【KBC杯】3歳世代ダート組のレベルの高さを証明します スマートファルコン?スナークファルコン?

競馬ナンデ 予想・回顧アーカイブス

スマートファルコン
スナークファルコン
スマートファルコン
スナークファルコン

嗚呼。

ぼくがもし競馬実況アナウンサーだったら、
レースの前にたくさん勝負服のぬり絵をしてみても、何度も発音練習を繰り返しても、
間違えそうだ。




今回はスマートファルコンのほうの話です。
3歳馬のほう。
ゴールドアリュールのほう。







 <スマートファルコンなので間違えないでください>

今年の3歳は芝に関してはさておき、
ダート路線は非常にレベルが高いと評判。
カジノドライヴ、サクセスブロッケン、ユビキタス、シルクビッグタイム、イイデケンシン、
そしてユキチャン。


しかし、今までのところ、この世代が古馬に挑戦した実績を見るに、

コロナグラフ:駒場特別12着。。どうしちゃったの?なにがあったの?
シルクビッグタイム:プロキオンS5着。。3番人気には応えられず。
イイデケンシン:関越S2着。。うーん、まあまあかな。

となんだかんだでそのレベルの高さを実証できていない模様。


もしかして、今年ははダート組もイマイチ?
そんな疑問が頭をもたげてしまう今日この頃。
そのモヤモヤを払拭してくれそうな馬がKBC杯に出走する。
スナークファルコン。もとい。スマートファルコン。


の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >