天皇賞春 2020

第161回天皇賞春

京都競馬場芝3200M
日程:2020.5.3 賞金順出走可能頭数:18頭
予想
オッズ
枠順 出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)

(母馬)
馬主 生産者 前走成績
2.2 8枠14 フィエールマン ルメール 手塚 ディープインパクト リュヌドール サンデーR ノーザンF 有馬記念4
4.0 5枠7 ユーキャンスマイル 浜中 友道 キングカメハメハ ムードインディゴ 金子真人 ノーザンF 阪神大1
5.9 5枠8 キセキ 武豊 角居 ルーラーシップ ブリッツフィナーレ 石川達絵 下河辺牧場 阪神大7
11.2 4枠5 ミッキースワロー 横山典 菊沢 トーセンホマレボシ マドレボニータ 野田みづき ノーザンF 日経賞1
13.9 1枠1 モズベッロ 池添 森田 ディープブリランテ ハーランズルビー キャピタル 村田牧場 日経賞2
16.6 3枠3 トーセンカンビーナ 藤岡康 角居 ディープインパクト カンビーナ 島川隆哉 社台F 阪神大2
18.8 7枠11 メイショウテンゲン 池添 ディープインパクト メイショウベルーガ 松本好雄 三嶋牧場 阪神大3
21.1 2枠2 エタリオウ 川田 友道 ステイゴールド ホットチャチャ リビエールR ノーザンF 日経賞6
26.4 3枠4 ダンビュライト 松若 音無 ルーラーシップ タンザナイト サンデーR ノーザンF JC14
48.1 4枠6 スティッフェリオ 田辺 音無 ステイゴールド シリアスアティテュード 社台RH 社台F 日経賞3
50.1 7枠12 シルヴァンシャー デムーロ 池江 ディープインパクト アゼリ サンデーR ノーザンF 京都大3
58.8 6枠9 ミライヘノツバサ 木幡巧 伊藤 ドリームジャーニー タムロブライト 三島宣彦 諏訪牧場 ダイヤモンド1
71.1 6枠10 メロディーレーン 岩田望 森田 オルフェーヴル メーヴェ 岡田牧雄 岡田スタッド 阪神大5
217.8 8枠13 ハッピーグリン 和田 森田 ローエングリン レディセラヴィ 会田裕一 社台F 京都金杯18
 キセキは、阪神大賞典ではまさかの大出遅れ。父ルーラーシップ譲りの悪い癖が出てしまったか。今回は武豊騎手とのコンビで望むがどんな競馬になるかは全く予測不能。奇跡を見せてほしいところだが。
 フィエールマンは、長距離は菊花賞、天皇賞春を制しており昨今稀に見るステイヤー。有馬記念でも強いメンバーに入って堅実に4着。昨年も休み明けで制しており、今年もぬかりなしか。
 ユーキャンスマイルは、阪神大賞典では内で脚をためて直線突き抜ける絶妙なレース運び。ただ、今回は岩田騎手が騎乗できないのは痛手。昨年は5着に完敗を喫しており明確な敗因も不明。力をつけた今なら?
 予想オッズからはどこから入るか非常に迷う一戦に、、。そこでぜひご紹介したいのがG1ジョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。なんと大阪杯→桜花賞→皐月賞とGⅠ3連続的中の絶好調!現役時代同様大舞台に強い予想炸裂中!
 大西曰く、、「天皇賞春も騎手視点から見抜けています。すでに狙いは3頭に絞れていて自信あり!」とのこと。長距離レースは特に騎手の思惑と技量が問われるため、騎手ならではの予想が冴えわたります。「自信の3頭」を無料公開のキャンペーンとくれば見逃すわけにいきません!↓↓

「自信の穴馬」も無料公開

G1ジョッキー大西直宏の
天皇賞春(G1)
「絞りに絞った3頭!」
↑無料で今すぐ教えます↑


根拠が明確・詳細なので
安心できるサービス内容↓

2020/4/12桜花賞での公開内容
◎デアリングタクトの話
"一強"は、⑨デアリングタクトだ。
一昨年のアーモンドアイのように、終わってみればこの馬だけが別格だった、そんなシーンも。

エルフィンSの勝ちっぷりはこの世代の牝馬戦では阪神JFに並ぶ衝撃度。世間の評価を集め切れない理由はキャリア2戦で経験値が少ないこと、GⅠどころか重賞経験もないこと、オーナーがクラシックとは縁遠いノルマンディーであること、厩舎も経験が浅く中央GⅠ勝ちがない杉山晴紀厩舎であること...などだろう。つまり、馬自体の強さよりも、その周辺のデータや情報によって信頼を得られていない。

しかし西の情報筋たちの評価は「1頭だけ桁違い」というもの。これまで2戦が少頭数で大外一気という競馬であることに関しても、「本当はどんな競馬でもできるセンスがあるけど、安全に勝つためにああいう競馬をしているだけ。そういう意味ではブエナビスタやディープインパクトと同じ」という、過去の名馬に例える衝撃的な話も飛び出した。

⑰レシステンシアもチューリップ賞の敗戦は桜花賞に向けての絶好の撒き餌。「阪神JFは普通なら暴走と言われるようなペースで圧勝。一方のチューリップ賞は普通のペースで行ってキレ負け。これでこの馬のすべきことはハッキリした」と関係者。「ぶっ放して走るのはいつでもできるし、遅いペースでも折り合って逃げられたこと自体は今後に向けて良かった。休み明けで仕上がりもそれなりだったし、目標を桜花賞とすれば前哨戦で負けたことには価値がある」と、トーンは全く落ちていない。

結果
1着◎デアリングタクト
2着レシステンシア
馬連11.1倍的中!!

NZトロフィー
◎ルフトシュトローム
▲ウイングレイテスト
△シーズンズギフト
3連単345.0倍的中!

皐月賞
◎コントレイル
〇サリオス
馬連1点6.6倍的中!


天皇賞春ももちろん自信あり!
↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

大西直宏とは ~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。


天皇賞春2020予想オッズ傾向/キセキ武豊騎手で過剰人気?ミライヘノツバサ・モズベッロに馬券妙味!

予想オッズ 出走予定馬
2.4 フィエールマン
2.8 ユーキャンスマイル
5.6 キセキ
13.5 ミッキースワロー
16.1 メイショウテンゲン
17.9 エタリオウ
21.1 トーセンカンビーナ
22.0 モズベッロ
39.1 シルヴァンシャー
43.1 オセアグレイト
43.9 スティッフェリオ
50.4 ダンビュライト
88.1 メロディーレーン
124.9 タイセイトレイル
147.2 ミライヘノツバサ
361.0 ハッピーグリン

 キセキの人気が根強かった。武豊騎手とのコンビという期待要素もあってか思ったより人気。どんな競馬になるかは全く未知数の存在で、オッズも予想が難しいが、7倍くらいになっても不思議はない。
 エタリオウも根強い人気。昨年のこのレース大敗以降良い所がないが、復活に期待するファンも多い馬なのだろう。馬券妙味は、、。
 モズベッロは勢いのある馬にしては人気が控えめ。距離・斤量は克服しなければならないが、勢いに乗ってみる手はありそう。
 ミライヘノツバサは前走のダイヤモンドステークス勝利はフロック視されている模様。負かしたメイショウテンゲン・オセアグレイトが穴人気しているのに対してこちらは未だ全く人気なし。馬券妙味ならこっちか。
 ダンビュライトも去勢手術開けなのが嫌われたか不人気。ただ、展開利が見込まれそうなので、実際には30倍台に落ち着いても不思議ない。

天皇賞春2020予想オッズ3強3連複9.2倍!単勝複勝馬連馬単3連単馬券配当も予想

天皇賞春2020予想オッズ
馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
フィエールマン 2.7 1.3
ユーキャンスマイル 2.8 1.3
キセキ 6.2 2.4
ミッキースワロー 14.6 3.5
メイショウテンゲン 17.0 4.0
トーセンカンビーナ 18.5 4.2
エタリオウ 20.6 4.7
モズベッロ 21.2 4.8
シルヴァンシャー 33.7 5.9
ダンビュライト 37.1 6.6
スティッフェリオ 37.8 6.8
ミライヘノツバサ 70.1 10.8
メロディーレーン 71.1 11.2
タイセイトレイル 82.6 13.7
ハッピーグリン 154.8 17.9
馬連オッズ
馬名 馬名 馬連オッズ
フィエールマン ユーキャンスマイル 4.0
フィエールマン キセキ 7.1
ユーキャンスマイル キセキ 7.2
フィエールマン ミッキースワロー 13.3
ユーキャンスマイル ミッキースワロー 13.7
馬単オッズ
馬名 馬名 馬単オッズ
フィエールマン ユーキャンスマイル 7.6
ユーキャンスマイル フィエールマン 8.4
フィエールマン キセキ 11.6
ユーキャンスマイル キセキ 12.1
キセキ フィエールマン 16.9
3連複オッズ
馬名 馬名 馬名 3連複オッズ
フィエールマン ユーキャンスマイル キセキ 9.2
フィエールマン ユーキャンスマイル ミッキースワロー 14.7
フィエールマン キセキ ミッキースワロー 18.9
ユーキャンスマイル キセキ ミッキースワロー 20.6
フィエールマン ミッキースワロー メイショウテンゲン 28.0
3連単オッズ
馬名 馬名 馬名 3連単オッズ
フィエールマン ユーキャンスマイル キセキ 19.8
ユーキャンスマイル フィエールマン キセキ 21.0
フィエールマン キセキ ユーキャンスマイル 25.1
ユーキャンスマイル キセキ フィエールマン 27.9
キセキ フィエールマン ユーキャンスマイル 29.3

天皇賞春2020出走予定馬紹介

キセキ 武豊騎手

 阪神大賞典ではまさかの大出遅れ。父ルーラーシップ譲りの悪い癖が出てしまったか。今回は武豊騎手とのコンビで望むがどんな競馬になるかは全く予測不能。奇跡を見せてほしいところだが。

フィエールマン Cルメール騎手

 長距離は菊花賞、天皇賞春を制しており昨今稀に見るステイヤー。有馬記念でも強いメンバーに入って堅実に4着。昨年も休み明けで制しており、今年もぬかりなしか。

ユーキャンスマイル 岩田康誠騎手

 阪神大賞典では内で脚をためて直線突き抜ける絶妙なレース運びで、岩田騎手も完全に手の内に入れている。ただ、昨年は5着に完敗を喫しており明確な敗因も不明。力をつけた今なら?

エタリオウ 川田将雅騎手

 昨年は人気で出走も追走に手間取り4着とはいえ完敗。それ以降不振に陥っている。今回は川田騎手と新コンビということでこれが起爆剤になればよいが。

モズベッロ 池添謙一騎手

 日経新春杯は軽量を活かしての勝利に思われたが、日経賞では直線不利を受けながら2着の内容は間違いなく力をつけてきている。京都コースも得意で、距離さえこなせば。

メイショウテンゲン 松山弘平騎手

 クラシックでは力及ばずだったが、長距離重賞路線で素質開花。スタミナ勝負になれば滅法強く、雨でも降れば、母メイショウベルーガが果たせなかった天皇賞春制覇も可能性が十分でてきた。

トーセンカンビーナ 藤岡康太騎手

 3歳時から素質は評価されていたが青葉賞では大敗。その後自己条件でジワジワと力を付けて阪神大賞典では2着。スタートダッシュが遅い馬で長丁場も合う。瞬発力勝負になれば末脚が活きる。

ミッキースワロー 横山典弘騎手

 日経賞を制し、初めての天皇賞春挑戦。ただ、重賞は3勝しているもののG1では一度も馬券になったことがなく一歩足りない。前走も比較的メンバーは手薄で、一線級相手での健闘に期待したいところ。

シルヴァンシャー 騎手未定

 デビュー以来大事に使われてきて距離を伸ばして味が出てきた。ただ脚元に不安があり、今回も7カ月ぶりでの出走。外厩調整とはいえいきなりの初距離・G1で厳しい条件が揃う。

ダンビュライト 松若風馬騎手

 返し馬で興奮してしまう気性に難のある馬だったが、去勢され落ち着いて臨めれば一変があるかも。さらに無観客開催なら競馬場での刺激も少なくスムーズになるはずで、面白い材料は揃った。

ミライヘノツバサ 木幡巧也騎手

 ダイヤモンドSでは16番人気で衝撃的勝利。ただ、東京3400は力がなければ勝てないコースでフロックではなさそう。再度上がりがかかる競馬なら一発あって不思議ない。

スティッフェリオ 田辺裕信騎手

 日経賞では正攻法の競馬で3着し力をつけてきている。ただ、もともと中距離で活躍してきた馬で、距離はギリギリ。楽に先行させてもらってどこまで粘れるか。

メロディーレーン 岩田望来

 前走は人気もなくなっていたがしぶとい差し脚で2着とは差のない5着。ただ、今回は斤量も重くなり、初めての56キロ。華奢な馬には重くのしかかる。

ハッピーグリン 和田竜二騎手

 まさかの天皇賞春挑戦。1200や1600も走った馬なので、印象は薄いが、昨年夏には2600の札幌日経OPで2着の実績がある。折り合いさえつけば大穴か。

天皇賞春2020出走馬14頭で今年もフルゲートならず減少傾向...賞金面現実的判断+大阪杯棲み分けか

 天皇賞春は今年も出走馬が減少し14頭。昨年の13頭に続きフルゲートとならなかった。やはり、これまで前哨戦の位置づけだった大阪杯がG1に格上げされてから出走馬の棲み分けが進んでしまった形だ。
 やはり伝統の一戦だけにフルゲートにならないのは寂しい。また売り上げ面でも出走馬が少ない分苦戦するだろう。
 特に今年顕著だったのは、オセアグレイト・タイセイビジョンが現実的な判断で回避したこと。出走できる状態は整っていながら、相手が強いと見て身の丈に合ったレースを選んだ形。
 今の馬主さんたちは、伝統の一戦への出走という名誉よりも経済優先で、賞金獲得が確実なレース選びをするようになったということなのだろうか。

高松宮記念・大阪杯・天皇賞春2020不在騎手一覧(春G1と海外遠征重複早見表)

ドバイワールドカップ→高松宮記念週はルメール・デムーロ・武豊・川田・福永騎手不在
ドンカスターマイル→大阪杯週は横山典騎手不在
豪州クイーンエリザベスS→桜花賞週
香港クイーンエリザベスC・チャンピオンズマイル→フローラS週は福永騎手不在
ケンタッキーダービー→天皇賞春週は武豊騎手不在か
ベルモントステークス→安田記念週は武豊騎手不在か

・豪州クイーンエリザベスS出走のダノンプレミアムは外国人騎手との情報も(川田騎手は桜花賞でリアアメリア騎乗との情報があり乗り替りか)
・香港クイーンエリザベスC出走の場合、サートゥルナーリアはルメール騎手が騎乗の可能性も
・横山典騎手はドンカスターマイルにマイスタイルで出走するため大阪杯のダノンキングリーには騎乗できない。サートゥルナーリアが香港クイーンエリザベスC出走の場合、ルメール騎手が大阪杯で騎乗する予定の馬がいなくなる。


天皇賞春武豊騎手過去10年成績データ

天皇賞春 武豊騎手騎乗馬 着順 人気
2010年 騎乗馬なし
2011年 ローズキングダム 11着 2番人気
2012年 ウインバリアシオン 3着 2番人気
2013年 トーセンラー 2着 3番人気
2014年 キズナ 4着 1番人気
2015年 キズナ 7着 1番人気
2016年 キタサンブラック 1着 2番人気
2017年 キタサンブラック 1着 1番人気
2018年 騎乗馬なし
2019年 騎乗馬なし

天皇賞春過去10年歴代優勝馬

天皇賞春 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2010年 ジャガーメイル ウィリアム騎手 2番人気
2011年 ヒルノダムール 藤田騎手 7番人気
2012年 ビートブラック 石橋騎手 14番人気
2013年 フェノーメノ 蛯名騎手 2番人気
2014年 フェノーメノ 蛯名騎手 4番人気
2015年 ゴールドシップ 横山典騎手 2番人気
2016年 キタサンブラック 武豊騎手 2番人気
2017年 キタサンブラック 武豊騎手 1番人気
2018年 レインボーライン 岩田騎手 2番人気
2019年 フィエールマン ルメール騎手 1番人気

天皇賞春過去10年1番人気馬結果データ

天皇賞春 1番人気馬 騎手 人気
2010年 フォゲッタブル 内田騎手 6着
2011年 トゥザグローリー 四位騎手 13着
2012年 オルフェーヴル 池添騎手 11着
2013年 ゴールドシップ 内田騎手 5着
2014年 キズナ 武豊騎手 4着
2015年 キズナ 武豊騎手 7着
2016年 ゴールドアクター 吉田隼騎手 12着
2017年 キタサンブラック 武豊騎手 1着
2018年 シュヴァルグラン ボウマン騎手 2着
2019年 フィエールマン ルメール騎手 1着
1番人気馬の信頼性は高くない。京都の馬場が急速に高速化し、傾向が大きく変わってきていることが影響しているだろう。展開や馬場に大きく左右され、実力馬が伸びを欠くケースは多い。

最新記事一覧

もっとみる >