スプリンターズステークス2019プレ予想◎タワーオブロンドン×グランアレグリアby競馬ナンデ専属予想家あみー

ダノンスマッシュ

短評:(スプリンターズステークス2019 予想)
 総合力に優れる短距離馬??
 ここでの不安は、急坂+持続力(≒距離延長への適性)不足。
 急坂の重賞では0-0-0-4。少し頭の高い走りや米国色の強い母系などの影響か、重賞での優勝~好走は直線平坦コースに限られています。急坂×G1の負担斤量はこの不安を強める要素で、パフォーマンスが伸び悩む~低下する心配があります。さらに、路盤改修後のスプリンターズステークスでは3着内馬のほとんどが芝1400m以上の重賞優勝かマイルG1好走馬。該当する実績が無い(≒持続力で劣る心配がある)ダノンスマッシュは期待値が低いと思われます。人気なら厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:19'キーンランドC 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(脚・胴はやや短い?)、太さ普通、角度普通?飛節不明。 標準的な芝のマイル以下向き、血統は短~マイル向き(??)で、標準的な芝の1200m◎??(1400m▲↓?? マイル△↓↓??) 荒れ馬場▲??道悪▲-??(レース内容から) :E-(甘め)? :E~E(甘め)? :E-(甘め)?? 持続力:-(不明) 総合力:E?相当 平坦○??急坂▲+??(少し頭高い) 祖母:Hollywood Wildcat(おじ:War Chant)


グランアレグリア

短評:(NHKマイルカップ2019 予想)
 全体的なスピードに優れる千七巧者??
 ここでの不安は、距離の短さ。
 NHKマイルカップ2019(=超高速馬場×やや前傾の中弛みラップ。例年より緩急の大きい展開)では「短距離寄りのスピード」や「急加速力」を求められた中でパフォーマンスが伸び悩んでいて、距離短縮×高速馬場が基本のスプリンターズステークスではそれ以上にパフォーマンスが伸び悩む心配があります。脚の長さも血統もマイルの方が合いそうなことから未知数のプラスにも期待しづらく、人気なら厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'NHKマイルC 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴はやや短い?)、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1700m前後◎?? 荒れ馬場▲??道悪▲-?? ゲート:▲↑?? :E-?? :E?? キレ:F(甘め)?? 持続力:F?? 総合力:E~E(甘め)??相当 母:Tapitsfly [米]


ミスターメロディ

※ セントウルステークス2019の前に書いています。
短評:(スプリンターズステークス2019 予想)
 ダート指向の全体的なスピードに優れる千三巧者??
 ここでの不安は、キレ(=トップスピードと急加速力)不足。
 血統(父:Scat Daddy×母父:Deputy Minister×母母父:Silent Screen)通りダート指向の全体的なスピードに優れますが、芝指向のキレ(=トップスピードと急加速力)の裏付けは弱いまま。中京芝1200m~1400mや道悪の阪神芝1400mのように「ダート指向の全体的なスピードを生かせる&芝指向のキレの重要度が低い」条件であれば能力の全開が叶いますが、中山芝1200m×高速馬場ではキレ不足を補えないのでは。他に逃げ馬がいない相手関係であれば、逃げてキレ不足を補うことも可能ですが、モズスーパーフレアなどがいる今年の想定メンバーではそれも難しいはず。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&完成の早さに注意。 最終更新:19'高松宮記念 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴はやや短い)、太さ普通、角度普通。直飛節気味? 標準的な芝のマイル前後向き、血統は短~マイル向き(??)で、重めの芝・軽いダートの1300m前後◎??(ダ1200m・芝1400m○??) 荒れ馬場・道悪○??(レース内容からプラス修正) :▲+?? :D-(甘め)~E? :D-?? キレ:F(甘め)?? 持続力:E-(甘め)?? 総合力:D-~D-(甘め)??相当 祖母:Klassy Kim


◎ タワーオブロンドン

短評:(スプリンターズステークス2019 予想)

 底力(=ハイペース耐性)・持続力に優れる千四巧者??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、乗り替わり+他馬を捌くロス。
 芝1400m~マイルの重賞好走歴、距離短縮後の芝1200m重賞を2戦連続で&ペースが早くなる中で連続好走。さらにセントウルステークス2019の高速決着でも善戦できていれば、スプリンターズステークスで好走するだけの「追走スピード+やや持続力(≒距離延長への適性)優位の末脚」が十分備わっていると言えるのでは。レース間隔の詰まったローテーションも欧州色の強い血統+短距離へのスピード対応という点からプラスになると思われます。ただ、乗り替わりの影響と他馬を捌くロスがありそうで、複勝系馬券を中心に狙いたいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:19'キーンランドC+α 58.0kg)
(誤差注)ツナギはやや短い、やや太い、角度普通。直飛節。 重めの芝のマイル以下向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の1300m前後◎↑??(マイル▲-↓??) 荒れ馬場・道悪▲+?? 先行力:F(甘め)? :D-?? キレ:E-(甘め)? :E-?? 総合力:D-(甘め)?相当 おば:エルノヴァ(いとこ:ディーマジェスティ)



スプリンターズステークス 2019の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >