2/4 2/5
2/4 2/5
新着予想>AJCC2023結果回顧一覧

中山11R AJCC 2023年1月22日(日)
芝外2200 4歳上GII 晴良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
1413121110987654321馬番
ラ
|
ゴ
ム
ア
リ
ス
ト
テ
レ
ス
レ
ッ
ド
ガ
ラ
ン
エ
ピ
フ
ァ
ニ
|
ガ
イ
ア
フ
ォ
|
ス
エ
ヒ
ト
オ
ウ
ケ
ン
ム
|
ン
ス
タ
ッ
ド
リ
|
ユ
|
バ
|
レ
|
ベ
ン
バ
ビ
ッ
ト
ノ
|
ス
ブ
リ
ッ
ジ
ブ
ラ
ッ
ク
マ
ジ
ッ
ク
シ
ャ
ム
ロ
ッ
ク
ヒ
ル
レ
イ
ン
カ
ル
ナ
テ
ィ
オ



馬名



牡5 牡6 牡8 牡4 牡4牡6 牡8 牡5牝5 牡6牡5 牡6 牝6 牡6性齢
57 57 57 56 5757 57 5755 5757 57 55 57斤量
バ
シ
ュ
ロ
横
å±±
和
田
辺
戸
崎
圭
ル
メ
|
ル
田
中
勝
北
村
宏
坂
井
瑠
星
デ
ム
|
ロ
横
å±±
典
岩
田
康
三
浦
藤
懸
石
川
裕
騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
…………危………………………BC爺
狙………狙………………………夏影
  <予想家の色:◆馬場型 ◆展開型 ◆血統型 ◆騎手型 ◆パドック型 ◆調教型> <背景濃色=自信度S・A>

タイム 2:13.5 4F 47.6 3F 35.2
単勝4番860円(4人気)
複勝4番300円(4人気)9番380円(7人気)6番270円(3人気)

競馬予想型   BC爺西前頭一枚目 予想歴22年 回収率91% AJCC2023回顧
76PV

勝ったノースブリッジは好位から抜け出して押し切り。確かに内枠替わりの非根幹距離で走りやすい状況でしたが、距離が長いと常識的に判断してしまいました。

2着エヒトは後方から捲り気味に差し。連続好走しないタイプと見て自信を持って消したのに来られてしまいました。本質的には2200が向きそうな血統ではあるのですが。

3着ユーバーレーベンが好位から粘り、危ないと思った人気勢が上位独占の形。自信もなかったですけど、全く見えてなかったですね。

ブラックマジックは中団から伸びず。さすがに適性以前に弱すぎたか。

ガイアフォースも中団から伸びず。なんとなく危ない直感はあったんですけど、理屈的には3着も外すとは思えず。菊花賞はともかく、ここでも凡走となると今後が難しくなります。
レースレベル:3    
→次走危険馬:ガイアフォース  

競馬予想型   夏影東十両八枚目 予想歴40年 回収率% 「惰性」と「持続力」は全く異質の存在
100PV

予想は外れてしまったが、蓋を開けてみれば、結局例年通りの結果となった。
下記は今回の結果である。

1着 ノースブリッジ(4番人気)
   父母サドラーズウェルズ系
2着 エヒト(5番人気)
   父母トニービン系
3着 ユーバーレーベン(3番人気)
   ステイゴールド系
4着 ラーゴム(8番人気)
   ステイゴールド系
5着 ガイアフォース(1番人気)

上位4頭は、全て予想時に挙げた3つの血(サドラーズウェルズ、トニービン、ステイゴールド)を持ち、人気以上の結果を残した。

逆にこれらの血をもたなかったガイアフォースは、圧倒的1番に支持されながら、人気通りのパフォーマンスを見せる事なくレースを終えた。

さて、セントライト記念はどうだったかというと…

1着 ガイアフォース(3番人気)
2着 アスクビクターモア(1番人気)
   母レインボウクエスト系
3着 ローシャムパーク(2番人気)
   母母母トニービン系

凱旋門賞馬血統であるアスクビクターモアやローシャムパークは人気よりもパフォーマンスを落とし、そうでないガイアフォースは人気以上のパフォーマンス示した。
馬場状態が稍重だったにも関わらず、勝ち時計は2.12.0を切っており、いかに時計の出る馬場状態だったか窺い知る事が出来る。
道中のアメリカ的な追走スピードが問われたレースで、アスクビクターモアには物理的には向かないレースだったと言えよう。
むしろ、菊花賞を勝てるほどの力量があったからこそ、差の無い競馬に持ち込めたのである。

しかし、「本当の意味でのパワーやスタミナ」が問われた菊花賞では、やはり立場が逆転する。

1着 アスクビクターモア(2番人気)
8着 ガイアフォース(1番人気)

高速前残り競馬で、レース後半のラップが落ちないのは、馬のスタミナ能力が秀ているからではない。
走りやすく道中のスタミナロスが少ない馬場状態だから、スタミナに不安のある馬でもスピードが持続出来るのである。
つまりが、スタミナ面の弱さが馬場状態によってカバーされ、強い競馬が出来たのである。
逆に、「本当の意味でのスタミナ」が問われると、菊花賞や今回のような醜態を見せる事になる。

今回のガイアフォースの「✕」印は、このような根拠に基づいている。
そして今回の過剰人気は、多くの競馬ファンが「惰性」と「持続力」を履き違えた結果が生み出したものだと考える。
→次走狙い馬:ガイアフォース,ラーゴム     



競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
FUNNYCAT
01/29 15:57

ムルザバエフにWin5阻まれた…無念

北川 麟太郎
01/22 13:53

俺、北川はG1のみ予想に専念します

北川 麟太郎
01/22 13:52

編集長、1月度のマイページ更新お願いします!

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

はやと>>

>>編集長おくりばんと


01/23 10:52

@東海S ナイス

BC爺>>

>>BC爺


01/17 23:18

ムトト>>

>>BC爺


01/15 18:33



3
根岸S
◎レモンポップ
○ギルデッドミラー
三連単13-6-14番
2,610円 的中

あみー
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社