ビービーマキシマス クリスマスローズSぐらいなら勝てそうな気がする

ビービーマキシマス(父マーベラスサンデー 母父:コマンダーインチーフ 関東・土田厩舎)
http://db.netkeiba.com/horse/2008106501/

7月4日の函館芝1200mの新馬戦で3着でした。
生でパドックをみていたんですが、勝ったタイセイファントムとビービーマキシマスの仕上がりの早さは目立っていたように見えました。

2着になったスズカホープはまだ緩いなぁと思わせました。
それでも54キロでアンカツが乗ってくれるぐらいの馬ということですから、このぐらいやれるのでしょう。

レース内容としては、終始3頭雁行状態の外を進んだタイセイファントムが先頭に立とうとするところを早めに仕掛けたスズカホープが並びかけて直線へ。
その後はその2頭の一騎打ち。スズカホープの方が出ているように見えましたがタイセイファントムのハナ差勝ち。

実は隣で「アンカツ差せ!差せ!差せ!よっし!!」って言ってた人がいたんですが、その人はだいぶショックでしょうね(笑)


ビービーマキシマスは終始内を抜群の手ごたえを追走。古川騎手は早目に上がっていくスズカホープをチラ見するほどの抜群の手応え。
そのまま内を狙う作戦だったんでしょうけど、タイセイファントムの内2頭が思った以上に粘ったため、内を割ることができず外へ。
外にはショウナンアリビオがいたため、スズカホープの後ろに詰まってしまいました。それでもショウナンアリビオに先着を許さなかったのは優秀と見ました。

もう3週間が終了しているため、函館2歳Sへの出走はなかなか厳しくなってしまいましたが、次の未勝利戦は確勝でしょう。
この時期であれだけ仕上がってる馬体だったら2歳のオープン戦ぐらい勝てるんじゃないかな?
POGやってる人なんかはこんな馬には目もくれないんでしょうけどね。
の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >