ドージマムテキ生涯を終える

今週はマイルCSですが、このレースで過去に3着に来たドージマムテキ(20歳)が亡くなりました。
同マイルCSは勝ち馬シンコウラブリイの下位人気にはっぷんしての活躍でした。


ダービー敗退により短距離の道へ、勝ち味が遅く地味なイメージですが、息の長い善戦ファイターだったことは確か。


香港での2着や毎日王冠2着とG2戦での実績を残したし、京王杯オータムハンデの重賞勝ちがあります。
今は沿線の理由で中山が京王杯が京成杯オータムHで、東京は京成杯3Sが京王杯2Sに変更されています。 ややこしいですね・・・


後半はアグネスワールドらの帯同馬として海外G1勝利に貢献しました。
海外経験の豊富さからムテキの落ち着きが安心を与えるものだったのでしょう。

帯同馬の認識を改めさせる意味でムテキの存在は成績以上に大きいものでした。


帯同したついでに海外レースに参戦した年齢が当時11歳という、無敵の頑張りでした。

さすがです、お疲れさま。

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >