10/27
10/19 10/20 10/21
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【菊花賞2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想平安S2013予想一覧カタストロフィの予想

ワイド 1-6番:320円的中

京都11R 平安S 2013年5月18日(土)
ダ1900 4歳上GIII 晴良 平均レースレベル5.0

87654321枠番
16151413121110987654321馬番

















































































































馬名



牡4 牡8 牡9 牡7 セ4 牡4 牡6 牡6 牡4牡6牡7 牡4 牡8 牡5 牡4牡6性齢
56 56 56 56 56 56 58 56 565756 59 56 56 5659斤量

























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順着順

minom

編集長おく「広いコースなら末脚炸裂」自信度C 0
アメリカンウィナー
首が高い大飛び。4つコーナーの広いコースで速い流れになって差してくる競馬は最も合っていると思う。京都1900など最適ではないか。
前走も3着以下は大きくちぎったし、青梅特別ではホッコータルマエ・エアハリファに次ぐ3着。
少しずつ力を付けてきているし、勝った勢いがダートでは大事。ロスなく回って差を詰めていてほしい。


ソリタリーキング
兄同様に大飛びで、広いコース向きと見ている。
京都1900では昨年このレースを制すベストパフォーマンスを見せているし、
東京2100でも2度非常に強い勝ち方を見せている。
今年は58キロだが、
昨年負かしたニホンピロアワーズと1キロ差なのは…
まじん自信度B 11
斤量がきつい実績上位の2頭をどうするか。1600万を買ったばかりの馬も多数目につく。ニホンピロアワーズは京都は大の得意なかなか馬券圏内からは外れてくれそうにないが少しだけ評価をおとして、本命は阪神が得意なナイスミーチュー善戦しても人気にならない実績馬。手ごろな57kgと平安Sが1900mとなっているなら終いの100mはもう少し前走より切れてきそう。

対抗はニホンピロアワーズ負ければ59kgがきつかっただけのこと。このメンバーでは負けるわけにいかない。

▲トミケンアルドールオープン上がっての各上挑戦を一叩きで前進に期待したい。

△にマイネルバイカ前走の桃山Sを評価1Kg減量のここは好機。前走のメンバ…
××711自信度C 12
 7-ω-) ファンは許せないかもしれないが、こんな夜中に神を見た。知らんかったよボウイ・・・。
  ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm8728635

 7-ω-) 本当はこっちが見たかっただけなのに。
  ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm223385

 7-ω-) 第20回平安ステークス(G3)の予想UPします。

 予想はいつものとおり、過去の同レースの振り返りで作成した俺データ(消し条件)での絞込み。なお、俺データ(消し条件)の中には、僅かながら3着が有りえるものもあります。また、消し馬であっても単純消しとはせずに印を回す場合があります。

 7-ω-) まず、人気どころの消し馬予想から。自分が買わない馬の中…
nige「ここは馬券的に待っていた条件」自信度A 5
本命は、ソリタリーキング
前走は外枠だったこともあり前に行く気なく後方3番手から、直線は馬群の中を差してきて4着。
前走は-15kgだった馬体重を戻しながらの調査だったが、今回は気にせずに調整でき、条件は東海Sを勝ってベスト条件の京都ダ1900m。
ここは馬券的に待っていた条件、勝つためには中団の7,8番手の位置取りがほしい。


対抗は、ニホンピロアワーズ
京都ダ1900mでは崩れないし、休み明けの阪神であれだけ走れるなら京都ならさらに上昇。
でも勝ち切れないのがこの馬なので。


3番手は、ハタノヴァンクール
中央の重賞なら一番条件がいいと思っているのがこの条件(重賞ではなければ東京ダ2100m)…
「2013年平安S 予想決定!!」自信度S 2
まずは消し馬から。

2.アメリカンウィナー
4.キングスエンブレム
8.マイネルバイカ
9.トウショウフリーク
12.ユーロビート
13.インバルコ
14.マイネルアワグラス
15.ダイシンオレンジ
16.アントニオピサ


この中で切るのに物凄く迷った馬は

マイネルバイカ
トウショウフリーク

この2頭。この馬は馬券圏内に来てもおかしくないとは思っています。
しかし今回は厳正な判断により削除。

ちょっと迷ったのが

ダイシンオレンジ

この程度でしょうか。


ではまず1着に来そうな馬を。

◎ 1.ニホンピロアワーズ

まぁまず普通にやればこの馬が勝つでしょう。
ただ、ちょっと気になるのが最…
ばっじょ「Mr.Prospecter系統との組み合わせで」自信度A 0
-平安S[2013]考察-

京都1900m戦で比較的人気薄で馬券圏内に激走した馬の血統面での特徴を考察。

【1】 まず浮かび上がるのが、“Mr.Prospecter配合馬”になります。細かくみても芝・ダ兼用:Kingmanboやダ専用:アフリートなど様々なので大きく“Mr.Prospecter配合馬”という括りで考えたい。

【2】 次にその“Mr.Prospecter配合馬の対配合”をみると、ロージズインメイ、フジキセキから“Halo系統”、Storm Cat、Sadler's Wellsから“ND系統”になります。特に10番人気で勝ちきった馬の配合が“PW型ND系統/Mr.Prospecter配合馬”

-平安S[2013]適正群推奨馬-

本命: トウショウフリーク 牡6 武豊

期待は名手…
ロックステ自信度C 4
◎ニホンピロアワーズ
 休み明け59キロであの競馬をされてしまうともう逆らえない。
 最内枠でも包まれるような馬でもないですしね。

○ハタノヴァンクール
 今回初の59キロはこちら。
 前が有利なこの条件で、ペースの遅い地方交流重賞ならともかく、中央では一度も前にいけていない馬。
 ただ、メンバーを見渡してホッコータルマエ級の馬がいるとすればこの馬しかいない。
 この京都ダート1900という条件は昔からありますが、本格的に使われるようになったのはここ数年と、歴史の浅いコースです。
 施行回数は86回と少ないですが、そのうち13回も勝っているのがこの四位騎手。
 勝ち方を知っているこの鞍…

タイム 1:56.9 4F 49.5 3F 36.6
単勝1番140円(1人気)
複勝1番110円(1人気)7番590円(8人気)6番250円(5人気)

カタストロフィ<10期 西前頭二枚目>
平安S2013予想
ナムラタイタン3着/5人気
○ニホンピロアワーズ▲トミケンアルドール△トウショウフリーク
    
2323
5拍手

ワイド 1-6番

320円的中

【予想】
展開はトウショウフリークが単騎でハナを狙えるものの、大外枠のアントニオピサ、藤田のマイネルバイカ辺りも展開に影響してくるだろう。藤田のマイネルよりもトウショウの方が外枠なので、これを制することができるか。ただしテンに関してはこちらの方が速いし逃げさせれば基本積極的に逃げてくれる武豊なので、トウショウフリークが行き切るだろう。2列目構成がどうなるかで、マイネルバイカがある程度前目を意識した場合、内のニホンピロアワーズより前の2列目に入り込めばニホンピロは3列目以降になる。外からはアントニオ、トミケン辺りが2列目に来るか。


◎ナムラタイタンは前走でも2100m、58.5kgで2100mという舞台でも平均ペースなら12.3 - 12.4 - 12.6 - 12.3 - 12.3 - 12.6の流れで2列目外からしぶとく粘る内容。それでも2100mだと流石に距離が長い。東海Sでも12.2 - 12.4 - 13.0 - 12.5 - 12.7の流れでハイペース厳しいラップ。これで積極的に2番手で進めて粘り込み、ホッコータルマエは完封。厳しい競馬になればなるほど生きてくる馬。今回トウショウフリークの出方次第ではあるものの、基本的には武豊は逃げで小細工を打つ方ではないので厳しい競馬を追走する形ならば基礎スピードの高さとポテンシャルで戦える。ここはニホンピロアワーズが内枠に入り込んだ分、ポテンシャルでは負けないこの馬にとっては積極的な競馬で外から出し抜ける環境も揃っている。トウショウフリークをマークして外さず、かつニホンピロアワーズよりも外から積極的な競馬が出来れば東海S同様しぶとさを活かせるはず。ニホンピロアワーズを崩すには特化し実力馬だろう。ハンデも一気に56kgと軽くなるし、ニホンピロとは3kg差。前目のポジションなら。


〇ニホンピロアワーズはここでは総合力で抜けた存在。これまで1800mでは基礎スピードで押し切られたり厳しい競馬で早仕掛けで甘くなったりと言ったことがあったが、本格化してからJCDやみやこSを見てもわかるように、唯一の弱点が無くなった。もともと地方交流で図抜けたパフォーマンスを見せているように、基本的には1900以上の長距離に適性を持っている馬。ここに入れば基礎スピードも高く本気でポジションを取りに行けば2列目には楽につけられるはず。前走の敗戦で意識を下げる可能性はあるが、それでも壁の状態から直線すっと動けるだけのギアチェンジ能力もあり、余程後ろからの競馬にならない限りはトップスピードとギアチェンジ能力で要所で優位に立てる馬。鉄板とまで行かない理由はトウショウフリークがニホンピロが内枠であることを見越してスローに落とし込み、団子状態を作り出す可能性が高いという点。ペースをある程度上げてくれればまず勝ち負けだが、緩んで直線まで進路がない状態で、外々から各馬が押し上げてくる展開になると多少リスクがある。それでも総合力では抜けていて、59kgの実績もある。鉄板ではない以上軸には据えたくないが、抜けた1番人気というほどでもないし、素直に相手筆頭。


▲トミケンアルドールはまだ底を見せていない点で穴として。前走アンタレスSはある程度楽に前に取り付けるが、12.6 - 12.2 - 11.9 - 11.5 - 12.5とギアチェンジとトップスピードが問われる競馬で内ポケットから前を向けず直線序盤で置かれた形。最後まで頑張ってはいたが阪神であの競馬になってしまうと一流どころ相手には苦しい。今回は外目の枠を引いて、目標もハッキリしている。2~3列目からしっかりと前を向ける競馬になればチャンスは十分にある。


△トウショウフリークは単騎逃げ濃厚、武豊騎乗で基本的に小細工なしの逃げを打つだろう。前走でも2100mの流れで平均ペースを刻み0.2差、あわやの場面を演出。基礎スピードの高さとポテンシャルの高さはかなり高い。こういったスピード型なので、京都コースで平均的なラップを刻んで押し切る競馬が合っている。1800mでは若干基礎スピードで優位に立てないこともあり、前走で距離に目途を立てた今なら京都1900は良い条件だろう。押さえておく。


ハタノヴァンクールは1800よりは1900の方が良いだろうが、ポジショニングが悪いし何せ59kg。ただでさえスタートあまりうまくない馬が酷量なら基本的には嫌う。今回はメンバーも強敵。少し緩んでトップスピード勝負になればチャンスは有るが、敢えて狙う必要はないだろう。


ソリタリーも同様で、自分で動けない馬なので基本的にハイペース待ち。京都1900でズブズブの展開にはまずならないし、なったとしてもポジショニングで苦労することを考えると前走同様の58kgはマイナス材料。



【展望】
1月末からこの時期に移動して1900mへの変更と、これまでのイメージとは少し違う平安S。位置づけとしては帝王賞への前哨戦になるだろうか。しかしこの時期のダート中距離重賞としてはかなり豪華なメンバーが参戦。昨年のJCD覇者と今年の川崎記念馬が激突。更に重賞馬多数登録でGIIIとは思えない熱戦が期待できそうだ。


 中心は昨年のJCDで完勝、今年のダート中距離路線の中心を担う実力馬ニホンピロアワーズ。前走のアンタレスSでも59kgを背負ったが楽に番手につけると12.6 - 12.2 - 11.9 - 11.5 - 12.5の流れ、要所でしっかり加速して直線ホッコータルマエとのたたき合い。L1で少し甘くなるも食い下がってGI馬の実力をしっかりと見せる2着。押し上げてきたホッコータルマエを待って直線を向いての仕掛けでも反応できているように、とにかく要所のギアチェンジ、トップスピードは現役最強と言っていいだろう。前走は休み明けもあったが、ホッコータルマエが脚を溜めてニホンピロアワーズを目標にする競馬でパフォーマンスを上げてきたとみてよさそう。これまではホッコーの方が前で競馬をしていたというのが順序が逆になった。勢いをつけてトップスピードに乗せたホッコータルマエに諸々の条件を合せて負けたと言ったところだろう。ただしタルマエとは2kgの差があった。それに相手のエンジンが掛かるのを待ってからの追い出しとこちらもまだまだ余裕があった。3着ハートビートソングは全く問題とせず。ホッコータルマエと高いレベルで今年の中距離路線を争うことになると思うが、現状総合力の高さはこの2頭が抜きんでている。しかも要所のギアチェンジ、トップスピードの高さが抜けていて、かつJCDで平均ペース、12.3 - 12.6 - 12.6 - 11.6 - 12.2と基礎スピード、ポテンシャルもある程度問われる展開で3列目からぶっちぎっているようにもはや隙はない。この馬はこれまで1800mだと基礎スピードで若干苦労して甘くなるケースがあったが1900m以上ならまず崩れないだろう。59kgでも前走スタートで影響がなかったし、ここでは不動の中心。


 相手筆頭にはトウショウフリークを抜擢。今の所ニホンピロアワーズを破るには平均的なペースで刻んでニホンピロの良さであるギアチェンジを封じてトップスピードを削ぐ競馬しかない。スローに落とせば高いポジショニングとギアチェンジですっと動かれて出し抜かれる可能性が高いからだ。この馬はこれまで1800m路線、とりわけ道悪の軽い馬場で基礎スピードの高さで押し切る競馬を得意としていた。実際2年前のみやこS2着では12.3 - 12.2 - 12.1 - 11.9 - 12.7のラップを刻んで押し切りを図っての2着。エスポワールシチーには完敗だったが、1800mでもハナを切れるだけの基礎スピードの高さ、ポジショニングの良さが持ち味。ただ、良馬場となるとパフォーマンスがあまり高くなかったこともあり、これまで高い評価は難しかった。所が前走のブリリアントSで驚きの競馬を披露。東京2100mの舞台で12.3 - 12.4 - 12.6 - 12.3 - 12.3 - 12.6と平均的なラップを刻んであわやの3着まで粘った。走破時計もまずまず優秀で、何より2100mで基礎スピードの高さを出して最後までばてていないという点にある。1800mだと上級条件では行き切るだけで苦労して脚を使い切って苦しくなるところが多かったが、今回は1900m。バーディバーディという同型の存在は厄介だが、ニホンピロアワーズよりも前で競馬ができるというのは非常に大きな武器だろう。目標にはなるだろうが、出来るだけ厳しい競馬でニホンピロアワーズの脚を封じることが出来れば面白い。


 3番手には同じく厳しいラップで逃げの手に出れば反撃できるバーディバーディ。アンタレスSではハナに立てずに、2列目外と苦しい位置取り。12.6 - 12.2 - 11.9 - 11.5 - 12.5と加速していく流れの中でギアチェンジ能力やトップスピードでは見劣るこの馬が2列目外ではどうしようもなかった。マーチSではハナを切って13.0 - 12.4 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 13.5とロンスパ戦に持ち込み出し抜いてあわやの2着。グランドシチーには差されてしまったが3着以下は離した。トップスピードは平凡なのでできれば平均的な競馬に持ち込んで基礎スピードの高さとポテンシャルを発揮したいところ。少なくとも勝ち負けを考えればハナを切らないと難しいだろう。今回は距離延長で少しはハナに行きやすい条件ではある。が、トウショウフリークという強力な同型もいるのでこの辺りの兼ね合いが課題だろう。能力は高いのでこれを出し切れればニホンピロアワーズ相手でも抵抗できるだけの馬ではあると思っている。ただし、自分の土俵に相手を乗せないと苦しいので、積極的にハナを奪ってもらいたい。


 4番手には川崎記念で悲願のGI制覇となったハタノヴァンクール。ワンダーアキュートを抑えての勝利なので評価したいところだが、内容的には川崎らしい競馬で14.7 - 11.9 - 12.3 - 12.6 - 12.5と向こう正面でペースアップして3角までに前を向けた馬が有利という内容だった。3~4角で外から捲ってワンダーアキュートを出し抜いて直線を向き、そのまま押し切ったという競馬。L1ではワンダーアキュートに詰められているようにポテンシャル面では見劣るが要所のトップスピードは速いと言ったところ。距離延長でポジショニング面で改善が見られたのが大きい。ただし、あくまで地方交流レベルでの話。ダイオライト記念では14.4 - 12.4 - 11.9 - 11.9 - 12.0 - 13.9の流れで3~4角押し上げて前を向いての競馬も伏兵オースミイチバンに逃げ粘られてしまっている。トップスピード勝負、L1落ち込んでもしっかり伸びてくるように後半勝負になれば安定する典型的なダートステイヤーの印象は3歳時から変わらない。それゆえ高いレベルで基礎スピードを問われ、しかもそこから加速するような競馬ではJCDやみやこSを見ても勝負になっていない。現状1800mでは最上位、ニホンピロやホッコーとの差は小さくはないだろう。ただし、今回は微妙な1900mという距離。ダートで考えるとこの100mの差はそこそこ大きい。しかもトップスピードを引き出しやすい京都1900mという舞台なので、後半勝負に偏ればノーチャンスではないだろう。ただし、ニホンピロアワーズはスローペースでもすっと動けてトップスピードにすぐに入り、その質も高い。余程上手く勢いづけて直線で差の無い状態に持ち込まないと中々飲み込むのは難しいだろう。しかも今回は59kg。ポジショニングも悪く動き出しもそこまで良い馬ではないだけに、この斤量はきびしいとみる。今回はニホンピロとの2強という状態を想定しているが、正直そこまでの武器はトップスピードしかなく、ポジショニングに難があって買い材料には乏しいだろう。4歳馬の成長力でどこまで太刀打ちできるか。


 穴どころからはトミケンアルドール。前走アンタレスSでは昇級初戦にしてはかなり厳しいメンバー相手となったが意外と悪くない内容だった。平均ペースから12.6 - 12.2 - 11.9 - 11.5 - 12.5と一気に加速し4角~直線入りが最速の競馬。2列目の最内から直線で前が空く競馬にそこからの伸びは見せられなかったものの、ギアチェンジが問われる競馬で最速地点まで前が壁だったことを考えれば悪い内容ではない。ポジショニング面でもいいものを見せたので、距離延長で更に活かしてこれれば面白い存在だろう。摩耶Sは12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.8 - 13.1の流れで2番手から前を向いてしぶとく抜け出しての完勝。高い基礎スピードが問われる競馬の方が合っている印象なので、1900mでもペースが落ち着かず、緩まずに淡々とした競馬になってくればかなり怖い存在と言える。内枠でロスなく進めた時に流れ次第で一発十分あり得るだろう。


 ハートビートソングは京都1900mでどうか。前走アンタレスSではダートスタートながらしっかりと好位につけて外からジリジリ伸びてきた。 12.6 - 12.2 - 11.9 - 11.5 - 12.5の流れ、トップスピードが問われた直線序盤では2列目外から前を向いたにもかかわらず前列とは離される。最後はジリジリ伸びていたものの大勢には影響せず。ペースがそこまで早くない競馬で持ち味のトップスピードでどこまでやれるかという舞台だったが、上位2頭とは小さくない差を感じさせる内容だった。東海Sのように厳しいペースでポテンシャルが問われる競馬でもそれなりには伸びているものの、基本的には1900~2000mで要所のトップスピードを活かす競馬が合っている。それだけに京都1900m自体は悪くないだろうが、下り坂もあり阪神ほどL2最速戦になりづらいという点はこの馬としては競馬が難しくなりそう。3~4角でペースアップして平均的な脚を求められた時に外々を回されると脚を使わされる可能性は高い。外から押し上げて直線に向かうのが良い阪神から、ペースが上がればできるだけ内を通したい京都に替わる点は不安材料の一つとなりそう。前走のように勝ちに行って要所で外々を回す羽目になるよりは、3~4角ではロスなく立ち回って展開待ち、直線トップスピードを活かす競馬を狙う方がいいかもしれない。ニホンピロアワーズの外から押し上げて勝ちに行けるほどポテンシャルは見せていないので。


 ソリタリーキングが復調気味か。前走アンタレスSでは後方からの競馬になったが12.6 - 12.2 - 11.9 - 11.5 - 12.5の流れでメンバー最速の上り3Fで伸びてきていた。3~4角内目、直線でもロスなく捌いて4着まで押し上げたという形。ポジショニングの悪さは相変わらずネックだが、トップスピードに乗せてからの良さは見せたしポテンシャルもある。東海Sでは厳しいペースで12.2 - 12.4 - 13.0 - 12.5 - 12.7とポテンシャルが問われる競馬。3~4角を内目で立ち回りロスなく進めた分もあるが、最後までしぶとく伸びて4着。ホッコータルマエとはクビ差とポテンシャル勝負になれば太刀打ちできるだけのものは秘めている。ただし、ポジショニングが悪いのは致命的で、要所で動けないタイプなのはJCDで見せている通り。基礎スピードで1800mの上級条件は苦労するので100mでも距離が長くなるのは歓迎材料。あとはきびしいラップが刻まれることを願うのみだ。


 最後にナムラタイタンまで注目しておく。前走ブリリアントSは休み明けで58.5kgと厳しい条件だったが4着と一応格好はつけた。東京大賞典でもハイペースで4着の実績があるとおり、前走も12.3 - 12.4 - 12.6 - 12.3 - 12.3 - 12.6と東京2100にしては緩急の無い一貫ペースでしぶとさを見せた。2列目中目から直線ジリジリと伸びきれなかったが、ハンデ、休み明けに距離も少し長かった。この馬の良さは平均ペースで緩急の無い競馬を前目で運んで粘り込むという競馬。もともと東京1600で高いパフォーマンスを見せていた馬なのだが、東海Sでは2番手で運んで12.2 - 12.4 - 13.0 - 12.5 - 12.7と厳しいラップを粘り込んでの2着。勝ち馬はポテンシャルの才馬グレープブランデー、そして3着はホッコータルマエということを考えてもこのパフォーマンスはかなり高い。トップスピードには乏しく、いかに厳しい競馬で基礎スピードを活かして押し切れるかがポイントだろう。展開次第だが今回は56kg。別定戦で条件も良い。1900mも許容範囲でとにかく積極的な競馬が好ましい。


http://blog.livedoor.jp/catassan/
05/18 14:25

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【天皇賞秋2019最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

スプリンターズSはタワーオブロンドンから
馬連1260円的中!

ローズSはダノンファンタジーから
馬単2300円的中!

太秦Sはヴェンジェンスから
3連複4780円的中!


▼天皇賞秋2019最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




カタストロフィ

予想歴16年
回収率%
各馬の特徴を見分けつつ、そのレースに問われる要素を展開から弾きだし、その適性を持っていてかつ力関係から基礎能力が高い馬を狙います。 http://blog.livedoor.jp/catassan/ 総拍手獲得数:6132
過去のベスト予想
 AJCC2015

◎クリールカイザー○フェイムゲーム
49拍手

20,860

新着回顧平安S2013回顧一覧カタストロフィの回顧
カタストロフィTM競馬歴16年 回収率%
平安S2013回顧
次走狙い馬:ナムラタイタン 次走狙い馬:アメリカンウィナー
次走危険馬:ナイスミーチュー   
 
0拍手

1:56.9 7.0 - 10.7 - 11.0 - 12.6 - 12.9 - 13.2 - 12.9 - 12.1 - 12.0 - 12.5


 展開は前半は早かったが、2角過ぎぐらいで緩んで団子になり、そこから3F勝負になっている。3~4角最速で、ペースが引きあがっているのでこれに対応できる馬でないと苦しかった。基本的には前半脚を使わずこの緩みで押し上げてこれた馬が有利ではあるが、結果としてはそうなっていないように感じるのは上位の先行勢が強かったからとみていいでしょう。


 1着ニホンピロアワーズは好スタートからある程度押して押してハナを窺う勢い。ここからナムラタイタントウショウフリークを行かせて2列目の内で進めていく。道中ナムラタイタントウショウフリークをぴったりとマークしてそこにスペースが生まれ、そこで外に持ち出して3角へ進めていく。3角で中目追走、4角で軽く仕掛けて先頭列に並びかけて直線。序盤でナムラタイタンを馬なりで外から併走、L1で仕掛けるとしっかり抜け出して、最後は迫ってきたナイスミーチューを抑えての完勝となった。ん~勝ったし、完勝だと言っていいけど個人的にはちょっと苦戦したなあという印象。前走含めてやっぱり59kgは楽ではないんだなと思う。それでも59kg背負ってスタートすっと出るし、コーナーでも置かれずに最速地点で馬なりで動けるように、ギアチェンジ、トップスピードはこの斤量でも陰らなかった。やっぱり総合力は抜きんでている。これからも余裕がある状態でペースを引き上げていく流れならまず崩れないだろうね。そう言う点でやっぱり長距離の方が本質的には高いレベルで安定すると思う。もちろんJCDの勝ち方見ても今なら1800で厳しい競馬になっても大丈夫だとは思うけど。


 2着ナイスミーチューは五分のスタートから鞭も入ってかなり必死に追われても追走に苦労して中団につける。2角過ぎで緩んでからもおっつけ気味に進めていき、3角へ。3角で内目追走、4角でもかなり必死に追われるが反応で苦しみ中団で直線。序盤で中目からジリジリ伸びてくると、L1でばてずにグンと伸びてきてあわやニホンピロを食うかという脚は見えたが流石に届かず2着に終わった。ん~序盤ホント行き脚悪いね。かなり激しく追われても中団までだったし、緩んでからもおっつけおっつけ。今回好走したのはペースが緩んで前との差を広げられなかったことが大きいなあ。この馬は阪神2000で実績があるように、L1の落ち込みで食い込んでくるタイプで、ダートスタートだと序盤あまり行き脚が良くないので、京都1900mで緩んでL1落ち込んでと割と長距離型に有利な展開になったのが大きかったように感じる。一貫ペースだと押し上げていくタイミングがないし、序盤見ても追走に汲々になると思うので、1800mで基礎スピード問われる競馬になると辛いと思うな。現状だと1900mでもちょっと苦労すると思う。でもトップスピードに乗せてからは良いものを持っているので、この馬は長距離の交流重賞で走らせたら良いんじゃないかな。中央だと阪神2000、東京2100ぐらいしか適条件が無いように感じるなあ。後は嵌らないとという感じ。今回は緩んだのとL1落ち込んだのが大きい。


 3着ナムラタイタンは好スタートから押して押してハナ争い、トウショウフリークを楽に行かせない競馬だが、1角で譲って2番手ですすめる。道中もトウショウフリークを徹底マークする形でニホンピロアワーズに対してもある程度差を作って進めて3角。3角で楽な手ごたえでトウショウフリークに並びかけるが4角で外からニホンピロアワーズに楽に並ばれて先頭列で直線。序盤で激しく追われるが手応えで見劣りL1で追い出されて抜け出されてしまう。最後はナイスミーチューに差しこまれるものの3着に踏ん張った。この馬としてはこの展開でニホンピロアワーズに差されるのは当然だし、L1落ち込んでナイスミーチューに差されたのもまあ当然。一貫ペース向きなのはこれまでの内容からも明らかだったわけだし、2番手で積極的に競馬をしたとはいえ、展開的に恵まれたとまでは言い切れない。その中で3着なら頑張ったと言える。が、今回はそれよりも重要なことが分かって、この馬は1900mのレースで緩んで加速する競馬に対応できたという点。これまで2000m以上でも一貫ペースなら対応できていたので、後は緩いペースでも大丈夫かどうかだったのだが、今回で対応してきた。ここからも今なら1800以上は全く問題ないと言えるだろう。ダートスタートで良いスタートを切れたし、今回のように積極的な競馬を続けていけるのであればポテンシャルは非凡なものを持っているのでこれからも一線級と戦っていけると思う。今回のようにニホンピロやホッコータルマエよりも前で競馬して、2頭の持ち味である総合力をポテンシャルの高さで削ぐような展開に持ち込めれば、2頭を食う可能性まであるんじゃないかなと。ただそういった展開になったら今度はグレープブランデーやローマンレジェンド、ワンダーアキュートと言ったポテンシャルタイプが怖いけど。でも今なら最上位候補の1頭として数えてもいいと思う。


 4着アメリカンウィナーはまずまずのスタートからある程度押されるもポジションを下げていき後方で進めていく。道中も最内を追走して3角へ。3~4角でも最内を突くが前が壁で動けず中団のまま直線。序盤で内目から進路を見つけるとしぶとく伸びてくる。L1でもばてずにジリジリと伸びてはきたがナイスミーチューには伸び負けし、ナムラタイタンには届かずの4着に終わった。まずは昇級初戦としては上々の結果と言っていいと思う。もともと総武Sのパフォーマンスが一貫ペースで厳しい流れを2列目からしぶとく押し上げて捻じ伏せた形だから、違うパターンで好走できたというのは大きい。距離にも対応してきたし、相手も手ごわかったし。あとは一貫ペースでどこまでやれるか。トップスピード、ポテンシャル共にまずまずのものは見せたので、もう少し良い位置を取れるようならなお良い。


 5着ハタノヴァンクールは五分のスタートから積極的に先行していき、好位集団に取り付ける形。道中も好位馬群の中でおっつけ気味に進めていく。3角で内目から仕掛けてナムラタイタンの直後を進めていくが、4角で置かれ気味になってしまい、2列目外で直線。序盤で外から追われるも伸びは平凡。L1でもいつものしぶとさは見せずに完敗の5着。59kgが響いているのは間違いないと思う。あと、これまでにない積極的な競馬をしたけども、今回の展開を考えるとやはり中団でゆったり進めて後半前を向いてじわっとトップスピードに乗せる競馬の方が良かった気はする。今回はちょっと序盤に脚を使いすぎたのが敗因なんじゃないかなあと思うな。この馬はこれまでを見ても序盤の追走力は無いので、本質的に1800以下だとハイレベル戦では追走力不足。なので1900mの今回こういうラップだったなら自分の競馬に徹した方が結果も良かったかなと。ナイスミーチューが2着に来るぐらいなんだから、今回の展開なら互角に戦えたはず。速い前半で脚を使った割に緩んでポジショニングで差が出なかったし、前が壁の状況で加速戦になってギアチェンジ面でも足りない馬にとってこの流れは辛かったと思う。中団から前を向く競馬だったら斤量込でももうちょっと違ったと思う。まあ、初めての59kgだし、相手も強敵、自分の競馬ではないからあまり気にしなくていいかな。ただそれでも総合力では上位に見劣るので、この馬の持ち味を活かせる展開になった時に結果を出して行きたいところ。


 7着トウショウフリークはやや出負けしてしまい、押して押してナムラタイタンを捻じ伏せ何とかハナを取りきる。そこからはペースを落としこみ、スローに持ち込んだ。3角で最内、ラップ的には加速するも、4角でナムラやニホンピロに楽に並ばれてリードを作れず直線。序盤からトップスピードの差でキレ負けする。L1でも伸びは無く失速して7着完敗。ん~まあこの馬の適性を考えると良い逃げとは言えなかったな。もともとこの馬は前走やみやこSを見てもらえばわかるが基礎スピードの高さで平均的に刻んで何ぼの馬。こうやってスローに持ち込んでも良さが出ない。リードを作れず、3角でペースを上げてもナムラタイタンにすら楽に押し上げられてしまう。ニホンピロに対しては言うまでもないだろう。基礎スピードとポテンシャルの高さを活かして淡々と刻むしかないんだけど、序盤かなり飛ばしてナムラの前に出る前に脚を使ったことを意識したからか、途中で緩めてしまった。緩めたなら緩めたで、せめてもうちょっと早い仕掛けが欲しかったと思うな。先週の武豊は両重賞共に良い逃げとは言えなかった。ニホンピロに対して有利に立つにはラップを平坦に刻んでニホンピロの良さであるペースアップに強いギアチェンジ能力を削ぐ必要があったと思う。まあ一言で言えば、平安Sオークスの競馬をして、オークス平安Sの競馬をしてほしかった。馬の適性的にはね。出来るかどうかは別にして、ラップ的にはそういう判断。


 9着ソリタリーキングは五分のスタートからある程度は出して中団やや後方の外で競馬。道中も終始外で前を向いて3角へ。3角で外から追われるが反応なく、4角で鞭が入るが押し上げられずに後方で直線。序盤で進路は確保できていたが外から伸びがない。L1でもジリジリとしか詰められずになだれ込むだけの完敗9着。ん~まあ緩んで質の良いトップスピードを問われたのはこの馬としては痛かったとは思うんだけど、アンタレスSではしっかり対応できていたのに、今回まるでいいところがなかったのはちょっと気がかり。L1落ち込む競馬だし、もうちょっと詰めてきても良かったんだけど。まあ最速のコーナーで外々を回すことになったのは痛かった。緩い地点で早めにじわっと押し上げてエンジン点火させながらの競馬が出来ればよかったんだろうが。諸々を考慮に入れてもちょっと負けすぎではあるかな。アンタレスではナイスミーチューにも先着できているんだし。ポジションが悪かったのもあるとは思うけど、まだ本調子ではないのかなあ。この展開でももうちょっとぐらいはやれると思ったんだけど。



http://blog.livedoor.jp/catassan/

05/23 15:41 回顧アクセス:2103

コメント2件

編集長おくりばんと 2013年05月15日18時04分
ソリタリーキングはやはり基礎スピードがないのでしょうね、、
ハイペースを願うのみです^^

それに関して、今回はバーディバーディが何が何でもの意気込みでハナに行きそうな点に期待してます。前走で強い馬に前に行かれて力を出せなかったので、こういうときは次こそは何が何でも、というパターンが多いです。
陣営もそれを匂わせています。
ガリガリやり合う展開に期待しています。

カタストロフィ 2013年05月17日00時34分
>おくりばんとさん

バーディバーディは回避になってしまいましたね…。かなり残念です。これでトウショウフリークは楽な競馬となりそう。

ソリタリーは東海Sの内容からも嵌ればいいものを持っているし、1900になるのはプラスだと思っています。ただ1900特有の2角過ぎの緩みがなく、割と単調なラップになることが好走条件になるかなと思いますね。


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
夏影
10/20 15:24

パドックでは、ヴェロックスが非常にリラックスして良くみえます。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>ぐつん


10/20 19:04



12
菊花賞
◎ワールドプレミア
○ヴェロックス
三連単5-14-13番
23,510円 的中

ぐつん
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社