ミホノブルボン函館でお披露目 

http://keiba.yahoo.co.jp/news/20100809-00000013-dal-horse

92年の皐月賞、日本ダービーを制したミホノブルボンが、函館競馬場のパドックで引退後、初めてお披露目された。


函館記念の日はビワハヤヒデとウイニングチケットが来場し、岡部幸雄、柴田政人、杉本清のトークで楽しむことができました。

函館最終日のゲストはミホノブルボンでした。
せっかくブルボンが来るのなら小島貞博も呼ぶべきだ。
鈴木淑子のミーハートークは余計だった。キョウエイボーガンをディスってたとか内緒にしておいてやるから安心しな。

リンクのニュースの写真はイマイチなのでおれの写真も載せようか。







ライアンとは違って馬っ気は出していませんでしたね。


最終レース終了後は馬場が解放されました。
今年は例年以上に芝が持ったとはいえ、やっぱり内はボコボコで砂が見えている状態になっていましたね。
残念ながらそのボコボコの芝の写真がありません。他の写真で我慢してね。



このシャッター切る前はおれが映ってたんだけどなぁ・・・
この写真だと頭しか映ってないんだよなぁ・・・




馬場からみるスタンドはこんな感じです。




あと100。白川次郎さんに贈りたいですね。
この100の文字、良質なデジカメでは顔として認識したみたいです。






スタート台の様子です。黄旗も赤旗もありますね。
あのレバーを握るとゲートが開くんだよ。と教えてあげるの巻。





ゲートを前から後ろから。なかなか粋なサービスです。




ダートです。ただの砂です。




2年ぶりの開催おつかれさまでした。また来年。
左で変なポーズをしてる人、ゴール前でもゲートの中でも同じポーズしてたよ。
よく見たら同じ右の腕と足が出ているよね。恥ずかしいわ~。

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >