2/24 2/25
2/17 2/18
予想に拍手
モナコイン
tipmonaとは
新着予想フェブラリーS2024予想一覧あみーの予想

東京11R フェブラリーS 2024年2月18日(日)
ダ1600 4歳上GI 晴良 平均レースレベル1.0

87654321枠番
16151413121110987654321馬番






























































































馬名



牝5 牡5 牡5 牡8 牝5 牡5 牡7牡6牡5牡5 牡8 牡4 牡4 牡4 牡4 牡6性齢
56 58 58 58 56 58 58585858 58 58 58 58 58 58斤量

































西


騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

編集長おく自信度C 0
92速稍掻 ウィルソンテソーロ
92 レッドルゼル
91 ミックファイア
90 オメガギネス
90短 イグナイター
↑89 ドゥラエレーデ
89パ不 キングズソード
89短 アルファマム
89大パ長 ペプチドナイル
89 タガノビューティー
88 ガイアフォース
88 シャンパンカラー
87 セキフウ
87掻硬 カラテ
86首高硬 スピーディキック
85首硬 ドンフランキー


今日はなんと東京5Rで◎リアルファインド(11番人気)推奨で1着!単勝69.2倍!複勝17.8倍!的中

京都牝馬S◎ナムラクレア、ダイヤモンドS◎テーオーロイヤル、金蹄S◎グリューヴルム

と内容がよかったので、調子に乗ってフェブラリーもnoteを書こう…
ハショタ自信度C 0
◎ミックファイア
前走は明らかに太かった。ひと叩きして絞れた。能力は引けを取らない。

○ウィルソンテソーロ
▲オメガギネス
△レッドルゼル
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
ムトト自信度C 0
◎アルファマム

父マジェスティックウォリアーでエーピーインディ系は当該コースに良い。マジェスティックウォリアーの代表産駒ベストウォーリアも当該レースを3着、2着の実績あり。アルファマム自身は東京2勝とコース愛称はやはりよく、千四しか実績ないのがネックだが、血統で見れば距離は守備範囲。5走連続上がり最速と、とにかく安定して末を伸ばす。人気馬が総じて先行するここは前崩れが見込め、展開がハマるのでは。

○タガノビューティー
父ヘニーヒューズもここよし。
こちらも脚質的にハマりそう。武蔵野2着も後方から。

▲セキフウ
こちらもヘニューヒューズ。
やはり後方待機タイプ。

△レッドルゼル…
××南川 麒伊「5F66.5-4F52.0-3F37.7-1F12.0」自信度S 0
まずは血統の傾向について…2021~22年はカフェファラオがレース史上2頭目となる2連覇を達成(2014〜15年コパノリッキーが初)。カフェファラオはミスタープロスペクターへと遡る父系だが、近年は同系統に属する馬が複数頭上位入線するケースが目立ち、レモンポップが勝った翌年を含め、2021~23年は該当馬によるワンツー決着でもあった。ほか、ストームキャットの血を引く馬が目下5連覇中(2019~23年)、ミスワキの血を引く馬が2020~22年に3連覇と勢いがあることも気に留めておきたい。とくに『父または母の父がストームキャット系種牡馬』という馬は歴代の勝ち馬にも多く、2005年メイショウボーラー(母父ストームキャット)…
××北川 麟太「フェブラリーステークスは以下の通り」自信度S 0
スピード指数は以下の通り。



①イグナイター 57(地方馬のため)

②シャンパンカラー 84
③ミックファイア 42(地方馬のため)
④ドゥラエレーデ 97
⑤オメガギネス 97

⑥カラテ 86

⑦ガイアフォース 91
⑧セキフウ 82

⑨ペプチドナイル 91

⑩タガノビューティー 95
⑪キングズソード 88
⑫スピーディキック 62(地方馬のため)
⑬レッドルゼル 96
⑭ウィルソンテソーロ 94
⑮ドンフランキー 88
⑯アルファマム 91

以上。…
軍神マルス「フェブラリーS 欧州型血統に期待。」自信度A 0
★傾向分析★
2019年 タイム 1’35”6 (良) 1FAve=11.95 3FAve=35.85
テン35.8-中盤24.4(3F換算36.6)-上がり35.4 『一貫・中弛み』
1着インティ・・・ケイムホーム×Northern Afreet=ミスプロ×ミスプロ 〔4-m〕 1-1
2着ゴールドドリーム・・・ゴールドアリュール×フレンチデピュティ=サンデーサイレンス×ヴァイスリージェント 〔5-h〕 6-6
3着ユラノト・・・キングカメハメハ×フジキセキ=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔4-r〕 6-6

2020年 タイム 1’35”2 (良) 1FAve=11.90 3FAve=35.70
テン34.6-中盤24.1(3F換算36.15)-上がり36.5 『前傾・中弛み』
1着モズアスコット・・・Frankel×ヘネシー=サド…
はやと自信度C 0
◎オメガギネス

前走の東海Sはスタート後に他馬と接触したこともあり、序盤から行きたがる面があったが、直線もしぶとく伸びて2着を確保。初めての関西圏への遠征や、スムーズとは言えないレースぶりを思えば、負けて強しで改めて能力の高さを示したレースだった。1800メートルでも2勝をマークしているが、前進気勢の強いタイプで、マイルへの距離短縮は間違いなくプラスになる。
ばふかつ自信度C 0
本命は現時点③人気ドゥラエレーデ。ダート戦1-1-2-0と未勝利勝ちのみだがUAダービー2着、国内GI2着2回と適性十分。鞍上にムルザバエフを迎えここは勝機。
オメガギネス、ウィルソンテソーロ、ペプチドナイルが相手。

タイム 1:35.7 4F 50.1 3F 37.8
単勝9番3800円(11人気)
複勝9番850円(8人気)7番510円(7人気)8番1030円(11人気)

あみー<14期 東十両九枚目>
「父:A.P. Indy系は5歳から好走」
キングズソード5着/4人気
○サンライズフレイム    
    
101
0拍手

フェブラリーステークスは独特なコース形状などから急加速力の補完を含むマイルでの総合力上位馬≒上位人気馬の期待値がやや高い重賞。
 フェブラリーステークス2024の傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。


サンライズフレイム【▲+~▲。除外対象&放牧済み】、◎キングズソード【▲にわずかに足らない成績】の2頭を推奨(2/7 2:18)
想定買い目=複勝(+単勝):◎


【!】除外見込みが多数。【フェブラリーS出走馬決定順】フルゲート16頭に27頭登録 オメガギネスなど11頭が除外見込み(https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=255297&rf=top...)の記事を参考にどうぞ。



結果から考える狙い方「フェブラリーステークス2024」
[期待値:普通~やや低い?]=再計算まだ。
出走頭数≒15.8頭/フルゲート16頭
※ 負担重量 引上げ≒主流血統↓。米国型↑(主にマイル以下)、欧州型↑(主にマイル以上)

券種未検証:急加速力の補完を含むマイルでの総合力上位馬
   ---------------------------------------------------------------------------
【!】近年より少しタフな決着パターン、上がり上位の重要度↓の可能性あり?
   24'根岸S=近走:上がり上位実績が例年より重要でない
   +例年より時計の掛かる馬場だったこと...から。
   下記基準では「&↑」などの形で付記。
   ---------------------------------------------------------------------------
【○+&↓】父:Mr. Prospector系全般×母父:米国型+戦績で2分類
   |-- 近1年のJRA重賞:ダ1600m~ダ1800m優勝(↓:逃げ切り。ダ1800mは中京○、阪神▲?)
   `-- 近1年:ダ1400m以下重賞 3着内&上がり3位以内(↑↑:東京ダ1600m重賞 連対。 ↑:500kg超)
   優勝4回(1・2・1・1人気)、2着3回(3・5・2人気)、3着2回(1・7人気)
   ---------------------------------------------------------------------------
【○&↑】父:ゴールドアリュール×母父:米国型+年齢で2分類(+520kg以上?)
   |-- 4歳=近1年の交流重賞:ダ1600m~ダ1870m 連対
   `-- 5歳以上=近1年:フェブラリーS or 南部杯 連対、中京ダ1800m・G2 優勝(+逃げ~番手?)
   優勝3回(2・1・16人気)、2着3回(16似準・2・1人気)、3着1回(3人気)
   ---------------------------------------------------------------------------
【▲+~▲&↑】父:米国型Northern Dancer系+近走:根岸S 3着内&上がり3位以内(↑↑:東京ダ1600m重賞 連対。 ↑?:500kg超)
   優勝2回(1似・2人気)、2着0回、3着2回(4似・8 人気)
   ---------------------------------------------------------------------------
【▲&→】父:Mr. Prospector系全般×母父:SS系パワー型全般+近1年:JRAダ1400m重賞 連対 > 武蔵野S 優勝
   優勝1回(4人気)、2着2回(9・2 人気)、3着2回(8・3人気)
   ---------------------------------------------------------------------------
【▲&↑↑】父:米国型Nasrullah系+5歳以上+戦績で2分類
   |-- 近1年:武蔵野S 優勝 or 南部杯 連対(↓:逃げ。 番手なら可?)
   `-- 近1年:JRAダ1800m重賞 優勝&上がり最速
   優勝0回、2着2回(5・5人気)、3着3回(4・6・3人気)
   ---------------------------------------------------------------------------

 独特なコース形状(芝スタート、アップダウンの多さ、全10場で最長の直線&唯一のマイル戦)などから急加速力の補完を含むマイルでの総合力上位馬≒上位人気馬の期待値がやや高い重賞。



   ---------------------------------------------------------------------------
【○+】父:Mr. Prospector系全般×母父:米国型+戦績で2分類
   |-- 近1年のJRA重賞:ダ1600m~ダ1800m優勝(↓:逃げ切り。ダ1800mは中京○、阪神▲?)
   `-- 近1年:ダ1400m以下重賞 3着内&上がり3位以内(↑↑:東京ダ1600m重賞 連対。 ↑:500kg超)
   優勝4回(1・2・1・1人気)、2着3回(3・5・2人気)、3着2回(1・7人気)

カラテ
父:欧州型キングカメハメハ系(Nureyev強調型)×母父:米国型Northern Dancer系、Vice Regent系。 この配合に該当してフェブラリーSを好走した馬は距離実績に違いはあってもダート重賞好走馬のみ。カラテは今回が初めてのダート重賞で、よほど秀でた適性がないと厳しそう。


シャンパンカラー
父:欧州型キングカメハメハ系(日仏混合型 内包)×母父:欧州型英米指向Danzig系。 「父・母父とも欧州型」は他の配合も含めて近10年のフェブラリーSで3着内がゼロ。ダート重賞も初経験ではテンからのダッシュに戸惑いやすそう。


レッドルゼル
父:欧州型キングカメハメハ系(米国型 内包)×母父:米国型Northern Dancer系、Vice Regent系。「近1年のJRA重賞:ダ1600m~ダ1800m優勝」に準ずる成績=昨年のフェブラリーS。ただ、昨年のような前傾度の高い展開でないと差し届かない心配があり、加齢はその心配を強める要素。


   ---------------------------------------------------------------------------
【○】父:ゴールドアリュール×母父:米国型+年齢で2分類(+520kg以上?)
   |-- 4歳=近1年の交流重賞:ダ1600m~ダ1870m 連対
   `-- 5歳以上=近1年:フェブラリーS or 南部杯 連対、中京ダ1800m・G2 優勝(+逃げ~番手?)
   優勝3回(2・1・16人気)、2着3回(16似準・2・1人気)、3着1回(3人気)


[地] イグナイター
父:ゴールドアリュール系(英米指向 内包)×母父:米国型米英指向、In Reality系。 Roberto~Hail to Reasonをクロスし、Hail to Reasonを中心にRoyal Charger≒Nasrullahを強調。 ゴールドアリュール直仔より欧州的な底力(=ハイペース・失速耐性)を強化した配合で、東京ダ1600m向きの急加速力不足が心配されます。


シャマル
父:ゴールドアリュール系(欧州型英米指向 内包)×母父:米国型Mr. Prospector系。 「5歳以上=近1年:フェブラリーS or 南部杯 連対、中京ダ1800m・G2 優勝(+逃げ~番手?)」に該当せず。マイル指向の全体的なスピードの裏付けが不足。


ペイシャエス
父:ゴールドアリュール系(欧州型英米指向 内包)×母父:米国型Nearctic系。 「5歳以上=近1年:フェブラリーS or 南部杯 連対、中京ダ1800m・G2 優勝(+逃げ~番手?)」に該当せず。 Nureyev≒Sadler's Wells 4x4、Special=Lisadell 5x5、Northern Dancer≒Icecapade 5x4x6x5など、父母間でバテにくさを強調。東京ダート向きの急加速力とは方向性がズレやすそう。若い頃はこなせても、キャリアを重ねて馬格も増しているようだとズレが大きくなっていそう。


   ---------------------------------------------------------------------------
【▲+~▲】父:米国型Northern Dancer系+近走:根岸S 3着内&上がり3位以内(↑↑:東京ダ1600m重賞 連対。 ↑?:500kg超)
   優勝2回(1似・2人気)、2着0回、3着2回(4似・8 人気)

オメガギネス
父:欧州型Sadler's Wells系(英米指向)×母父:欧州型デインヒル系。 近10年のフェブラリーSで3着内に好走した「父:Northern Dancer系全般の牡馬」は「近走:根岸S 3着内&上がり3位以内(↑↑:東京ダ1600m重賞 連対。 ↑?:500kg超)」に該当していますが、オメガギネスは該当なし。さらに、「父・母父とも欧州型」は他の配合も含めて近10年のフェブラリーSで3着内がゼロです。同じ東京ダ1600mでも武蔵野Sが行われる秋とフェブラリーSが行われる冬では期待値の高い血統がズレやすく、人気に見合う信頼性を見出だせません。


サンライズアリオン
父:米国型Northern Dancer系×母父:米国型Mr. Prospector系。 今回が重賞初挑戦。「父:Northern Dancer系全般の牡馬」は「近走:根岸S 3着内&上がり3位以内(↑↑:東京ダ1600m重賞 連対。 ↑?:500kg超)」に該当していたので、サンライズアリオンは厳しい立場。


サンライズフレイム
父:米国型Northern Dancer系×母父:米国型Mr. Prospector系。 「【▲+~▲】父:米国型Northern Dancer系+近走:根岸S 3着内&上がり3位以内(↑↑:東京ダ1600m重賞 連対。 ↑?:500kg超)」にほぼ該当。ドレフォン産駒は自身の実績に反してスプリント性能が高くないだけに、距離が伸びると末脚が生きやすくなる可能性あり。ただ、賞金が足りず除外見込み(それがあってか放牧に出されています)。


セキフウ☆
父:米国型Northern Dancer系×母父:欧州型Kingmambo。 「近走:根岸S 3着内&上がり3位以内(↑↑:東京ダ1600m重賞 連対。 ↑?:500kg超)」に該当せず。


タガノビューティー
父:米国型Northern Dancer系×母父:SS系スタミナ型。 「近走:根岸S 3着内&上がり3位以内(↑↑:東京ダ1600m重賞 連対。 ↑?:500kg超)」に該当せず。


ペリエール☆
父:米国型Northern Dancer系×母父:SS系パワー型。 「【▲+~▲】父:米国型Northern Dancer系+近走:根岸S 3着内&上がり3位以内(↑↑:東京ダ1600m重賞 連対。 ↑?:500kg超)」に該当せず。


ワールドコライド
父:米国型Danzig系×母父:欧州型Sadler's Wells系。 Danzig 2x5、Northern Dancer 3x4...と、極めて強いクロス。そのクロス馬通り、前傾度が極端に高い展開の中山ダ1200mでの好走が多くなっています。距離延長は厳しく、東京ダート向きの急加速力も不足しそう。

   ---------------------------------------------------------------------------
【▲】父:Mr. Prospector系全般×母父:SS系パワー型全般+近1年:JRAダ1400m重賞 連対 > 武蔵野S 優勝
   優勝1回(4人気)、2着2回(9・2 人気)、3着2回(8・3人気)

[地] スピーディキック
父:欧州型キングカメハメハ系(欧米型 内包?)×母父:SS系ダート型。 近1年の戦績から東京ダート向きの急加速力の裏付け、マイルより短い距離でのスピード実績がどちらも不足。


ドゥラエレーデ
父:欧州型キングカメハメハ系(日仏混合型 内包)×母父:SS系スタミナ型。 サンデーサイレンス 3x4で芝の要素を強めつつ、ノーザンテースト 5x6x5、Halo 4x5x6x5などで米国色も強化。 メイダン ダ1900mと中京ダ1800mの両方で好走できたのはこのあたりの血が影響していそう。 ただ、「【▲】父:Mr. Prospector系全般×母父:SS系パワー型全般+近1年:ダ1400m重賞 連対 > 武蔵野S 優勝」ではマイル以下向きの重賞実績が重要。中距離とマイルでひとつスピードの壁を越える必要がありそうです。


ペプチドナイル
父:欧州型キングカメハメハ×母父:SS系スタミナ型。 「【▲】父:Mr. Prospector系全般×母父:SS系パワー型全般+近1年:ダ1400m重賞 連対 > 武蔵野S 優勝」に母父と戦績が該当せず。 東京ダート向きの急加速力が不足しそうな配合。


レディバグ
父:欧州型キングカメハメハ系(米国型 内包)×母父:SS系スタミナ型。 大型馬の期待値が高いレース傾向に反する小柄な馬体な上、好走例がない「父:Mr. Prospector系全般×母父:SS系スタミナ型」。


   ---------------------------------------------------------------------------
【▲】父:米国型Nasrullah系+5歳以上+戦績で2分類
   |-- 近1年:武蔵野S 優勝 or 南部杯 連対(↓:逃げ。 番手なら可?)
   `-- 近1年:JRAダ1800m重賞 優勝&上がり最速
   優勝0回、2着2回(5・5人気)、3着3回(4・6・3人気)

アルファマム
父:米国型Nasrullah系×母父:SS系パワー型。 重賞未勝利で、過去の好走馬の戦績に該当せず。500kg以上の好走馬が多い中で475kg未満の牝馬ではパワー・筋力不足も心配。


キングズソード
父:米国型Nasrullah系×母父:欧州型Northern Dancer系、Lyphard系。 過去の好走馬が該当していた戦績「近1年:JRAダ1800m重賞 優勝&上がり最速」にわずかに足らず(ダ1800m・G3・重 3着&上がり最速。 ダ1800m・古馬OP・重 優勝&上がり最速)。適性上位馬が少ないようなら印候補。


ケンシンコウ
父:米国型Nasrullah系×母父:米国型Mr. Prospector系。 近1年に重賞好走歴なし。同父系の好走馬は近1年に重賞好走歴ありで、ケンシンコウは厳しい立場。


[地] ミックファイア
父:米国型Nasrullah系×母父:欧州型Roberto系。 「【▲】父:米国型Nasrullah系+5歳以上+戦績で2分類(近1年:武蔵野S 優勝 or 南部杯 連対(↓:逃げ。 番手なら可?)  近1年:JRAダ1800m重賞 優勝&上がり最速)に該当せず。 Mr. Prospector 5x4+Roberto持ちで、小回り適性が強まることも東京ダートでは割引き。

   ---------------------------------------------------------------------------
該当する好走配合がない馬など

ウィルソンテソーロ
父:SS系スタミナ型×母父:米国型Nasrullah系。 近10年のフェブラリーSで3着内に好走した父:SS系全般はほぼ父:ゴールドアリュールのみ。 ウィルソンテソーロの父:キタサンブラックはゴールドアリュールと比較してNorthern Dancer+Hyperionの影響が薄くなり、Nasrullahの影響が強い種牡馬。冬の東京ダ1600mG1では高速芝向きの要素が強すぎる心配があります。近走のレース内容から距離短縮では差す競馬になりそうなことも前後・内外の不利に繋がる要素で、父:ゴールドアリュール(+父:アドマイヤマックス)の好走馬が520kg超だったことも近2走:487kg~482kgのウィルソンテソーロにとっては不安要素。控えめな評価から考えたいです。


ガイアフォース
父:SS系スタミナ型×母父:米国型Northern Dancer系、Vice Regent系。 近10年のフェブラリーSで3着内に好走した父:SS系全般はほぼ父:ゴールドアリュールのみ。ガイアフォースの父:キタサンブラックはゴールドアリュールと比較してNorthern Dancer+Hyperionの影響が薄くなり、Nasrullahの影響が強い種牡馬。冬の東京ダ1600mG1では高速芝向きの要素が強すぎる心配があります。父:ゴールドアリュールの好走馬が520kg超だったことも近2走:500kg~496kgのガイアフォースにとっては不安要素。


サンライズホーク
父:欧州型キングカメハメハ系(日英混合型 内包)×母父:欧州型Roberto系。 「父・母父とも欧州型」は他の配合も含めて近10年のフェブラリーSで3着内がゼロ。 短距離重賞実績でスピードの裏付けはありますが、その裏付けが強いほど東京ダート向きの急加速力の裏付けが薄くなりそう。


ジャスティンカフェ
父:欧州型Roberto系×母父:欧州型Kingmambo系。 「父・母父とも欧州型」は他の配合も含めて近10年のフェブラリーSで3着内がゼロ。ダート重賞も初経験ではテンからのダッシュに戸惑いやすそう。


ドンフランキー
父:SS系パワー型×母父:米国型Hail to Reason系。 近走:600kgに迫る超巨漢馬。ヒシアケボノ(=重賞3着内時の最大馬体重 560kg)よりデカい。 体がデカすぎて東京ダート向きの急加速力が大きく不足しそう。7戦連続で3角先頭なのも筋力を最大限に活かしつつ、急加速力不足を補う戦法だと思われます。


ベルダーイメル
父:SS系スタミナ型×母父:欧州型豪州指向、デインヒル系。 父:オルフェーヴルはHyperionの影響が強く、その点はゴールドアリュールに通じる特徴。ただ、母系の米国色が後退していること、馬格が小さいことは明確なマイナス要素。


   ---------------------------------------------------------------------------
02/07 17:21

■■■■■■■■■■■■■■■

≪JRA馬主・佐々木主浩本人≫
【札幌記念2023最終結論】

▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

▼札幌記念2023最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/




あみー

予想歴16年
回収率94%
 総拍手獲得数:735
過去のベスト予想
 天皇賞(春)2014

◎フェノーメノ○ウインバリアシオン
24拍手

5,670


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
まじん
02/17 15:42

よし!

編集長おくりばんと
01/21 15:45

ハショタさん申し訳ないです。確認させていただきます

ハショタ
01/15 09:40

編集長、日曜中山10R サンライズSは3着が同着で、ワイド3-7の的中が抜けています。ご確認お願い致します。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

FUNNYCAT>>

>>まじん


12/17 15:49

@桑名特別 馬連万馬券見事

南川 麒伊知郎>>

>>南川 麒伊知郎


10/08 19:04

北川 麟太郎>>

>>南川 麒伊知郎


10/08 19:02



5
ダイヤモンドS
◎テーオーロイヤル
○ワープスピード
三連単9-8-5番
3,670円 的中

南川 麒伊知郎
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社