7/20 7/21
7/13 7/14
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【中京記念2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想日経新春杯2019予想一覧軍神マルスの予想

3連複 2-5-10番:2,640円的中

京都11R 日経新春杯 2019年1月13日(日)
芝外2400 4歳上GII 晴良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
16151413121110987654321馬番









































































































馬名



牡5 牡6 牡4 牡7 牡4 牡6牡6 牡7 牡6 牡6 牝4牡6 牡4 牡6牡4 牡7性齢
56 56 54 56 56 5655 55 56 57 4955 52 5155 55斤量































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順着順

ぐつん

BC爺

クライスト

編集長おく自信度C 0
狙おうと思っていたルックトゥワイス、外枠を引いてしまった上、人気も出てきてしまいました。
馬場を考慮してこの馬に変えました。

ガンコ
ここのところ凡走続きでしたが、
遂にこの馬に合う馬場が巡ってきました。
この馬はスピード・切れ味がまるでなくスタミナ勝負の馬なので、
今の京都の異例の重い馬場にはもってこい。
天皇賞春・オールカマー・アルゼンチン共和国杯・ジャパンカップいずれも高速馬場に泣かされてきたので、
度外視でよいと思います。
アルゼンチン共和国杯など、あの上りの速い競馬で健闘しており、
57キロは完全に克服済み。

サラス
こちらも大型牝馬でパワーが要る馬場でプラス。
ハショタ自信度C 0
◎シュペルミエール

期待馬が戻ってきた。6歳だが11戦しか走っておらず、前走勝って好調のままここへ。距離適正はこの馬が一番。木村厩舎はこの距離に実績あり。頭を期待したい。

○ルックトゥワイス
この距離大得意の藤原厩舎。
index自信度C 0

今日の売れ方は少し異常さを感じる。

対角人気馬予想は全くあてにならない様子。
西側の競馬としては年に何回かある程度の珍しさ。


~~~~~

今日のこれまでの結果より、
下の該当2頭は危ういと判断した方がいいか。



対角に人気馬を配置した、
シュペルミエールとメイショウテッコンが狙い目。

▲シュペルミエール
△メイショウテッコン




~~~~~


18
17
16① 母父系グレイソヴリン
  ②父母父系トニービン
  ③ 母父系グレイソヴリン
15①父母父系トニービン
  ③ 母父系グレイソヴリン
14① 母父系グレイソヴリン
  ② 母父系グレイソヴリン
13①父母父系グレイソヴリン
12
1…
スコット自信度C 0

 ◎ノーブルマーズ

 宝塚記念で大感謝したこの馬。京都2400mはかなり向いているはず。アル共で負けて人気を落としたここで。


 ○ガンコ
 ▲ロードヴァンドール

 昨年の好走馬を忘れてないかいというところ。めんどいからリピーターで良いじゃないか。

 ロードヴァンドールは前走休み明けでレースしておらず。ガンコはアル共は置いといて、一線級とのレースばっかだったからここで見直し。

 △グローリーヴェイズ

 菊花賞でも高評価した馬。近走を見てもコースは合ってると思うので。ただ、人気してるから妙味という意味でここ。…
ムトト自信度C 0
◎サラス
日経新春杯といえば、牝馬、前走条件戦組が優位。そのどちらも該当。前走準オープンがやや離された3着も、コウエイオトメのような距離が伸びた方が良さそうなタイプで、時計のかかり気味な馬場も、母父タピットが活きそう。49キロなら勝負になる。

○マサハヤドリーム
こちらも距離が伸びて変わらないか。祖父オペラハウスが活きそうな馬場でもあり。

▲ガンコ
JCは時計が出すぎで合わなかった。地力の差というより向き不向きがもろに出た。この条件であれば見直し。

△ロードヴァンドール
母父ストームキャットでパワーは保証。条件も合う。…
だるま「京都11R 日経新春杯」自信度C 0
京都11R 日経新春杯
以下の様に予想する
◎ 10 ルックトゥワイス
○ 5 シュペルミエール
▲ 2 グローリーヴェイズ
△ 16 ムイトオブリガード

日経新春杯 買い目
馬単
10=5
10=2
3連複
10 5 2 16(BOX)
3連単
2 16-1 4 7 8 11(2頭軸マルチ)
雨龍泥舟自信度B 0
005 日経新春杯
[印の意義]
これまでは、狙い馬=人気なら◎を、人気薄なら▲をつけていたが、近ごろは▲=単穴というか考えがなくなり、単に3番目の馬と考えている人が大半のように思う。そこで、これからは狙い馬は人気であろうが人気薄であろうが◎をつけることにする。
○は狙い馬ではないが能力が一番と思う馬に。△はなるべき人気のない、能力的には落ちるがおもしろそうな馬に付けたい。
[人気・能力]
菊花賞5着の○グローリーヴォイスが人気を集めそうだ。上りがいいし、距離短縮もいいと思う。。能力的にも1番だろう。
[狙い」
狙い馬は◎アフリカンゴールド。菊花賞は外を回されたうえ、折り合いの付いていなか…
南川麒伊知「無」自信度C 0
前走はフィエールマンの5着と好走。距離は断然2400mの方が有利。
近親から見ると川崎記念勝ち馬フィールドルージュや牝馬三冠馬メジロラモーヌがいる血統。
母父がスウェプトオーヴァーボードだから何?それだけで軽視するなら、そんなに人気になるわけねぇーよ。

タイム 2:26.2 4F 49.6 3F 37.7
単勝2番270円(1人気)
複勝2番140円(1人気)10番200円(4人気)5番190円(3人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「日経新春杯 スタミナ型サンデーサイレンス系に期待。」
ムイトオブリガード6着/2人気
○グローリーヴェイズ▲シュペルミエール△ルックトゥワイス
    
256
0拍手

3連複 2-5-10番

2,640円的中

★傾向分析★
2014年 タイム 2’24”4 (良) 1FAve=12.03 3FAve=36.10
テン35.9-中盤73.8(前半37.1-後半36.7)-上がり34.7 『加速・中弛み』
1着サトノノブレス・・・ディープインパクト×トニービン=ディープインパクト×グレイソヴリン 〔9-f〕 1-1
2着アドマイヤフライト・・・マンハッタンカフェ×トニービン=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔9-g〕 6-7
3着フーラブライド・・・ゴールドアリュール×メジロマックイーン=サンデーサイレンス×マイバブー 〔22〕 4-4

2015年 タイム 2’24”8 (良) 1FAve=12.07 3FAve=36.21
テン35.7-中盤74.7(前半37.1-後半37.6)-上がり34.4 『加速・中弛み』
1着アドマイヤデウス・・・アドマイヤドン×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔1-l〕 7-8
2着フーラブライド・・・ゴールドアリュール×メジロマックイーン=サンデーサイレンス×マイバブー 〔22〕 6-5
3着アドマイヤフライト・・・マンハッタンカフェ×トニービン=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔9-g〕 3-5

2016年 タイム 2’25”9 (良) 1FAve=12.16 3FAve=36.48
テン36.1-中盤74.7(前半38.3-後半36.4)-上がり35.1 『加速・中弛み』
1着レーヴミストラル・・・キングカメハメハ×Highest Honor=キングマンボ×グレイソヴリン 〔1-p〕 12-11
2着シュヴァルグラン・・・ハーツクライ×Machiavellian=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔12-c〕 6-6
3着サトノノブレス・・・ディープインパクト×トニービン=ディープインパクト×グレイソヴリン 〔9-f〕 3-3

2017年 タイム 2’25”7 (良) 1FAve=12.14 3FAve=36.43
テン35.6-中盤73.7(前半36.9-後半36.8)-上がり36.4 『前傾・中弛み』
1着ミッキーロケット・・・ミッキーロケット・・・キングカメハメハ×Pivotal=キングマンボ×ヌレイエフ 〔4-n〕 3-2
2着シャケトラ・・・マンハッタンカフェ×Singspiel=サンデーサイレンス×サドラーズウェルズ 〔4-r〕 5-5
3着モンドインテロ・・・ディープインパクト×ブライアンズタイム=ディープインパクト×ロベルト 〔13-a〕 7-6

