7/27 7/28
7/20 7/21
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【中京記念2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想スプリンターズS2013予想一覧軍神マルスの予想

馬単 10-7番:530円的中

中山11R スプリンターズS 2013年9月29日(日)
芝外1200 3歳上GI 晴良 平均レースレベル4.8

87654321枠番
16151413121110987654321馬番













































































































馬名



牡7 牡6 牡3 牡5 牡8 牡5牡5 牡4 牡6牡4 牡6牡6 牡7 牝5 牝5 牡5性齢
57 57 55 57 57 5757 57 5757 5757 57 55 55 57斤量


























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

予想屋マス

道楽おやじ

radia

クライスト

××編集長おく「差し馬の競馬と決め打ち」自信度C 10
ハクサンムーンとフォーエバーマーク
どちらがハナを切るだろうか、、
スタートがいいのはフォーエバーマークだが、二の足が速いのはハクサンムーンで、
枠によっても難しいところ。
ハクサンムーンに途中から来られて引っ込みがつかなくなって激流という可能性もあり、
2頭にとっては良いことはなさそう。

ハクサンムーンとロードカナロアは今度は2キロ差がなくなるし、
展開的にも、
また馬場的にも今年の中山は差しやすい感じで、
普通なら逆転は容易だろう。

穴を狙うなら、
岩田騎手もハクサンムーンを意識して早めに潰しにいったときに、
さらに後ろから差されるパターン。
昨年のエピセアロームのよ…
××index「◎1着は超鉄板(不安なんて無)」自信度S 18
▼前年勝ち馬が次年も出走した時の成績


【①のパターン】
90年勝ち馬バンブーメモリー・・・・→次年不出
91年勝ち馬ダイイチルビー・・・・・→次年不出
94年勝ち馬サクラバクシンオー・・・→次年不出
01年勝ち馬トロットスター・・・・・→次年不出
06年勝ち馬テイクオーバーターゲット→次年不出
07年勝ち馬アストンマーチャン・・・→次年不出
08年勝ち馬スリープレスナイト・・・→次年不出
10年勝ち馬ウルトラファンタジー・・→次年不出

【②のパターン】
95年勝ち馬ヒシアケボノ・・・・・・→次年④着(撃沈)
96年勝ち馬フラワーパーク・・・・・→次年④着(撃沈)
98年勝ち馬マイネル…
711自信度C 4
 7-ω-) 第47回スプリンターズステークス(G1)の予想UPします。

◎ロードカナロア
昨年のスプリンターズSではレコード勝ち。今年の春はマイルG1との2階級制覇を達成。この距離では歴史的実績を誇る名馬。昨年と同じローテーションで、連覇を果たす可能性はかなり高いと見ている。

○サクラゴスペル
 高松宮記念でロードカナロアの4着に敗れたが、0.3の着差であり、中山1200は重賞勝ちを含め、2戦して2勝。今回はプレッシャーもかからない一戦であり、能力を出せればG1でも十分通用する。

▲フォーエバーマーク
 同型ハクサンムーンの出方は気になるが、2番枠からの徹底逃げを宣言しており、スタートさえ…
サニーのす「差し馬を買いたくなりすぎる」自信度C 4
◎ロードカナロア
○アドマイヤセプター
▲サドンストーム
展開としてはハクサンムーンとフォーエバーマークの逃げ争いになるのでしょう。
ロードカナロアはそれを見ながらで、前走のように前を残してはいけないから早めに捉えにかかるはず。
そうなれば捕まえられた前2頭ではなく差し馬を買いたくなる。

と誰もが考えそうなものだがハクサンムーンが思った以上に売れている。この考え方は穴党的な思考なのだろうか。ロードカナロアはマイルのG1を使った後の休み明けのスプリント戦だったから前走は多少の戸惑いがあったはずで叩いた上積みが望めるけど、ハクサンムーンは夏も使っているしこれ以上どうパフォーマンスを…
カタストロ自信度C 3
【展開予想】
 展開の前にまず馬場状態。改めて去年のスプリンターズSの同日とラップを比較してみたが去年はかなり異常だった。かなり時計が出ているのにL1最速だったり、普通に1000万下でで1:07.6出たりとイカレタ馬場状態だった。個人的には昨年のスプリンターズSは特殊な馬場下でのレースだったと確定していいと思っている。それと比べると、土曜の中山の馬場はラップ推移と時計分析からある程度高速状態ではあるが、マイル秋風Sなんかは淡々とした前傾ラップで、当然減速していて時計が出やすい推移でも33秒台の競馬になっている。秋風Sの比較自体は去年の方が時計は遅いがラップは異質だった。準OPで33秒切らな…
ばっじょ「この配合、無欲の追いで」自信度A 17
昨年の当レース以来の快進撃を続けるロードカナロアが出走します。


スプリンターズSの適性血統は、
父:ST型Northern Dancer系統
母父:Mr.Prospecter系統

配合面では、"SS(Halo)/Mr.Prospcter”
"ST型Northern Dancer/Mr.Prospecter"


血統指数を出すと、

大きく上昇する可能性のある馬が3頭います。

マヤノリュウジン
ドリームバレンチノ
フォーエバーマーク

上記3頭を王者:ロードカナロアの相手で一考しました。

対抗:マヤノリュウジン[キングヘイロー/Mr.Pro]

前走は4角で同じ場所にいたロードカナロアとの爆発力の差を見せつけられた感じですが、
今回は休み明け2走目で-10kg以上…
naoch「やっぱりロードカナロアなのかなぁ?」自信度C 0
ロードカナロアは置いといて

人気順にみてみると

ハクサンムーン
酒井さん中山大丈夫?

グランプリボス
1200は未体験なのかぁ

◎サクラゴスペル

以上の理由でスライド式に本命に抜擢

騎手もいいし中山1200も勝ってるし

○マイネルエテルネル

55キロで日々成長
2頭だし厩舎は人気薄を狙うべし

▲パドトロワ
 
ここ2走は凡走だがこれで人気が下がるなら
絶好の狙い目

タイム 1:07.2 4F 44.8 3F 34.3
単勝10番130円(1人気)
複勝10番110円(1人気)7番180円(2人気)5番1180円(12人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「スプリンターズS ロードカナロア1強!」
ロードカナロア1着/1人気
○ハクサンムーン▲サクラゴスペル△フォーエバーマーク
    
2285
8拍手

馬単 10-7番

530円的中

★傾向分析★
2008年 タイム 1'08"0 (良) 1FAve=11.33 3FAve=34.00
テン33.6-上がり34.4 『前傾』
1着スリープレスナイト・・・クロフネ×Nureyev=ヴァイスリージェント×ヌレイエフ 〔7-f〕 5-4
2着キンサシャノキセキ・・・Fuji Kiseki×Pleasant Colony=サンデーサイレンス×リボー 〔14〕 7-7
3着ビービーガルダン・・・チーフベアハート×Westminster=ダンチヒ×ターントゥ 〔1-n〕 3-4

2009年 タイム 1'07"5 (良) 1FAve=11.25 3FAve=33.75
テン32.9-上がり34.6 『前傾』
1着ローレルゲレイロ・・・キングヘイロー×テンビー=リファール×ニジンスキー 〔1-b〕 1-1 
2着ビービーガルダン・・・チーフベアハート×Westminster=ダンチヒ×ターントゥ 〔1-n〕 5-2
3着カノヤザクラ・・・サクラバクシンオー×Woodman=プリンスリーギフト×ミスプロ 〔9-h〕 13-10

2010年 タイム 1'07"4 (良) 1FAve=11.23 3FAve=33.70
テン33.3-上がり34.1 『前傾』
1着ウルトラファンタジー・・・Encosta de Lago×Sir Ivor=ノーザンダンサー×ターントゥ 〔8-f〕 2-1
2着キンシャサノキセキ・・・Fuji Kiseki×Pleasant Colony=サンデーサイレンス×リボー 〔14〕 9-6
3着サンカルロ・・・シンボリクリスエス×Crafty Prospector=ロベルト×ミスプロ 〔23-b〕 15-12

2011年 タイム 1’07”4 (良) 1FAve=11.23 3FAve=33.70
テン33.0-上がり34.4 『前傾』
1着カレンチャン・・・クロフネ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔13-c〕 6-6
2着パドトロワ・・・スウェプトオーヴァーボード×フジキセキ=フォーティナイナー×サンデーサイレンス 〔8-k〕 2-1
3着エーシンヴァーゴウ・・・ファルブラヴ×Thunder Gulch=ノーザンダンサー×ミスプロ 〔4-c〕 4-3

2012年 タイム 1’06”7 (良) 1FAve=11.12 3FAve=33.35
テン32.7-上がり34.0 『前傾』
1着ロードカナロア・・・キングカメハメハ×Stom Cat=キングマンボ×ストームバード 〔2-s〕 8-9
2着カレンチャン・・・クロフネ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔13-c〕 5-5
3着ドリームバレンチノ・・・ロージズインメイ×マイネルラヴ=ヘイロー×ミスプロ 〔2-n〕 8-9

 テンが速く上がりがかかる『前傾』が基本。最後の1Fは中山コースの坂の影響で、ラップががくっとおちる傾向。
連対馬の位置取りから、逃げ・先行と差し馬という組み合わせが多い感じです。
 逃げ・先行馬はテンの速さに対応できるダッシュ力が必要で、そのスピードを最後まで持続する必要がある。
夏のローカル1200mシリーズの延長と考えられ(=休み明けより夏を使った馬)、ローカルコースの鉄則はここでも活きる(=好走するのは4コーナー5番手以内が多い)。

 その流れはダート適性に通じるものがあり、ダート血統のミスプロ系やヴァイスリージェント系、タイキシャトル、ブライアンズタイムなどはその適性を持っていたと考えます。
差し馬については、高松宮記念で実績を残していたサンデーサイレンス系(=デュランダル、アドマイヤマックスなど)。

 牝系の傾向は、No.〔1〕〔2〕〔8〕が近年では複数好走馬を出しています。これらに共通することは、スピードの絶対値が高い牝系であること。
No.〔8〕の牝系は、高速決着に強いタイプがいるスピードに優れた牝系。
分枝記号では、b・c・d・f記号が好走馬多いです。どの記号も、基本的には鮮度と勢い重視型。
b記号は、鮮度の高さや勢いを活かして好走するパターン。
c記号は、洋芝向きのパワーを活かして好走するパターン。先行馬での好走が多い。
d記号は、前走の勢いを持続して好走するトライアル好走→本番でも好走のパターン。
f記号は、休養明けを苦にせず叩いて一変が少なく、前走好走の勢いをそのままに好走のパターン。

 また過去の連対馬から、アイビスサマーD好走馬は相性が良い傾向と考えます。カルストンライトオ、メジロダーリング、サンアディユ、カレンチャンなどが連対していて、これはアイビスサマーDが最高スピードとその持続性能を証明するレースから、適性がスプリンターズSに合うと思われます。
 ただし最後の坂で止まってしまう可能性はある(=サマースプリントシリーズは平坦コースで行われる)ので、血統から坂を克服できそうか?を判断しなければと考えます。中山実績は良く考えること。

またNHKマイルC3着馬(=04年メイショウボーラー、05年アイルラヴァゲイン、06年キンサシャノキセキ)が好走していて、不思議な傾向あり。

 近年のステップとしては、前走キーンランドCの好走馬が好走しやすい傾向。
セントウルSも5着以内の好走馬が好走しやすいです。

★予想★
スプリンターズSのポイントは、
①流れは『前傾』が基本。
②小回りコースの中山コースのため、ローカルコースの鉄則はここでも活きる(=好走するのは4コーナー5番手以内が多い)。
③夏のローカル1200mシリーズの延長戦と考え(=休み明けより夏を使った馬を上位に)、ただしサマースプリントシリーズ好走馬は余力があるか?を考えること。
④鮮度と勢い重視。
⑤アイビスサマーD好走血統。ただし中山コースなので、中山実績はよく考えること。
⑥キーンランドC好走馬、セントウルS5着以内の馬の好走が多い。
⑦大系統ノーザンダンサー系の好走が多い。

◎ロードカナロア・・・キングカメハメハ×Storm Cat=キングマンボ×ストームバード 〔2-s〕
 前走セントウルS2着(=阪神芝1200m:0.0秒差)。中山芝コースは(1-1-0-0)、芝1200m戦は(8-3-1-0)。12年スプリンターズS1着馬でもあり、連覇のかかる馬だが、13年に入り高松宮記念S1着(=中京芝1200m)→安田記念1着(=東京芝1600m)と異なる距離でのGⅠ好走している状態からも、能力的な衰えは感じられない。前走は約3か月半の休み明けに加え、斤量58kgと他馬よりも重い不利な条件があり、それでいて僅差の2着ならなんら評価を下げる必要はなく、むしろ今回斤量は58kg→57kgと斤量減となることもプラス要因だし、叩いた効果で状態は上向きになると考え、まず崩れない軸馬として好走に期待して評価する。
 キングカメハメハ産駒はミスプロ系だが、凱旋門賞での好走も多いキングマンボ系で欧州型の要素を兼ね備えている。格の高いレースでの究極のスピード競馬になると本領を発揮し、厳しい展開ほど持ち前の底力を活かす。ダンシングブレーヴ系に近い特性を有していると考える。母父Storm Catはストームバード系で、斬れよりも全体のスピードに優れ、ハイペースに強いが、揉まれる競馬は苦手。大一番よりも前哨戦が向くタイプ。またストームバード系の特性として、勝負強さや底力には欠ける点と勢いがなくなるとスランプに陥る点には注意が必要。
 No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富。直線の長いコースでの末脚勝負に強い。分枝記号sは、立ち回りが上手く、スローの上がり勝負で強い。上級クラスでは展開利が必要。

○ハクサンムーン・・・アドマイヤムーン×サクラバクシンオー=フォーティナイナー×プリンスリーギフト 〔18〕
 前走セントウルS1着(=阪神芝1200m)。中山芝コースは(1-0-0-2)、芝1200m戦は(5-1-1-4)。13年高松宮記念3着(=中京芝1200m:0.2秒差)以降、CBC賞2着(=中京芝1200m:0.0秒差)→アイビスサマーD1着(=新潟芝1000m)→セントウルS1着と重賞連続好走していて、本格化と思える内容。前走は開幕週で前が止まらない馬場であったこと、斤量56kgと2着馬ロードカナロアに対して軽量であった点、好走の多い阪神芝コースであった点と、好走条件は揃っていたが、それでも好走した能力を評価すべきと考えて、好走に期待して評価する。またアイビスサマーD好走馬でセントウルSも好走した馬は、スプリンターズSでの好走も多く、この点にも期待して対抗評価。
 アドマイヤムーン産駒はミスプロ系で、体の柔らかい産駒が多く着実にスピードを伝えるフォーティナイナー系。2歳の短距離から走れる仕上がりの早さと、芝・ダート兼用の快速スピードを持つ。好位で折り合い、馬群の内で我慢もでき、ギアチェンジの速さや競馬上手の賢さが目につく。インを通れる脚を持ち、芝の1枠の成績が良く、内枠の好走が多い。母父サクラバクシンオーはプリンスリーギフト系で、テンのダッシュ力に優れ、スピードという意味合いではピカイチの種牡馬。休み明けから好走可能で、使い詰めるとパフォーマンスが低下する鮮度重視の特性がある。持ち時計には限界があり、各馬の能力を示す指標にもなる。中4週~8週のローテーションが良く、それより短くても長くても成績が落ちる。レース間隔1~2ヶ月がホットスポット。
 No.〔18〕の牝系は、活躍馬はナリタトップロードなどがいるがやや衰退気味の牝系。スタミナはあるが、融通の利くタイプは少なく、底力は少ない。分枝記号なしなので、産駒ごとに得手不得手ははっきりしているものの、平均的に能力を発揮し、やや晩成傾向。

▲サクラゴスペル・・・サクラプレジデント×Cure the Blues=サンデーサイレンス×ターントゥ 〔13-c〕
 前走朱鷺S2着(=新潟芝1400m:0.0秒差)。中山芝コースは(2-0-0-1)、芝1200m戦は(2-1-0-2)。中山芝1200mでは13年オーシャンS1着など(2-0-0-0)と崩れていない馬にて、また13年は高松宮記念4着(=中京芝1200m:0.3秒差)→安田記念5着(=東京芝1600m:0.4秒差)とGⅠでも僅差の好走していて、サマースプリントSを使用していないため別路線の鮮度に期待して、能力的にも侮ってはいけない馬と考えて、好走に期待して評価する。
 サクラプレジデント産駒はサンデーサイレンス系で、函館や札幌などローカルコースが得意なタイプ。やや詰め甘な産駒が多く、単勝勝負よりも2・3着付け向きだが、素直に近走好調馬を狙うのが正解。芝の道悪は得意で、馬場が悪化すればするほど勝率や連対率が上がっていく。ダートもこなせるが、内枠から先行ちょい差しが得意の型。また母父の距離適性がそのまま得意な距離となる。母父Cure the Bleusはターントゥ系で、ダートでの実績が目立つが芝向きの中距離血統。芝は時計のかかる馬場が良い。高齢になっても力の衰えは少なく、活躍期間は長い。
 No.〔13〕の牝系は、クラスの壁をキャリアを積みながら超えていくタイプが多い牝系。叩き良化型でもある。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。欧州的な瞬発力を秘めるがゴチャつく展開は苦手。

△フォーエバーマーク・・・ファルブラヴ×ダンスインザダーク=ノーザンダンサー×サンデーサイレンス 〔9-c〕
 前走キーンランドC1着(=函館芝1200m)。中山芝コースは(0-0-0-2)、芝1200m戦は(4-1-2-2)。近走は、函館記念3着(=函館芝1200m:0.1秒差)→アイビスサマーD2着(=新潟芝1000m:0.1秒差)→キーンランドC1着と重賞連続好走中で、本格化と思われる内容。ハクサンムーン同様に、アイビスサマーD好走馬ということで好走に期待するが、中山芝コースの好走実績がない分を割り引いて、連下候補と考える。
 ファルブラヴ産駒はノーザンダンサー系で、同系のエリシオなどと同じく2歳や3歳春に好走する早熟の快速牝馬がでやすい特性がある。牝馬のスピード馬は多数いるのだが、現状は芝1200mや芝1400m、芝1800mが主戦場で稼ぎ所。根幹距離よりも非根幹距離を得意とする産駒が多く、平坦コースならなお良く、わずかな距離の違いや坂の有無で成績が上下する。夏を境に上昇する産駒も多く、上昇軌道に乗った馬はしばらく追いかけても損はない。トップスピードに乗るのは早くないが、速い上がりの瞬発力勝負にも対応できる。母父ダンスインザダークはスタミナ型サンデーサイレンス系で、大物を輩出するしスタミナ抜群なのだが器用さに欠け、ギアが入れば迫力満点の長い末脚を使う一方で、トップギアまでに時間がかかり瞬時に反応できないという弱点を併せ持つ。また条件戦では手間取るも能力が引き出される格上挑戦は好走のプラス要因で、産駒が好走していた重賞で産駒が好走することが多いのも特徴。
 No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門で、広いコース変わりはプラス要因。3歳秋以降は本格化が始まり、堅実に走るタイプとなるが、人気よりもやや人気が落ちて伏兵の立場のときの方が好走しやすい特性もある。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。欧州的な瞬発力を秘めるがゴチャつく展開は苦手。
09/29 10:35


レイデオロ!?キセキ!?リスグラシュー!?

≪≪宝塚記念の絞りに絞った3頭を教えます!≫≫


■■■■■■■■■■■■■■

ダブル万馬券的中のダービーよりも自信アリ!!!


▼『サートゥル1強にあらず!』と予告通りの決着で▼
―――――――――――――――
【馬 連】1万1200円的中⇒112万円獲得!
【3連複】1万2050円的中⇒60万円獲得!
―――――――――――――――

■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――
宝塚記念で厚く買うべきはこの3頭!
―――――――――――――――

絞りに絞った3頭を教えます!





軍神マルス

予想歴15年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3436
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧スプリンターズS2013回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴15年 回収率137%
スプリンターズS 内枠の差し馬に注意。
次走狙い馬:ロードカナロア 次走狙い馬:ハクサンムーン
     
 
0拍手

2013年 タイム 1’07”2 (良) 1FAve=11.20 3FAve=33.60

ラップ
①11.9-②10.5-③10.5-④11.0-⑤11.3-⑥12.0
1FAveとの誤差
①+0.7 ②-0.7 ③-0.7 ④-0.2 ⑤+0.1 ⑥+0.8
テン32.9-上がり34.3 『前傾』

『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎

1着ロードカナロア・・・キングカメハメハ×Storm Cat=キングマンボ×ストームバード 〔2-s〕 7-5
2着ハクサンムーン・・・アドマイヤムーン×サクラバクシンオー=フォーティナイナー×プリンスリーギフト 〔18〕 1-1
3着マヤノリュウジン・・・キングヘイロー×キンググローリアス=リファール×ミスプロ 〔6-a〕 5-5
4着マジンプロスパー・・・アドマイヤコジーン×バブルガムフェロー=グレイソヴリン×サンデーサイレンス 〔6-e〕 7-8
5着アドマイヤセプター・・・キングカメハメハ×サンデーサイレンス=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔8-f〕 12-12

流れは、テン-上がりのラップ差から『前傾』の流れ。展開的には、追込が最も恵まれ、次いで差し、逃げ・先行には厳しい流れと考える。

1着ロードカナロアは、前走セントウルS2着(=阪神芝1200m:0.0秒差)からの好走。中山芝コースは(1-1-0-0)、芝1200m戦は(8-3-1-0)でした。12年スプリンターズS1着馬でもあり、連覇のかかる馬だが、13年に入り高松宮記念S1着(=中京芝1200m)→安田記念1着(=東京芝1600m)と異なる距離でのGⅠ好走している状態からも、能力的な衰えは感じられない。前走は約3か月半の休み明けに加え、斤量58kgと他馬よりも重い不利な条件があり、それでいて僅差の2着ならなんら評価を下げる必要はなく、むしろ今回斤量は58kg→57kgと斤量減となることもプラス要因だし、叩いた効果で状態は上向きになると考え、まず崩れない軸馬として好走に期待して評価して、結果1着好走。近年スプリンターズS高松宮記念も、スプリンターとして年齢を重ねた上でGⅠを2年連続好走する馬は少ない傾向から、本馬は歴史的な名馬と考えるべきと思います。正攻法できっちり好走したことからも能力はやはり衰えは少なく、このまま香港GⅠで好走して、有終の美を飾ってほしいと期待します。
 キングカメハメハ産駒はミスプロ系だが、凱旋門賞での好走も多いキングマンボ系で欧州型の要素を兼ね備えている。格の高いレースでの究極のスピード競馬になると本領を発揮し、厳しい展開ほど持ち前の底力を活かす。ダンシングブレーヴ系に近い特性を有していると考える。母父Storm Catはストームバード系で、斬れよりも全体のスピードに優れ、ハイペースに強いが、揉まれる競馬は苦手。大一番よりも前哨戦が向くタイプ。またストームバード系の特性として、勝負強さや底力には欠ける点と勢いがなくなるとスランプに陥る点には注意が必要。
 No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富。直線の長いコースでの末脚勝負に強い。分枝記号sは、立ち回りが上手く、スローの上がり勝負で強い。上級クラスでは展開利が必要。

2着ハクサンムーンは、前走セントウルS1着(=阪神芝1200m)からの好走。中山芝コースは(1-0-0-2)、芝1200m戦は(5-1-1-4)でした。13年高松宮記念3着(=中京芝1200m:0.2秒差)以降、CBC賞2着(=中京芝1200m:0.0秒差)→アイビスサマーD1着(=新潟芝1000m)→セントウルS1着と重賞連続好走していて、本格化と思える内容。前走は開幕週で前が止まらない馬場であったこと、斤量56kgと2着馬ロードカナロアに対して軽量であった点、好走の多い阪神芝コースであった点と、好走条件は揃っていたが、それでも好走した能力を評価すべきと考えて、好走に期待して評価し、結果2着好走。またアイビスサマーD好走馬でセントウルSも好走した馬は、スプリンターズSでの好走も多く、この点にも期待したが、やはりアイビスサマーD→セントウルSと連続好走した馬は好走の可能性が高い馬と積極的に狙っていきたいと反省します。展開的には厳しい流れをよく踏みとどまったと思うので、本格化という点にも期待するが、この能力も高く評価したい。
 アドマイヤムーン産駒はミスプロ系で、体の柔らかい産駒が多く着実にスピードを伝えるフォーティナイナー系。2歳の短距離から走れる仕上がりの早さと、芝・ダート兼用の快速スピードを持つ。好位で折り合い、馬群の内で我慢もでき、ギアチェンジの速さや競馬上手の賢さが目につく。インを通れる脚を持ち、芝の1枠の成績が良く、内枠の好走が多い。母父サクラバクシンオーはプリンスリーギフト系で、テンのダッシュ力に優れ、スピードという意味合いではピカイチの種牡馬。休み明けから好走可能で、使い詰めるとパフォーマンスが低下する鮮度重視の特性がある。持ち時計には限界があり、各馬の能力を示す指標にもなる。中4週~8週のローテーションが良く、それより短くても長くても成績が落ちる。レース間隔1~2ヶ月がホットスポット。
 No.〔18〕の牝系は、活躍馬はナリタトップロードなどがいるがやや衰退気味の牝系。スタミナはあるが、融通の利くタイプは少なく、底力は少ない。分枝記号なしなので、産駒ごとに得手不得手ははっきりしているものの、平均的に能力を発揮し、やや晩成傾向。

3着マヤノリュウジンは、前走セントウルS7着(=阪神芝1200m:0.8秒差)からの激走。中山芝コースは初で、芝1200m戦は(3-1-1-2)でした。スプリンターズSでは内枠の差し馬が人気薄で好走することが多い傾向があり、今年は本馬が該当したと思われる。先行馬の好走が多いレースだが、外を回しては届きにくく、内枠からうまく抜けてくると穴になるというのが、ポイントだったと反省する。この手のタイプに来年は警戒したいと反省する。
 キングヘイロー産駒はリファール系で、ダンシングブレーヴの底力が持ち味。気合をつけて前々で勝負するか、後方一気に懸けるか、自分の型に徹すると高い能力を発揮し、逆に人気を背負って中途半端に脚を溜めると、瞬発力負けして勝ちきれない難儀な血統。小回りコースの方が差し届く馬も多く、ハイペースに強い反面、緩急があると勝負どころの反応が鈍かったり、馬群の外しか回れなかったり、展開に左右されるため安定感はなく、このツボの狭さが大穴となる。叩き良化型が多く、詰まったローテーションで調子を上げ、また芝の不良やダートの道悪全般の成績が良い。母父キンググローリアスはミスプロ系で、逃げ・先行力を武器に、前輪駆動のパワフルな走りでダートを押し切るのが得意スタイル。大駆けのサインは、単騎の逃げ、ブリンカー着用、脚抜きの良いダート、外枠替わり。
 No.〔6〕の牝系は、直線の長いコース向きで、ハイペースの消耗戦に強い牝系。厳冬期や真夏などシーズンオフに強い特性をもつ。成長能力は早い時期から走るのだが、詰め甘にて人気を背負うと脆い傾向がある。3歳クラシックでは脇役の方が良い仕事をし、古馬になり本格化する。分枝記号aは、気性的に素直なタイプが多く、また父親よりもスケールが小さくなる傾向。

4着マジンプロスパーは、前走CBC賞1着(=中京芝1200m)からの約3ヶ月の休み明けでの好走。中山芝コースは(0-0-0-1)、芝1200m戦は(3-0-0-6)でした。休み明けは(1-0-0-3)。外枠の差し馬だったが、届かずの4着で、やはり小回り中山芝1200mでは、外を回してでは届きにくい傾向があると考える。
 アドマイヤコジーン産駒はグレイソヴリン系で、全体的なスピードが最大の持ち味。淀みなく流れる展開が合い、ハイペースを先行しても踏ん張りが利く。2歳から走るが早熟血統ではなく、古馬になってひと皮むける。短距離での好走が多いが、産駒によって距離適性は異なる。芝の道悪が得意だが、また夏の新潟のような高速馬場にも強い。母父バブルガムフェローはサンデーサイレンス系で、得意コースにD1700mやD1800mが並ぶダート型。キレ味がなく、上がりの速くない函館・福島・中山は芝でも好走ができるが、瞬発力の必要な京都や新潟ではさっぱり。コーナー4つのコースで好走可能で、コーナー2つのコースは苦手。洋芝もプラス要因になり、開催後半の時計のかかり始めた馬場に向く。
 No.〔6〕の牝系は、直線の長いコース向きで、ハイペースの消耗戦に強い牝系。厳冬期や真夏などシーズンオフに強い特性をもつ。成長能力は早い時期から走るのだが、詰め甘にて人気を背負うと脆い傾向がある。3歳クラシックでは脇役の方が良い仕事をし、古馬になり本格化する。分枝記号eは、気性が荒く、平均ペース以上での雪崩れ込みが得意で、上がりのかかる消耗的な流れに強い特性がある。また重馬場やダートなど時計のかかる馬場に強いが、一旦調子を崩すと復活が難しく、調子のピークが短い。

5着アドマイヤセプターは、前走キーンランドC4着(=函館芝1200m:0.3秒差)からの激走。中山芝コースは(0-0-1-2)、芝1200m戦は(0-1-0-4)でした。本馬も3着マヤノリュウジン同様に内枠の差し馬で、外枠の差し馬よりもやはり内枠を重視すべきと考えるのが正解と反省する。
 キングカメハメハ産駒はミスプロ系だが、凱旋門賞での好走も多いキングマンボ系で欧州型の要素を兼ね備えている。格の高いレースでの究極のスピード競馬になると本領を発揮し、厳しい展開ほど持ち前の底力を活かす。ダンシングブレーヴ系に近い特性を有していると考える。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。瞬発力を武器に上がり特化のレースで強く、勢いのあるときには重賞挑戦はプラス要因。
 No.〔8〕の牝系は、2歳~3歳春シーズンも好走は可能だが人気の時には詰めが甘い特性があり、本領発揮は3歳秋以降で古馬で真価を発揮するタイプが多い。叩き良化型で、高速時計にも強い。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面、叩いて一変が少ないタイプ。前走好走だと調子は維持と考えて好走が期待できる。また不器用だが、決め手鋭く瞬発力勝負に強い特性がある。

スプリンターズSのポイントは、
①流れは『前傾』が基本。
②小回りコースの中山コースのため、ローカルコースの鉄則はここでも活きる(=好走するのは4コーナー5番手以内が多い)。
③夏のローカル1200mシリーズの延長戦と考え(=休み明けより夏を使った馬を上位に)、ただしサマースプリントシリーズ好走馬は余力があるか?を考えること。
④鮮度と勢い重視。
⑤アイビスサマーD好走血統。ただし中山コースなので、中山実績はよく考えること。
⑥キーンランドC好走馬、セントウルS5着以内の馬の好走が多い。
⑦大系統ノーザンダンサー系の好走が多い。
⑧外枠よりも内枠重視。特に差し馬は内枠の方が穴として狙える。

10/04 23:52 回顧アクセス:2229


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
編集長おくりばんと
07/17 12:26

スコットさんご指摘ありがとうございます。修正しておきました。何かありましたらまたぜひ言ってください

クライスト教授
07/16 03:30

函館記念一点的中でもやはり自信度Eではダメな模様!(認識)

スコット
07/13 13:53

プロフィールのところで、6月7月の予想が見れないのはなぜ…?

雨龍泥舟
07/12 17:11

入札方式のPOG、持ちポイント2億5000万Pのうち1憶5000Pを使って落としたのがブルトガング。泣きたい。他に大した馬は取れていない。...

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>クライスト教授


07/18 05:02

編集長おくりばんと>>

>>クライスト教授


07/18 00:17

あみー>>

>>あみー


06/24 20:40

のび犬>>

>>あみー


06/24 10:35

夏影>>

>>夏影


06/23 09:40



10
中京記念
◎プリモシーン
○キャンベルジュニア
ワイド5-7番
390円 的中

ゼータ
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社