トレセン留学のホントの先駆者は誰?

今では栗東へ早期入厩による栗東留学はおなじみになりました。
先日もアニメイトバイオがその効果を結果に反映しています。
その先駆者とされるのは国枝氏が今現在のこういう流れを作ったとよく記事になりますが、
反対の美浦で同じようにトレセン留学はその前に実践されています。

JCの後有馬までの間、美浦で調教を積んだオグリキャップがその有馬で優勝しています。
私は思い浮かぶところでの話しですが、トレセン留学で大きいレースを取ったのは瀬戸口氏が最初なのかと。
東西で分け隔てるなら違ってきますが、遜色はないはずです。

現在も数は少ないけど東へちょこちょこはあるようです。ミッキーぺトラとか・・・
馬体の小柄な特に牝馬はこのパターンを利用する策があっていい。
今年のオークスのエーシンリターンズやショウリュウムーンらの美浦留学がされれば
違う結果だったかもと思います。

秋の古馬陣にはヘビーなローテーションが続きます。 (AKBも忙しいでしょうが笑・・・)
そんな過程を踏んでくる関西馬がいたら、どうでしょうか。

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >