不謹慎だけどいまこそ若手が競馬会をひっぱる気概で秋を盛り上げてほしい

横山騎手の頭蓋骨骨折、頸髄損傷がJRAから発表され秋のG1に風雲急を告げてきた競馬会

岩田も復帰の見込みが立っていない状況。

豊だって故障から復帰したばかりでまだとてもお世辞にもいい状態とはいいがたい。

先生だってかっちーだってもうベテランで上位を脅かすような状態ではない。

こんな状況下にあるいまの競馬会

いまこそ不謹慎ではあるけど

今の状況で若手が下克上起こさなくてどうする!!という話である。

プロ野球の世界だって

レギュラーを張っているベテランのポジションを奪うときには

実力だけではなくレギュラーの故障に乗じて奪うことはよくある話なのである。

いまこそ

東では松岡、西では浜中、藤岡兄あたりが

一気にG1あたりで暴れて天下を取ってしまわないといけないのではないかと考える

けが人が出たことを喜んではいけないけれど

ここは若手にとって本当に真価が問われる

彼らにとって試練であり希望に満ち溢れないといけない秋だと思います




横山騎手の一日も早い回復祈ってます
の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >