7/20 7/21
7/13 7/14
モナコイン
tipmonaとは
新着予想NHKマイルC2024予想一覧軍神マルスの予想

東京11R NHKマイルC 2024年5月5日(祝)
芝1600 3歳GI 晴良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番

























































































































馬名



牝3 牡3牡3 牝3牝3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牝3 牝3 牡3 牡3 牡3性齢
55 5757 5555 57 57 57 57 57 57 5757 55 55 57 57 57斤量
































西





駿




騎手
単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

クライスト

編集長おく自信度C 0
今週作った動画2本ともで繰り返しお話ししたのが、キャプテンシーを本命に変えるかもしれないという話

トラックバイアスが、開催が始まるまでどうにも読み切れない状況だったのでそう話さざるをえなかったのですが、、

結局その、恐れていた内前馬場になりましたので、キャプテンシーを激オシすることになりました!



この開催は開幕週から怪しい馬場だないつもと違って内前傾向が強いな

そして1400~1600が内前だな、2000以上は差せるな、という傾向を掴んでいました

色々と例を挙げればキリがないのですが要は今日の馬場の状況が最終的には大事です



今日はクッション値が9.5と開…
ハショタ自信度C 0
◎シュトラウス
前走後からここに出てきたら本命と決めていた。後方待機で外をまわせば爆発的なエンジンが見られるはず。

○アスコリピチェーノ
▲ジャンタルマンタル
△ゴンバデカーブース
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
ムトト「下手しケンタッキーダービーより米国血統向きのレース」自信度C 1
◎ノーブルロジャー

父パレスマリスのミスプロ系、母父モアザンレディのウッドマン持ち、ファピアノ持ちのミスプロクロスとNHKマイルに向く米国血統。前走毎日杯から距離短縮、また良馬場と条件好転。枠を活かした立ち回りができる脚質の自在性があり、またそうなれば長く使える脚がより活きる。直線でだらだら粘っているのでは。

○ゴンバデカーブース
父ストームキャット系ブラックアンドモルタル、母父ディープにフォーティーナイナー持ちとこちらも合う。

▲ロジリオン
父ミスプロ系、母父パイロ。血統的にマイルは持つはず。

△ジャンタルマンタル
いわずもがな米国血統。前走の反動なければだが、地力は高し…
××南川 麒伊「82.2-66.1-51.0-36.9-11.1」自信度S 5
まずは血統の傾向について… これまでに種牡馬として複数回勝利実績のある馬は、ダイワメジャー(3勝【2019年アドマイヤマーズ,2016年メジャーエンブレム,2012年カレンブラックヒル】)、ディープインパクト(2勝【2018年ケイアイノーテック,2014年ミッキーアイル】)、クロフネ(2勝【2017年アエロリット,2015年クラリティスカイ】)、アグネスタキオン(2勝【2008年ディープスカイ,2006年ロジック】)、フレンチデピュティ(2勝【2007年ピンクカメオ,2001年クロフネ】)、キングマンボ(2勝【2004年キングカメハメハ,1998年エルコンドルパサー】)の6頭。フレンチデピュティ~クロフネ父仔が種牡馬として存在感を示している…
××北川 麟太「NHKマイルカップは以下の通り」自信度S 1
スピード指数は以下の通り。



①ダノンマッキンリー 92

②ノーブルロジャー 99
③ディスペランツァ 89
④イフェイオン 92
⑤ボンドガール 99

⑥ロジリオン 91

⑦チャンネルトンネル 92
⑧エンヤラヴフェイス 86

⑨キャプテンシー 94

⑩ウォーターリヒト 88
⑪アレンジャー 89
⑫ゴンバデカーブース 92
⑬シュトラウス 94
⑭アスコリピチェーノ 96
⑮マスクオールウィン 89
⑯ジャンタルマンタル 95
⑰ユキノロイヤル 92
⑱アルセナール 82…
ばふかつ自信度C 0
本命は現時点⑤人気ディスペランツァ。2走前1勝クラスは最後方一気、前走アーリントンCは前3F35.8秒の流れを4角8番手から差し切りとマイル戦で2連勝。鞍上テン乗りもGI初制覇のチャンス。
ノーブルロジャー、ボンドガール、アルセナールが相手。
夏影「穴狙いなら、キャリアを積んで実力を上げて来た泥臭いタイプ」自信度B 0
 下記は近年の勝馬とその戦歴、年明けからの出走数、前走である。

2023年 シャンパンカラー
     4戦2勝(2,0,1,1)
     年明け2戦
     NZT3着

2022年 ダノンスコーピオン
     5戦3勝(3,0,1,1)
     年明け2戦
     アーリントンC1着

2021年 シュネルマイスター
     3戦2勝(2,1,0,0)
     年明け1戦
     弥生賞2着

2020年 ラウダシオン
     6戦3勝(3,1,1,1)
     年明け2戦
     ファルコンS2着

2019年 アドマイヤマーズ
     6戦4勝(4,1,0,1)
     年明け2戦
     皐月賞

はやと自信度C 4
◎アスコリピチェーノ

今の東京の芝の状態は絶好で時計が速い。今週は週中に雨が降ったが、日曜に向けて好天が続き、気温もグングン上昇する予報となっている。パンパンの良馬場が見込まれ、出走メンバー中、ナンバーワンの持ち時計(1分32秒3)を誇る同馬のスピードと瞬発力が生きる。

タイム 1:32.4 4F 46.1 3F 34.1
単勝16番290円(2人気)
複勝16番130円(2人気)14番120円(1人気)6番410円(8人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「NHKマイルC ステップの優位性とストレスの影響。」
ノーブルロジャー12着/7人気
○アスコリピチェーノ▲ジャンタルマンタル△アルセナール
    
260
0拍手(+2)

★傾向分析★
2019年 タイム 1’32”4 (良) 1FAve=11.55 3FAve=34.65
テン33.9-中盤23.9(3F換算35.85)-上がり34.6 『前傾・中弛み』
1着アドマイヤマーズ・・・ダイワメジャー×Medicean=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔4-l〕 6-7
2着ケイデンスコール・・・ロードカナロア×ハーツクライ=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔1-t〕 12-14
3着カテドラル・・・ハーツクライ×ロックオブジブラルタル=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔4-i〕 12-11

2020年 タイム 1’32”5 (良) 1FAve=11.56 3FAve=34.69
テン34.1-中盤23.9(3F換算35.85)-上がり34.5 『一貫・中弛み』
1着ラウダシオン・・・リアルインパクト×Songandaprayer=ディープインパクト×ミスプロ 〔8-d〕 2-2
2着レシステンシア・・・ダイワメジャー×Lizard Island=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔9-g〕 1-1
3着ギルデッドミラー・・・オルフェーヴル×Tiznow=サンデーサイレンス×マッチェム 〔8-h〕 6-5

2021年 タイム 1’31”6 (良) 1FAve=11.45 3FAve=34.35
テン33.7-中盤23.2(3F換算34.80)-上がり34.7 『前傾・一貫』
1着シュネルマイスター・・・Kingman×Soldier Hollow=ダンチヒ×サドラーズウェルズ 〔不明〕 9-9
2着ソングライン・・・キズナ×シンボリクリスエス=ディープインパクト×ロベルト 〔B3〕 6-7
3着グレナディアガーズ・・・Frankel×Harlington=サドラーズウェルズ×ミスプロ 〔10-a〕 3-2

2022年 タイム 1’32”3 (良) 1FAve=11.54 3FAve=34.61
テン34.1-中盤23.3(3F換算34.95)-上がり34.9 『前傾・一貫』
1着ダノンスコーピオン・・・ロードカナロア×Sligo Bay=キングマンボ×サドラーズウェルズ 〔9-e〕 7-6
2着マテンロウオリオン・・・ダイワメジャー×キングカメハメハ=サンデーサイレンス×キングマンボ 〔1-l〕 17-16
3着カワキタレブリー・・・ドレフォン×ディープインパクト=ストームバード×ディープインパクト 〔4-d〕 15-14

2023年 タイム 1’33”8 (稍重) 1FAve=11.73 3FAve=35.18
テン34.3-中盤24.1(3F換算36.15)-上がり35.4 『前傾・中弛み』
1着シャンパンカラー・・・ドゥラメンテ×Reckless Abandon=キングマンボ×ダンチヒ 〔1-n〕 12-13
2着ウンブライル・・・ロードカナロア×ファルブラヴ=キングマンボ×ノーザンダンサー 〔11-c〕 16-16
3着オオバンブルマイ・・・ディスクリートキャット×ディープインパクト=ストームバード×ディープインパクト 〔4-m〕 15-15

 流れはテンがきつく『前傾』や『一貫』といった厳しい流れになりやすい。また中盤弛む年もあり、『中弛み』の複合ラップになることもあるが、基本的には、直線の長い東京芝コースにて目標になりやすい上、流れが厳しいことが要因のためか、逃げ馬が好走するのは難しい状態で、そのため鋭い末脚を使うタイプの先行・差しが好走馬のほとんどを占めている。

 血統の傾向は、東京芝GⅠ血統を重視すべし。サンデーサイレンス系も好走が多く、マイルGⅠ実績があるディープインパクト、ダイワメジャーは特注。
 また仕上がりの早くテンのきつい流れで好走の多いミスプロ系、持続した流れのレースで強いダンチヒ系、ヴァイスリージェント系、タイキシャトルといった芝・ダート兼用の血統も好走が多い。同距離・同コース使用の安田記念やヴィクトリアM好走血統も相性は良いと思いますが、古馬なら中距離型血統の好走が多くなるのに対し、NHKマイルCではスプリント寄りの血統が好走多いように思います。
 特にその中でもNHKマイルC勝ち馬を多数輩出しているヴァイスリージェント系やキングマンボ系は要注意。

 牝系の傾向は、No.〔2〕や〔5〕の牝系が勝ち馬が多い傾向。
No.〔2〕・・・96年タイキフォーチュン、01年クロフネ、03年ウインクリューガー、05年ロジック、09年ジョーカプチーノ、15年クラリティスカイ
2歳戦から走れる仕上がりの早さを有し、クラシックの時期にも成長力あり。直線の長いコース向き。
N0.〔5〕・・・98年エルコンドルパサー、99年シンボリインディ、02年テレグノシス、07年ピンクカメオ
早い時期から走り、クラシックでは人気薄の時に好走が多い。基本不器用なので厳しいペースや広いコースでの好走が多い。
No.〔1〕の牝系も好走馬は多いが2・3着の傾向。

 ステップの傾向は、
・毎日杯→NHKマイルCのステップは相性が良く好走馬が多いです。特に毎日杯1着からの出走は6戦(5-0-0-1)(=96年タイキフォーチュン、01年クロフネ、04年キングカメハメハ、08年ディープスカイ、10年ダノンシャンティ)。最も好走しやすいステップ。
・また注目のステップは、桜花賞→NHKマイルC。人気薄も多いのに好走率高し。勝ち馬もラインクラフト、ピンクカメオ、メジャーエンブレム、アエロリットと近年好走が多い。00年以前は牝馬の出走も目立ち、好走馬も多かった(=97年1着シーキングザパール、98年3着スギノキューティー、99年3着レッドチリペッパー、01年3着サマーキャンドルなど)ことからも、有利なステップと考えます。
・皐月賞組は人気だが好走馬は以外に少ない。特に皐月賞好走→NHKマイルC人気で出走のパターンは、人気を裏切ることも多く頭向きではないようです。ヒモで考えるべきかも。3着外からの巻き返しでの2着・3着が多い感じ。
・NZT組は、近年好走馬が好走多し。1着馬よりも2・3着馬の好走が多い傾向。
・意外なステップとしては、スプリングS好走→NHKマイルC(=02年1着テレグノシス・2着アグネスソニック、09年2着レッドスパーダ、13年1着マイネルホウオウ、16年2着ロードクエストが好走)。

 毎日杯・桜花賞・スプリングSに共通していることは、ある程度間隔が開いていて、しかも別路線という新鮮さ。鮮度の高いステップなので、好走馬が多いと考えます。
逆に皐月賞・NZTは間隔が短く、疲れが溜まりやすいストレスの多い臨戦過程なので、ストレスの耐久性能を血統から推測すべきです。

★予想★
NHKマイルCのポイントは、
①流れは厳しい流れになりやすく、『前傾』や『一貫』を想定すべし。
②東京芝GⅠ血統重視。特にサンデーサイレンス系では、マイルGⅠ実績があるディープインパクト、ダイワメジャーは特注。ヴァイスリージェント系も特注。
③牝系の傾向は、No.〔2〕〔5〕は特注。No.〔1〕〔3〕〔4〕も好走馬は多い。
④ステップの有利・不利はよく考えること。
・前走の勢いで好走出来るのは毎日杯組。毎日杯1着→NHKマイルCか、上がり1位での好走なら好走可能。
・NZTは好走馬は、ストレスの影響を受けやすく危険な人気馬と疑うべし。前々走も好走だと高確率で危険だが、芝1600mの戦績が良いなら評価すべし。
・皐月賞組は2・3着候補。皐月賞出走までのストレスや疲れの影響が出やすく、もう一踏ん張りが利きにくい。
・スプリングSから間隔をあけて出走する馬も狙い目。スプリングS好走歴も注目。
・ファルコンS好走馬にも注目。
・アーリントンC好走馬で、直行ローテーションは消耗度が少なく期待できる。
⑤重賞好走歴には注目。裏路線となるようなステップを歩んでいる場合は期待値が上がる。
⑥やや短距離向きの馬でも侮るべからず。

◎ノーブルロジャー・・・パレスマリス×More Than Ready=ミスプロ×ヘイロー 〔9〕
 前走毎日杯2着(=阪神芝1800m:1.0秒差)。東京芝コースは(1-0-0-0)、芝1600m戦は(2-0-0-0)。
 パレスマリス産駒はミスプロ系で、父Curlinの特性により大レースでこそ強い種牡馬。芝、ダートとも中距離。2400mも守備範囲。More Than Readyはヘイロー系で、本領を発揮するのはスピードの活きる短距離〜マイル。芝は平坦、ダートは脚抜きの良い馬場に向く。
 No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門で、広いコース変わりはプラス要因。3歳秋以降は本格化が始まり、堅実に走るタイプとなるが、人気よりもやや人気が落ちて伏兵の立場のときの方が好走しやすい特性もある。分枝記号なしは、やや晩成気味ながらも、平均的に能力を発揮するタイプと考える。

◯アスコリピチェーノ・・・ダイワメジャー×Danehill Dancer=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔9-b〕
 前走桜花賞2着(=阪神芝1600m:0.1秒差)。東京芝コースは(1-0-0-0)、芝1600m戦は(2-1-0-0)。
 ダイワメジャー産駒はサンデーサイレンス系で、力強いスピードを持ち、芝1600~2000mを得意とするマイラーや中距離型。フジキセキに近いイメージで、自身がダートを圧勝した実績もあるのでダートの得意な馬力型のタイプと、芝で鋭く斬れる脚を使うタイプと存在するはず。ダイワメジャー自身が中山芝コースで好走が多かったように、また古馬で本格化するまでは直線の長い東京芝コースや京都芝コースなどで最後につかまるレースが多かったことからも、キレよりもスピードの持続性能を活かしたレースに向くと考えますが、完成度は高い。本格化すると鋭く斬れる脚も使えるようになる(=父母父ノーザンテーストの成長能力で引き出される感じと思います)。また直線の短い中山・阪神芝コースでは1着も多いが、東京・京都芝コースになると勝ちきれずに2・3着になることが多い。母父Danehill Dancerはダンチヒ系で、マイルを中心に幅広い距離をこなし、底力も十分に備えている。勢いに乗ると、ポン、ポンと勝つところはディンヒル産駒と似る。仕上がり早く2歳から走り、その勢いのままクラシックへ突入する。他馬はほっといて自分の競馬に徹してこそ結果が出る。
 No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門だが、広いコースは好走が多い。人気よりもやや人気が落ちて伏兵の立場のときの方が好走しやすい特性もある。分枝記号bは、鮮度と勢いが好走に重要なポイント。重賞初挑戦など鮮度の高い時は好走率高し。決め手には欠けるが自在性があり、格上げ戦に強い。

▲ジャンタルマンタル・・・パレスマリス×Wilburn=ミスプロ×エーピーインディ 〔9-e〕
 前走皐月賞3着(=中山芝2000m:0.1秒差)。東京芝コースは(0-1-0-0)、芝1600m戦は(2-0-0-0)。
 パレスマリス産駒はミスプロ系で、父Curlinの特性により大レースでこそ強い種牡馬。芝、ダートとも中距離。2400mも守備範囲。母父Wilburnはエーピーインディ系で詳細は不明。Wilburnの父Bernardiniはエーピーインディ系で、海外の産駒だと芝マイル重賞にて好走しているが、信頼性からいえばダート向き。平均ペースで流れる中距離向きで、瞬発力よりも全体的なスピードで勝負するのがボールドルーラー系。夏に強い特性もある。
 No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門だが、広いコースは好走が多い。人気よりもやや人気が落ちて伏兵の立場のときの方が好走しやすい特性もある。分枝記号eは、気性が荒く、平均ペース以上での雪崩れ込みが得意で、上がりのかかる消耗的な流れに強い特性がある。また重馬場やダートなど時計のかかる馬場に強いが、一旦調子を崩すと復活が難しく、調子のピークが短い。

△アルセナール・・・エピファネイア×ダイワメジャー・・・ロベルト×サンデーサイレンス 〔7-d〕
 前走クイーンC2着(=東京芝1600m:0.1秒差)。東京芝コースは(1-1-0-0)、芝1600m戦は(1-1-0-0)。
 エピファネイア産駒はロベルト系で、父のシンボリクリスエス産駒も一流マイラーが出たように、1600m型と2400m型の代表馬を排出するのがこの父系の特徴。3歳春には上昇し始めるロベルト系の特性を有している。古馬よりも2歳、3歳の成績が良く、素早い反応で大舞台に強い適性がある。前走の着順が良い馬を素直に狙うべき“順張り血統”。2歳から走るマイラーも多いが、菊花賞でも好走馬が出たように、牡馬も牝馬も芝2200m以上の勝率が高く、長距離戦に旨味あり。近走不振馬の変わり身を狙うなら、距離変化や、叩き良化、ハンデ戦の斤量減が良い。ダートは不振で、勝ち鞍は2勝クラスまででダート1800mの勝ち鞍が中心。ダート1400以下の忙しい距離は、2、3着が多い。芝の重・不良もとくいといえず、良と稍重が良い。母父ダイワメジャーはサンデーサイレンス系で、力強いスピードを持ち、芝1600~2000mを得意とするマイラーや中距離型。フジキセキに近いイメージで、自身がダートを圧勝した実績もあるのでダートの得意な馬力型のタイプと、芝で鋭く斬れる脚を使うタイプと存在するはず。ダイワメジャー自身が中山芝コースで好走が多かったように、また古馬で本格化するまでは直線の長い東京芝コースや京都芝コースなどで最後につかまるレースが多かったことからも、キレよりもスピードの持続性能を活かしたレースに向くと考えますが、完成度は高い。本格化すると鋭く斬れる脚も使えるようになり(=父母父ノーザンテーストの成長能力で引き出される感じと思います)、現在本馬はその本格化モードで、鋭い差し脚も使える。また直線の短い中山・阪神芝コースでは1着も多いが、東京・京都芝コースになると勝ちきれずに2・3着になることが多い。
 No.〔7〕の牝系は、牡馬と互角に戦う牝馬が多く、京都コースや阪神コースでの好走が多い牝系。また距離変更ショックや位置取りショックなどのショックが良く効く特性があり、間隔を詰めた時にも良く好走する。分枝記号dは、精神的にタフなタイプが多く、遠征や重馬場は苦にしない。また前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持つ。
05/05 00:50


軍神マルス

予想歴26年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3784
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
南川 麒伊知郎
05/18 12:33

マイページの更新、お願い致します。

編集長おくりばんと
03/31 15:41

南川さんすみません!更新完了しました!

南川 麒伊知郎
03/25 00:27

マイページの更新と結果の更新お願い致します。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

BC爺>>

>>BC爺


06/01 09:01

ムトト>>

>>BC爺


05/26 16:15

@日本ダービー これはお見事!

FUNNYCAT>>

>>まじん


12/17 15:49

@桑名特別 馬連万馬券見事



3
湯浜特別
◎セクシーブーケ
○レーヴドレフォン
三連単1-10-8番
14,090円 的中

南川 麒伊知郎
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社