甘木特別で起こってしまった最悪の騎乗について

こんにちは、信じるです。

2011年2月26日(土曜)小倉12Rの甘木特別について触れさせてもらいます

レース結果映像は各自JRAのHPにて確認してください

触れるのは映像先に見たら一目ですが

メジロガストンの黛弘人騎手の騎乗です。

直線に入って追い出してそれに馬が反応して抜け出しました。

問題はそのあと

ゴール寸前30から50㍍手前で手綱を引いてしまいました

そこで勝浦騎乗の馬に差されてしまいました。

これは非常に絶対にあってはならない騎乗です

ローカルの目立たないレースの目立たない騎手の騎乗でしたので

大きな騒ぎになるようなことはないのですが

世間が大相撲の八百長問題で無駄にヒートアップしているなか

この騎乗を見たら競馬にもと言われても仕方ないと思うのです

1月に田辺の騎乗についてこのブログに書きましたが

そのときの田辺は10万円の制裁金をJRAから課せられました。

今回は果たしてどういう制裁をするのか見ものですけど

個人的には8から10日の騎乗停止に課したほうがいいと思います

それぐらいしたほうがいまの世の中のつまらん風潮からいいと思います

彼の騎手人生終わったかもですね
の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >