12/5 12/6
12/5 12/6
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【チャンピオンズC】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想天皇賞(秋)2020予想一覧軍神マルスの予想

3連単 9-6-7番:4,130円的中

東京11R 天皇賞(秋) 2020年11月1日(日)
芝2000 3歳上GI 曇良 平均レースレベル4.5

87654321枠番
121110987654321馬番









































































馬名



牡5 牡5 牝5牝5 牡6牝4牡5 牡6 牡4 セ6 牡6 牡5性齢
58 58 5656 585658 58 58 58 58 58斤量






















騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

クライスト

FUNNY

index

index自信度S 15
そもそもG18勝にチャレンジできたのは、
国内に限ればオペラオーだけって知ってるよね。
通過点じゃないの?

◎アーモンドアイ


~~~~~



対角に人気馬を配置した、
ダノンキングリーとアーモンドアイ、
クロノジェネシスとキセキが狙い目。



あなたは、いったい何と競っているのですか。


~~~~~




19②父母父系リファール
18②父母父系リファール
17①父母父系リファール
16②父母父系リファール
  ③父母父系リファール
15②父母父系リファール
14①父母父系リファール
  ②父母父系リファール
13②父母父系リファール

該当馬:
 フィエールマン
 ダノ…
アキ「1Fで落ち込むなら・・」自信度C 1
◎アーモンドアイ
○スカーレットカラー
▲ダノンキングリー
△ダイワキャグニー


まあここまで高速馬場に戻ってしまうと◎アーモンドアイで仕方ないかなあというとこ。ただ、上がりは速いけど3F通してやっとというところで、1Fではちょっと落とし気味。そこで踏ん張れる馬・・というところで、アーモンドアイ以外になると意外といない。スカーレットカラーやダイワキャグニーでも食い込める余地はあるかなとみて。…
ムトト自信度C 0
◎ダイワキャグニー
内枠先行馬。同型ダノンやジナンボーは外に行ったし、飛ばすタイプは不在。東京8勝とコース実績は圧倒的。昨年のジャパンカップでも逃げて見せ場たっぷりで、当該コースであればこのメンバーでも一切引けをとらない。馬場は良だが例年のような高速馬場ではなく、それでいて内先行馬有利。前走毎日王冠連対の好データ。

○クロノジェネシス
ここのところの強さっぷりは渋った馬場がアシストした面もあるが、東京コースもしっかり走れるので大崩れはないか。

▲カデナ
大阪杯4着のように、後から突っ込んでくるパターンがある。ディープ枠としてならここ。
アーモンドアイは発馬に不安。…
ハショタ自信度C 0
天皇賞は連覇が難しいと言われるレース。
また牝馬でG1最多の8冠を成し遂げるのか!?
3週連続1倍台の勝利はあるのか!?
楽しみな一戦。

◎ダノンキングリー
確固たる逃げ馬がおらずスローは必須。となればスローからの上がり勝負に滅法強いこの馬に期待したい。血統的にも毎年馬券にからむSS×ND系。得意の休み明け初戦で仕上がりは抜群。

〇クロノジェネシス
4歳にして覚醒した同馬。今年は牡馬相手にG1、G2を勝利。同年のG2以上を2勝以上した馬が毎年好走しており、今年の該当馬この馬だけ。ここでも大崩れはないだろう。

▲アーモンドアイ
特に嫌うところはないが、あえて頭では狙いたくない。

△ダ…
ロックステ自信度C 2
見事な秋晴れとAコース替わりで早い馬場。
アエロリットのような逃げ馬もいないのでスロー想定。

◎アーモンドアイ
ヴィクトリアマイルくらい走れれば。
ここ買ってG18勝の記録作れたらジャパンカップ使ってくれないものでしょうか。

○ダノンキングリー
高速馬場とスロー展開に適正があり、内枠と鉄砲もプラス材料。
本命か迷いましたが、ヴィクトリアマイルの時の足を使われたら◎には勝てないかなと対抗。

▲クロノジェネシス
大阪杯の敗因は外枠で、スローも高速馬場も問題なし。
バゴ産駒ですが2歳、3歳時に32秒台の上がりを使っており、今年の上昇度なら。

△ダノンプレミアム
今年は案外ですが、ス…
naoch自信度C 1
とにかくJRAが使い分けの偽り?の8勝を認めるのかどうなのか?

個人的にはなんか嫌

ということでブラストワンピースに期待
東京だしいらないかなぁと思ってたんだが
枠が1番になっちゃったらこりゃもう買うしかない。
1番枠で負けなし忘れたころの池添だし怖い怖い

キセキ
東京はすんなり出れれば大丈夫かなぁ

スカーレットカラー
久々の牡馬混合それだけが心配
しろ自信度C 2
9:アーモンドアイ

昨年の勝ち馬。キングカメハメハ(ミスプロ系)の系統は過去5年で3勝と、近年の天皇賞(秋)の中心血統になってる。安田記念はヤヤ重の割りに速いペースのマイル戦ということで、脚を上手く溜められず持ち味が活かせなかった感。今回は良馬場の2000m、少頭数でレースはしやすくなるはず。ちょっとだけ外目の枠ですが、もしロスがあったとしても大きく崩れることは考えにくい。

タイム 1:57.8 4F 45.3 3F 33.6
単勝9番140円(1人気)
複勝9番110円(1人気)6番260円(6人気)7番140円(2人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「天皇賞秋 アーモンドアイの8冠目に期待。」
アーモンドアイ1着/1人気
○クロノジェネシス▲フィエールマン△ダノンプレミアム
    
198
16拍手

3連単 9-6-7番

4,130円的中

★傾向分析★
2015年 タイム 1’58”4 (良) 1FAve=11.84 3FAve=35.52
テン36.4-中盤48.0(3F換算36.00)-上がり34.0 『加速・中弛み』
1着ラブリーデイ・・・キングカメハメハ×ダンスインザダーク=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔19〕 4-4
2着ステファノス・・・ディープインパクト×クロフネ=ディープインパクト×ヴァイスリージェント 〔17-b〕 8-12
3着イスラボニータ・・・フジキセキ×Cozzene=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔4-n〕 11-10

2016年 タイム 1’59”3 (良) 1FAve=11.93 3FAve=35.79
テン36.9-中盤48.2(3F換算36.15)-上がり34.2 『加速』
1着モーリス・・・スクリーンヒーロー×カーネギー=ロベルト×サドラーズウェルズ 〔10-d〕 5-4
2着リアルステイール・・・ディープインパクト×Storm Cat=ディープインパクト×ストームバード 〔20〕 10-10
3着ステファノス・・・ディープインパクト×クロフネ=ディープインパクト×ヴァイスリージェント 〔10-a〕 14-14

2017年 タイム 2’08”3 (不良) 1FAve=12.83 3FAve=38.49
テン38.6-中盤51.0(3F換算38.25)--上がり38.7 『一貫』
1着キタサンブラック・・・ブラックタイド×サクラバクシンオー=サンデーサイレンス×プリンスリーギフト 〔9-g〕 5-2
2着サトノクラウン・・・Marju×Rossini=ノーザンダンサー×ミスプロ 〔20-c〕 2-2
3着レインボーライン・・・ステイゴールド×フレンチデピュティ=サンデーサイレンス×ヴァイスリージェント 〔19〕 12-5

2018年 タイム 1’56”8 (良) 1FAve=11.68 3FAve=35.04
テン36.2-中盤46.1(3F換算34.58)-上がり34.5 『加速・一貫』
1着レイデオロ・・・キングカメハメハ×シンボリクリスエス=キングマンボ×ロベルト 〔2-f〕 5-5
2着サングレーザー・・・ディープインパクト×Deputy Minister=ディープインパクト×ヴァイスリージェント 〔2-b〕 7-7
3着キセキ・・・ルーラーシップ×ディープインパクト=キングマンボ×ディープインパクト 〔22-b〕 1-1

2019年 タイム 1’56”2 (良) 1FAve=11.62 3FAve=34.86
テン35.7-中盤46.2(3F換算34.65)-上がり34.3 『加速』
1着アーモンドアイ・・・ロードカナロア×サンデーサイレンス=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔8-f〕 6-5
2着ダノンプレミアム・・・ディープインパクト×Intikhab=ディープインパクト×ロベルト 〔1-s〕 5-3
3着アエロリット・・・クロフネ×ネオユニヴァース=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔6-a〕 1-1

 流れは、近年『一貫』や『前傾』になりやすく、テンは比較的速い流れになることが多い。中盤は弛むことも多く、『中弛み』の複合ラップになることも多いが、直線が長いコースのため末脚の持続勝負になりやすい。そのため速い上がりを使う馬が好走しやすく、近年はサンデーサイレンス系の独壇場。逃げ馬は近年は壊滅的で(=08年2着ダイワスカーレット、18年3着キセキ、19年3着アエロリットが数少ない好走馬)、基本は先行・差しの好走馬が多い。
 また近年、好走馬の多くが内枠の馬で、過去5年をみても馬番12番よりも内枠の馬が好走していて、かなり偏りがあると思います。

 血統の傾向は、まずサンデーサイレンス系のためのGⅠと思えるほど異常に強い傾向。特に1'58秒台の決着なら、ほぼサンデーサイレンス系が好走している。馬場悪化で2'00秒かかるようならサドラーズウェルズ系に向くレース質へと変貌するが、まずはサンデーサイレンス系を中心にすべし。特にディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライなどスタミナ型サンデーサイレンス系の好走が多く、スタミナも必要だがスタミナだけに偏るタイプではなく、マイル・中距離にも強いサンデーサイレンス系向きと考えるべきと思います。
 そのほかに強い血統はトニービン系、ノーザンテースト系。サンデーサイレンス×トニービン配合やトニービン×ノーザンテースト配合、サンデーサイレンス×ノーザンテースト配合は好走馬も多い。

 ステップは、近年は毎日王冠好走馬が天皇賞秋も好走する傾向。東京コース改修後に顕著になったステップで、ストレスが残りにくい臨戦過程になったと考えます。また良馬場の天皇賞秋はマイル寄りの中距離馬に向いていることの証明とも思えます。
 対して京都大賞典好走馬は苦戦傾向。馬場が悪化すると好走するが、良馬場ならば差して届かずになりやすい(=07年ポップロックなど)。馬場悪化ならステイヤー寄りの中距離対応型の好走に変化することの証明と思います。
 宝塚記念からの直行組は、宝塚記念好走馬なら好走可能。これは中距離持続型の証明と思えます。その中で東京芝2400m好走歴がある馬ならなお良い傾向。

 牝系の傾向は、No.〔3〕〔4〕〔8〕〔9〕の牝系の好走が多い。
No.〔3〕の牝系は、特に分枝記号lの〔3-l〕が好走。No.〔3-l〕は07年1着メイショウサムソン、08年1着→09年3着ウオッカ、古くは99年1着スペシャルウィークと特に4歳時の秋に東京コースで崩れない特性がある。
No.〔4〕の牝系は、00年以降では一番好走馬が多い牝系。00年1着テイエムオペラオー・2着メイショウドトウ・3着トゥナンテと上位独占した時もあり、02年2着テイエムオペラオー・3着メイショウドトウ、06年1着ダイワメジャー、07年2着アグネスアーク、08年2着ダイワスカーレットなど。この牝系の好走馬は、前走好走していた馬が(=休み明けでも)好走しているので、前走好走が必須条件。
No.〔8〕の牝系は、02年1着・03年1着シンボリクリスエス、04年3着アドマイヤグルーヴ、06年2着スウィフトカレントなど。古馬の本格化モードでの好走が多く、高速決着にも強い特性が活きやすいのだと思います。
No.〔9〕の牝系は、07年3着→09年1着カンパニー、11年1着トーセンジョーダンなど。トニービン系×ノーザンテースト系配合馬で、古馬になり本格化した馬が好走しやすいと思われる。
 分枝記号は、d記号が好走馬多し。d記号は、前哨戦好走だと本番でも好走しやすい特性があり、前走の勢いを活かしやすいので注目。

 また特注は、3歳路線からの転戦組。鮮度の高さを活かしての好走馬が多く、サンデーサイレンス系の特性がある馬は特注(=04年2着ダンスインザムード、06年3着アドマイヤムーン、08年3着ディープスカイ、12年2着フェノーメノ、14年3着イスラボニータなど)。古馬初対戦の鮮度の高さが活きるものと思います。

 老馬の法則はここでも威力を発揮。リピーターの好走は多いのだが、前年好走馬は着順を下げる傾向にある。00年以降では、00年1着→01年2着テイエムオペラオー、00年2着→01年3着メイショウドトウ、04年1着→05年2着ゼンノロブロイ、04年2着→05年3着ダンスインザムード、06年1着→07年9着ダイワメジャー、06年3着→07年6着アドマイヤムーン、07年3着→08年4着→09年1着カンパニー(=09年は1着好走ですが、血統的にも好走しやすい配合で成長力があった馬なので例外事象かも)、08年1着→09年3着ウオッカ、10年2着→11年3着ペルーサ、12年1着→13年3着エイシンフラッシュ、13年2着→14年2着ジェンティルドンナ、14年2着→15年3着イスラボニータなど(=例外は02年1着→03年1着シンボリクリスエスだが、02年は中山開催でコースが異なるので参考外とみてよいと思います)。中距離のスペシャリストが好走しやすいコースでもあり、馬が最高能力を維持できる期間は短いという証明が出来ると思います。

★予想★
天皇賞秋のポイントは、
①流れは『加速』か『一貫』になりやすい。流れで好走馬のタイプが変わり、『加速』はキレ重視のタイプが好走しやすく、『一貫』は中距離持続型のスペシャリストが好走しやすい。
②基本はサンデーサイレンス系のGⅠ。1000m通過時が1分をこえるなら確実にサンデーサイレンス系向きの流れ。1分以内ならトニービン系、レッドゴッド系など大系統ナスルーラ系や大系統ノーザンダンサー系を有した馬が好走しやすい流れとなる。ノーザンテースト系も相性は良い。
③No.〔3〕〔4〕〔8〕〔9〕〔16〕の牝系が好走馬多し。
④毎日王冠好走馬を中心に。特に上がり上位(=最速ならなお良い)で好走した馬は要注目。
⑤宝塚記念好走馬は、休み明けでも好走率高し。東京芝2400mGⅠ好走歴があるならば堅軸。
⑥札幌記念好走馬も好走が多い。
⑦3歳牝馬は鮮度を活かしての好走が可能。基本3歳馬は鮮度が活かせるかを重視すること。
⑧「老馬の法則」が活きやすく、前年好走馬は着順を下げやすい。
⑨東京芝コース好走実績も重視すべし。
⑩内枠有利。外枠は割引が必要。

◎アーモンドアイ・・・ロードカナロア×サンデーサイレンス=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔8-f〕
 前走安田記念2着(=東京芝1600m:0.4秒差)。東京芝コースは(5-1-1-0)、芝2000m戦は(2-0-0-0)。18年桜花賞1着(=阪神芝1600m)、オークス1着、秋華賞1着と牝馬クラシック3冠馬。18年JC1着、19年天皇賞秋1着、20年ヴィクトリアM1着と現在7冠牝馬。本馬はJC1着好走時も2’20”6と破格のレコードタイムで好走しているし、19年天皇賞秋1着好走時も1’56”2と速い時計で好走していて、時計勝負に強い馬。キングマンボ系はレコード決着のような速い時計勝負にも対応できる特性を有していて、その特性を存分に発揮できる舞台と考えて好走に期待する。母父サンデーサイレンスの好走時の勢いも持続していると考えて期待する。「老馬の法則」は考えなければならないが、今回出走頭数も12頭と少頭数なので、大きな割引は必要ないと考えて、堅軸と考えて評価する。
 ロードカナロア産駒はキングマンボ系で、スピードと仕上がりの早さを有している。意外と短距離では勝ち馬は出ず、芝1600mで好調。ストームキャット系も内包しているため、高速タイムやハイペースも苦にしない。ダイワメジャー産駒のように、スピード持続型とスロー瞬発型の見分けが馬券のカギを握りそうで、得意とするペース、得意とする上がりを個々の馬で見つけたい。ダートも走り、脚抜きのいい馬場はプラス。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。瞬発力を武器に上がり特化のレースで強く、勢いのあるときには重賞挑戦はプラス要因。
 No.〔8〕の牝系は、2歳~3歳春シーズンも好走は可能だが人気の時には詰めが甘い特性があり、本領発揮は3歳秋以降で、古馬で真価を発揮するタイプが多い。叩き良化型で、高速時計にも強い。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面、叩いて一変が少ないタイプ。前走好走だと調子は維持と考えて好走が期待できる。また不器用だが、決め手鋭く瞬発力勝負に強い特性がある。

◯クロノジェネシス・・・バゴ×クロフネ=レッドゴッド×ヴァイスリージェント 〔20-a〕
 前走宝塚記念1着(=阪神芝2200m)。東京芝コースは(2-0-1-0)、芝2000m戦は(1-1-0-0)。前走宝塚記念では道悪ではあったが2着キセキに1.0秒差をつける圧勝で、本格化したブラッシンググルーム系の底力を示した内容。19年オークス3着(=東京芝2400m:0.4秒差)と東京芝2400m好走歴もある宝塚記念好走馬ということで本馬も軸に向いた馬ということで、アーモンドアイに勝てる可能性も秘めた馬と対抗評価とする。
 バゴ産駒はレッドゴッド系で、凱旋門賞好走を好走した欧州スタミナ型の芝向き中長距離血統。同系にスウェイン産駒がいるが、スウェインほど重厚ではない様子。ただこの系統は、総じてスローの上がり勝負よりも、平均して脚を使うような厳しい流れでこそ持ち味が活きる。距離延長で中長距離の大レースに強い特性もある。未勝利戦勝ちに手間取るも、勝ち上がり格上挑戦で通じるような相手強化は望むところ。また勝ち鞍が多いのは芝1800mとD1400m。母父クロフネはヴァイスリージェント系で、鮮度と勢いが好走に非常に重要なポイントとなる。芝もダートも走れる兼用型だが、同系のフレンチデピュティと比べるとややパワー型で、持久力も豊富。勢いがある時には連勝も多く、上昇馬はクラスの壁を突き抜けて短期間にまとめて稼ぐ特性を持つ。“ダートから芝に転じて急上昇”や“詰めの甘かったマイラーが地力先行勝負で本格化”という成長パターンを示す。充実期は連勝が多く、積極的に狙える。重不良の成績も抜群で、“雨のダートのクロフネ”には要注意。
 No.〔20〕の牝系は、2歳戦から走れて仕上がりは早いが、古馬になりもう一皮向ける成長力を有す牝系。人気では詰めが甘く、脇役にての好走が多い牝系でもある。小回りコースは得意だが底力はなく、近年は苦戦傾向にある。分枝記号aは、気性的に素直なタイプが多く、また父親よりもスケールが小さくなる傾向。

▲フィエールマン・・・ディープインパクト×Green Tune=ディープインパクト×ニジンスキー 〔不明〕
 前走天皇賞春1着(=京都芝3200m)。東京芝コースは(1-0-0-0)、芝2000m戦は(0-0-1-0)。18年菊花賞1着、19年・20年天皇賞春1着馬。長距離GⅠの菊花賞、天皇賞春好走しているステイヤーだと思うが、中距離でも芝1800mで(2-1-0-0)と好走していて、久しぶりの芝2000mで追走に苦労しなければ末脚爆発の可能性も秘めていると考える。ステイヤータイプの馬は届かず3着あたりの傾向なので、連下候補と評価する。
 ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、広いコースで加速をつけながら全開になる末脚が武器で、スローで脚を溜めてキレキレの瞬発力を繰り出す。一瞬でトップスピードに乗れるタイプと点火に時間がかかるタイプがいて、前者は馬体重が軽い馬、後者は馬体重の重い馬が多い。それから母系がスピード型だと一瞬の反応が速く、母系がスタミナ型だとトップスピードに乗るまで時間を要する。また道中が速いペースだと脚をなし崩しに使わされて末脚が鈍るので、距離短縮の速い流れの時には過信禁物。逆に距離延長で緩い流れとなるときには狙い目。スローでしか好走歴のない馬の距離短縮時は、疑って掛かる方が良い。ゆったりローテーションに強く、間隔が詰まるのも良くない。母父Green Tuneはニジンスキー系で、グリーンダンサー系はマイラー血統とノーアテンション(スーパークリークの父)に代表される中距離血統に分かれるが、グリーンチューンはマイラー血統。母父Mr.Prospectorから日本向きの軽いスピードも備えている。
 牝系については不明。

△ダノンプレミアム・・・ディープインパクト×Intikhab=ディープインパクト×ロベルト 〔1-s〕
 前走安田記念13着(=東京芝1600m:2.0秒差)。東京芝コースは(1-1-0-3)、芝2000m戦は(2-1-0-0)。東京芝コースは、安田記念は19年16着→20年13着と崩れてしまっているが、東京芝1600mとは相性が悪いだけと考えると、19年天皇賞秋2着(=東京芝2000m:0.5秒差)と昨年は休み明けで好走しているし、今年も同じ臨戦過程での出走にて、「老馬の法則」も考慮して連下候補と考えて評価する。初ブリンカー装着という事で集中力も増すと思われ、リピーターとしての好走に期待する。
 ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、広いコースで加速をつけながら全開になる末脚が武器で、スローで脚を溜めてキレキレの瞬発力を繰り出す。一瞬でトップスピードに乗れるタイプと点火に時間がかかるタイプがいて、前者は馬体重が軽い馬、後者は馬体重の重い馬が多い。それから母系がスピード型だと一瞬の反応が速く、母系がスタミナ型だとトップスピードに乗るまで時間を要する。また道中が速いペースだと脚をなし崩しに使わされて末脚が鈍るので、距離短縮の速い流れの時には過信禁物。逆に距離延長で緩い流れとなるときには狙い目。スローでしか好走歴のない馬の距離短縮時は、疑って掛かる方が良い。ゆったりローテーションに強く、間隔が詰まるのも良くない。母父IntiKhabはロベルト系で、短距離から芝2400mまでを守備範囲とする芝向き血統。直線の長いコースでの末脚比べより、小回りをまくる競馬で持ち味が活きる。根幹距離よりも非根幹距離の方が強さを発揮する。父系の中にミスプロ系やダンチヒ系を内臓しているため、一瞬の脚も使え好位差しが得意。成長は仕上がりも早く、3歳~4歳がピーク。
 No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。3歳秋~4歳前半は充実期で、古馬になると緩やかに成長する。分枝記号sは、立ち回りが上手く、スローの上がり勝負で強い。上級クラスでは展開利が必要。
11/01 11:03

■■■■■■■■■■■■■■■

≪JRA馬主・佐々木主浩本人≫
【ジャパンC2020最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

神戸新聞杯はコントレイルから
馬単620円的中!

七夕賞はブラヴァスから
馬連4730円的中!

函館SSはダイアトニックから
馬連5710円的中!

スプリンターズSはグランアレグリアから
馬連530円的中!


▼ジャパンC2020最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/




軍神マルス

予想歴22年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3633
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

コメント2件

クライスト教授 2020年11月01日18時07分
お見事です!(完璧的中

軍神マルス 2020年11月07日19時42分
クライスト教授さん、コメントありがとうございます!
GⅠ8勝の壁を乗り越えたアーモンドアイが本当に素晴らしい名馬だと思います。


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
ラインマスター
12/04 12:27

チャンピオンズC、連闘で今度こそ◎ヨシオ!

index
11/30 20:31

いつも拍手下さる方、ありがとうございます。ただ、どなたか解らずご挨拶できず恐縮の至りです。

ラインマスター
11/29 18:02

JC負けた方々。蒲郡SG優勝戦あるよ。2連単1-3。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

軍神マルス>>

>>軍神マルス


11/07 19:42

index>>

>>index


11/03 20:18

@天皇賞(秋) ありがとうございま~

クライスト教授>>

>>FUNNYCAT


11/02 11:22



25
ジャパンカップ
◎アーモンドアイ
○コントレイル
三連単2-6-5番
1,340円 的中

ドリームパスポート
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社