【サラ系から】ブラウンシュプール【サラブレッドへ】

今月、ブラウンシャトレー唯一の初年度産駒が中央で馬名登録されました。

その名もブラウンシュプール

 

父ブラウンシャトレーは近年の東海公営最強世代の1頭。

同期には笠松のレジェンドハンターとミツアキサイレンスがいました。

統一グレードレースの勝ち鞍は金沢で行われたサラブレッドチャレンジCの1つだけですが、

交流重賞路線で人気薄ながら再三馬券圏内に食い込み、存在感を示していました。

また、すみれS2着、阪急杯3着など中央の芝のオープンクラスでも中央馬と互角に渡り合う

オールラウンダーでもありました。

ブラウンシャトレーのレースは名古屋競馬場で何度も見ており、

中央馬相手に立ち向かう姿を応援していたのが、つい最近のことのように思い出されます。

 

母シャトレーダンサーは大井、笠松で計7勝を上げたグルームダンサー産駒。

この響きだけでは凡庸な繁殖牝馬にしか感じませんが、

シャトレーダンサーは7代母に血統不詳馬バウアーストックを持つサラ系なのです。

その仔ブラウンシュプールはサラ系8代目という訳です。

そして、サラ系は8代続けてサラブレッドと配合されることで、

晴れてサラブレッドとして認められます。

そう、ブラウンシュプールはサラ系ではなく立派なサラブレッドなのです。

 

バウアーストックを祖とする牝系からは大井、船橋、名古屋を経て中央入りし、

有馬記念を制したヒカリデユールが出ています。

(ブラウンシュプールはヒカリデユールの妹のひ孫にあたります。)

南関東、東海、中央をまたにかけ活躍したヒカリデユールとブラウンシャトレーには、

勝利したレースの格こそ異なるものの、なにか重なるものを感じます。

 

ブラウンシュプールは中央からのデビューを目指していますが、

調教内容からも正直、中央での勝利は苦しいものがあると思います。

しかし、まずは無事にゲートインまでこぎ付けて欲しいと切に願っています。

そして、いつか名古屋競馬場でブラウンシュプールの走る姿を見てみたいです。

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >