5/25 5/26
5/18 5/19
モナコイン
tipmonaとは
新着予想桜花賞2024予想一覧軍神マルスの予想

阪神11R 桜花賞 2024年4月7日(日)
芝外1600 3歳GI 晴良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番




























































































































馬名



牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3牝3 牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3性齢
55 55 55 55 55 555555 5555 55 55 55 55 55 55 55 55斤量










駿























西






騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

編集長おく自信度C 0
追記:
あとは外差しに該当するかもしれないのは17マスクオールウィンですよね 内の馬何か1頭切ってこれに変えようかというのは悩むところではあると思います 想定よりは外差し寄りの馬場になりましたので

いまグリーンチャンネル解説の田崎さんは馬場はフラットで内をロスなく回った方がよいという見解でしたけど、僕はちょっと違う考えですね 馬場の良い外に持ち出した方がプラスのように見えます


追記:
阪神芝は明らかに外差し競馬が続いた割には外枠の馬が売れてきませんね!型通り4レース消化して少しずつ外伸び化も進行したようで、内側もやや悪く見えます

これであれば外枠の馬を強めて、3イフ…
ハショタ自信度C 0
◎チェルヴィニア

○コラソンビート
▲アスコリピチェーノ
△クイーンズウォーク
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
××クライスト自信度S 1
自信度S

◎=チェルヴィニア
大外の伸び伸びさを活かせる騎手と診断。
スムーズな競馬が出来ると判断して本命に指名する。

○=ステレンボッシュ
モレイラの騎手力から対抗と判断。

▲=アスコリピチェーノ
鞍上能力が心配で軸に置けなかったため単穴と判断。
勝てば馬が強い事の証明に成る。

消し=スウィープフィート
飛び頃の馬と見て消しと判断。武豊の仕込みももう見たくないので!

消し=クイーンズウォーク
同じく飛び頃と見て消しと判断。JRAの川田の優遇策はもう飽きたので!…
××南川 麒伊「82.6-65.7-51.6-36.6-11.8」自信度S 1
まずは血統の傾向について… 2022年スターズオンアース、2023年リバティアイランドと、2022と2023年はドゥラメンテ産駒が2連覇を達成。それら2頭は父系祖父がキングカメハメハとなるが、2018年アーモンドアイ(父ロードカナロア)、2020年デアリングタクト(母父キングカメハメハ)、2021年ソダシ(母父キングカメハメハ)と、近年の勝ち馬の多くがキングカメハメハの孫世代であることは特筆に値する。
ほか、2016年ジュエラー(父ヴィクトワールピサ)、2020年デアリングタクト(父エピファネイア)の勝ち馬2頭は初年度産駒となるが、昨今のリーディングを争うロードカナロアや稀代の名馬ディープインパクトも種牡馬としての…
×シーバス「桜花賞」自信度C 1
◎チェルヴィニア
前走前が空いてから一瞬で抜け出した脚は秀逸
大外枠と乗り替わりは課題だが、先行勢に有力どころが少なく
うまく前目で折り合えば
○ステレンボッシュ
前走の勝ち馬との差は道中のコース取りの差
外差し利く馬場で逆転
▲コラソンビート
前走は明らかにトライアル向けの仕上げ
マイルは守備範囲で体重増が成長分なら
注マスクオールウィン
前走は後ろから行って上がり最速の脚を使って距離克服
直線の長いコースで同じ脚を繰り出せれば一発ある
△アスコリピチェーノ
力は認めるが前走は上手くはまった感も
今回はマークされる立場で上手くさばけるか
鞍上含めて不安材料はある
△イフェイオン…
××北川 麟太「桜花賞は以下の通り」自信度S 0
スピード指数は以下の通り。



①ワイドラトゥール 90

②クイーンズウォーク 94
③イフェイオン 91
④キャットファイト 88
⑤シカゴスティング 92

⑥ハワイアンティアレ 95

⑦スウィープフィート 95
⑧コラソンビート 97

⑨アスコリピチェーノ 94

⑩セキトバイースト 99
⑪ライトバック 94
⑫ステレンボッシュ 92
⑬テウメッサ 91
⑭ショウナンマヌエラ 90
⑮エトヴプレ 92
⑯セシリエプラージュ 94
⑰マスクオールウィン 91
⑱チェルヴィニア 89

以上。…
ムトト自信度C 1
◎セシリエプラージュ

父ブラックアンドモルタル産駒は初年度でサウジRC勝ち馬を出していて仕上がりも早め傾向。また、マイルの大箱を得意とする。昨年のドレフォン枠はここか。
セシリエプラージュ自身も当該コースで未勝利を勝ったように、千四よりマイル向きに見える。
また、母アットザシーサイドは同じFR→桜花賞ローテで3着と好走。
展開的面でも前がかりの馬がそろっていて、後方待機の当馬に向きそう。

○エトヴプレ

前走FRは自ら作ったハイペースをそのまま押し切る強い勝ち方。厩舎コメントから同型のそろったここは無理をしないニュアンスがあるので、番手で行くと思われる。サドラー持ちの欧州血統らし…

タイム 1:32.2 4F 45.9 3F 34.1
単勝12番430円(2人気)
複勝12番150円(2人気)9番140円(1人気)11番340円(7人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「桜花賞 阪神JF好走馬を信頼。」
コラソンビート16着/5人気
○クイーンズウォーク▲アスコリピチェーノ△ステレンボッシュ
    
183
0拍手

★傾向分析★
2019年 タイム 1’32”7 (良) 1FAve=11.59 3FAve=34.76
テン35.4-中盤24.0(3F換算36.00)-上がり33.3 『加速・中弛み』
1着グランアレグリア・・・ディープインパクト×Tapit=ディープインパクト×エーピーインディ 〔3-o〕 3-1
2着シゲルピンクダイヤ・・・ダイワメジャー×High Chaparral=サンデーサイレンス×サドラーズウェルズ 〔8-f〕 15-12
3着クロノジェネシス・・・バゴ×クロフネ=レッドゴッド×ヴァイスリージェント 〔20-a〕 8-9

2020年 タイム 1’36”1 (重) 1FAve=12.01 3FAve=36.04
テン34.9-中盤23.1(3F換算34.65)-上がり38.1 『前傾・一貫』
1着デアリングタクト・・・エピファネイア×キングカメハメハ=ロベルト×キングマンボ 〔1-l〕 13-12
2着レシステンシア・・・ダイワメジャー×Lizard Island=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔9-g〕 2-2
3着スマイルカナ・・・ディープインパクト×Distorted Humor=ディープインパクト×フォーティナイナー 〔16-g〕 1-1

2021年 タイム 1’31”1 (良) 1FAve=11.39 3FAve=34.16
テン34.1-中盤22.7(3F換算34.05)-上がり34.3 『一貫』
1着ソダシ・・・クロフネ×キングカメハメハ=ヴァイスリージェント×キングマンボ 〔2-w〕 3-3
2着サトノレイナス・・・ディープインパクト×Not For Sale=ディープインパクト×グレイソヴリン  〔7〕 15-16
3着ファインルージュ・・・キズナ×ボストンハーバー=ディープインパクト×ボールドルーラー 〔4-r〕 8-6

2022年 タイム 1’32”9 (良) 1FAve=11.61 3FAve=34.84
テン34.6-中盤24.2(3F換算36.30)-上がり34.1 『加速・中弛み』
1着スターズオンアース・・・ドゥラメンテ×Smart Strike=キングマンボ×ミスプロ 〔16-c〕 10-9
2着ウォーターナビレラ・・・シルバーステート×キングヘイロー=ディープインパクト×リファール 〔4-n〕 2-2
3着ナムラクレア・・・ミッキーアイル×Storm Cat=ディープインパクト×ストームバード 〔2-d〕 4-4

2023年 タイム 1’32”1 (良) 1FAve=11.51 3FAve=34.54
テン34.0-中盤23.6(3F換算35.40)-上がり34.5 『前傾・中弛み』
1着リバティアイランド・・・ドゥラメンテ×All American=キングマンボ×ロベルト 〔5-h〕 15-16
2着コナコースト・・・キタサンブラック×キングカメハメハ=サンデーサイレンス×キングマンボ 〔1-l〕 2-2
3着ペリファーニア・・・モーリス×ハーツクライ=ロベルト×サンデーサイレンス 〔7-f〕 4-4

 過去5年の流れは、19年・22年は『加速』、20年・23年は『前傾』、21年は『一貫』。過去5年のうち3年で『中弛み』の流れは複合している(=19年・22年・23年)。牝馬限定戦は『中弛み』の傾向が強く、牡馬ほどスタミナがないのが影響してなのか、中盤に弛みがでて上がり勝負になりやすい傾向にある。上がり重視の瞬発力勝負になるため、近年は4コーナー10番手以降に位置した馬でも好走することが多く、『前傾』や『一貫』など締まった流れがオプションとしてつくときには注意が必要。特に『前傾』の場合は追込んでの好走も多く、流れを見極めるのがポイントになりそう。

 血統の傾向は、マンハッタンカフェ(=09年2着レッドディザイア、11年3着トレンドハンター)、ディープインパクト(=11年1着マルセリーナ、12年1着ジェンティルドンナ・2着ヴィルシーナ、13年1着アユサン・2着レッドオーヴァル、14年1着ハープスター、15年2着クルミナル・3着コンテッサトゥーレ、16年2着シンハライト、19年1着グランアレグリア)。母父サンデーサイレンス(=08年1着レジネッタ、11年2着ホエールキャプチャ、18年1着アーモンドアイ)の好走から、サンデーサイレンス系のキレが非常に重要と考える。中盤が弛み、瞬発力の上がり勝負ならサンデーサイレンスのキレが最も活きる流れと考える。そのためディープインパクト産駒は特注。またサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系配合馬の好走も多く、注目すべし。
 ダイワメジャー産駒も17年1着レーヌミノル、19年2着シゲルピンクダイヤ、20年2着レシステンシアと好走馬を輩出。
 また非サンデーサイレンス系だが、ファルブラヴ産駒も注目(=12年3着アイムユアーズ、14年ハープスターの母父はファルブラヴ)。
 キングマンボ系(=キングカメハメハ、ロードカナロア)も近年好走馬を輩出していて、特に母父サンデーサイレンス系との配合馬が要注目(=15年1着レッツゴードンキ、16年3着アットザシーサイド、18年1着アーモンドアイ)。

 また阪神コース馬場改修後は、桜花賞好走馬が次走東京芝2400m(=ダービー・オークス)で好走することが多い傾向あり。以前の内回りの時にはスピードの持続性能が問われやすくなかなかつながりにくい傾向でしたが、外回りに替わり瞬発力のキレ勝負になりやすいことからつながるようになったと考えます。オークスでも狙いたい馬を評価するのもありと考えます。そのためスタミナ型サンデーサイレンス系(=ディープインパクト、マンハッタンカフェ、ステイゴールドなど)が好走しやすい傾向となり、瞬発力とスタミナが必要な適性と考えます。

 牝系の傾向は、No.〔4〕〔8〕〔9〕〔12〕〔16〕の牝系が複数好走馬を輩出。
No.〔4〕とNo.〔8〕とNo.〔16〕の牝系は、スタミナを活かしやすい距離延長に対応しやすい牝系。オークスでの好走も多い牝系である。またこの時期の成長能力も豊富な叩き良化型のタイプ。
No.〔9〕の牝系は、スピード豊富なタイプで詰めは甘いが広いコースで好走の多いタイプ。特に分枝記号fが、前走好走の勢いに乗じて好走することが多い傾向。
No.〔12〕の牝系は、この時期の仕上がりの早さが好走に活きやすいタイプ。

 ステップの傾向は、桜花賞と同じコース(=阪神芝1600m)を使用するチューリップ賞好走馬が好走しやすい傾向(=チューリップ賞→桜花賞:10年2着→1着アパパネ、10年3着→3着エーシンリターンズ、13年3着→1着アユサン、14年1着→1着ハープスター、14年2着→3着ヌーヴォレコルト、16年2着→1着ジュエラー、16年1着→2着シンハライト、17年3着→2着リスグラシュー、17年1着→3着ソウルスターリング、18年1着→2着ラッキーライラック、18年3着→3着リリーノーブル、19年2着→2着シゲルピンクダイヤ、20年3着→2着レシステンシアなど)。特に阪神JF好走→チューリップ賞好走の阪神芝1600mで好走歴がしっかりとある馬は堅軸と考えて良いと思います。
 また近年エルフィンS好走馬(=京都芝1600m)は桜花賞と相性が良い傾向(=エルフィンS→桜花賞:07年1着→2着ウオッカ、08年3着→1着レジネッタ、09年1着→2着レッドディザイア、10年1着→3着エーシンリターンズ、11年1着→1着マルセリーナなど)。
 また前走重賞3着以内の馬が好走しやすく、近走好調な馬を狙うレースと思います。フラワーC(=中山芝1800m)やクイーンC(=東京芝1600m)好走馬にも注目。

 それから近年桜花賞は外枠の馬の好走が多く、外枠有利と考えるべし。

★予想★
桜花賞のポイントは、
①流れは『中弛み』になりやすく、上がり特化の瞬発力勝負になりやすい。オプションとして『一貫』や『前傾』の流れになるときには、4コーナー10番手前後の馬が好走する。
②瞬発力勝負になりやすいため、キレるサンデーサイレンス系が中心。
③オークスとつながりやすくなっているため、オークス向きのスタミナを備えた馬も好走する(=やや重めの血統構成でも侮れない)。
④No.〔4〕〔9〕〔16〕の牝系が好走しやすい。特注はNo.〔9-f〕。
⑤阪神芝1600m好走実績は重要。阪神JF→チューリップ賞好走馬は軸として信頼性は高い。ただし非サンデーサイレンス配合馬はやや割引は必要。
⑥京都芝1600mオープン・重賞実績のある馬も要注目。
⑦近走重賞好走馬。ただしクイーンC・フィリーズR・フラワーC好走馬は2・3着候補と考えるべし。
⑧クイーンC好走馬なら、戦績重視で、すべて3着内好走馬なら好走可能。
⑨チューリップ賞組なら、前々走阪神JF6着以内or重賞好走馬なら好走可能。
⑩阪神JF好走馬も侮るべからず。

◎コラソンビート・・・スワーヴリチャード×オルフェーヴル=サンデーサイレンス×サンデーサイレンス 〔14-e〕
 前走フィリーズR2着(=阪神芝1400m:0.1秒差)。阪神芝コースは(0-1-1-0)、芝1600m戦は(1-0-2-0)。
 スワーヴリチャード産駒はサンデーサイレンス系で、2歳の夏から走り勝ち馬が続出し、新馬戦2着〜4着馬の次走は高確率で走るので要注目。ハーツクライ産駒との違いは、軽快な先行馬 多さと操縦性の高さ。すっと好位を取って折り合い、ロスのないコース取りで伸びてくる。そのため安定感が高く、新馬戦で上位に来た馬はすぐ未勝利戦を勝ち上がる。前走の着順が良い馬を素直に買うべき血統。唯一、福島コースは不振だが、函館や札幌の好成績はむしろ小回り向きの馬も多くなりそうな気配を感じさせる。レース上手。ダートもハーツクライ産駒と同程度には走るだろう。母父オルフェーヴルはサンデーサイレンス系で、ステイゴールド産駒よりもより長めの中長距離向きで、やや奥手な印象。なのでまだ特徴が少ないので、ステイゴールドの特性を参考に、ステイゴールドは母父ディクタスの特性がでていて、サンデーサイレンスというよりはサッカーボーイに近い特徴があり、夏~秋にかけてよく軌道に乗ることが多い。ディクタスのスタミナ型の特性とまた強敵相手に食い下がる勝負根性は、ステイゴールド産駒の持ち味。1戦燃焼型のタイプも多く、惨敗後から涼しく巻き返す能力も高い。断然人気よりも穴で狙いたいタイプで、人気馬よりもその人気馬をマークする立場の方が好走しやすい。
 No.〔14〕の牝系は、早い時期にも活躍する馬もいるが、総じて晩成型で古馬になって強さを発揮する。分枝記号eは、気性が荒く、平均ペース以上での雪崩れ込みが得意で、上がりのかかる消耗的な流れに強い特性がある。また重馬場やダートなど時計のかかる馬場に強いが、一旦調子を崩すと復活が難しく、調子のピークが短い。

◯クイーンズウォーク・・・キズナ×Harlington=ディープインパクト×ミスプロ 〔10-a〕
 前走クイーンC1着(=東京芝1600m)。阪神芝コースは(1-0-0-0)、芝1600m戦は(1-0-0-0)。
 キズナ産駒はディープインパクト系で、牝馬は芝1600m、牡馬は芝2000mの勝ち鞍が多く、パワー型血統の兆候がでている産駒が多い。レース間隔は詰めた時に好走が多く、間隔を詰めてガラッと一変するのはキズナの母父ストームキャットの影響が出ているものと思われる。間隔をあけて好走する馬もいるので、産駒の変わり身を狙うなら「叩き2戦目」が買いになる。母父Harlingtonはミスプロ系で、詳細は不明。母父Unbridledは、芝ダート兼用の中距離血統。ミスプロ系の中では我慢強さがあり、揉まれる展開になってもレースを投げるようなことはしない。芝に限れば直線まで溜めていると爆発的な末脚を使う。その分展開に左右され不発に終わることもあるが、馬券は強気の馬単の頭で勝負したい。ダートは先行しても差しても安定性はある。古馬になっても力の衰えは少ない。
 No.〔10〕の牝系は、スピードの持続性能に優れた牝系。短距離だとペースの弛まない淡々としたペースに向く。または長距離と距離適性は幅広いが極端。分枝記号aは、気性的に素直なタイプが多く、また父親よりもスケールが小さくなる傾向。

▲アスコリピチェーノ・・・ダイワメジャー×Danehill Dancer=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔9-b〕
 前走阪神JF1着(=阪神芝1600m)。阪神芝コースは(1-0-0-0)、芝1600m戦は(2-0-0-0)。
 ダイワメジャー産駒はサンデーサイレンス系で、力強いスピードを持ち、芝1600~2000mを得意とするマイラーや中距離型。フジキセキに近いイメージで、自身がダートを圧勝した実績もあるのでダートの得意な馬力型のタイプと、芝で鋭く斬れる脚を使うタイプと存在するはず。ダイワメジャー自身が中山芝コースで好走が多かったように、また古馬で本格化するまでは直線の長い東京芝コースや京都芝コースなどで最後につかまるレースが多かったことからも、キレよりもスピードの持続性能を活かしたレースに向くと考えますが、完成度は高い。本格化すると鋭く斬れる脚も使えるようになる(=父母父ノーザンテーストの成長能力で引き出される感じと思います)。また直線の短い中山・阪神芝コースでは1着も多いが、東京・京都芝コースになると勝ちきれずに2・3着になることが多い。母父Danehill Dancerはダンチヒ系で、マイルを中心に幅広い距離をこなし、底力も十分に備えている。勢いに乗ると、ポン、ポンと勝つところはディンヒル産駒と似る。仕上がり早く2歳から走り、その勢いのままクラシックへ突入する。他馬はほっといて自分の競馬に徹してこそ結果が出る。
 No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門だが、広いコースは好走が多い。人気よりもやや人気が落ちて伏兵の立場のときの方が好走しやすい特性もある。分枝記号bは、鮮度と勢いが好走に重要なポイント。重賞初挑戦など鮮度の高い時は好走率高し。決め手には欠けるが自在性があり、格上げ戦に強い。

△ステレンボッシュ・・・エピファネイア×ルーラーシップ=ロベルト×キングマンボ 〔2-f〕
 前走阪神JF2着(=阪神芝1600m:0.0秒差)。阪神芝コースは(0-1-0-0)、芝1600m戦は(1-2-0-0)。
 エピファネイア産駒はロベルト系で、父のシンボリクリスエス産駒も一流マイラーが出たように、1600m型と2400m型の代表馬を排出するのがこの父系の特徴。朝日杯FSを勝つ産駒が出ても驚けない。3歳春には上昇し始めるロベルト系の特性を有している。母父ルーラーシップはキングマンボ系で、距離適性はキングカメハメハ産駒よりは適距離はやや長めで、芝1800m以上で本領を発揮し、ステイヤー型。忙しい距離には向かず、芝1400~1600mの1番人気は大不振で、消しどころ。牝馬ならそのうち上級マイラーも出るだろうが、基本的に忙しい競馬や、高速馬場の人気馬はアテにならない。逆に言えば、芝1600mで強い勝ち方のできる馬は注目の価値あり。
 No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富。直線の長いコースでの末脚勝負に強い。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面、叩いて一変が少ないタイプ。前走好走だと調子は維持と考えて好走が期待できる。また不器用だが、決め手鋭く瞬発力勝負に強い特性がある。
04/07 12:31


軍神マルス

予想歴26年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3775
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
南川 麒伊知郎
05/18 12:33

マイページの更新、お願い致します。

編集長おくりばんと
03/31 15:41

南川さんすみません!更新完了しました!

南川 麒伊知郎
03/25 00:27

マイページの更新と結果の更新お願い致します。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

FUNNYCAT>>

>>まじん


12/17 15:49

@桑名特別 馬連万馬券見事

南川 麒伊知郎>>

>>南川 麒伊知郎


10/08 19:04

北川 麟太郎>>

>>南川 麒伊知郎


10/08 19:02



6
オークス
◎ステレンボッシュ
○チェルヴィニア
三連複7-12-14番
1,690円 的中

軍神マルス
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社