10/24 10/25
10/17 10/18
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【菊花賞2020】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想秋華賞2020予想一覧軍神マルスの予想

◎単勝 13番:140円的中

京都11R 秋華賞 2020年10月18日(日)
芝2000 3歳GI 晴稍重 平均レースレベル5.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番



















































































































馬名



牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3牝3 牝3 牝3 牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3性齢
55 55 55 55 555555 55 55 5555 55 55 55 55 55 55 55斤量




































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

クライスト

編集長おく自信度C 1
デアリングタクト
実力馬向きのトラックバイアス。回転力がありパワーがあり、馬群を割る能力があるので仕方なし。

サンクテュエール
操縦性の高さ。回転力ある走法で急加速力もありそう。

パラスアテナ
走法はトビの綺麗さと回転力の総合力がナンバーワン。

ミヤマザクラ
持久力とパワーならナンバーワンでは。
アキ「相手でひねって。」自信度C 1
◎デアリングタクト
○サンクテュエール
▲フィオリキアリ
△ミスニューヨーク
□ミヤマザクラ・ウインマリリン


まあ相手をひねるという感じかなあ。◎デアリングタクトにとって高速馬場でコーナーで振られるのが怖かったけど、この馬場でも強烈な決め手を引き出せる馬だしむしろ歓迎。相手探しかなというとこ。桜花賞で上位陣と差のない中、人気の盲点になっている○サンクテュエール。今の馬場の方がバテない脚を引き出せる▲フィオリキアリ、紫苑Sでは仕掛けで後手に回ってもったいないレースで、脚を出し切る競馬なら差はない△ミスニューヨークを。…
ムトト自信度C 0
◎オーマイダーリン
秋華賞に非常に相性の良いディープ産駒。ローズS3着と勢いがあり、当レースは概して本番につながりやすい。サドラー持ちであり実績こそないが、稍重に対応可能。末の安定感はメンバー上位だし、走り慣れた京都コース。相手が強くなっても崩れないタイプ。

○パラスアテナ
ディープ以外ではやっぱりキンカメ系。
渋った馬場得意だし、ラジオニッケイを4着も内容は悪くない。舐められたオッズ。

▲ウインマリリン
前で粘ったオークスはかなりの強さ。
血統的にも馬場状態が追い風で。
あとは、同じロベルト系ムジカの勢い。…
ハショタ自信度C 7
◎デアリングタクト
展開、馬場、ペース関係なくこのメンバーでは頭二つ分抜けている。

〇ソフトフルート
前走牝馬限定戦とはいえ2勝クラスで0.7秒差は強い。スローペースしか経験していない弱みはあるが33秒台の脚を使えないこの馬にとってはむしろ向いていいる舞台なのでは。

▲ウインマリリン
休み明けがどうかだが、持続戦のこの舞台は合う。

△マルターズディオサ
3歳重賞2勝は立派。やはり能力は上位。3着付けが面白そうな1頭。…
しろ自信度C 1
13:デアリングタクト

松山騎手との相性が良いし、昨日も不人気馬を上手く騎乗した。史上初の無敗での牝馬3冠は達成できる。そして最小キャリアによる牝馬3冠へは確実にできる。歴史的大偉業に挑むデアリングタクトにとって、最大の敵は枠順だと考えていたが、1枠、2枠を引いて、オークスのように包まれてしまうと、京都の内回りでは差し損ねる恐れは小さくなかった。願ったりの7枠13番だし、ゲートで失敗しても伸びる足は確実にとらえれる。…
はやと自信度C 1
◎デアリングタクト

内枠だったら疑ってみようと考えたが、レースのしやすいそうな外枠に入れた。また前日の馬場傾向からは差しが効いていたので、3冠への条件は揃ったと思う。負けることがあるとすれば、これまでに見たことないくらい折り合いを欠いたり、あえて伸びない馬場に突っ込んだりと、そういったことがない限りは、偉業達成できると期待しています。これまでの4戦と同じく、直線で1頭違う末脚、爆発力を見せてもらいたい。…
とりおやこ自信度A 16
自分はマジックキャッスルの能力を買っていて、過去にも何度か◎を打ってますが、
適性的には、今回が一番合うと思ってます。

そう感じるのは、ファンタジーSでの走り。

ファンタジーSは、距離もかなり違うし、内外の回りも違うんですけど、
非常に秋華賞的なレースだったと思います。

レシステンシアが終始レースを引っ張り、前の馬にはキツい流れで、
レシステンシア以外は差し馬が上位を占めました。

そういう展開で前残ったのが、レシステンシアのものすごいところなんですが、
マジックキャッスルも、ベストパフォーマンスを見せたと思います。

秋華賞は、内回りなんで前が残りそうなもんなんですけ…

タイム 2:00.6 4F 48.5 3F 36.4
単勝13番140円(1人気)
複勝13番110円(1人気)12番540円(8人気)8番590円(9人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「秋華賞 オークス好走馬を素直に信頼。」
デアリングタクト1着/1人気
○ウインマイティー▲ウインマリリン△ミヤマザクラ
    
54
1拍手

◎単勝 13番

140円的中

★傾向分析★
2015年 タイム 1’56”9 (良) 1FAve=11.69 3FAve=35.07
テン33.8-中盤47.8(3F換算35.85)-上がり35.3 『前傾・中弛み』
1着ミッキークイーン・・・ディープインパクト×Gold Away=ディープインパクト×ヌレイエフ 〔2-s〕 8-6
2着クイーンズリング・・・マンハッタンカフェ×Anabaa=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔10-d〕 14-14
3着マキシマムドパリ・・・キングカメハメハ×サンデーサイレンス=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔5-e〕 5-3

2016年 タイム 1’58"6 (良) 1FAve=11.86 3FAve=35.58
テン35.8-中盤48.4(3F換算36.30)-上がり34.4 『加速・中弛み』
1着ヴィブロス・・・ディープインパクト×Machiavellian=ディープインパクト×ミスプロ 〔12-c〕 8-8
2着パールコード・・・ヴィクトワールピサ×Lost Code=サンデーサイレンス×リボー 〔10-d〕 7-6
3着カイザーバル・・・エンパイアメーカー×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔7〕 5-5

2017年 タイム 2’00”2 (重) 1FAve=12.02 3FAve=36.06
テン35.6-中盤47.6(3F換算35.70)-上がり37.0 『前傾・一貫』
1着ディアドラ・・・ハービンジャー×スペシャルウィーク=ダンチヒ×サンデーサイレンス 〔B3〕 13-9
2着リスグラシュー・・・ハーツクライ×American Post=サンデーサイレンス×レイズアネイティヴ 〔1-l〕 9-6
3着モズカッチャン・・・ハービンジャー×キングカメハメハ=ダンチヒ×キングマンボ 〔10-a〕 4-2

2018年 タイム 1’58”5 (良) 1FAve=11.85 3FAve=35.55
テン35.7-中盤47.6(3F換算35.70)-上がり35.2 『加速・一貫』
1着アーモンドアイ・・・ロードカナロア×サンデーサイレンス=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔8-f〕 11-12
2着ミッキーチャーム・・・ディープインパクト×Danesili=ディープインパクト×ダンチヒ 〔22-d〕 1-1
3着カンタービレ・・・ディープインパクト×Galileo=ディープインパクト×サドラーズウェルズ 〔4-r〕 13-12

2019年 タイム 1’59”9 (稍重) 1FAve=11.99 3FAve=35.97
テン34.6-中盤48.9(3F換算36.68)-上がり36.4 『前傾・中弛み』
1着クロノジェネシス・・・バゴ×クロフネ=レッドゴッド×ヴァイスリージェント 〔20-a〕 5-5
2着カレンブーケドール・・・ディープインパクト×Scat Daddy=ディープインパクト×ストームバード 〔不明〕 8-7
3着シゲルピンクダイヤ・・・ダイワメジャー×High Chaparral=サンデーサイレンス×サドラーズウェルズ 〔8-f〕 14-11

 流れは『中弛み』が基本形。コース形態なのか3歳戦だからなのか、『加速』でも『前傾』でも中盤は弛むことが多い傾向。好走馬の位置取りは、4コーナー5番手前後から、内枠の先行抜け出しの好走が多い。

 また秋華賞は、桜花賞やオークスの結果につながる傾向がある。上がり馬の好走も近年増えてきているが、春の実績馬が好走という結果が多いです。
桜花賞好走馬なら先行タイプ、オークス好走馬なら差しタイプの好走が多い。

 血統の傾向は、中盤が弛むほど上がりに特化した展開となるため、その場合はサンデーサイレンス系向き。
00年前後はサンデーサイレンス不向きの傾向でしたが、消耗戦の秋華賞が少なくなり、今はサンデーサイレンス系に向いていると考えます。
 それでもリファール系・ノーザンテースト系・ロベルト系・など欧州スタミナ型の血統をもった馬の好走も多く、これらは秋華賞好走の桜花賞好走馬に多くみられる傾向でもあります。
またネヴァーベンド系やグレイソヴリン系やボールドルーラー系といった大系統ナスルーラ系は、秋華賞を好走したオークス好走馬にみられる共通点です。

 牝系の傾向は、No.〔1〕〔3〕〔4〕〔9〕〔16〕の牝系の好走馬が多い。
No.〔1〕の牝系は、11年1着アヴェンチュラが好走しているが、08年2着ムードインディゴ・07年2着レインダンス・06年2着アサヒライジングなどで、2着好走が多い。
No.〔3〕の牝系は、08年1着ブラックエンブレム・07年3着ウオッカ・05年3着ニシノナースコール・06年2着ヤマニンシュクル、14年2着ヌーヴォレコルトなど。
No.〔4〕の牝系は、07年1着ダイワスカーレット・06年1着カワカミプリンセス・05年1着エアメサイアなどで、クラシック春シーズンでGⅠ好走していた馬が1着になる傾向。
No.〔9〕の牝系は、10年1着アパパネ、05年2着ラインクラフトなどで、共通点はスピードタイプの桜花賞馬。13年1着メイショウマンボ、14年3着タガノエトワールも好走。
No.〔16〕の牝系は、09年1着レッドディザイア・3着ブエナビスタ、10年3着アプリコットフィズ、12年1着ジェンティルドンナなどで、春シーズンに牝馬クラシックトライアル好走歴があり、秋シーズンでトライアル好走馬が好走していて、叩き良化型の特性が活きやすい傾向。
 分枝記号では、bやc記号の馬の好走が多いです。

 ステップの傾向は、前走ローズS好走馬の成績が非常に良い傾向。特に春から活躍している馬で、好走馬のほとんどが阪神JF・チューリップ賞・フィリーズR・桜花賞と阪神コースの重賞で3着内好走していて、その上でローズS好走だと信頼度高し(=01年2着ローズバド、03年2着アドマイヤグルーヴ・3着ヤマカツリリー、04年1着スイープトウショウ、05年1着エアメサイア・2着ラインクラフト、06年3着フサイチパンドラ、07年1着ダイワスカーレット・2着レインダンス、09年1着レッドディザイア、10年2着アニメイトバイオ、11年3着ホエールキャプチャ、12年1着ジェンティルドンナ・2着ヴィルシーナ、14年2着ヌーヴォレコルトなど)。また春の実績馬で、ローズS上位好走馬(=0.3秒差以内の僅差好走なら好走とみなす)も10年1着アパパネのように注意が必要。
 また近年好走が多いのは、前走クイーンS着馬で、10年3着アプリコットフィズ、11年1着アヴェンチュラと好走しています。
 それから近年好走が増えているのが、夏の条件戦を上がり33秒台で好走している馬。3着前後に好走することが増えたため、ヒモに一考。

★秋華賞のステップ分析★
 秋華賞で使用する京都芝2000mは、内回りコース。フルゲートで、逃げ・先行馬が揃っている場合、ペースは相当に速くなり、差し・追込の競馬になる可能性が高くなる。実際、過去の秋華賞の結果からは3コーナー10番手以降の後方から連対した馬は、12頭(=96年~10年で集計)。内回りだからといって、単純に前が有利なわけではなく、また実力上位の人気馬ばかりではなく、展開の綾で飛び込んでくるような超人気薄もいて、ペースが激化すれば追込しやすいレースというのが本質。

 差し・追込有利の秋華賞で、前走追込に位置した馬が好走できない矛盾がある。
データ的に追込が出来るレースだからといって、必ずしも前走で追込をしている追込馬が有利というわけではない。
特にまだ若い3歳牝馬の激戦ともなると、生命力の充実、生命の活性化が重要なポイントとなる。

☆前走3コーナー10番手移行の後方で競馬をしていて、秋華賞を連対した馬はわずか3頭(=09年降着のブエナビスタを入れても4頭)。
 秋華賞で10番手以降から追込で連対した馬が12頭いるのに、前走追込で本番で連対した馬は3分の1と少ない。→前走追込は不利なステップということ。

☆活性化には、2走前の位置取りも重要
 前走3コーナー10番手以降といっても、18頭立ての11番手などは中団やや後ろであり、完全な追込ではないということ。その際、2走前の位置取りにも注目し、中団よりも前に位置していないと、活性化レベルが下がる。馬は近走で前に行くことをしないと、活性化レベルが下がってしまうが、必ずしも前走である必要はなく(=前走が望ましいレースは多いが)、2走前でも良い。

☆追込馬は、前走の人気と着順にも注意。
 1番人気2着と人気で取りこぼしている場合、力を出し切っていないということで、「追込で好走」というストレスがある程度軽減されている。
 対して、前走も前々走も後方で、しかも前走1着と結果を出している場合は、ストレスの影響が大で、凡走の危険性あり。

☆前走追込でも秋華賞で好走するステップ。
 前々走小回り札幌芝1800mのクイーンSだと、追込でも活性化度合いは高く、しかも古馬混合戦ということでも活性化(=対戦ストレスが薄まる)しやすい。

☆「前走よりも速い流れになって、差しに回る位置取りショック」は好走の可能性が高まる。
 秋華賞では、前走追込でなかった追込馬のチェックが重要。秋華賞が、これまでの牝馬戦線よりも急激にタフになるという、活性化を要求される度合いの強いレースの分だけ、追込馬を狙うのなら、前走追込んでいない追込馬を狙うという、逆説的な性質を持っているということ。

☆前走前哨戦惨敗馬の巻き返しについて。
 ローズSを6着以下に凡走した馬の巻き返しは、該当馬が51頭いるがわずか2頭しか3着以内に入っていなく、絶望的。しかし好走した2頭(=00年ヤマカツスズラン、08年ブラックエンブレム)は、ローズSで2桁着順の大惨敗していた馬。6着・7着など中途半端に頑張って疲れやストレスを残すよりも、思い切って惨敗した方がストレスがなく良いということ。
 また脚質は2頭とも逃げ・先行脚質(=特に3番手以内)だと巻き返しやすい。ローズS6着以下から、秋華賞で5着以内に好走した馬が7頭いるが、そのうち6頭が前走3コーナー5番手以内の位置取り。ローズS惨敗からの巻き返しは、前に行っていた方が有利ということ。
 ちなみにローズS6着以下から、秋華賞で5着以内に好走した馬の2走前は、7頭中4頭がオークス。4着以内に巻き返した馬に絞ると、4頭中3頭がオークス、1頭が阪神JF(=旧阪神3歳牝馬S)。つまり、GⅠを使って休養に入り、ローズSが休み明けだった馬ということ。

☆血統面での巻き返しを狙うなら、S(闘争心)要素の強さがポイントとなる。

★予想★
秋華賞のポイントは、
①流れは『中弛み』が基本。4コーナー5番手以内で、内枠の先行馬の好走が多い。後方から追込で好走する馬は割引が必要。
②瞬発力の上がり勝負になりやすく、サンデーサイレンス系向きの重賞。
③No.〔1〕〔3〕〔4〕〔9〕〔12〕〔16〕のクラシック好走の多い牝系向き。分枝記号はcが向く。
④阪神JF・桜花賞好走の東京芝2400mGⅠ好走馬は、まず崩れない。オークス好走馬は要注目。
⑤クラシック好走(=特にオークス)やトライアル好走歴があるローズS好走馬(=0.3秒差以内の僅差好走なら好走とみなす)は、軸として最適。
⑥クイーンS好走馬にも注目。
⑦夏の条件戦を上がり33秒台で好走している馬はヒモに一考。前走好走馬ならなおさら期待値UP。
⑧ローズS6着以下の巻き返しはかなり難しいとみるべし。

◎デアリングタクト・・・エピファネイア×キングカメハメハ=ロベルト×キングマンボ 〔1-l〕
 前走オークス1着(=阪神芝1600m)。京都芝コースは(1-0-0-0)、芝2000m戦は初。これまで全4走とも上がり最速で好走。桜花賞1着にて、春牝馬クラシック2冠馬。桜花賞好走→オークス好走とどちらも好走している馬は、秋華賞ではまず崩れない傾向から、好走必至と考えて3冠濃厚と考える。
 エピファネイア産駒はロベルト系で、父のシンボリクリスエス産駒も一流マイラーが出たように、1600m型と2400m型の代表馬を排出するのがこの父系の特徴。朝日杯FSを勝つ産駒が出ても驚けない。3歳春には上昇し始めるロベルト系の特性を有している。母父キングカメハメハはキングマンボ系で、格の高いレースで究極のスピード競馬(=レコード決着)になるほど凄味をきかす血統。厳しい展開ほど持ち前の底力が活き、2歳から走れる完成度の高さと成長力がある。軽い先行力、瞬発力勝負の切れ味、指示通りに動く反応の速さが武器で、芝1600m・2000m・2400mと根幹距離の重賞で特に強く、人気馬なら堅実。本格化前は詰め甘な点があることには注意が必要だが、ダービーの時期からは実が入り、成長力も豊富。距離延長を不安視されることも多いが、折り合いさえつけば距離はこなし、むしろ1400mや1600mなどの忙しい流れで末脚を溜められなかった時に不発が目立つ。中長距離型が安定しているのは、スローの良馬場で、ハイペースや力のいる馬場は凡走もある。マイラー型は高速馬場の内枠を活かしての先行粘り込みが得意。また馬場悪化時にも好走が多く、これはキングマンボ系特有の道悪の上手さに起因するものと考える。
 No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。3歳秋~4歳前半は充実期で、古馬になると緩やかに成長する。分枝記号lは、クラシックで特注の記号で、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。

◯ウインマイティー・・・ゴールドシップ×カコイーシーズ=サンデーサイレンス×レイズアネイティヴ 〔13-c〕
 前走紫苑S6着(=中山芝2000m:0.3秒差)。京都芝コースは(1-1-0-1)、芝2000m戦は(1-0-0-1)。前走紫苑S6着は出遅れも影響あったと思うが、叩き良化型のステイヤータイプと思われるゴールドシップ産駒と考えると休み明け×、叩き2戦目では大幅良化も期待出来ると考えて◯、またステイゴールド系の秋の上昇に期待して評価する。京都芝2000mはスタミナも問われる流れにもなりやすいと考えて、好走に期待する。
 ゴールドシップ産駒はサンデーサイレンス系で、上がりの速くない中距離に向き、スタミナは豊富。洋芝の小回りコース、時計のかかる馬場、タフな流れでマクリがきれいに決まる展開など、条件さえ向けばポテンシャルは高い。母父カコイーシーズはレイズアネイティヴ系で、マクリの利く中山や阪神の小回りコースに向き、逆に東京コースは苦手な産駒が多い。芝はローカルコース向き。成長力は晩成型で、ダート向きのパワーを備えている。
 No.〔13〕の牝系は、クラスの壁をキャリアを積みながら超えていくタイプが多い牝系。叩き良化型でもある。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。欧州的な瞬発力を秘めるがゴチャつく展開は苦手。


▲ウインマリリン・・・スクリーンヒーロー×Fusaichi Pegasus=ロベルト×ミスプロ 〔不明〕
 前走オークス2着(=東京芝2400m:0.1秒差)。京都芝コースは初で、芝2000m戦は(3-0-0-0)。これまで5戦(3-1-0-1)で、芝2000m以上に限ると(3-1-0-0)と堅実な成績で、小回り芝2000mはベストな条件と思われ、能力を評価して好走に期待する。
 スクリーンヒーロー産駒はロベルト系で、強さと気性の激しさ、融通性のなさが同居し、これはブライアンズタイム系に通じるロベルト系らしさを有している。同じロベルト系のグラスワンダー産駒と同じように、早くから活躍するマイラーと古馬熟成の中長距離馬がいるが、もっと振り幅の大きい重賞大駆けのタイプで、ぬるい競馬は合わない。行きたがるマイラーは速い流れ向きで、スローで流れるより速い流れの方が能力を活かせる。中長距離馬は上がりタイムの上限に注意。中山や札幌など上がりのかかるコースが得意で、東京は勝ちきれなかった馬が、成長すると切れ味を身につけて、速い上がりにも対応する。切れ味がないままなら、小回りを先行策で押し切る競馬に向く。芝の道悪は得意で、馬場が悪化するほど連対率と複勝率が上がる。母父Fusaichi Pegasusはレイズアネイティヴ系で、ダートの鬼血統。といってもダート血統に見られるような叩き上げ型ではなく、準オープンまでなら出世が早く、連勝もある。人気での信頼性も高い。ただオープンや重賞まで行くと不可解な敗戦があるので注意が必要。パワーとスタミナ豊富でD1900m以上でも狙え、短距離でも追走に手間取りながら、5回に1回ぐらいは差しを決める。
 牝系については不明。

△ミヤマザクラ・・・ディープインパクト×Mr. Greeley=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔2-r〕
 前走オークス7着(=東京芝2400m:0.5秒差)。京都芝コースは(0-1-0-0)、芝2000m戦は(1-1-0-0)。GⅢでは京都2歳S2着(=京都芝2000m:0.3秒差)、クイーンC1着(=東京芝1600m)と重賞好走実績があり、GⅠだと桜花賞5着(=阪神芝1600m:0.8秒差)→オークス7着とやや足りない成績だが、今年のメンバーを見るとこの実績でも十分好走可能と考えて、期待する。内枠の好走歴が多い事にも期待する。
 ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、広いコースで加速をつけながら全開になる末脚が武器で、スローで脚を溜めてキレキレの瞬発力を繰り出す。一瞬でトップスピードに乗れるタイプと点火に時間がかかるタイプがいて、前者は馬体重が軽い馬、後者は馬体重の重い馬が多い。それから母系がスピード型だと一瞬の反応が速く、母系がスタミナ型だとトップスピードに乗るまで時間を要する。また道中が速いペースだと脚をなし崩しに使わされて末脚が鈍るので、距離短縮の速い流れの時には過信禁物。逆に距離延長で緩い流れとなるときには狙い目。スローでしか好走歴のない馬の距離短縮時は、疑って掛かる方が良い。ゆったりローテーションに強く、間隔が詰まるのも良くない。母父Mr.Greeleyはミスプロ系で、スピードに任せて先行するか、揉まれずに外々を走らせると強いが、そんな甘っちょろい競馬はそうそうできず、相手関係や展開を必ずチェックする必要がある。仕上がりは早く、ベストは芝のマイル。古馬はローカルが良い。
 No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富。直線の長いコースでの末脚勝負に強い。分枝記号rは、あらゆる条件を平均的にこなすタイプ。様々な経験が活きやすいタイプでもある。
10/18 12:58


軍神マルス

予想歴22年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3584
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
南川麒伊知郎
10/09 23:15

今週のイチオシ 土曜日東京11Rビゾンテノブファロ

南川麒伊知郎
10/09 23:14

皆さん、????????????お願いします。

雨龍泥舟
10/09 14:18

どういうわけだか、今年はPOGの調子がいい。Netkeibaが217位/44383人中、JRA-VANが608位/96038人中。かつてない好成績なのだが、指名馬にダービー馬がいるとは思えない。ダービー馬を指名...

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

ラインマスター>>

>>とりおやこ


10/18 19:09

@秋華賞 お見事。

クライスト教授>>

>>下彦


10/11 16:48

しろ>>

>>しろ


09/28 10:22



16
秋華賞
◎マジックキャッスル
○オーマイダーリン
馬連12-13番
2,670円 的中

とりおやこ
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社