高齢な母から生まれた参駒は走らないのか、大調査

高齢な母から生まれた参駒は走らないのか、大調査

 

一口馬主の中には、高齢馬の母から生まれた参駒を嫌う傾向が強い。確かに、母親が高齢になるほど体質の弱い仔が生れ易くなるというのはよく分かる話である。問題は、どの程度成績に影響を及ぼすものなのか。それを調べてみた。

 

最初にしたのは、繁殖牝馬の年齢別分布である。これが分かっていなければ正確な比較はできない。これが案外難物だった。全繁殖馬を調べる余力はないし、少ないサンプルだと不正確なものになる。とりあえず2世代(現3歳4歳)3000頭ほどを調べてみた(世代によって割合が微妙に異なることが分かった)。

 

必ずしも正確なデータとは言えないが、まあ、こんなものだ。

調べた3000頭強の中に3歳、25歳、26歳時の産駒が各1頭いたが、0%として処理をした)

9歳~11歳を中心に前後に徐々に少なくなるピラミッド型をしていることが分かる。

 

年齢   %

03  0.0

04  1.0   

05  4.8   

06  6.1   

07  9.0   

08  9.3   

09  8.8   

10  9.3   

11  9.7   

12  7.8   

13  6.8   

14  6.0   

15  5.6   

16  4.7   

17  3.1   

18  2.9   

19  1.8   

20  1.5   

21  0.9   

22  0.4   

23  0.3   

24  0.2   

25  0.0   

26  0.0   

 

次に1999年から2011年皐月賞までのG1レースの勝ち馬239頭の出生時の母親の年齢を調べて、次の表に整理してみた。

 

     全体の割合a(%) G1勝馬  b(%)  b/a

03.04   1.0      0   0.0     -

05.06  10.9     34  14.2   130

07.08  18.4     58  24.3   132

09.10  18.1     38  15.9    88

11.12  17.5     54  22.6   129

13.14  12.8     30  12.6   100

15.16  10.2     13   5.5    54

17.18   6.0      7   2.9    48

19.20   3.2      4   1.7    53

21以上    1.9      1   0.4    21

 

ここから、母親の年齢が5歳~12歳時の産駒が、(少なくともG1レースでは)活躍していることが分かる(9歳~10歳の数値が悪いが、原因はわからず。おそらくサンプル数が少ないことによる誤差であろう)

15歳を超えると成績は急激に落ちてくる。

【参考データ】

母親が高齢になって生んだ産駒(16歳以上)の代表例をいくつか。

結構いるもんだ。

 

フリートストリートダンサー 21歳

ラインクラフト   19歳

ピンクカメオ    19歳

タップダンスシチー 19歳

ダイタクヤマト   19歳

ダンスインザムード 18歳

アンライバルド   18歳

アドマイヤマックス 17歳

ウルトラファンタジー17歳

マイネルレコルテ  17歳

ブルーメンブラット 17歳

メジロベイリー   16歳

ダイワスカーレット 16歳

ファインモーション 16歳

アロンダイト    16歳

サンライズバッカス 16歳

ザッツザブレンティ 16歳

ネオユニヴァース  16歳      

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >