凱旋門賞は遠い道のり

予想は検討がつかないので個人的意見でもと思います。

 

日本のぐるっと回る同じようなコースでも得手不得手があるのに、直線1000mもあって高低差が10mもあるんだから馬の経験不足に、騎手もそうだよ。


JRAが本気で取りに行くなら、北海道の余ってる土地に模擬レースが出来るコースぐらい作りなさい。
いっそのことロンシャンよりタフにして世界最高難度の競馬場にしたら、世界からの日本競馬自体の見方も変わるでしょうよ。


目先の日本のファンをつなぎ止めるより、世界観を視野に入れた事業計画をした方が先々のためになるんじゃないの。(半分は思いつきだけど・・・)

 

だいたいロンシャンをモチーフにして洋芝を阪神に取り入れたとき、タイムが遅すぎて結局変えちゃったし。
冬に野芝が枯れて洋芝特有の重い馬場になるのに、野芝をどうして植えてるの?
 
阪神のコース実績には冬と他では真に受けれないのが、予想が困難なものにしている。

 

函館も札幌と同じにしたし、これじゃ~凱旋門賞なんてことごとく遠回りをしているんだよ。

まあ日本で一番長い直線の新潟も野芝じゃ意味ないし、上がり31秒台じゃ~さらに遠のいてる。

 

3歳は確かに斤量は有利、でもどこであの長い直線の仕掛けるポイントを探れるのか。

 

初物づくしの手探り状態だし、万全とはいえないデキに加え備えがないのだから全てがうまく行って運も見方につけたときにじゃないと勝負にならないんじゃないの。

 

今年のメンバーレベルはわからないけど、昨年だったらコテンパンにやられたろうに。

 

JCのコンデュイットのデキ不足と直線で失速しないさせないための作戦は勝負に来てないのはバレバレでそれでも着に来るんだから、差があるなあと思います。

 

ディープインパクトの挑戦でも渡仏してから体調が下降して、悪い状態の出走であの内容だからほんと勝てた可能性が捨て切れません。

展開も先行し過ぎて差されることになり、武豊の馬への信頼が緩んだのか、経験不足を補うのは末脚を信頼する気持ちにしかなかったと思う。

 

何度も行けない舞台だからこそ備えがなければ憂いはないということでしょう。

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >