雨とローゼンクロイツとアストンマーチャンと"競馬愛"


このところ週末というと雨。梅雨は競馬人間にとっても憂鬱な季節である。
「最近、雨ばっかりで、いやになるねえ」
「こんな雨のひどいときにも、競馬ってやるの?」
ある日、競馬のことを全然知らない友人との会話。


「やるよ。競馬はよほどのことがない限りね。」
「お馬さんも大変だねえ」
「そうね。予想する方も大変だけどね。雨が得意な馬も、雨が苦手な馬もいるから。」

雨が大嫌いだったローゼンクロイツのことや、土砂降りのスプリンターズSをすいすいと逃げ切ったアストンマーチャンのことを、思い出していた。
そのいずれもがもうこの世にないというのは、いまだもって信じ難いが・・

「例えばこう、飛ぶように走る馬は滑ってしまうんだけど、ちょこまか走る馬はむしろ走りやすいとか、まあ色々あるんだよ」
「へえ。かわいいもんだねえ。いろんな走り方の馬がいるんだねえ」













<土砂降りのスプリンターズSを泳ぐように逃げ切った
  アストンマーチャンの姿を、競馬ファンは忘れないだろう>


なるほど。
そのときこんなことに気付いた。


競馬のことをよく知らない人からすれば、
馬なんて、白いか黒いかくらいで、あとはみんな同じようにしか見えていないのだろう。

でも実際は、
馬にはいろんな特徴がある。

流星のある馬、脚の短いうま、顔の大きい馬、
おとなしい馬、太った馬、痩せた馬・・

競馬ファンはそういうのを知ってこそ、この馬は好きだなあ、とか、かわいいなあとか思えるのだと思う。



の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >