カジノドライヴの挑戦で思い出した、あの日のベルモントSとスマーティージョーンズ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080522-00000002-kiba-horse

我が家は、横田基地の近くにあって、
ご近所さんは基地で働くアメリカ人ばかりです。
なので当然のように、しょっちゅうパーティーが開催される。


英語は苦手な私。
でも、競馬のことだけなら、彼らと対等に渡り合える。いや互角以上。


「ドゥーユーノウ セクレタリアト?」
というと、
「オー、ユー、ヨクシッテマスネー」
という答えがたいてい返ってくる。
そして、「サンデーサイレンス?イージーゴア?シガー?ジョンヘンリー?ウォーエンブレム?」とか、もっとマイナーな馬の名前を出すと、アメリカ人も
「???」
という感じになってきて、なんか勝ったような気持ちになれます。


それはさておき、
あるとき、そんな彼らが競馬の話題で盛り上がっていることがあった。

スマーティージョーンズという馬がでてきたときだった。




(スマーティージョーンズはプリークネスSを11馬身1/2差で圧勝して三冠に王手をかけ、人気沸騰。ベルモントステークスでは120,319人というベルモントパーク競馬場のレコードとなる観客動員数を記録したが・・)

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >