早速楽しみな2歳馬が登場

土曜の小倉5Rの新馬戦でレコードタイムが飛び出しました。
レースを勝ったのは9番人気と人気薄だったブラウンワイルド
勝ちタイムは昨年のエイシンホワイティのレコードを0.1秒更新する1:07.9。

冠名を見てまさかと思い、血統表を眺めると見知った名前が。
父ワイルドラッシュ、母父ヤマニンゼファー ・・・ 母母マルカート!
なんとブラウンシャトレーの甥っ仔ではないですか。

血統を見る限りいかにもダート馬という感じで、6月16日と生まれも遅い。
しかし、7月の芝の新馬戦で良血馬を相手に回して6馬身差のレコード圧勝。
早熟という血統では無いですし、これはひょっとしたら相当な器の持ち主なのでは。。。

血統的に馬場が荒れてきても問題無いと思いますし、
無事に行けばフェニックス賞、そして小倉2歳Sはこの馬で決まりではないでしょうか。

さらに、ダートを走ったらどんな走りをするのか。。。
妄想が尽きません。

POGなどに全く興味の無い私ですが、今年の2歳戦は早い時期から楽しめそうです。

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >