ベンチャーナイン "零細の星"がダービーに賭ける夢

競馬ナンデ 予想・回顧アーカイブス(http://www.keibanande.net/

 ベンチャーナインを「1頭(個人)馬主の"希望の星"と言ってるんです」と笑う小桧山師。自分自身を「へそ曲がり」というだけに、その発想もユニークそのものだ。
 「高い馬が手に入らないというか、高い馬を買える馬主さんとは付き合っていない。だから発想も自然と逆になってね。手に入る馬でそういった馬(血統馬)を負かす方向でいくしかないと。イジケ根性ですね」
 それが"小桧山流"のポリシーであり、開業以来、そのスタンスは一貫して変わることがない。トレーナーは限られた予算の中での牧場視察やセリへの参加を感慨深げに、こう例える。
 「ボクはある意味で、宝物のない場所で宝探しをしているのかもしれない。でも、幸運にもベンチャー(ナイン)という宝物に出合えた」
 宝探しの話になると子どものように目が輝いた。
(5月27日、内外タイムスより引用  http://npn.co.jp/article/detail/03016077/  Photo by Deliberation)



年間1万頭近くのサラブレッドが生産されるが、
その半数近くは


「未出走」


のまま生涯を終えるというのを聞いたことがある。

1度でも勝ち星を挙げられるのは、10%、

ダービーに出られる確率は、0.18%。


の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >