.4 - 12.0 - 12.3のラップ推移で2列目内ポケット。そこから先に抜け出したメーデイアをL1でしっかり捕える完勝の内容。要所での動き出しはそこまででもないが平均ペースを楽に追走してそこからしっかりと抜け出せる脚は魅力。これまで不調時はハイペースを追走して沈んでいく形が多かったのだが、前走で無理せずに序盤楽に運んだこともあって終いしっかり伸ばせた形で、もう少し道中楽に進め、要所でしっかり加速して進めてあげた方がこの馬には良いのかもしれない。本質的にはもう少し距離が長い方がと思わなくはないが、前走は高いパフォーマンスでここも通用していい。


 ソリタリーキングが壁に阻まれたここ2走から再び上昇気流に乗せられるか。JBCクラシックでは向こう正面で早めに捲った形となったが結果的にポテンシャル不足で最後は失速。JCDではポジションも悪く、要所でも動けず最後も伸びずと良いところがなかった。逆に連勝中を紐解くと、東海S勝ちでは京都1900らしい中弛みがあり前後半が速いレース、12.9 - 12.3 - 12.0 - 11.9 - 12.6のラップ推移で2列目の中。3~4角でニホンピロアワーズの後ろにつけて直線で測ったようにそれを差す競馬。長距離のニホンピロアワーズに勝ち切っている点はかなり評価ができるし、3~5着まで実力馬揃い。また、ブリリアントSで12.1 - 12.3 - 12.6 - 12.2 - 12.8のラップ推移で好位からグランドシチー以下をぶっちぎっているように、そもそもこの馬の適性距離は2000前後にあると思われる。JBCクラシックの惨敗は解せないがこれまでのパフォーマンスだけなら決して上位と比較しても見劣るものではない。今回は中京1800で下りからのロンスパ戦は十分にあり得る。ただ同時に1800mの距離でこのメンツだと前につけられるかどうかも重要になってくる。


 サイレントメロディも重賞馬、チャンスは十分にあるだろう。ただ、エルムSの惨敗や東海S、日本テレビ盃では共にソリタリーキングに敗れているわけで、現実的に考えるとここでは1歩劣る。ただ、重馬場マーチSのパフォーマンスは多少嵌ったとはいえなかなかのもので、12.2 - 12.0 - 12.5 - 12.4 - 12.7のロンスパ戦で後方からしっかり伸びきっての勝利。道悪巧者で、軽い馬場でこういった平均的なスピード持続戦になってくるとここでも戦えるだけのものは見せている。東海Sでも中弛みが有って12.9 - 12.3 - 12.0 - 11.9 - 12.6のラップ推移。比較的トップスピードが問われた競馬でもあるので、中京1800ならもう少し後半も平均的な競馬になってくればL1の落ち込みで最後もう少し詰めてきてもというところはある。ただそれでもここでは総合力で見劣るので、道中ロスなく進めることと、要所でブレーキをかけずにいかに前を向いて直線に向かえるかがポイント。そのあたりで鞍上のノリはちょっと不気味。


 ナムラタイタンもこの距離に目途を立てたい。完全なポテンシャルタイプで東京1600mでは持ち味を出し切れる反面、ダートスタートだとまずスタートに課題がある。前走は内枠に道悪もあって番手を確保できたが、先行レベルはかなり低いメンツだったわけで、これはあまり参考にならない。今回はそれなりに先行馬も揃っているので、前走同様に2列目で競馬というのはちょっと望めないだろう。それにマーチSは強い競馬だったがポテンシャルタイプの馬なのであそこで同型バーディバーディに先着されている点からも1800mは少し長い。JCDでは後方から内目を通ってジリジリと伸びてきていてポテンシャルタイプらしい競馬ではあったし、東京大賞典でも一応対応しているという所から、今なら1800mでもと思う所はあるが、今回は相手も骨っぽく試金石の一戦だ。個人的にはここでおとなしくしていてもらい本番で狙いたい。


 アイファーソングもハナを切れれば当然怖い。前走フェアウェイSではかなり下手な逃げになって、ラップ推移をみても12.3 - 11.8 - 12.7 - 13.1 - 12.6のラップ推移。もともと序盤3Fが35.8とハイペースだったのに13.2と大きく緩めてから一気にまた加速する苦しいラップを刻んではこれほどつぶれても仕方ない。花園Sでは12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.9 - 12.3と道悪とはいえ淀みなくきれいにラップを刻んでスピード勝負で楽勝しているし、アンタレスS2着では強敵ゴルトブリッツには完敗も12.6 - 12.1 - 12.2 - 12.1 - 13.0と極端には緩めずに脚を出し切っての競馬で2着。基礎スピードが高い馬なので、これを活かして緩急なく飛ばすことが望ましいだろう。マーチSでもフェアウェイS同様の13.2 - 12.2 - 12.0 - 12.5 - 12.4 - 12.7と緩めてのロンスパ戦で崩れているので、川須が好きなエーシンジーライン戦法ともいえる緩めてからのロンスパにこだわることはあまり良くないように感じる。きっちり平均ペースを刻んで行けば能力は持っている馬なので。今回はハナを切れる立場であると同時にホッコータルマエにマークされる立場でもあるので難しい競馬が強いられるが。


 最後にグランドシチーが出てくれば。川崎記念に出るという可能性も高いので、競馬ブックでは注扱い。この馬の場合は基本的にまだ持ち時計が足りない馬で、前走のようにラップに大きな緩急が有って押し上げ所がある競馬は好ましいが、エルムSのように平均ペースを刻まれると力差が出てしまうという印象。この馬も正直距離に関してトップクラス相手だと1800は短いと思うので、平均ペースになった時に自分でどこまで脚を使えるかどうかがポイントになってくる。正直前走こそタルマエには勝てたけど、1800ではまだそこまで強いとは思っていない。



http://blog.livedoor.jp/catassan/
01/20 14:40

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【マイルCS2019最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

スプリンターズSはタワーオブロンドンから
馬連1260円的中!

ローズSはダノンファンタジーから
馬単2300円的中!

太秦Sはヴェンジェンスから
3連複4780円的中!


▼マイルCS2019最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




カタストロフィ

予想歴16年
回収率%
各馬の特徴を見分けつつ、そのレースに問われる要素を展開から弾きだし、その適性を持っていてかつ力関係から基礎能力が高い馬を狙います。 http://blog.livedoor.jp/catassan/ 総拍手獲得数:6132
過去のベスト予想
 AJCC2015

◎クリールカイザー○フェイムゲーム
49拍手

20,860

新着回顧東海S2013回顧一覧カタストロフィの回顧
カタストロフィTM競馬歴16年 回収率%
東海S2013回顧
次走狙い馬:ナムラタイタン 次走狙い馬:グランドシチー
     
 
3拍手

1:51.0  12.6 - 11.0 - 12.4 - 12.2 - 12.2 - 12.4 - 13.0 - 12.5 - 12.7


 中京1800mを考えると前半からかなり速いペース。実際後半は結構落としていて前傾ラップとなっている。下り坂からペースが落ちてしまうほどの流れで完全なポテンシャル特化のレースになったと言える。どこのポジションでもポテンシャルがないとどうにもならなかった。それでもペースを考えれば逃げ先行馬にはかなり苦しい競馬になっていて、下り坂があってこのペースなら差し馬有利になっても良さそうな展開だったともいえる。ただ、このレース、ペースの割には時計が遅い。このメンツでこの展開ならこんなはずはないと思うんだが。500万下でも52秒台を出しているので。どうもまだ中京コースは掴みづらいところがある。序盤ペースが上がりすぎると後半の下り坂でペースアップがしにくくなって効率が良くないのかもしれない。


 1着グレープブランデーは出負けして後方から競馬を進める。早い段階でリカバーして1~2角で外から押し上げて中団まで。道中はペースの緩急もなく中団外を進めてポジションキープで3角。3角で中目、ホッコータルマエを直前に置いて目標に進路を作る。4角で鞭が入り仕掛けて中団で直線。序盤でホッコータルマエが先に抜け出しにかかるが徐々に詰めてくる。L1で一気に伸びてホッコータルマエを楽々交わすと、後は他馬を全く寄せ付けず圧勝。最後は一番いい脚を使っていたように、全く底を見せていないポテンシャルを今回は活かし切れた形。特に出負けした分をリカバーできない淀みないラップで外から終始押し上げざるを得ない展開になりながらも最後まで一番いい脚を使ってきた。1800mのポテンシャル勝負ならGIでも通用するはずです。これまでも最速地点で置かれるケースが目立ったので、中京の下り坂や今回の前傾ラップでギアチェンジを全く問われなかったというのも勝因の一つでしょう。芝スタートさえこなせれば案外東京1600でもやれそうな気がしないでもない。ポテンシャルだけはある程度高いことは分かっていたものの未知数の範囲だった。今回でそれをGI級と証明できたわけなので、今後これを指標に強気の競馬ができるようならニホンピロアワーズとの戦い方も見えてくるような気がする。この最後まで全くばてない脚というのは本当に凄い。序盤ハイペースでこれだけ脚を使ってリカバーしても最後までばてないんだから、後は序盤のポジションさえいい位置を確保して前に常にプレッシャーをかけるような競馬ができれば完全に覚醒するかも。多少ロスが有っても外目の番手で常に前を意識する競馬ができれば今後がかなり楽しみ。ただし、緩くなっていい馬ではないので、安定するかどうかは騎乗次第かな。


 2着ナムラタイタンは五分のスタートから積極的に先行策で2番手を確保。1000通過が60.4とGI級の厳しいペースを番手追走のままで3角。3~4角でも逃げるアイファーソングを楽な手ごたえで内目追走して1馬身差2番手で直線。序盤で楽にアイファーソングを捕えて先頭に立つが、流石にL1で苦しくなってグレープブランデーにはまず交わされる。その後も徐々に後続との差が縮まってくるが何とか凌いで2着確保。う~ん、やっぱり熊沢との相性が悪かったんだな。今回は番手につけられて、そのまま持ち味の基礎スピードとポテンシャルを存分に引き出した形。1800mはちょっと長いと思ったんだけど、基礎スピードとポテンシャルを活かしたハイペースを、積極的に追走できたことで対応してきた。今後も緩んでしまうと総合力で見劣ると思うのでベストは1600mということには変わりないけど、1800mもこういった強気の競馬ができれば十分戦えるということを見せてくれた。序盤のポジショニングもあまり安定しない方なので、今回みたいに上手く前目につけられる騎手なら安定してくると思う。早い話が熊沢を乗せなければ問題ない。本番も適性的にかなり楽しみになった。


 3着ホッコータルマエはまずまずのスタートから出鞭を軽く入れて先行策。ただ、2列目が激化したので怯んで3列目の好位内ポケットに下げる形。道中2列目から少し離されて、一つ外に持ち出して3角手前で少し押し上げていく形。3角で中目必死に追われて追走、4角でも前との差はそう詰められずにジリジリと押し上げて2列目3馬身差ほどで直線。序盤で中目からジリジリとは伸びてくるがあくまでジリジリ。すぐにグレープブランデーに交わされると、最後までジリジリとばてずに食い込んできたものの前のナムラは捕えきれずに半馬身差の3着となった。ん~総合力が高いタイプだけに、こういった特化戦になってしまうと苦しかった。それでも3着にきているのでやっぱり総合力は高い。今回はポジショニングの高さを活かせない競馬になってしまった。本来ならあの段階で2番手を確保できる形だったのが、今回は外から2列目争いがかなり激しくなってしまった。結果論だけど勝ち負けを考えるならここで一気に引いて前との差を作ってしまったのが痛かったと思う。みやこSを見てもハイペース適性はそれなりにはある馬なので、ナムラタイタンの位置を確保できていればもう少し違ったように感じる。まあ早めに抜け出すと油断する癖がある馬なのでこの辺は難しいところかもしれないけど。この馬の総合力を活かすには平均ペースがベストなんだろう。ハイペースもスローペースも対応できるけど、特化戦だと特化型に負けてしまう。しかし賞金が加算できなかったのはかなり痛い。地方交流重賞さえ出れればどんどん勝っていけそうなだけに。ただ今回は展開面を考えてもグレープブランデーにはどう競馬しても厳しかったとは思うなあ。


 4着ソリタリーキングは好スタートからある程度積極的に出して行って中団で競馬を進める。道中は前にホッコータルマエ、外に勝ち馬グレープブランデーの位置で中団キープのまま3角。3~4角でも内目を追走するがポジションを上げられずに後続が先に仕掛ける形で後方に吸収されて直線。序盤から前にいたグレープブランデーが突き抜けて進路はあったのでここを通ってじわっと伸びてくる。L1でもジリジリとは来ていたが詰め切れずの4着。まあ、これを見る限り多少は良くなっているのかなという気はします。それでもこの展開で終始ロスなく競馬が出来ていたのにL1の伸びが少し足りなかった。これまでの実績からも後半のトップスピードが問われる競馬のL1で伸びてきている馬なので、前半からペースが上がると苦しいのかもしれない。展開的には恵まれた部分が多いので、これで4着で即復活と考えるのはちょっと疑問が残る内容。1900以上で序盤の基礎スピードが問われない舞台が良いんじゃないかなあ。


 5着グランドシチーはまずまずのスタートだったが後方に下げる競馬。1~2角をロスなく進めて向こう正面。3角手前ぐらいから仕掛けられる。3角で内目追走、4角で大外に持ち出して行って後方で直線。序盤で下り坂で勢いに乗ったままに伸びを見せると、L1でグンと差をつめかける。ただここで内にササってしまい、立て直したがそこからはジリジリで圏内まで届かずの5着に終わった。ん~最後のヨレがなければという内容。2着はあってもおかしくなかった脚色だったなあ。もちろんそれだけ余力がなかったともいえなくもないんだけど。ただ今回ハイペースで最後方に近い位置だったとはいえ、時計勝負で対応してきた点は評価しないといけない。ただやっぱり序盤のポジショニングの悪さはネックで、今回は3Fから減速する流れだったので良かったけど、平均的な競馬になると苦しかったかもしれない。


 7着ハートビートソングは五分のスタートからある程度押されるが先行争いで苦戦し中団で無理なく競馬する。道中で外に持ち出して3角。3~4角で外々をぶん回して押し上げようとするも押し上げられずにコーナーワークで後方集団で直線。序盤でジリジリ、最後も伸びなくジリジリの7着完敗。内枠にいたのに要所で外に持ち出してでは。3~4角でペースも少し緩んでいく流れだったとはいえ、終始外々では苦しい。展開的にもロスなく進めたいところだったので、着差を考えると騎乗次第では3着争いの中には加われたかもなあ。ホント藤岡は無駄に外をまわしたがるなあ。ただポテンシャルの高さをベテルギウスSのロンスパ戦で見せていたことを考えると、この展開で外をまわしたとはいえ最後は伸びを欠いたというのなら、力も少し足りなかった。現状で1800mのポテンシャル勝負だとどうかな。中弛みがあった方が良いという点でも、もう少し距離は必要かも。


 13着サイレントメロディは五分のスタートから無理せず最後方からの競馬。ただ序盤からかなり離されてしまい、ポツン状態。そのまま3角まで。3~4角でも最内を通しても最後方で直線。序盤でばてきった馬を交わすだけの内容。序盤のポジショニングがあまりにも酷かった。ただ上りは37.5だからロスなく運んでこれで勝負どうこうはハナから厳しい状態だったんだろうとは思う。いずれにせよここを叩いて次走どこまでという感じ。もう一戦ぐらいは様子見ないとちと厳しいかなあ。タフな良馬場が良くなかったのかもしれない。叩いて道悪なら少し前進があってもという所。



http://blog.livedoor.jp/catassan/archives/6883244.html

01/24 17:40 回顧アクセス:2491

コメント9件

sun 2013年01月19日19時13分
ポジショニングが重要な中京というのは前にいったほうがいいという意味ですか?
一年くらい競馬をみてない時期があり、新装中京の傾向がわからないんです。
直線も長く坂もあるので差しが有利になってるのかと思っていました

編集長おくりばんと 2013年01月20日00時24分
新装中京ダートは当初かなり前有利だったと思います
今はよくわかりません…

カタストロフィ 2013年01月20日14時03分
>sunさん、おくりばんとさん
コメントありがとうございます。

新中京は今の所一言で言えばダートは前残り、芝は外差というイメージですね。3~4角で結構大きな下り坂があるので、ダートの場合そこで捲っても逃げ馬がそれに対応してペースを上げられるので、外を回して勝ちに行くのはかなり難しいです。

芝でも外差は利きますが、3~4角で捲ると苦しくなる馬が多く、上位に来る馬はズブズブのポテンシャルタイプが多いですね。3~4角で動かずに加速の流れに乗って行って直線だけでも勝負になるというイメージです。

sun 2013年01月20日15時38分
返信ありがとうございます。新装中京の傾向はつかめていなかったので勉強になります。

編集長おくりばんと 2013年01月20日15時46分
素晴らしい予想でした! ミラクルレジェンドも内の苦しい位置から惜しいところまで追い上げていましたので

カタストロフィ 2013年01月20日15時53分
>sunさん、おくりばんとさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

展開読みが当たってポテンシャル優先だったのが嵌ったのもありますね。全部人気で自分でもビックリですが。グレープブランデーはともかくナムラタイタンも人気してて…。ホッコータルマエにとってはちょっと位置取りが悪くなって苦労しましたが、よく3着に粘ってくれました。想像以上に厳しい競馬でこれだけがちょっと読み外れ。頑張ってくれて助かりました。レース前からアツいレースだったので何とか的中できてよかった。

編集長おくりばんと 2013年01月20日16時05分
芝はポテンシャルタイプ、というのは納得でした!
僕もからいうと、単純に大飛びの良い格好で走る馬が浮上しやすいと感じていたので

ただ、ズブズブの、の意味するところはよくわかりませんでした…

カタストロフィ 2013年01月20日16時25分
>おくりばんとさん

ズブズブのというのは、加速に手間取って脚を出し切れないような馬のことですね。スマートギアとかダンツホウテイとか、ああいったタイプの馬が下り坂で勢いに乗って最後まで脚を使い続けるイメージですね。スマートギアが勝ち切れるコースと考えれば一番わかりやすいと思います。ゴールドシップとか中京良さそうですけどねえ。ゴールドシップなら3~4角で外から捲っても最後まで脚を使って突き放しそうです。

編集長おくりばんと 2013年01月20日16時27分
なるほど!やはり基本的には大飛びな分加速が鈍い馬ということかもしれませんね
より直線が長い東京や新潟よりもそういう傾向強い感じですね


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
あみー
11/10 17:14

ラッキーライラックとスミヨン騎手に助けてもらいました<(_ _ )> ここまでスローとは思いもよらず。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>はやと


11/10 21:36

@エリザベス女王杯 4着までズバリはお見事です!



14
エリザベス女王杯
◎ラヴズオンリーユー
○ラッキーライラック
三連複2-6-11番
4,060円 的中

はやと
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社