桜花賞 2020

第80回桜花賞

阪神競馬場芝1600M
日程:2020.4.12 賞金順出走可能頭数:18頭
予想
オッズ
枠順 出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)

(母馬)
馬主 生産者 前走
着順
3.5 8枠17 レシステンシア 武豊 松下 ダイワメジャー マラコスタムブラダ キャロット ノーザンF チューリップ3
5.7 5枠9 デアリングタクト 松山 杉山 エピファネイア デアリングバード ノルマンディー 長谷川牧場 エルフィン1
6.0 4枠8 リアアメリア 川田 中内田 ディープインパクト リアアントニア シルク ノーザンF 阪神JF6
6.0 3枠5 マルターズディオサ 田辺 手塚 キズナ トップオブドーラ 藤田在子 天羽禮治 チューリップ1
6.8 2枠4 サンクテュエール ルメール 藤沢 ディープインパクト ヒルダズパッション キャロット ノーザンF シンザン1
8.0 6枠11 クラヴァシュドール デムーロ 中内田 ハーツクライ パスオブドリームズ 山紫水明 下河辺 チューリップ2
14.5 7枠14 ミヤマザクラ 福永 藤原 ディープインパクト ミスパスカリ 金子真人 ノーザンF クイーンC1
20.8 7枠13 マジックキャッスル 浜中俊 国枝 ディープインパクト ソーマジック 社台RH 社台F クイーンC2
65.1 2枠3 スマイルカナ 柴田大 高橋 ディープインパクト エーシンクールディ 岡田繁幸 木田牧場 チューリップ7
69.0 3枠6 ウーマンズハート 藤岡康 西浦 ハーツクライ レディオブパーシャ ゴドルフィン ダーレー チューリップ6
79.0 8枠18 エーポス 岩田康 北出 ジャスタウェイ ストライクルート フジワラF フジワラF FR1
88.9 7枠15 ヤマカツマーメイド 池添 池添 ロードカナロア ヤマカツマリリン 山田和夫 岡田牧場 FR2
116.8 1枠1 ナイントゥファイブ 松田 西園 スクリーンヒーロー ベットーレ 桑田牧場 ノーザンF FR3
124.5 5枠10 フィオリキアリ 藤井勘 清水 キズナ クリアリーコンフュー 槙和美 ノースヒルズ アネモネ2
130.5 6枠12 インターミッション 石川裕 手塚 ディープインパクト レイカーラ 下河辺牧場 下河辺牧場 アネモネ1
190.1 4枠7 ヒルノマリブ 北村友 北出 ゴールドアリュール パレガルニエ ヒルノ 山岡F 紅梅S1
213.8 1枠2 チェーンオブラブ 石橋 小笠 ハーツクライ フェアエレン ノースヒルズ ノースヒルズ チューリップ9
239.9 8枠16 ケープコッド 岩田望 高柳 ダイワメジャー ハーロンベイ ダーレー ゴドルフィン FR8
 レシステンシアは阪神JFは逃げて圧巻の5馬身差勝ち。休み明けチューリップ賞ではややテンションが高く、スローに落とした逃げで3着に敗れたが、レースの幅は見せた。武豊騎手に変わってどのような競馬で大外枠を克服するか。
 マルターズディオサはチューリップ賞では低評価を覆す正攻法の形での勝利。先行してよし差してよしと脚質も自在で、デビュー以来一度も連を外していない安定感。ここ2走と同じ阪神マイルなら、軸はこれか。
 クラヴァシュドールはチューリップ賞ではあと一歩の2着。阪神マイルは3戦走っていずれも好走。レースぶりも安定しているが決め手には欠けてしまう。勝負強いデムーロ騎手の一発は怖いが、、。
 予想オッズからはどこから入るか非常に迷う一戦に、、。そこでぜひご紹介したいのがG1ジョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。3歳牝馬クラシック路線は勢力図を完全把握。阪神JF3連複・チューリップ賞3連単でズバリ的中!同じコース桜花賞の予想は必見です。
 大西曰く、、「桜花賞も騎手視点から見抜けています。すでに狙いは3頭に絞れていてチューリップ賞以上に自信あり!」とのこと。3連複10750円を見事的中した有馬記念以来の「確信GⅠ」に指定。
 「自信の3頭」を無料公開のキャンペーンとくれば見逃すわけにいきません!↓↓

「自信の穴馬」も無料公開

G1ジョッキー大西直宏の
桜花賞(G1)
「絞りに絞った3頭!」
↑無料で今すぐ教えます↑


根拠が明確・詳細なので
安心できるサービス内容↓

2020/4/5山吹賞での公開内容
◎エヴァーガーデンの話
 厩舎が「オークスしか考えていない」と豪語する1頭。先週には牝馬限定で2000mのミモザ賞があったが、それすら視野に入れずに「少しでも長い距離がいい」と山吹賞を狙ってきた。

丹内祐次騎手も「この馬でオークスに出たいんです」と期待している1頭だが、厩舎スタッフは「そのためにはそろそろ2勝目を挙げておかないと間に合わなくなるぞ」とハッパを掛けていた。

相手で面白そうなのが奥村武厩舎の②リスペクト。今年に入ってからの2戦が成長を感じる内容で、今回は昇級戦だが「通用すると思うし今なら中山でも」と陣営が強気。
関西馬では⑧サーストンカイドー。若葉Sも悪くない競馬だったし、今回は「もっと距離があってもいい」と山吹賞に遠征することにしたそう。

結果
1着◎エヴァーガーデン
2着リスペクト5人気
3着サーストンカイドー7人気
3連単142.0倍的中!!


昨秋G1自信の3頭馬券的中実績

スプリンターズS
3連単60.8倍的中!

天皇賞秋
3連単88.6倍的中!

エリザベス女王杯
3連複40.6倍的中!

チャンピオンズC
3連単89.8倍的中!

阪神JF
3連単85.6倍的中!

有馬記念
3連複107.5倍的中!


桜花賞ももちろん自信あり!
↓↓↓↓↓↓

「絞りに絞った3連複1点」無料
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

大西直宏とは ~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。


桜花賞2020予想オッズ傾向/レシステンシア武豊騎手で過剰人気?マルターズディオサに馬券妙味!

予想オッズ 出走予定馬
2.9 レシステンシア
4.6 デアリングタクト
5.5 リアアメリア
6.0 サンクテュエール
6.8 マルターズディオサ
8.0 クラヴァシュドール
17.5 ミヤマザクラ
22.7 マジックキャッスル
85.0 スマイルカナ
85.4 エーポス
92.0 ヤマカツマーメイド
103.1 ウーマンズハート
194.4 フィオリキアリ
231.4 インターミッション
333.7 チェーンオブラブ
482.3 ケープコッド
689.0 ナイントゥファイブ
2576.7 ヒルノマリブ

 レシステンシアは1番人気は予想したが、ここまで被った人気になるとは意外。netkeibaユーザーは比較的武豊騎手ファンが多い傾向で、人気になりやすいことがあり、実際は3倍台に収まるのでは。
 デアリングタクトも一線級相手を経験していないので、ここまでの人気は予想外。ここのところの競馬ファンは冷静で、未知の魅力に飛びつくことをしなくなってきている。実際は6倍近くつくのでは。
 リアアメリアは阪神JFで惨敗したとはいえ、アルテミスステークスでのパフォーマンスは圧巻で、サンクテュエールを問題にしなかったので、この根強い人気は納得。妥当なオッズだろう。
 マルターズディオサは走れども人気になりにくい馬。印象が地味なので仕方ない。珍しく10倍以下が6頭というのは混戦を物語っている。
 オッズを見る限り上位8頭以外はノーチャンスという考えだろうか、、。なかなか面白そうな馬もいるが。

桜花賞2020予想オッズ:大混戦3連複1番人気15.7倍!単勝複勝馬連馬単3連単馬券配当も予想

桜花賞2020予想オッズ
馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
レシステンシア 3.5 1.3
デアリングタクト 5.7 2.0
リアアメリア 6.0 2.2
マルターズディオサ 6.0 2.1
サンクテュエール 6.8 2.6
クラヴァシュドール 8.0 2.6
ミヤマザクラ 14.5 3.3
マジックキャッスル 20.8 4.0
スマイルカナ 65.1 9.2
ウーマンズハート 69.0 9.5
エーポス 79.0 10.8
ヤマカツマーメイド 88.9 11.0
ナイントゥファイブ 116.8 12.0
フィオリキアリ 124.5 13.9
インターミッション 130.5 17.0
ヒルノマリブ 190.1 20.2
チェーンオブラブ 213.8 24.0
ケープコッド 239.9 29.0
馬連オッズ
馬名 馬名 馬連オッズ
レシステンシア デアリングタクト 7.2
レシステンシア リアアメリア 8.0
レシステンシア マルターズディオサ 8.0
レシステンシア サンクテュエール 9.1
デアリングタクト マルターズディオサ 10.1
馬単オッズ
馬名 馬名 馬単オッズ
レシステンシア デアリングタクト 11.9
レシステンシア リアアメリア 12.4
レシステンシア マルターズディオサ 12.5
レシステンシア サンクテュエール 14.8
デアリングタクト レシステンシア 15.9
3連複オッズ
馬名 馬名 馬名 3連複オッズ
レシステンシア デアリングタクト リアアメリア 15.7
レシステンシア デアリングタクト マルターズディオサ 15.8
レシステンシア デアリングタクト サンクテュエール 19.2
レシステンシア リアアメリア マルターズディオサ 20.4
レシステンシア マルターズディオサ サンクテュエール 21.9
3連単オッズ
馬名 馬名 馬名 3連単オッズ
レシステンシア デアリングタクト リアアメリア 28.0
レシステンシア デアリングタクト マルターズディオサ 29.9
レシステンシア マルターズディオサ デアリングタクト 33.0
レシステンシア リアアメリア デアリングタクト 35.1
デアリングタクト レシステンシア マルターズディオサ 37.0

桜花賞2020賞金順ボーダーライン決定

優先 インターミッション
優先 フィオリキアリ
優先 エーポス
優先 ヤマカツマーメイド
優先 ナイントゥファイブ
優先 マルターズディオサ
優先 クラヴァシュドール
優先 レシステンシア

2900 サンクテュエール
2750 ミヤマザクラ 
2650 スマイルカナ
2000 リアアメリア 
2000 ウーマンズハート
1700 マジックキャッスル
1600 ケープコッド
1600 ヒルノマリブ 
1600 デアリングタクト
1100 チェーンオブラブ

以上18頭


桜花賞・オークス過去10年賞金順ボーダー一覧

桜花賞ボーダー オークスボーダー
2010 1200 1350
2011 900 400
2012 1200 900
2013 1150 900
2014 900 900
2015 1100 1100
2016 900 900
2017 900 400
2018 1100 400
2019 1600 900

桜花賞2020出走予定馬紹介

レシステンシア 武豊騎手

 阪神JFは逃げて圧巻の5馬身差勝ち。休み明けチューリップ賞ではややテンションが高く、スローに落とした逃げで3着に敗れたが、レースの幅は見せた。武豊騎手に変わってどのような競馬を見せるか注目が集まる。

マルターズディオサ 田辺裕信騎手

 チューリップ賞では低評価を覆す正攻法の形での勝利。先行してよし差してよしと脚質も自在で、デビュー以来一度も連を外していない安定感。ここ2走と同じ阪神マイルなら、軸はこれか。

クラヴァシュドール Mデムーロ騎手

 チューリップ賞ではあと一歩の2着。阪神マイルは3戦走っていずれも好走。レースぶりも安定しているが決め手には欠けてしまう。勝負強いデムーロ騎手の一発は怖いが、、。

スマイルカナ 柴田大知騎手

 チューリップ賞は丹内騎手に変わり、ハナに行けずに悔いの残る敗戦。2戦続けて逃げ切ったスピードを活かすには逃げてこそ。

マジックキャッスル 浜中俊騎手

 3戦連続して僅差の2着。小気味よいフットワークでレースセンスが高くデビュー以来連を外さない安定感。母ソーマジックも3着して舞台で、この馬も大崩れはなさそう。

エーポス 岩田康誠騎手

 フィリーズレビューは岩田騎手のロスのないレース運びが光った。一線級とは初めて当たるが不気味な存在。

ヤマカツマーメイド 池添謙一騎手

 トライアルでも器用に立ち回り2着したが、一線級相手では阪神JFで5着とある程度底を見せてしまっている感も。

ナイントゥファイブ 松田大作騎手

 フィリーズレビューでは速いペースを追走してまさかの2着に粘り込み。距離延長は鍵だが、面白い存在の馬が現れた。

インターミッション 石川裕紀人騎手


フィオリキアリ 藤井勘一郎騎手


サンクテュエール Cルメール騎手

 シンザン記念を勝ってここへ直行。2年前のアーモンドアイローテで、ゆとりを持った調整過程は好感。シンザン記念優勝馬は過去にはジェンティルドンナも制しており好相性。混合重賞勝ちの価値を物語る。負かしたコルテジアもその後きさらぎ賞勝ちしレベルを証明。

デアリングタクト 松山弘平騎手

 エルフィンステークスを勝ち2戦2勝。もっとも不気味さを持った馬。勝てばハギノトップレディ以来の最少キャリアでの優勝。3戦無敗の桜花賞馬は史上初の快挙。祖母のデアリングハートは桜花賞3着で穴を開けており血統的背景も十分。

リアアメリア 川田将雅騎手

 この馬のことを語るとき、いつも川田騎手は強気。名手が認めるほど最高の素材なのは間違いない。阪神マイルも新馬でぶっちぎった好相性コース。精神面が成長し、折り合いさえスムーズならアルテミスステークス時同様の鬼脚炸裂も十分。

ケープコッド 岩田望来騎手

 1200では4戦3勝2着1回と完璧な成績を誇るスプリンター。血統的にもマイルは長いと思われ、別路線に行くのではと思われたがここを敢えて使ってきたのは陣営の期待の表れか。

ウーマンズハート 藤岡康太騎手

 新潟2歳S勝ちは圧巻だった。2戦連続32秒台の脚を使うほど、切れ味は一級品。ここ2戦は伸びを欠いているが、瞬発力勝負になれば怖い一頭。

ミヤマザクラ 福永祐一騎手

 素質馬が揃ったクイーンカップを勝利。血統的にスタミナも豊富で、しぶとさ比べになれば浮上しそう。レシステンシアが刻むハイペースなら一発も。

ヒルノマリブ 北村友一騎手

 紅梅Sを勝って賞金加算後すぐに桜花賞直行を決定。トライアルを使っての出走権確保を考えず、じっくり本番へ向けて調整できた臨戦過程は好感が持てる。相手なりに走るタイプでもあり面白い存在。

チェーンオブラブ 石橋脩騎手

 チューリップ賞では9着。底を見せたとも取れるが、スローの瞬発力勝負で流れは向かなかった。馬場が荒れてきてフェアリーSのときのように上りがかかれば面白い。

桜花賞2020・皐月賞2020今年はノーザンファーム一色じゃない!中小牧場応援派が楽しめるクラシックが来た

 昨年の3歳限定G1は7レース中6レースをノーザンファームが制した(日本ダービーのロジャーバローズのみ飛野牧場生産)。
 寡占状態極まれる昨今だが、今年はフェブラリーSを外国産のモズアスコットが制し、高松宮記念もケイアイファームのダノンスマッシュが有力。
 牡馬・牝馬クラシック路線も非社台牧場が盛り返しており、ノーザンファームは近年になく苦戦する春G1戦線になるかもしれない。
 
 桜花賞は特に非社台系が多く出走できそう。チューリップ賞1着のマルターズディオサが天羽禮治氏、2着のクラヴァシュドールが下河辺牧場。デアリングタクト=長谷川牧場、スマイルカナ=木田牧場、ヒルノマリブ=山岡ファームと、中小牧場が元気。
 皐月賞はなんといっても最有力コントレイルがノースヒルズ。ノースヒルズはコルテジアも送り込む。クリスタルブラックの大狩部牧場は初めてのG1出走に夢を賭ける。ビターエンダーは桜井牧場、ブラックホールは杵臼牧場の生産。

桜花賞歴代優勝馬

桜花賞 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2010年 アパパネ 蛯名騎手 1番人気
2011年 マルセリーナ 安藤騎手 2番人気
2012年 ジェンティルドンナ 岩田騎手 2番人気
2013年 アユサン デムーロ騎手 7番人気
2014年 ハープスター 川田騎手 1番人気
2015年 レッツゴードンキ 岩田騎手 5番人気
2016年 ジュエラー デムーロ騎手 3番人気
2017年 レーヌミノル 池添騎手 8番人気
2018年 アーモンドアイ ルメール騎手 2番人気
2019年 グランアレグリア ルメール騎手 2番人気

桜花賞一番人気馬着順データ

桜花賞 1番人気馬 騎手 人気
2010年 アパパネ 蛯名騎手 1着
2011年 ホエールキャプチャ 池添騎手 2着
2012年 ジョワドヴィーヴル 福永騎手 6着
2013年 クロフネサプライズ 武豊騎手 4着
2014年 ハープスター 川田騎手 1着
2015年 ルージュバック 戸崎騎手 9着
2016年 メジャーエンブレム ルメール騎手 4着
2017年 ソウルスターリング ルメール騎手 3着
2018年 ラッキーライラック 石橋騎手 2着
2019年 ダノンファンタジー 川田騎手 4着

桜花賞武豊騎手騎乗成績

桜花賞 武豊騎手騎乗馬 着順 人気
2010年 騎乗馬なし
2011年 エイシンハーバー 14着 8番人気
2012年 メイショウスザンナ 5着 11番人気
2013年 クロフネサプライズ 4着 1番人気
2014年 ベルカント 10着 4番人気
2015年 レオパルディナ 11着 12番人気
2016年 レッドアヴァンセ 7着 4番人気
2017年 リスグラシュー 2着 3番人気
2018年 マウレア 5着 4番人気
2019年 シェーングランツ 9着 6番人気

最新記事一覧

もっとみる >