【マイルCの後に】 ゴスホークケン・シベリアンホークの藤田与志男オーナーを悼んで


http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20080513-359214.html


今年1月20日号の競馬ブックに、ゴスホークケンの藤田与志男オーナーのインタビューが掲載されていた。

「正直、もう馬主はやめたい。
150頭所有しているが、馬を引き取っているのでどんどん増えてしまう。いくらかかると思う?」

アポインテッドデイやシベリアンホーク、マルターズライオンといった馬までを種馬にしてしまい、、、種馬になれなかった馬も成田の施設へ。
氏曰く、
「手元に残せないならせめて行き先を探してあげたい。怪我をした馬なら、治してから人にあげるんです」と。


競馬ブックの記事にもあるが、「藤田オーナーに買われた馬は幸せ」としかいいようがない。
 





(写真は、種牡馬にはなれなかったが、東京競馬場内で余生を過ごすビッグプラネット号)
の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >