2010年安田記念参考レース:香港馬3頭

【2010年チャンピオンズマイルからの参戦】

 

ゴール前、前で粘るフェローシップに外からビューティーフラッシュが襲いかかる。

人気薄エイブルワンが勝ち、後方からになった1番1ゲートの実力馬グットババは不利を受けた形。

このレースの上位陣のレベルをどう取るのが正しいのか?難しいところ・・・

2着3番7ゲート:フェローシップ

3着6番2ゲート:ビューティーフラッシュ

 4着4番5ゲート:サトノウィナー

 

 http://www.youtube.com/watch?v=45pCdYJ_8W8

 

 さて、鞍上の点で見ればフェローシップが勝負に来ているとは言えます。

ほか2頭は慣れない輸送に乗り替わりが加わり、経験不足の左回りも。

同馬は、ここ2走の時計面での裏付けもありまだマシ。

気がかりなのは香港マイル3連覇のグットババを筆頭に、エイブルワン、フェローシップは古豪という部類。若駒の押し上げがないのはどうしたものか。

過去の強豪という印象には届かないような評価でいる。

しかしそれは本国にも言えること、ウオッカのいない今のマイルの手薄な面々。

香港から見れば今年はイケそうと考えるわけで、力量の差はないと見ていいか。

 

 

 

 

 

 

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >