12/14 12/15
12/7 12/8
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【朝日杯FS2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想青葉賞2017予想一覧クライスト教授の予想

東京11R 青葉賞 2017年4月29日(祝)
芝2400 3歳GII 晴良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
121110987654321馬番














































































馬名



牡3 牡3牡3牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3性齢
56 565656 56 5656 56 56 56 56 56斤量
























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
×

BC爺

×「有力馬分析」自信度A 0
本命はタガノアシュラ

バウンド延長・交互のリズム・広いコース替わりと買えるタイミング

対抗はポポカテペトル

2走前の重賞経験活かせれば

有力馬分析:http://ameblo.jp/gunxsword2015/entry-12269498079.html

http://ameblo.jp/gunxsword2015
ムトト自信度C 0
◎サーレンブラント
コーナーワークが下手。前走山吹賞は4角で外にふくれ、よれ気味に。直線に入ってもエンジンがかかるまでにもたついていた。ようやくトップスピードに乗ったころにレースは終わっていて0.4差5着という結果。明らかに中山は走りにくそうで、東京向き。実際未勝利勝ちの同条件はゲートで立ち上がり後手を踏みながらも直線でまとめて差し切り0.4差つける快勝をあげていて、持続性のある末脚を活かすにはここはベスト。
青葉賞に相性の良いディープに、大穴を開ける前走山吹賞組。

○イブキ
前残り気味の馬場はアドバンテージ。左回りもよしで。

▲マイネルスフェーン
ホープフルでレイデオロに0.2差は…
スコット自信度C 2

 ◎トリコロールブルー
 ○アドミラブル

 デムーロがアドミラブルに乗るんだからこっちが上じゃない?と思いたかったりもするのだけど、中山から東京に戻すトリコロールブルーを上に見たい。

 前走も上りは1位だったし、ひっそり戸崎に期待する。

 ▲アドマイヤウイナー
 △ポポカテペトル

 意外と何だかんだ前が残ったりするもの。前でも上りが使えるアドマイヤウイナーのほうを上に。
カタストロ自信度C 24
 金曜正午の段階でパンパンの良馬場、終始今週は降っていないので散水はされているようだが先週の感じならかなりの高速馬場まであり得るかもしれない。一応ノーマルの高速状態を想定しておくが。日曜は雨上がりで内有利の傾向が出ていた感じ、土曜はそこまででもなかった。一応内有利気味の想定はしておくが極端ではないかな。


 展開だが結構先行馬が揃った。とりあえず行く馬はタガノアシュラでほぼ確定だろう。この枠の並びだし、逃げたくない先行馬が揃っている中でまず楽に行かせてもらえるはず。この後ろのスペースをまずはポポカテペトルが出していって先行、番手を狙う。外からイブキも出していって恐らくポポ…
はやと自信度C 1
◎アドミラブル:2400でいいポジションを取ってじわっと後半段階的に進めながら本仕掛けを待てればというところかな。上手く2,3列目ポケットを確保できれば内有利ではあると思うしチャンスは十分ある。
しろ自信度B 34
10・アドミラブル
喉の手術明けから破格の内容で2連勝。流れ次第で自在に動け、素質の高さ見せる。調整順調で距離適性も示しており、ここを制して大舞台に駒を進めそう。器用な馬なのでどんな流れにも対応できる。
雨龍泥舟自信度C 9
【青葉賞】
青葉賞が新設された当時は、このレースから数年のうちにダービー馬が出るだろうと思っていたが、この予想は見事に外れた。今回で24回目。
ただ、今年は勝ち馬がダービーに勝つかもしれない。◎はアドミラブル。ここまでのレースぶりは文句のつけようがない。相当の素質馬だと思う。牡馬戦線に勢いが感じられないので、チャンスは十分だと思うが、そのためにはここは圧勝して欲しい。

過去2年、アザレア賞の勝ち馬が勝っている。
今後、アザレア賞(阪神2400m)-青葉賞-という路線がダービーに向けての別路線として定着するのではないだろうか。理にもかなっている路線だと思う(難は、ややローテガ…
雨龍指数自信度B 5
028 青葉賞
1 アドミラブル   115
2 ポポカテペトル   83
3 トリコロールブルー 82
4 ベストアプローチ  81
5 イブキ       77
6 マイネルフェーン  76
50ポイント以上は上記の6頭。アドミラブルの指数が抜けており、相手は拮抗している。
ポポカテペトル、トリコロールブルー、ベストアプローチへの流し馬券で。

タイム 2:23.6 4F 47.1 3F 35.2
単勝10番150円(1人気)
複勝10番110円(1人気)9番210円(5人気)6番280円(7人気)

クライスト教授<10期 東関脇>
「好材料のある馬を優先。」
トリコロールブルー7着/2人気
○ポポカテペトル▲アドミラブル△ダノンキングダム
×アグネスウイン  
1428
1拍手

自信度A・・・
メンバー的にこれが中心と言える馬がいないため、自ずとより好材料のある馬を優先せざるを得ないのが不安のためAとした。

◎=トリコロールブルー(友道・戸崎)
クラシックトライアル戦を走っているだけでもここでは戦績上位で、鞍上も一度乗っているので大きな不安もない点から◎と判断。

○=ポポカテペトル(友道・ルメール)
前走2400mを経験済みで、なおかつ鞍上をルメールにして臨めるからには大いに好走の期待が出来るので○と判断。

▲=アドミラブル(音無・ミルコ)
唯一の連勝馬だけに人気に推されるのは分かるが、前走のタイムがそれほど良いとは思えない事と初輸送競馬なのが割引き材料と見て▲と判断。

△=ダノンキングダム(安田・内田博)
3か月ぶりの臨戦過程とテン乗りは割引き材料も、東上してこの距離での勝ち経験があるのが好材料なので△に指名。

消し=アグネスウイン(森・川又)
騎手経験のための出走であるのが明らかで、もしも同馬が最下位じゃなければ、先着された馬と鞍上は大恥を掻く事になる。
04/29 03:52

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【朝日杯FS2019最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

マイルCSはダノンプレミアムから
3連複3200円的中!

スプリンターズSはタワーオブロンドンから
馬連1260円的中!

ローズSはダノンファンタジーから
馬単2300円的中!

太秦Sはヴェンジェンスから
3連複4780円的中!


▼朝日杯FS2019最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/




クライスト教授

予想歴38年
回収率0%
騎手の実力を最も重視。ここに調教師・生産地レベル・馬の脚質を絡めて予想。 総拍手獲得数:3934
過去のベスト予想
 札幌記念2014

◎ハープスター○ゴールドシップ
38拍手

19,780

新着回顧青葉賞2017回顧一覧クライスト教授の回顧
クライスト教授TM競馬歴38年 回収率0%
強い勝ち方見せるも…
次走狙い馬:アドミラブル   
次走危険馬:ベストアプローチ 次走危険馬:トリコロールブルー
3
1拍手

レースレベル3・・・
勝ったアドミラブルが最後方からの捲り競馬で強い勝ち方は見せたものの、2・3着好走馬が友道厩舎2頭出しの全滅のお陰で好走した馬たちでは、勝ち馬だけがダービーで通じるかも知れない例年並みとしか評価できない。

狙い=アドミラブル(音無・ミルコ)
勝ち方からも同馬だけがダービー好走の期待が出来る馬と見て、このレースからの次走狙い馬に指名。

危険=ベストアプローチ(藤原英・岩田)
ダービーの権利を取れたのは立派。
ただし、同馬の近走騎手を見れば推察できる様に、実力ある騎手を配し続けで、今回はこのメンバーレベルだからの好走出来たと言えるのは一目瞭然。
逆に川田が起用されていない点が、如何に川田が大したレベルではないかの裏返しになっている。
おまけに、同馬は2戦目で既にカデナに敗れており、カデナが好走すれば話は変わるが、カデナは能力ではダービーで好走できるかも知れないが、鞍上が福永では好走が全て胡散臭いモノのためとても同馬が通用するとは思えない。
よって今回は「岩田が本気で乗ったお陰、昨年ラッキーでダービートレーナーになった友道の凡走のお陰による好走」と判断できるので次走危険馬とする。

危険=トリコロールブルー(友道・戸崎)
勝負所の4コーナーでアドミラブルに外から被される形になっては話にならない。
戸崎は同馬に一度乗ってるだけに、今回の馬の進め方も下手こいたで、ハッキリ言って敗戦の半分は鞍上のせいと言える。
ただし、元々の能力差でアドミラブルとは勝負に成らなかったのは一目瞭然で、救いはこの点にあるので次点の危険馬とする。

※…相手が弱すぎ?
昨年のダービートレーナーが戸崎とルメールを押さえて臨んで来ただけに、もっとマシな結果を出すと思ったら、何の事はない、やはり昨年マカヒキがダービー馬になったのは、サトノダイヤモンドの落鉄によるラッキーだった事がこの不甲斐ない2頭出しの結果で思い知らされた。
2頭出しで集中力分散のため敗れるのは仕方ないが、騎手力で桁違いのルメールが3着争いで秋山にハナ差でも敗れたのでは馬の能力と仕上げで劣っている証拠。
もちろん、友道厩舎は池江厩舎ではなく、連年クラシック候補を管理している訳ではないので敗れても仕方ないと思う。
ただ、長距離戦は騎手の腕が出易いだけに、この両者を配して3着にも入れないのは管理馬の程度が知れると言う事にガッカリ。
特に、人気に推されたのに不甲斐ない見せ場で惨敗したトリコロールブルーは、デビューから変な騎手を乗せているからこんな様になると言って良い酷い競馬で、福永が如何に馬のお陰で上位騎手に居るのかがよく分かった事を今後の参考にしたい。
これは、2着になったベストアプローチも同じで、なぜ同馬に川田が起用されて居ないのかも、川田の追えるがただの福永控え競馬の真似でしかない事が今回の岩田での好走で示されたと言える。
どちらにしても、日本の競馬学校卒はプロと言うにはお粗末な教育機関である事は間違いない。
だから世界のトップジョッキーは、誰も日本人騎手の名を知らないのである。
武豊より藤井勘一郎の方がアジアで知られているのが一番のお笑い種!(マジ話)

04/29 16:57 回顧アクセス:1392


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
OB・PAR
12/12 05:35

3着以内の中心馬=アーモンドアイは3連系の馬券には欠かせない。積極的に買う気はないなぁ!

まじん
12/08 15:48

年末に向けて調子が良い!

南川麒伊知郎
12/08 15:18

コパノキッキング の未来は…藤田菜七子と海外GⅠ制覇することではなく、菜七子を落馬させないこと。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

スカイポット>>

>>スカイポット


12/11 01:16

編集長おくりばんと>>

>>ハショタ


12/10 21:16

編集長おくりばんと>>

>>ぷみを


12/10 21:14

@阪神JF これはスゴい!



27
阪神JF
◎レシステンシア
○リアアメリア
三連単4-9-10番
86,720円 的中

ぷみを
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社