【2009皐月賞】ロジユニヴァース、アンライバルド、リーチザクラウンの3強対決に寄せて~カミノマゴたちはみな踊る~

渋いレースを選んでみた。
なぜなら、
現在ある日本競馬は、このレースによって幕を開け、
今もなお、このレースの延長上にあるといっても過言ではないからだ。



今年の皐月賞は、ロジユニヴァース、アンライバルド、リーチザクラウンの3強対決。
いずれ劣らぬ強豪で、これらがすべて順調にキャリアを重ねて皐月賞に集ってきた。
競馬ファンにとってこれ以上楽しみなことはない。


ただ、この楽しみさえ、
サンデーサイレンスという1頭の馬がもたらしたことを、
私たちはもうすでに当たり前すぎて、感じ取れなくなってしまっている。


サンデーサイレンスとはどれほど偉大な馬だったというのか・・


1995年の3歳世代には、フジキセキという絶対的なサンデーサイレンスの初年度産駒のエースがいて、
そのフジキセキが屈腱炎により突然の引退、という失意の中、
それでもやはり皐月賞を制したのは、サンデーサイレンス産駒の2番手クラスだったジェニュインであり、
それどころか2着のタヤスツヨシまでもがサンデーサイレンスの子で、ワンツーをしてしまったのだ。
その後、日本ダービー以降のことも説明を要さないだろう。


あれから14年の月日が流れ、
サンデーサイレンスは数年前にすでにこの世を去ったが、
そういった状況は今もなお変わらない。
いや、さらに進んだとも言える。


今年の3強は全てサンデーサイレンスの孫たちだ。
それに次ぐ人気のナカヤマフェスタもベストメンバーもアントニオバローズもメイショウドンタクもトライアンフマーチも、
みんながみんなサンデーサイレンスの孫たちだ。

ウィーアーカミノマゴ。
そういうことなのだ。 の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >