【京王杯2歳S】三浦皇成・河野通文 最強の師弟にとって「記録更新は"つとめ"」【フィフスペトル】



(三浦皇成騎手について詳しくない方のために、ごくごく簡単に説明すると。
 三浦皇成とは、今年2008年にデビューした騎手で、破竹の勢いで勝利を重ね、
 10月中に早くも武豊が持つ新人最多勝69勝を更新し、現在83勝。
 最近の競馬界は、構造的に若手騎手に対しては厳しい環境にあり、
 その中での大記録達成は極めて異例。
 なぜかマスコミではさほど大きく取り上げられていないが、
 日本競馬界に新たなスターが誕生したといって過言でない。)


競馬ブック11月9日号、16日号の2回にわたって、
島田明宏氏による、三浦皇成騎手・河野通文調教師のロングインタビューが掲載された。


この記事、
読んでいてぞくぞくした。


末恐ろしい若者が出てきた。
三浦皇成とはこれほどスケールの大きい人物だったのか。
そして、なんという強固な師弟関係。
ここまで弟子のことを考えてやる調教師がいるのか。


当然彼の記録の素晴らしさを知っているから、
すごいすごいとは思っていたが、
それでもなお、多くの驚きをもって読ませてもらった。



できれば、今からでも、競馬ブック16日号だけでも、
読んでみてほしい。

ここでも記事を紹介したいのだが、
全体的にすごいので、
全部引用するようになってしまっては著作権法に触れるので、
要約して箇条書きにでもしてみたいと思う。


の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >