アサマ、ティターン、マックイーン・・・ 「ホクトスルタンの味わい」


「ホクトスルタン」



これほどまでに味わい深い馬は、近年稀に見る。



競馬ナンデでは、全面的にこの馬を応援していきたいと思っています。(編集長独断)
なぜなら、ホクトスルタンのその白い馬体には日本競馬文化の伝統と誇りと歴史とドラマと夢と希望、その全てが詰まっているからです。
競馬人気再興の夢を託せるとさえ思うからなのです。



~ホクトスルタンの味わい~

その一、血統にドラマがある。
天皇賞を勝てば、メジロアサマ、メジロティターン、メジロマックイーンに次ぐ親子4代制覇である。
ぼくはマックイーンからしか知らない世代だが、オールドファンには堪らない血統だろう。メジロアサマを生で見ていた人などはどんなにか誇らしげにホクトスルタンのことを語ることができるだろう。
そして、最近のファンにとって見れば、こんなクラシカルテーストな父系であっても、母の父がサンデーサイレンスというのがなんとも馴染み深い。この馬の血には、古き良き競馬も、現代SS競馬のいずれもが込められている。


の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >