【七夕賞】ナリタプレリュード もはや貴重な"ミルリーフの血"が走る


ミホノブルボン

ヤシマソブリン

マサラッキ

オサイチジョージ

ユーセイトップラン

イナリワン


これら名立たる名馬たちの共通点は何?
血統に少しでも詳しい方ならすぐにピンと来るはずですが、答えは

「ミルリーフ系」

そして、残念ながらもうひとつ共通点と言ってしまってもよいのが、
繁殖として不成功であるという。。


新馬戦が真っ盛りで、いつもよりは血統に気を配る今日この頃。
ふと、そういえば「ミルリーフ系」どうしてるかなあ?
と思って調べてみれば、不安は的中。
素人目にもこれはだいぶ廃れてしまっている感。


ミホノブルボンで競馬を始めた私としてはなんとも悲しい。
でもマサラッキ、ヤシマソブリン、ユーセイトップランといえば、
ついこの間までターフを沸かせていた名馬たちなのに、
早くもその血脈が廃れつつあるというのは、
サラブレッドの世界はなんと目まぐるしいのでしょうか。


                                                                          <ミルリーフ系の雄・ミホノブルボン>


の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >