7/20 7/21
7/13 7/14
モナコイン
tipmonaとは
新着予想セントライト記念2023予想一覧軍神マルスの予想

3連複 4-6-14番:860円的中

中山11R セントライト記念 2023年9月18日(祝)
芝外2200 3歳GII 晴良 平均レースレベル4.0

87654321枠番
151413121110987654321馬番










































































































馬名



牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3性齢
5656 56 56 56 56 56 56 5656 5656 56 56 56斤量






























西





騎手
単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

編集長おく自信度C 0
ここでは、いずれにしても気になっている超大穴がいるのでご紹介しておきます

3コレオグラファーです


前走阿賀野川特別でウインオーディンに先着されてしまった馬なので

全く人気がなくて当然の馬なのですが

どうもこの時の走法が良くなっているように、ストライドが綺麗に伸びて、成長したのかもしれないと感じました

1勝クラス勝ちも超人気薄で東京2400を逃げ切ったのですが

これも思い返せば悪い走法ではなかったですし、

展開に恵まれたとはいえティムールというなかなかレベルの高い馬を撃破しているんですよね


どうにも気になります笑

前走は一転して差す競馬に変えましたが、そ…
ハショタ自信度C 2
◎レーベンスティール
パドック気配1番手。

○ソールオリエンス
▲キングズレイン
△セブンマジシャン
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
ばふかつ「セントライト記念2023予想」自信度C 0
本命は現時点②人気レーベンスティール。人気、実績はソールオリエンスだが当該レースの本気度はこちらが上。
前走味な競馬で2着のウインオーディン、GI馬ドゥラエレーデ、最内キングズレインが相手。
まじん自信度C 0
本命はアームブランシュ。はるは惜しいところでクラシック出走が叶わなかったが弥生賞の内容なら皐月賞ではそれなりの競馬が出来たと思う。この人気なら狙いたい。

対抗はソールオリエンス。昨日を見ても内前なのでわりびきも能力で突き抜けるか内の外人二人にやられたら仕方ない

▲コスモサガルマータ。この馬には注目している

△ドゥラエレーデ。展開はむくだろう。
はやと自信度C 0
◎ソールオリエンス

皐月賞で見せた桁違いの豪脚を信じる手。当時のラスト3ハロン35秒5は次位を0秒9も上回る歴代屈指の突出値で、それをマークしたのが約3カ月のブランク明けだったのも心強い材料だ。当時と違い軽い馬場になる見込みだが、力を信頼する。
BC爺自信度C 0
◎コレオグラファーは好相性のロベルト系。前走は4着でしたが、少頭数スローを逃げ切った後に多頭数の忙しいレースによく対応できました。かなり2200の適性が高いと思われ、ローテの足かせがない今回はもっと走れるはず。

○レーベンスティールは昇級戦で少し苦戦する馬なので、追走が楽になるタイミングに強いタイプでしょう。距離延長の内枠で走りやすい今回は本領を発揮する可能性が高いと見ます。

▲ソールオリエンスは強いので押さえるとしか言いようがなく。

△グリューネグリーンは重賞を勝ってから反動で不振が続いていますが、本来はタフな良い馬です。リフレッシュして回復していれば。…
××夏影「穴狙いなら、3連の紐で」自信度S 3
 開幕2週目で、まだまだ馬場状態が良好な中山コース。前向きさは必須。

 人気のソールオリエンスにしても、皐月賞は後方からの競馬ではあったが、本来は体力豊富でパワーもスピードもあるタイプ。今回は無難な位置取りで競馬をし、きっちり力通りの競馬みせるはずだ。

 穴は、アメリカ色の入った前向きなタイプが面白い。
 昨年は、母父にクロフネの血を持つガイアフォース、2020年はタイキシャトルの血を持つバビット、2019年の勝馬リオンリオンもクロフネの血を持つ先行馬だ。

◎レーベンスティール

(血統)
父リアルスティール
母父トウカイテイオー

(オプション)
「G3→G2」格上げ、多頭数内枠…

タイム 2:11.4 4F 46.5 3F 34.4
単勝4番380円(2人気)
複勝4番130円(2人気)14番110円(1人気)6番190円(4人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「セントライト記念 ソールオリエンスは別格。」
ソールオリエンス2着/1人気
○レーベンスティール▲シャザーン△キングズレイン
    
496
0拍手(+2)

3連複 4-6-14番

860円的中

★傾向分析★
2018年 タイム 2’12”1 (良) 1FAve=12.01 3FAve=36.03
テン35.6-中盤60.0(3F換算36.00)-上がり36.5 『前傾』
1着ジェネラーレウーノ・・・スクリーンヒーロー×ロックオブジブラルタル=ロベルト×ダンチヒ 〔2-f〕 2-2
2着レイエンダ・・・キングカメハメハ×シンボリクリスエス=キングマンボ×ロベルト 〔2-f〕 9-7
3着グレイル・・・ハーツクライ×ロックオブジブラルタル=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔5-g〕 13-13

2019年 タイム 2’11”5 (重) 1FAve=11.95 3FAve=35.86
テン35.6-中盤60.0(3F換算36.00)-上がり35.9 『一貫』
1着リオンリオン・・・ルーラーシップ×クロフネ=キングマンボ×ヴァイスリージェント 〔9-f〕 3-3
2着サトノルークス・・・ディープインパクト×Sadler's Wells=ディープインパクト×サドラーズウェルズ 〔9-b〕 8-7
3着ザダル・・・トーセンラー×Lemon Drop Kid=ディープインパクト×キングマンボ 〔19〕 5-7

2020年 タイム 2’15”0 (良) 1FAve=12.27 3FAve=36.82
テン37.2-中盤60.8(3F換算36.48)-上がり37.0 『一貫』
1着バビット・・・ナカヤマフェスタ×タイキシャトル=サンデーサイレンス×ヘイロー 〔3-l〕 1-1
2着サトノフラッグ・・・ディープインパクト×Not For Sale=ディープインパクト×グレイソヴリン 〔7〕 6-2
3着ガロアクリーク・・・キンシャサノキセキ×Kingmambo=サンデーサイレンス×キングマンボ 〔22-d〕 3-2

2021年 タイム 2’12”3 (良) 1FAve=12.03 3FAve=36.08
テン36.3-中盤60.6(3F換算36.36)-上がり35.4 『加速・一貫』
1着アサマノイタズラ・・・ヴィクトワールピサ×キングヘイロー=サンデーサイレンス×リファール 〔9-h〕 11-11
2着ソーヴァリアント・・・オルフェーヴル×シンボリクリスエス=サンデーサイレンス×ロベルト 〔16-f〕 6-3
3着オーソクレース・・・エピファネイア×ディープインパクト=ロベルト×ディープインパクト 〔16-a〕 8-8

2022年 タイム 2’11”8 (稍重) 1FAve=11.98 3FAve=35.95
テン35.4-中盤61.1(3F換算36.66)-上がり35.3 『中弛み』
1着ガイアフォース・・・キタサンブラック×クロフネ=サンデーサイレンス×ヴァイスリージェント 〔16-a〕 5-4
2着アスクビクターモア・・・ディープインパクト×Rainbow Quest=ディープインパクト×レッドゴッド 〔1-l〕 3-2
3着ローシャムパーク・・・ハービンジャー×キングカメハメハ=ダンチヒ×キングマンボ 〔8-f〕 7-7

 流れは、18年は『前傾』、19年・20年・21年は『一貫』。21年は『加速』も複合し、22年が『中弛み』の流れ。中盤弛む『中弛み』が複合することもあるが、比較的締まった流れがこのコースでは多い。複合する時には、テンの速さを中盤緩めることで距離を持たせるレースという感じと考える。
好走馬の多くは、4コーナー5番手以内が多く、開催前半でまだ前が止まらない傾向と考える。

 血統の傾向は、ターントゥ系(=サンデーサイレンス系やロベルト系など)×大系統ノーザンダンサー系(=リファール系、ノーザンテースト系、ニジンスキー系など)の配合馬の好走が多い。同コースのオールカマーはノーザンダンサー系が非常に強い傾向なので、大系統ノーザンダンサー系が好走するのは納得です。ただ3歳戦でもあるため、サンデーサイレンス系の器用さというか軽さが活きやすいため好走馬が多いのでは?と考える。
 またラップ上持続型の流れになりやすいため、ロングスパートでスタミナが要るから欧州型のノーザンダンサー系に向くと考える。
 サンデーサイレンス系は、ステイゴールド、マンハッタンカフェ、ハーツクライ、ディープインパクトなどが好走。クラシック好走の多いややスタミナ型サンデーサイレンス系に向くと考える。

 牝系の傾向は、No.〔1〕〔2〕〔4〕〔5〕が複数好走馬を出しています。これらの牝系はクラシックに好走馬を多く出しやすい牝系でもあり、成長力と完成度が高い牝系。クラシックトライアルなので、この傾向は納得かもしれません。
 分枝記号はd記号が好走馬多し。前走好走馬なら勢い持続しやすく好走しやすい特性が活きているのだと思います。

 ステップの傾向は、ラジオNIKKEI賞を先行して好走した馬がここでも好成績。欧州型の馬場で小回りコースの福島コースを先行して好走できる適性が嵌りやすいということと考える。
 また近年好走が多いのは、前走新潟芝2000mや2200mで古馬相手に好走した1000万条件戦好走馬(=08年阿賀野川特別3着→1着ダイワワイルドボア、09年信濃川特別1着→2着セイクリッドバレー、09年阿賀野川特別2着→3着フォゲッタブル、10年阿賀野川特別1着→2着ヤマニンエルブ、など)。新潟芝中距離で好走してきた1000万条件戦好走馬には要注目。
 前走ダービー出走馬は、着順は悪くてもGⅠ出走という経験と能力を評価すべきか、休み明けでも好走馬が多く、オープン戦や重賞好走実績があればなお好走の可能性高し。

★予想★
セントライト記念のポイントは、
①流れはコース形態からも、厳しい持続型になりやすい。
②好走ポイントは4コーナー5番手以内。小回りを先行できる馬。
③大系統ターントゥ系(サンデーサイレンス系・ロベルト系)×大系統ノーザンダンサー系の好走多し。
④ラジオNIKKEI賞好走馬が好走しやすい。特に先行しての場合は適性高し。
⑤休み明けの春の実績馬は、ダービー出走馬ならスタミナの裏付けがあるなら着順度外視で注目すべし。
⑥夏に使っていた新潟芝中距離好走馬は好走多し。

◎ソールオリエンス・・・キタサンブラック×Motivator=サンデーサイレンス×サドラーズウェルズ 〔1-k〕
 前走ダービー2着(=東京芝2400m:0.0秒差)。中山芝コースは(2-0-0-0)、芝2200m戦は初。
 キタサンブラック産駒はサンデーサイレンス系で、重賞好走馬がまだ少なめで、未知数の種牡馬。父ブラックタイドの特徴としては、ブラックタイド産駒はサンデーサイレンス系で、ディープインパクトの全兄でもあり同配合。現役時代もディープインパクトと比較して馬格で上回り、その傾向は産駒にも現れているようで本馬も馬体重は480kg前後。ディープインパクト産駒のイメージだと芝でキレる脚を使う中距離型のタイプなのだが、本産駒の傾向としては逃げ・先行の粘り込みだが、それほど器用とは思えない様子で、ゆったり流れる展開を前々で押し切るか、ハイペースを大外から差し切る競馬が合う。適距離は芝1600m~2200mで直線の長いコース向きだが、もっさりした馬はダートが主戦場になる可能性も高い。母父Motivatorはサドラーズウェルズ系で、芝向きの中距離血統。日本では決め手勝負で苦労するが、時計のかかる馬場や消耗戦になると台頭。本格化後はとことん強い。
 No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。2歳から3歳前半の時期は成長力で他の牝系よりも完成度は高い。分枝記号kは、かなり時計の掛かる馬場でのみ力を発揮する。冬場のダートや最終週の重馬場等が合う。気性が激しく、時計のかかる消耗戦に活路がある。

○レーベンスティール・・・リアルスティール×トウカイテイオー=ディープインパクト×マイバブー 〔5〕
 前走ラジオNIKKEI賞3着(=福島芝1800m:0.1秒差)。中山芝コースは(1-1-0-0)、芝2200m戦は初。
 リアルスティール産駒はディープインパクト系で、上がり33秒台や34秒台の鋭い末脚を繰り出す馬が活躍しているが、軽快なスピードというほど素軽さを見せる馬はまだ多くなく、中距離を主戦場にしそうな気配。良馬場でタイムの速めな中距離が合う。福島の道悪で負け→新潟で一変の穴があり、中山→東京でも同じような大駆けをマークしたい。母父トウカイテイオーはマイバブー系で、芝の持久戦に強く、平均的に速めのラップを刻むレースで能力全開。逃げ、先行馬は強気な機種の手綱、差し馬は引っ張る馬がいるかが馬券の買い時となる。近走の着順よりも展開重視で、6着以下からの巻き返しも目立ち、当然穴も多い。距離延長は好材料。ローカル芝2600mは得意とする。芝短距離はローカルが大半。ダートは下級条件。
 No.〔5〕の牝系は、緩いペースよりも厳しいペースで真価を発揮するタイプが多く、人気よりも人気薄で好走することの多い穴タイプの馬が多い。直線の長い芝コースでの好走が多い。分枝記号なしは、産駒ごとに得手不得手ははっきりしているものの、平均的に能力を発揮し、やや晩成傾向。

▲シャザーン・・・ロードカナロア×マンハッタンカフェ=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔1-t〕
 前走ダービー9着(=東京芝2400m:0.4秒差)。中山芝コースは(0-0-0-1)、芝2200m戦は(1-0-0-0)。
 ロードカナロア産駒はキングマンボ系で、スピードと仕上がりの早さを有している。意外と短距離では勝ち馬は出ず、芝1600mで好調。ストームキャット系も内包しているため、高速タイムやハイペースも苦にしない。ダイワメジャー産駒のように、スピード持続型とスロー瞬発型の見分けが馬券のカギを握りそうで、得意とするペース、得意とする上がりを個々の馬で見つけたい。ダートも走り、脚抜きのいい馬場はプラス。母父マンハッタンカフェはスタミナ型サンデーサイレンス系で、ステイヤータイプだが素軽い先行力を持ち、難儀な不発が少ない堅実さが特徴で、前半に脚を溜めれば鋭い瞬発力も使える。また道悪の成績が良く、パンパンの良馬場よりも多少時計の掛かる馬場向き。丈夫さが取り柄で、詰まったローテーションや高齢馬が穴をあける。
 No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。3歳秋~4歳前半は充実期で、古馬になると緩やかに成長する。分枝記号tは、京都や中京などスパイラルカーブのあるコースで本領を発揮する。一瞬の脚があるので中山も得意。

△キングズレイン・・・ルーラーシップ×ディープインパクト=キングマンボ×ディープインパクト 〔9-b〕
 前走町田特別1着(=東京2400m)。中山芝コースは(0-0-1-0)、芝2200m戦は初。
 ルーラーシップ産駒はキングマンボ系で、距離適性はキングカメハメハ産駒よりは適距離はやや長めで、芝1800m以上で本領を発揮し、ステイヤー型。忙しい距離には向かず、芝1400~1600mの1番人気は大不振で、消しどころ。牝馬ならそのうち上級マイラーも出るだろうが、基本的に忙しい競馬や、高速馬場の人気馬はアテにならない。逆に言えば、芝1600mで強い勝ち方のできる馬は注目の価値あり。母父ディープインパクトはディープインパクト系で、広いコースで加速をつけながら全開になる末脚が武器で、スローで脚を溜めてキレキレの瞬発力を繰り出す。一瞬でトップスピードに乗れるタイプと点火に時間がかかるタイプがいて、前者は馬体重が軽い馬、後者は馬体重の重い馬が多い。それから母系がスピード型だと一瞬の反応が速く、母系がスタミナ型だとトップスピードに乗るまで時間を要する。また道中が速いペースだと脚をなし崩しに使わされて末脚が鈍るので、距離短縮の速い流れの時には過信禁物。逆に距離延長で緩い流れとなるときには狙い目。スローでしか好走歴のない馬の距離短縮時は、疑って掛かる方が良い。ゆったりローテーションに強く、間隔が詰まるのも良くない。
 No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門で、広いコース変わりはプラス要因。3歳秋以降は本格化が始まり、堅実に走るタイプとなるが、人気よりもやや人気が落ちて伏兵の立場のときの方が好走しやすい特性もある。分枝記号bは、鮮度と勢いが好走に重要なポイント。重賞初挑戦など鮮度の高い時は好走率高し。決め手には欠けるが自在性があり、格上げ戦に強い。
09/18 12:43


軍神マルス

予想歴25年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3784
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
南川 麒伊知郎
05/18 12:33

マイページの更新、お願い致します。

編集長おくりばんと
03/31 15:41

南川さんすみません!更新完了しました!

南川 麒伊知郎
03/25 00:27

マイページの更新と結果の更新お願い致します。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

BC爺>>

>>BC爺


06/01 09:01

ムトト>>

>>BC爺


05/26 16:15

@日本ダービー これはお見事!

FUNNYCAT>>

>>まじん


12/17 15:49

@桑名特別 馬連万馬券見事



3
湯浜特別
◎セクシーブーケ
○レーヴドレフォン
三連単1-10-8番
14,090円 的中

南川 麒伊知郎
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社