2018年 タイム 2’26”3 (良) 1FAve=12.19 3FAve=36.58
テン36.0-中盤75.7(前半38.6-後半37.1)-上がり34.6 『加速・中弛み』
1着パフォーマプロミス・・・ステイゴールド×タニノギムレット=サンデーサイレンス×ロベルト 〔13-c〕 4-3
2着ロードヴァンドール・・・ダイワメジャー×Storm Cat=サンデーサイレンス×ストームバード 〔22〕 1-1
3着ガンコ・・・ナカヤマフェスタ×Singspiel=サンデーサイレンス×サドラーズウェルズ 〔7-f〕 2-2

 流れは毎年『中弛み』が基本となり、『前傾』や『加速』がオプションとなり脚をためての差しも届く感じ。近年は、逃げ残るというよりは、10番手以内に位置取りしている先行・差しが中心となり、好走している傾向。

 血統の傾向は、マンハッタンカフェ、ハーツクライ、ディープインパクト、ステイゴールドといったスタミナ型サンデーサイレンス系の好走が多い。特に天皇賞春好走馬を輩出したことのある血統向き(=長距離スタミナ型血統)。
 サンデーサイレンス系の場合、母父サドラーズウェルズ系やトニービン系などのスタミナ強化タイプの好走が目立ちます。

 牝系の傾向は、No.〔1〕が好走馬多し。特に長距離戦で好走していたようなタイプが好走しています。
No.〔3〕やNo.〔9〕、No.〔13〕の牝系も複数好走馬を輩出していて、スタミナタイプも多い牝系でもあり、相性は良いと思います。

 それから好走馬に多いのは、近走好調な上位人気馬は好走しやすい傾向。前走がGⅠの場合は0.5秒差以内、重賞やオープン戦なら3着以内の馬の好走が多く、この条件に当てはまる馬には要注目。特に間隔を詰めたローテーションの馬の好走が多く、好調な馬はその勢いをそのまま活かしていると考えます。
 また軽ハンデの馬の好走もある重賞なのだが、その場合前走惨敗している馬が軽ハンデを活かし先行し粘り込む場合がほとんど。京都芝外回りコースの好走実績がある馬なら注意が必要。

 それから外枠よりは内枠の方が好走馬が多く、内枠有利な傾向。

★予想★
日経新春杯のポイントは、
①流れは『中弛み』が基本。
②上り特化の瞬発力勝負になりやすいため、サンデーサイレンス系が中心。スタミナ型サンデーサイレンス系向き。
③京都芝2400mは長距離向きのスタミナ適性も問われやすい。トニービン系の好走も多く、血統では要注目。
④京都芝コース実績も重要。
⑤近走好調な馬が好走しやすい。前走GⅠなら0.5秒差以内、重賞やオープン戦なら3着以内を目安に。
⑥軽ハンデ馬で、京都芝外回りコース好走実績のある馬。特にハンデが軽い馬なら、前に展開しそうな馬なら狙える。
⑥芝2000mからのステップ馬は、前走上がり上位を繰り出しているかに注目。
⑦内枠有利。

◎ムイトオブリガード・・・ルーラーシップ×サンデーサイレンス=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔4-d〕
 前走アルゼンチン共和国杯2着(=東京芝2500m:0.1秒差)。中山芝コースは(0-1-0-1)、芝2400m戦は(3-0-0-0)。
 ルーラーシップ産駒はキングマンボ系で、距離適性はキングカメハメハ産駒よりは適距離はやや長めで、芝1800m以上で本領を発揮し、ステイヤー型。忙しい距離には向かず、芝1400~1600mの1番人気は大不振で、消しどころ。牝馬ならそのうち上級マイラーも出るだろうが、基本的に忙しい競馬や、高速馬場の人気馬はアテにならない。逆に言えば、芝1600mで強い勝ち方のできる馬は注目の価値あり。父キングカメハメハよりも母父トニービンの影響を強く感じさせ、いい脚を長く使えるのが最大の長所。ロングスパート勝負に強い反面、一瞬の脚の勝負には脆い。重賞の3着の多さも特徴で、末脚の鋭さはいまいち。相手が強くても弱くても3着という、長所なのか、短所なのか。上がりの速くない芝2000m重賞も合う。キングカメハメハ産駒が、芝・ダート問わず、短距離~長距離まで活躍馬を出しているように、同様に万能性があり、バラエティに富む。コースは現状、京都芝、中山芝の連対率が高いが、それより展開を重視するべき。スローで不発だった差し馬を、長い直線替わりや、外伸び馬場で狙い撃ち。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。瞬発力を武器に上がり特化のレースで強く、勢いのあるときには重賞挑戦はプラス要因。
 No.〔4〕の牝系は、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力もあるが、さらに3歳秋から古馬にかけて成長力が著しい。またスタミナを活かしての好走が得意。分枝記号dは、精神的にタフなタイプが多く、遠征や重馬場は苦にしない。また前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持つ。

○グローリーヴェイズ・・・ディープインパクト×スウェプトオーヴァーボード=ディープインパクト×フォーティナイナー 〔9-f〕
 前走菊花賞5着(=京都芝3000m:0.5秒差)。中山芝コースは(0-1-0-2)、芝2400m戦は初。
 ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、広いコースで加速をつけながら全開になる末脚が武器で、スローで脚を溜めてキレキレの瞬発力を繰り出す。一瞬でトップスピードに乗れるタイプと点火に時間がかかるタイプがいて、前者は馬体重が軽い馬、後者は馬体重の重い馬が多い。それから母系がスピード型だと一瞬の反応が速く、母系がスタミナ型だとトップスピードに乗るまで時間を要する。また道中が速いペースだと脚をなし崩しに使わされて末脚が鈍るので、距離短縮の速い流れの時には過信禁物。逆に距離延長で緩い流れとなるときには狙い目。スローでしか好走歴のない馬の距離短縮時は、疑って掛かる方が良い。ゆったりローテーションに強く、間隔が詰まるのも良くない。母父スウェプトオーヴァーボードはフォーティナイナー系で、2歳の夏から軽快なスピードを武器に、芝もダートも短距離で活躍する。フォーティナイナー系の中では、芝向きの産駒が多いタイプで、古馬になっての成長も期待出来る。距離延長に対しては限界を示す馬も多いが、好位差しの安定感のある競馬ができる馬はマイルでも走れて奥が深い。穴は短期休み明け・ローカル替わり・距離短縮など。人気馬の信頼性は低いので、基本的には穴馬を買うべき血統と考えるべし。逃げバテの続いている馬が、短期休養のリフレッシュ明けで逃走を決めたり、休み明けで走らなくても2戦目に走るなど、休養から数戦が勝負。
 No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門だが、広いコースは好走が多い。人気よりもやや人気が落ちて伏兵の立場のときの方が好走しやすい特性もある。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面、叩いて一変が少ないタイプ。前走好走だと調子は維持と考えて好走が期待できる。また不器用だが、決め手鋭く瞬発力勝負に強い特性がある。

▲シュペルミエール・・・ステイゴールド×クロフネ=サンデーサイレンス×ヴァイスリージェント 〔1-p〕
 前走1600万条件戦オリオンS1着(=阪神芝2400m)。中山芝コースは(0-1-0-1)、芝2400m戦は(2-1-1-0)。
 ステイゴールド産駒はスタミナ型のサンデーサイレンス系。ステイゴールドは母父ディクタスの特性がでていて、サンデーサイレンスというよりはサッカーボーイに近い特徴があり、夏~秋にかけてよく軌道に乗ることが多い。ディクタスのスタミナ型の特性とまた強敵相手に食い下がる勝負根性は、ステイゴールド産駒の持ち味。1戦燃焼型のタイプも多く、惨敗後から涼しく巻き返す能力も高い。断然人気よりも穴で狙いたいタイプで、人気馬よりもその人気馬をマークする立場の方が好走しやすい。母父クロフネはヴァイスリージェント系で、鮮度と勢いが好走に非常に重要なポイントとなる。芝もダートも走れる兼用型だが、同系のフレンチデピュティと比べるとややパワー型で、持久力も豊富。勢いがある時には連勝も多く、上昇馬はクラスの壁を突き抜けて短期間にまとめて稼ぐ特性を持つ。“ダートから芝に転じて急上昇”や“詰めの甘かったマイラーが地力先行勝負で本格化”という成長パターンを示す。充実期は連勝が多く、積極的に狙える。重不良の成績も抜群で、“雨のダートのクロフネ”には要注意。
 No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。3歳秋~4歳前半は充実期で、古馬になると緩やかに成長する。分枝記号pは、時計のかかる馬場に強く、急坂も苦にせず安定性はある。ただしここ一番の大舞台に弱いところがあり、伏兵の立場だと好走しやすく狙いたい。断然人気では過信禁物。またスローの上がり勝負には強いが、時計の速い決着は苦手な傾向。

△ルックトゥワイス・・・ステイゴールド×Alzao=サンデーサイレンス×リファール 〔8-h〕
 前走1600万条件グレイトフルS1着(=中山芝2500m)。中山芝コースは初で、芝2400m戦は(1-2-0-0)。
 ステイゴールド産駒はスタミナ型のサンデーサイレンス系。ステイゴールドは母父ディクタスの特性がでていて、サンデーサイレンスというよりはサッカーボーイに近い特徴があり、夏~秋にかけてよく軌道に乗ることが多い。ディクタスのスタミナ型の特性とまた強敵相手に食い下がる勝負根性は、ステイゴールド産駒の持ち味。1戦燃焼型のタイプも多く、惨敗後から涼しく巻き返す能力も高い。断然人気よりも穴で狙いたいタイプで、人気馬よりもその人気馬をマークする立場の方が好走しやすい。母父Alzaoはリファール系で、適距離は個々によって異なり、1600〜2400mまで幅広く捉えたい。どの距離でもいえるのが、ピリっとした脚を欠くこと。もともとリファール系は追いまくってこその血統であり、スローで泣いていた馬がハイペースで突き抜ける。成長力は強く、2歳よりも3歳以降で一段と成長する。
 No.〔8〕の牝系は、2歳~3歳春シーズンも好走は可能だが人気の時には詰めが甘い特性があり、本領発揮は3歳秋以降で、古馬で真価を発揮するタイプが多い。叩き良化型で、高速時計にも強い。分枝記号hは、揉まれ弱く、基本的には広いコースがベストで、器用さには欠けるが、広いコースでの持久戦は得意。小回りコースの場合は外枠か先行策が必須。
01/13 12:43


レイデオロ!?キセキ!?リスグラシュー!?

≪≪宝塚記念の絞りに絞った3頭を教えます!≫≫


■■■■■■■■■■■■■■

ダブル万馬券的中のダービーよりも自信アリ!!!


▼『サートゥル1強にあらず!』と予告通りの決着で▼
―――――――――――――――
【馬 連】1万1200円的中⇒112万円獲得!
【3連複】1万2050円的中⇒60万円獲得!
―――――――――――――――

■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――
宝塚記念で厚く買うべきはこの3頭!
―――――――――――――――

絞りに絞った3頭を教えます!





軍神マルス

予想歴21年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3436
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
クライスト教授
07/16 03:30

函館記念一点的中でもやはり自信度Eではダメな模様!(認識)

スコット
07/13 13:53

プロフィールのところで、6月7月の予想が見れないのはなぜ…?

雨龍泥舟
07/12 17:11

入札方式のPOG、持ちポイント2億5000万Pのうち1憶5000Pを使って落としたのがブルトガング。泣きたい。他に大した馬は取れていない。...

雨龍泥舟
07/11 08:41

ブルトガングは今年の主力馬で、どのPOGでも選んでいただけにショックは大きい。合掌

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

あみー>>

>>あみー


06/24 20:40

のび犬>>

>>あみー


06/24 10:35

夏影>>

>>夏影


06/23 09:40

クライスト教授>>

>>夏影


06/21 22:08

のび犬>>

>>アキ


06/17 07:09



8
函館記念
◎マイスタイル
○マイネルファンロン
三連単4-6-10番
52,140円 的中

クライスト教授
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社