ダービーの影に隠れてしまうレースにも復活をかける馬がいる

ダービーの脇役を務める他のレースで気になる馬がいます。

1年3カ月ぶりのアドマイヤオーラが金鯱賞に、11か月ぶりのアルナスラインが目黒記念に登録があるようです。

金鯱賞には金杯を含む3連勝中のアクシオン、春天4着ナムラクレセント、好調アーネストリー。

メンバーはちょっと骨っぽく、オーラはまずはレースを使うと見ていいでしょう。

目黒記念の方は相手らしい相手がいないので、仕上がり次第ではアルナスラインの楽勝さえ見えてきます。

脱落組が集まった白百合Sにはメイショウウズシオをはじめ、問題を何かしら抱えている面々。

エクセルサスの前走青葉賞での二桁着順は、困りもの。ならば条件戦を勝ち上がって来た方に目がいきそう。

他では1400mダート5連勝中のナムラタイタンが欅(けやき)Sに、こちらは初の東上になる。

1400mしか経験がなくまた同じ距離に、ここまで固執するわけはなんでなんだろうか。

 

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >